2009年10月31日

松山リベンジ

来週の土日に愛媛の松山に行きます。

久々の飛行機だ~(ANAです)

今回は
なぁんと
明石洋子さんと丸岡玲子さんとのコラボです。(詳しくは下記↓)

NPO法人 ぷちすてっぷHP

前日に松山に行くので、洋子さんや玲子姐さんとおしゃべりできるのも楽しみ!!

でも、今回もやはり道後温泉には入れそうもない(苦笑)

また行く楽しみがあっていいか~。
posted by こうまま at 11:11| Comment(11) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

またしてもっっ

本日、こうくん「社会見学」で牛乳工場へ(注・こうくんは牛乳は飲めません)
kouobe-1.jpg
お弁当はやっぱ好きなものだけになっちゃいますねぇ。
給食ありがとう、って感じです。

私は家族支援プログラムの2日めで
午前中2時間で「疑似体験と障害特性」をお話しして、
午後は昨日と同じくピアカウンセリング。

疑似体験で
来週、半田の「行動援護従事者研修」でやる疑似体験をアレンジしてちょっとだけやってみました。
ガンダラムジムジを参加者員にやってもらうって感じです。
いや~
オモシロイ。
来週が楽しみです。

でも
参加者はイヤだろうなぁ(爆)

夜、ふと機嫌良く遊んでいるこうくんを見たら
menbou-2.jpg
や~ん。
綿棒がぁぁぁ・・・(耳鼻科への道がぁぁぁ・・・)

menbou-1.jpg
私がひ~って言ってるのを察知して
綿棒を必死に守るこうくん。

いいよ。
もうそんな不潔な綿棒誰も使わないし。
アンタにあげるよ~。

安上がりなオモチャ
ってことで。(そんなんばっかです)
posted by こうまま at 19:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

家族支援プログラムin岡崎

今日、明日と
愛知県自閉症協会が国からの委託で行っている「家族支援プログラム」のサテライトセミナー。
昨年に引き続き、私はペアレントメンターとしてのピアカウンセリングと2日目の疑似体験と障害特性の講義を担当します。

会場が岡崎の「げんき館」だったので(昨年は豊橋でした)
すごく期待していたのですが
岡崎市内からの参加者はお一人・・・

げんき館の中にある岡崎保健所には
あいち発達支援センターが行っている支援指導者養成講座を終了し認定を受けている方がお二人います。
その方達も
「どうして~」と残念がっていらっしゃいました。
そこらじゅうに通知はされているハズだそうですが
うまく対象者にまで伝わっていないのでしょうか・・・

う~ん
せっかく岡崎市の会場なのに。
モッタイナイなぁ。

hikae-1.jpg
げんき館の「和室」が控え室でした。
旅館みたいにゴーカです。

帰宅したら
楽しみにしていた「ブツ」が届いていました。

jibika-1.jpg
①鼻鏡(和辻式) 2,200円
②ルーツェンピンセット 耳用 1,000円
③耳鏡(朝顔式)400円

耳鼻科受診への道が佳境に入るのだ~~

試しに
フォンの耳の中を耳鏡で覗いて見たら
きゃぁぁぁ~~
見える見える
すっごぉ~い。

こうくん
現在
ぷっちょグミ(これ、小さくて数使えるからめっちゃいいです。しかもぶどう味なの!)のご偉功により
綿棒で耳の穴の入り口をちょこっと触る、まではきております。
鼻炎スプレーを鼻の穴に突っ込むのも「1」だけは我慢できてます。

耳鏡がきっと難関だろうなぁ~
うふ。
楽しみ。
posted by こうまま at 19:43| Comment(10) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

チャレンジド

今クールはギネしかみていなかったのだけれど
友人が
NHKの『チャレンジド』が結構いいよ~というので
3話まとめて見てみました。

チャレンジド
~神から挑戦することを与えられた人たち~

私は、あんまりこの表現が自分にしっくりこなくて
「障害」の代わりに使う言葉としては
「スペシャルニーズ」を愛用してきたのでだけれど
「使命」とか「天命」は素直に信じるタイプなので
この番組は結構いい感じで見ることができました。
周囲を巻き込んで変えていく様がステキです。

こうくんを授かったからこそ出来ていることがいっぱいあります。
こうくんを授かったからこそわかったことが山のようにあります。
それを伝えることが自分の「使命」でもあるし「天命」だと思っています。

こうくんのことを「チャレンジド」だとは全く思いませんけども
私ら家族がチャレンジドじゃ~んって感じはします(苦笑)
posted by こうまま at 00:42| Comment(3) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

ひたひたと・・・

インフルエンザの影響が各方面で出てますね。

こうくんの学校が今日まで休校でした。
昨日は何とかやりくりしてこうくんと家で過ごしましたが
今日はばちゃんに頼んで出勤デス(ばあちゃんいつもありがとう!)

午前中は豊橋でサポブ作成会
午後は豊川で自立支援協議会の発達支援専門部会
夕方は事業所で面談
という休憩ナシの1日。

面談を終えて速攻で帰宅したら
「いい子だったよ~」とばあちゃん。

助かった・・・。
何とか乗り切れた~。

と、そこへ
明石洋子さんから電話。
インフルエンザが出た場合、100名以上の集会は中止になるというお達しのため
12月に私が伺う予定になっている講演の定員を減らすという内容。
おおお~
川崎もそんな状態なんですね。

インフルエンザにかからないよに
良く食べ
良く寝て
手洗いします!

太りそう・・・

hyoushi-1.jpg
今週末、フォンの学校で行われる文化祭。
その文化祭のパンフレットの表紙をフォンが仰せつかって描きました。
専用のお道具たちがいいお仕事をしていました。
やっぱ、お道具は大事です。

そして
そのお道具たちはフォンが自力で稼いで購入したものです。
購入資金ゲットのかめに日々仕事に励んでいるフォン。
エライな~。

(記事の内容及び写真についてはフォンの許可を得ています。「かーさん写真撮るの結構うまいね」とほめられました。)
posted by こうまま at 19:04| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

物理的構造化と言われても・・・

私は講演などで家庭での実践を紹介する際に「構造化」とか「視覚支援」という単語は使いません。
だって私自身「構造化」って意味がよくわかってないし、「視覚支援」て言うと絵カードを見せることだと誤解されちゃったりするので。
なので
「わかって自分で動けるようにする」とか「見てわかるようにお膳立てをする」とか「1人でできるように下駄をはかせる」とか言ってます(爆)
なのに
「自宅のお部屋はどういった物理的構造化をされてますか?」なんて聞かれちゃうことがあります(苦笑)

確かに、スケジュールは具体物でわかるように示していますという話しはしても
お部屋というか空間をどうわかりやすくしているかということに関してはあまり話してないですね・・・
ってか
お話しできるような実践をしてないので、面目ないって感じです。

我が家は1部屋1目的なのでお部屋自体はこれといった工夫はしていません。
パーテーションも目隠しカーテンもありません。
でも、そこら辺にある日用雑貨や家具などは良く使います。

朝、大活躍するのがフォンが保育園時代に使っていた「お昼寝布団」
私の母の手作り(もとは多分毛布)です。

huton-1.jpg
もともとはリラックススペース(紙芸OKスペース)として使っていました。
最近はでかくなって勝手に座布団も追加しています。
朝起きてから数分は体が起きないらしく、1階の居間で転がっています。

huton-3.jpg
丸椅子&布団&座布団=「ほれ、つめ切るぞ~」

この状態にすると自分から来て座り、足を座布団の上に置きます。
下の布団との段差に足の指部分を出せるようになって(ここがめっちゃハードル高かったの!!)爪切りがとっても楽になりました。
(注・爪切りを見せてもそれを指ではじいて遊んでしまうんですけどもね~)

ここ1年毎朝切っていますが、触るだけの日が多くて、ようやく先月、親指2本だけは切れるようになって喜んでいたのです。
それが!!!
先日ゆうの勉強会に講師でお呼びしている華山先生から別件(予防接種への道)で「嫌な感覚の間中HARIBOをあげつづける」というワザ(?)を教わったので、
爪切り&チーズで実行したところ、たった3日で10本とも切れるようになりました。
やっぱ・・やり方なんですねぇ(苦笑)

10本一気に切って、でっかいスモークチーズをゲットした時のこうくんのはにんかんだ様なやり遂げた様な笑顔は、初めて課題が1人でできた時の笑顔と同じでした。

huton-4.jpg
青いタオル&座布団&布団=「仕上げ磨きするから仰向けに寝転がってね♪」

最近歯科検診がうまくいかない(診察台に寝ることが出来ない)ので
仕上げ歯磨きを寝た状態ですることから練習を始めました。
座布団を二つにたたんで枕にして、そこにタオルを置いて仰向けに寝るという練習をしました。
キシリトールガムが結構いいお仕事をしてくれて、ほんの6日でタオルをのせて呼ぶと、自分から仰向けに寝転がるようになりました。

hamigaki-2.jpg hamigaki-1.jpg
使用するものも徐々に増やして、2種類の歯ブラシと歯石取りの器具とフッ素ジェル(青矢印)になっています。(あとは何するのかな?)
今日は2階のリビングでもOKでした。
いろいろな場所でこれが成功すれば、歯科の診察台に青のドラゴンズタオルを置けばOKになるんじゃないかともくろんでいます。(甘いか)
現在、歯石を取る先のとがった器具で歯をガリガリできるまでになりました。
キシリトールガムもエライわ~。

huton-2.jpg 
カゴ&丸椅子の上に服&布団=「自分で着替えてね」

これは、講演でも良く使ってる写真ですが
こうしておけば、自分で勝手に服脱いで(全部脱ぎます。パジャマだけ脱ぐってのは教えられませんでした)服を着ることができます。
kigae-1.jpg
ボタンはプットイン(コイン&穴)で慣れていたので、自分でやると言い張ってホント困りましたが(どう見ても無理っぽかったし)
最後は根性でねじ込んでできるようになりました。
スゴイもんです。

何だか、ゆるい話でスミマセン。
我が家はこんな感じです。

でも
わかれば何でもいいと思ってます。
posted by こうまま at 12:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践報告 | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

ダブルショック

インフルエンザワクチンがないっっっっ
のだそうです!!!

ようやく
ようやく
接種ができそうなメドがたったので
今日、予約の電話を入れたら
3日前に予約でワクチンが終了してしまい
キャンセル待ちになっているとのこと。
しかも
キャンセルが既に50人・・・
無理じゃん

大急ぎで他の病院にも電話したら
どこもかしこも今週前半に予約終了になっちゃってました。

え~~~~~ん

季節性でこんな状況だったら
新型は一体どうなるのか・・・・

どんよりしながら仕事していたら
こうくんの養護学校から緊急連絡メールが。

新型インフルエンザの生徒が複数いるので
来週27日まで臨時休校とのこと。

ぎゃぁぁぁぁ~~~
posted by こうまま at 19:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

雪がない富士山!!

今日は朝6時に家を出て御殿場へ。
「御殿場特別支援学校」の保護者向け研修でした。

久しぶりに間近で見た富士山に雪がない!!
私の知ってる富士山は1年中雪があったと思うのに・・・

裾野まで見えてる富士山を見慣れていない上に雪がなかった訳なので
一瞬
「すごく富士山に似ている違う山」かと思って、タクシーの運転手さんに聞いちゃうとこでした(恥)
静岡生まれなのに・・・面目ない。

御殿場特別支援学校は生徒数が豊川養護の1/4くらいで
肢体不自由のお子さんと知的障害のお子さんが通っています。
これって結構珍しいんじゃないかと思います。

なぜ普通は肢体不自由と知的障害を分けているかというと
肢体不自由のお子さんと知的障害のお子さんでは必要な設備が違うし
何より
肢体不自由児と元気にはね回る多動な自閉症児が同じ学校にいるとキケンだから(怪我させちゃうという意味で)と説明されたことがあります。

まぁ、確かにそうかもなぁ・・と思ったりもしたのですが
ここでは肢体不自由のお子さんと自閉症のお子さんの教室が隣同士にありました。
な~んの問題もなさそうでした(笑)

校舎自体が新しくて
教室はほどよく視覚支援がされていて
快適な環境という印象です。
廊下の幅が豊川養護学校の2倍くらいあって
ひろびろ~~~
車いすに配慮したら、こうなるんですね。

写真を撮るのを忘れちゃったので
帰りの新幹線で食べたお弁当を。
gotenba-1.jpg
秋らしくて美味しかったです。

gotenba-2.jpg
高等部の生徒さんが作ったお皿を頂きました。

御殿場特別支援学校の保護者の皆様
ありがとうございました。
posted by こうまま at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

予防接種への道

本日の予防接種の予行演習。

こう父
白い割烹着に身を包み
マスクをして登場。
shot-6.jpg
ひゃ~
やっぱ、ちょっと恐い。

ひるむこうくん(ひるむんだ・・・苦笑)
でも
HARIBO2個でクリア。

ああ
偉大なるHARIBO

姉さん
ナース服を私に1枚貸してくれませんか?
(注・こう父の姉もこうままの姉ももと看護婦です)
posted by こうまま at 20:31| Comment(5) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

安城の次は是非・・・

今日は安城市で居宅介護事業所職員のスキルアップ勉強会の講師。

この勉強会
安城市地域自立支援協議会居宅担当者会の主催で
西三河南部圏域アドバイザーの共催。

担当のこすもす畑の高橋さんに
どうしてもと頼み込まれてお受けしたものです。

anjou-1.jpg
50名定員の会場が満員で後部に椅子を出しての対応。
すっご~い。

擬似体験をみっちりやって
支援については居宅介護に絞ってお話しました。

話しているうちに
「居宅介護」って「個別の支援」なんだから
自閉症支援にめっちゃ向いてる。
そうか、だから「行動援護」があるんだ
なんて思ってたら
何か途中からちょっと熱く語ってしまいました。
私、普段はあんまり熱くなることってないんですが。(聞いてる方がひいちゃうからね~苦笑)

自閉症の方の支援はあまり経験のない事業所の方もいたと思うので
支援の考え方(自閉症支援の90%は事前準備で決まる、など)がどこまで伝わったかわかりませんが
擬似体験はかなり手応えがあったので、伝わったと思います。

三重、安城と自立支援協議会の勉強会に呼んでいただきましたので
次は是非、地元O市の自立支援協議会の勉強会でお話させて頂きたいです。


さて
「予防接種への道」その後。

椅子は何でもOKになったので今日、豊田君に返却し
ハリボも手の中からトレーへ移行完了。
アルコール綿で拭くのと最後にテープを貼る行程を追加で練習中。

shot-5.jpg
①ぬれコットン(冷え冷え)
②注射器(縫い針付き)
③傷テープ(丸形)
④偉大なるハリボ(コーラ味)

やっぱり新しく追加した行程は「恐怖」なので
コットンで拭こうとすると力が入ってびくっと動きます。
でも、数回やってると慣れてくて、私が拭いている様子をじ~っと見るようになります。

こういうホンの少しの変化にも不安&恐怖を感じる様子を目の当たりにすると
これまで、いかに無茶なことをしてきたかを思い知らされます。

取りあえず、注射の流れ自体はクリアできそうです。
場所もそこらじゅうOKになってるし
接種予定のI病院の処置室でも練習させてもらってるのでいいと思います。

あとは
知らない人がやってもOK
とか
白衣の看護婦さんがやってもOK
とかですね。

本番に向けて、ちょっとメドがたってきたかも~。
posted by こうまま at 18:34| Comment(8) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

もしかして打てるかも!?

本日、蒲郡でスケジュール①
会場は蒲郡市民病院。

gamaS-1.jpg
本当に毎回至れり尽くせりの蒲郡市民病院。
設備が充実した会議室でとっても快適。
感謝、感謝でございます。

gamaS-2.jpg
終了後に見本のスケジュールに集まる母たち。


夕方は発達支援アドバイザー事業の研修。
会場は保健センター。
HS-1.jpg
今日は70名弱。
初めて入りましたが、椅子しかなかったのでちょっと過酷な環境。
でも、椅子を机代わりにしたりしながらみなさん真剣に取り組んで下さいました。

4回目なので、折り返し地点でございます。
11月の4回も頑張るぞ~。

それで!!!
「予防接種の予行演習」本日の経過報告。

shot-0.jpg
注射、すっど~

shot-1.jpg
おりゃ~、うちやがれ~。

shot-2.jpg
ちっく~ん(見てる、見てる!!)

shot-3.jpg
ありがとう、HARIBO!!!
アナタがいてくれて、本当に良かった!!!!

行動を維持するために椅子と注射器とHARIBOをセットで持たされ帰宅した私。
こう父とばあちゃんの前で実演してみました。
全くモンダイナシ。

昨年、ホントにヒドイ目にあって押さえつけたこう父(翌日筋肉痛)は
「すげぇぇぇ~」と感嘆の声。

今年は座ってフツーに打てるかも。
やっぱ、やり方次第なんですねぇぇぇ~~。

ここまでの過程は全てビデオに撮ってあるので(虐待じゃないことを証明するため・・・)
本番も成功したら、ダイジェスト版作ってって家族みんなで勉強せねば。です。

それにしても
ほぼ毎朝足の爪切りの練習して
1年かかって、ついに親指だけだけど
切れるようになったのをめっちゃ喜んでた私って一体・・・(どんより)

歯医者での定期健診も今崩れているので
寝かせて歯ブラシからやり直さねば・・・だし
耳鼻科は諦めちゃってるけど、そうもイカンしな~。
でかくなりすぎる前に整えておかないとイケナイコトが山積みです。


posted by こうまま at 21:49| Comment(7) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

たっせいか~ん♪

今日は一宮のNPO法人MOVEさん主催の講演会。

実はMOVEさんは私が児童ディをはじめる5年前にお手本にした法人です。
HPを隅から隅まで読み倒し、印刷しまくりました。
なので、今回のご依頼を頂いた時は
「えええ~。私でいいんですか???」と何度もお聞きしてしまいました。
でも、最後はご恩返しだと思ってお受けしました。

move-1.jpg
MOVEは一宮駅から歩いて数分のカメラやさんの2階にあります。
めっちゃ便利。

move-2.jpg
ディのお部屋も広くて使い勝手も良さそう。
奥には個別療育のお部屋もあってステキです。

講演会場は一宮市民会館。
70名ほどの方が参加されました。
今回「疑似体験」と「支援のあり方」の2テーマで
2時間半というご依頼だったので
障害特性などはホンの数分でまとめて
疑似体験をじっくり味わって(?)頂いた後
なぁんと、「スケジュール」と「自立課題」の説明をしてしまいました。
自閉症自体「?」の方も多い中
かなりの冒険だったんですが
最初からとっても反応が良くてホッとしました。

一言も聞き漏らすまいって感じの気迫で食いついてくる方や
「!!!」でお口ぽか~ん、でも目は離せないという方や
「そうそう、そこが聞きたかったよ~」って方が
入り交じった会場で
「星一徹」も大ウケ(爆)
食品サンプル(実物)は刺激的ってトコで良く使うんですが
最近はイマイチ受けなくなってたので嬉しかったです。

自立課題も
疑似体験で未達成感や自己不全感を十分味わって頂いて
いかに自分でやり切ること、できたと感じられることが大事かを感じてもらってから話したので、いい反応でした。
机上の課題ではなく、日常生活全般の話から入ったのでダイジョブだった(誤解されていない)と思います。
自己肯定感を育むために「出来た」感を大事にする必要があることは伝わったと思います。

move-3.jpg
参加者の反応が良かったので
擬似体験は結構ねっとり(笑)やりました。

move-4.jpg
ゴーカな控え室で、理事長の佐伯さんと。
アコガレの方です(1つお姉さんであることを今日知りました)

ここの所「研修」の講師が続き、少し気持ちがどんよりしていました。
研修って「出なきゃイケナイ」から来る方もいるから
最初から斜に構えて聞いてる方もいます。
数は少なくても(100人の中にたった1人でも)気になります。
続くとやっぱり自己不全感にさいなまれて凹みます。
だから
今日のように、お金を払って私の話を聞きに来て下さる方達にお話させて頂くと、ホントにスッキリします。
伝わった充実感と達成感で「ああ、自分もまだまだ大丈夫」って思えます。

理解者の裾野を広げるために
興味のない方にもお話していくのが使命だとはわかっていますが
やっぱ、たまには今日のような講演もないとココロがもちません。
そういう意味で
MOVEさんにはとても感謝しています。
いい機会を下さってありがとうございました。
今後ともヨロシクお願い致します。
posted by こうまま at 20:50| Comment(5) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

その後・・

腹をくくってフォンの中学校で福祉実践教室をして半月。
その後の状況が気になって気になって仕方なかったのに
なかなか聞く機会がなくてそのままになっていたのですが。

先日フォンが
「岡キャラさんにお礼の手紙を書かされた~」と言うので
「何て書いたの?」と聞いたら
「取りあえず、きれい事らなべておきました(真顔)」と。

ぶはははは・・・

勇気を出して
「かあさんがこうくんのこと話して、何か変化あった?」
と聞いてみたら
「我が輩に弟がいるってことは広まったねぇ」と言うので
「例えばどういう時にそう思ったの」って聞いたら
「給食で余ったデザートを「弟にあげりん」とか言われたし」と。

おお。
そういう反応なんだ。

良かった。

同じ地域に住んでいる同年代の子達に
フォンに障害のある弟がいることを知っていてもらうのは
この先きっと損にはならない。

ようやく、胸のつかえがとれました。
やって良かったです。

(この記事の内容はフォンの許可を得ています)
posted by こうまま at 21:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

スタッフ研修

今日は月に1回のスタッフ研修。
各部門ごとの研修は別の日にもやっているんだけれど
法人全体での研修は月に1回なのです。
この
「法人スタッフ全体研修」
今年はどうしてもやるんだと決めて枠を「死守」しています。

NPOって何なのか
法人の成り立ちや理念
から始まり

疑似体験と障害特性やって
構造化の基本を学び

先月
「インフォーマルなアセスメント」まで来て

そして
今日、ようやく悲願の「アセスメントと構造化」の実践です。


8つの活動を用意して
子役の私を先生役の豊田君がアセスメントしていくのをスタッフがアセスメントシートに記入していきました。

kenshu10-1.jpg
4人ずつ3チームに分かれて
アセスメントに基づいて構造化を付加して自立にもっていくのがゴール。
制限時間は30分!

kenshu10-2.jpg
マッチングカードを選んだT1チーム。
「こうしたらどう?」「それいいね~」
「こういうのは?」「それもいいね~」
って言ってみんなのアイディアを全部入れ込んでいたらタイヘンな事に・・
チームワークは一番良かったんですが、仕上がりませんでした。

kenshu10-3.jpg
紙と洗濯ばさみを選んだT2チーム。
再アセスメントで大撃沈。
しか~し
普段から私に鍛えられているT2は
速攻でシンプルに再構造化してパスしました。
このチームはアセスメントが良かったと思います。(なのでパスしたんですね)

kenshu10-4.jpg
はさみとのりを選んだHチーム。
はさみは使える子でしたが、のりの意味は理解していない子だったので
再アセスメント時にのりを外すように指示。
殆ど時間がなかったのに、きっちり形にしてきました。
このチームは課題自体のクオリティは高かったのですが、
アセスメントが甘かったために自立課題になりませんでした。

こういう実践的な研修を重ねて
スキルアップしていけるといいなぁと思います。
posted by こうまま at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

リアル体験

今日は、岡キャラの定例会。
福祉実践教室で使う折り紙の手順書をみんなで作っていたら・・・

Sshien-1.jpg
実物だとわからなくなっちゃうメンバーがいました。

「刺激強すぎるのね~。
じゃ、こういう線画で書いたらどう~?」
って聞いたら
「そっちの方ががいい」と。

「え~。私は断然実物がいい~」ってメンバーもいて。

わかりやすさってホント人それぞれです。
支援者向けの体験の時にも例として使えそうなので
自分が一番わかる手順書を各自で作ってみることにしました。

折り方の図の説明の時に使う「ルール」の話しになって
矢印の意味とか
点線を折るとか
そういうのをわかってないとこのタイプの手順書は使えない。
つまり
視覚支援は「使い方を教える」という視点も必要なんだよね
って言ったら
メンバーが「おおおお~~」と大きく反応。

ううむ。
やはり、ここは伝わってませんでしたか。(苦笑)

その子の認知に合った視覚支援を上手に使えるように指導すると
出来ることが増えます。
小さい頃から支援ツールを使い慣れていると
暮らしが広がります。

視覚支援を使えるように教えるのは
大人が勝手に作ったツールを子どもに無理矢理教え込もうとしちゃうのとは全く違うのですが、
この辺りがなかなか上手に話せないんですよねぇ~。
なので
あまりおおっぴらに「視覚支援の使い方を教えましょう」なんて言えない(爆)

そうそう。
私はアメリカ駐在時代にレース編みにはまりました。
作り方の本を見たら
編み記号がアメリカと日本で同じだったので
英語は読めなくても編めたんですね~。
だから、初期はレース編みばっかりしてました。
達成感もあって、私の精神安定剤的存在でした。
ガイコクで重度障害児を育てるのって、ストレス高いですからねぇ。

夕方はアドバイザー事業の基礎研修3回目。
kiso3-1.jpg
80名ほどの参加でした。
帰り際に「とっても良くわかりました~」と言って下さる方も何人かいたので良かったです。

で。
今日はフォンがテスト期間中のため、早帰り。
ばあちゃんにフォンのお迎えを頼んだので
こうくんの支援を1年半ぶりくらいに豊田君にお願いしました。
支援内容は「予防接種の予行演習①」

kiso3-2.jpg
研修終了後に豊田君と一緒に会場に到着したこうくん。
専用椅子(キャンプ用の折りたたみ椅子)がセットされると
即座に座って自分から袖をまくり上げて腕を出すまでに調教・・もとい、行動形成されていました。(注・ぶどうグミ2袋使用)

私が研修してる間に、そこら中で練習してたようです。
接種予定のI病院の待合室でもやってきたそうです(爆)
病院側に事情を説明し、空いてる時間のリサーチなどもしてきてくれました。
優秀、優秀♪

基礎研修はあと5回あるので
予行演習もあと数回はできると思います。
もしかして
今年は椅子に座って予防接種が打てるかも!?

甘いか・・・。
posted by こうまま at 22:21| Comment(9) | TrackBack(0) | キャラバン隊活動 | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

わ~い、給食だ~

今日は小学校でキャラバン。
6年生1クラスずつ45分を3コマ。
一度に学年全員にやるよりクラス単位の方が絶対伝わるって思いますが
1日に3コマってのは結構疲れます。

takatori-2.jpg
ガンダラムジムジは各クラスの担任の先生にやって頂きました。
クラスって先生ごとにカラーがあるな~って実感します。
先生の影響ってホント大きいですね。

takatori-1.jpg
絵カードブックを見せて「こんな感じのカードを使う子もいます」って紹介していますが、
ガンダラムジムジで、でっかい絵カード使って疑似体験した後なのでイメージしやすいらしく、子どもたちの反応はいいです。
カードの他に、ツールはタイムタイマーとイヤーマフを紹介しています。

takatori-3.jpg
今日は給食を頂きました♪
献立は
けんちん汁・豚丼・きゅうりの酢の物・牛乳・お米のタルト(美味でした)
ここは自校炊飯だそうで、かなりゴーカで美味しかったです。
ありがとうございました♪
posted by こうまま at 19:22| Comment(4) | TrackBack(0) | キャラバン隊活動 | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

発達支援アドバイザー事業

この10月から豊川市の委託を受けて
「発達支援アドバイザー事業」というのをしてます。

事業の一つに支援者向けの研修があります。
今年度行うのは疑似体験を含めた発達障害に関する基礎研修で
市内の保育士さんや幼稚園の先生、
子ども課や福祉課の職員さんや保健センターの職員さんも対象です。
福祉課から案内を出して頂いたところ
全体で500名近い申し込みがあったので
当初の6回から2回増えて8回行うことになりました。

今日は、その2回目でした。

yamato-1.jpg
会場は旧一宮町のY保育園。
六角形のかわいい遊戯室に近隣の保育士さん達70名ほどが集まって下さいました。
机がない環境の中で、みなさんとても積極的に参加して下さって良かったです。
申し込み状況の表を見たら90名の回もあったので、
鏡を追加購入せねば・・・です。

何にしても
この研修は
指定保育園とか興味のある方だけじゃなくて
市内の全ての保育士さんが受けるってトコに意義があると思ってるので
回数が多くて大変ですが、ガンバリマス。
posted by こうまま at 21:55| Comment(7) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

どよ~ん・・

今日は、名古屋大学で愛知県臨床心理士会学校臨床部会での分科会。
昨年は3時間だったので親としての話と疑似体験からわかる支援あり方の2本立てでやったんですが
今年は「親としてスクールカウンセラーに望むこと」45分
というシンプルなご依頼でした。

昨年はマジで色々ありましたので
リベンジのつもりでお受けしました。

昨年の記事「つ・・疲れた・・・」

小中学校でとっても素敵な支援をされている先生方からのお話の後だったので
私の親としての話は少々「面目ない」感じになってしまいました。

今日お話して下さった先生方はかなりスーパーな先生で
こんな先生、そうそういなよな~って正直思っちゃいました。
お話くださる内容が
「そう、そう、そうなのよ~~~何でわかるの~~」ってのが多くて
ここまで子どもや親の心情までわかって対応してくれる先生が自分の子どもの学校にいたら苦労しないよな~って思いました。

リベンジ叶わず。
あ~あ。
この分科会終了後はなぜか凹みます。
なんでかなぁ。
どこまで伝わったのかがイマイわからなくて不安になるからかなぁ。
今年も結構きついこと言っちゃったかもしれないので、不安です。

「その立場にならないと絶対わからないことがある。障害児を育てる親の思いを理解することは出来ないということを知って欲しい」とか
「親はSCさんが思いをわかってくれるなんて思ってないから、そんなことで時間浪費するより、子どもの学びの環境整備のアドバイスをして欲しい」
とか言っちゃったしな~。

どよ~ん・・・

どうでもいいけど
何で私はここ2年、「名古屋地区」の分科会で話してるのかな。
三河地区はどうなっているのかなぁ。
ナゾだ~。
posted by こうまま at 22:25| Comment(4) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

瀬戸市発達支援室

先日、瀬戸市で市役所窓口職員向け研修をしました。
主催は
「瀬戸市発達支援室」

この「発達支援室」
実は、発足当初から赤丸で注目していたところです。

自閉症児のお子さんを持つ親御さんが運営されているNPO法人に事業の一部が委託されていて
めっちゃ羨ましいなぁって思っていたのです。

発達支援室の事業内容は「相談・検査・研修」なのですが
HPの研修部分の説明には「お子さんへのよりよい支援について、保護者のみなさんをはじめ、保育園、幼稚園、学校の関係者の方や、一般の方への研修を行います。
また、保育園、幼稚園や学校などお子さんが実際に生活している場所へ出向き、支援の仕方等について、一緒に検討考えます。」とあります。
これは、ゆうが今回豊川市から委託された「発達支援アドバイザー事業」にそのまま重なります。

まさに、この部分はNPOは得意分野。
役割分担できてるな~って思います。

ここの「発達支援室」は市役所健康福祉部の直轄なのですが
職員4名全員が
あいち発達障害者支援センター主催の支援指者養成セミナーの受講生なのです。
これって、すごくないですか?
支援指導者養成セミナーなのに、受講後全くそれを活かす場を与えて貰えていない方が結構いるのです。
市町の推薦での受講なのに、なんで??って思います。
私は初回からずっと講師をしてきて今年で4年目ですが
「活かされてない」状況を知ると
何のために身を削って話しているのかって思ってげんなりします。
計画性ゼロって感じです。

ですが
瀬戸は違います。
思いっきり活かされています!!!
市の職員が4名受講して、その全員が「発達支援室」で活躍しているんですから!!!

そんな「発達支援室」の依頼で
窓口職員向けの研修に伺ったのですが
も~ビックリしました。

seto-4.jpg
すっごく積極的に参加して下さいました。

市役所の窓口の方ですよ?
発達障害なんてあまり関係ないですよね?
なのに
スゴク反応がいいんです。

「障害云々というより、人としてのサービスの基本を学べた」みたいな前向きな感想が多くて感激でした。

「サービスの基本」かぁ・・・
ホント、そうかもしれません。
弱者に対するサービスっていうか、配慮の必要な人へのサービスって考えたら、障害の有無は関係ないな~って思います。

seto-8.jpg
市民課の若い職員さんと窓口対応のロールプレイもしたのですが
めっちゃ感じ良かったです。

研修後
seto-3.jpg
昭和~って感じのアーケード街にあるウナギやさん(元は魚やさんだそうです)で昼食。
ひつまぶしが外カリカリ中ふわ~で
めっちゃ美味しかったです。

seto-2.jpg
ジョブウェルの川上さんとご一緒しました♪
何度お会いしても波長の合う方です。
同じ系統のニオイがします(爆)

昼食後
発達支援室を見学させて頂きました。

発達支援室は廃園になった保育園の一角にありました。
部屋はまだまだ余ってる!!
色々事業ができそう~~~~(ヨダレ)
いいなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~

ゆうに廃園になった小規模な保育園を一つ貸してくれたら
そこに「社会資源」が確実に一つ増えると思いますが、
どうでしょうかねぇ?
ゆうの近隣市町の行政のみなさま
どうか、ご一考下さいませ。
ゆうは、結構いいお仕事すると思いますよ~。
posted by こうまま at 00:12| Comment(7) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

我が家の「秋」

本日、恒例行事。

kome09-1.jpg
農協で玄米にしてもらった保有米を
全員で自宅の倉庫に運び入れます。
一袋30キロ。
これをラクラク運べないと米農家のヨメにはなれません!
軽トラ4台分をじじ&ばば、こう父&こうままの4人で
今年もえっちらおっちら運びましたっっ。

この恒例行事が済むと
我が家の秋が終わります。
posted by こうまま at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族・友人 | 更新情報をチェックする