2010年08月31日

夏休み最終日

すでに2学期が始まっているところもあるようですが
この地域では2学期は9月1日からなので
我が家の子どもたちは、今日が夏休みの最終日です。

よく頑張った。
偉いぞ、ぢぶん。

今年はフォンの活躍のおかげで
随分とこうくんに関してはラクだった。
でも
逆にフォンの補習がめっちゃ多くて
公共交通機関のない我が家はまじでタイヘンだった。

でも、やっと終わる。

最終日、私はお休みをとっていたのだけれど
こうくんはそれ(どこにも行かないこと)が我慢ならないらしく
池遊び用の水泳帽子をかぶり、ヘルプ用の外出リュックを背負い
ぎゃーぎゃーアピールしておりました。

muri-1.bmp
これって
ヘルパーさんと出かけしたいってことですか?
それとも
池で遊びたいってことですか?

もっと、わかりやすくアピールして欲しいなぁ~。
母には解読不能だわ~。
ザンネン。

muri-2.bmp
切り替えていただくために
宿題のシール貼りなどしていただき
ご褒美のおやつをあげてから自室にお戻り頂きました。

夕方、明日の準備で
学校用リュックやら制服やらを出して
体操服や白衣をリュックに入れるように指示したら
ナマイキにも拒否。
うはは・・・
ご理解いただいてますのね。

予告が出来て、良かったわぁ~♪

明日は、だまし討ちにならずに学校に送り出せそうです。
posted by こうまま at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

東京2Days

土日で東京に行ってきました。
自閉症カンファレンスではありません。(そっちはユカちゃんととよっちが行きました)
フォンと我が妹し~にゃんとのオンナ3人旅。

初日の昼間はフォンDay。
池袋サンシャインを横目で見ながら、アニメイトやら「まんだらけ」なる未知の世界へ。
tokyo-1.bmp tokyo-2.bmp
この界隈の自販機は凝っていて、見たこともないジュースが売っています。
ウサビッチだったので、つい、買っちゃいました。

た~っぷりフォン・ワールドにひたってから
夕方、ホテルのある浅草に着いてビックリ。
地下鉄降りて地上に出たら、身動きが取れないほどの人だかり。
年に1度の「サンバ・カーニバル」の日だったのです。
ホテルに向かう一番近いハズの道に行けないっっっ!!

tokyo-3.bmp
とりあえず、サンバを楽しみながらぼちぼち進むことに。
そう言えば、名古屋ではにっぽんど真ん中祭りの真っ最中。
8月末は「踊る」ものなのかな~?

人をかき分けかき分けようやくホテルに着いたら・・・
tokyo-4.bmp
お部屋からもばっちり見えました~。
カーニバルで踊ったグループで、同じホテルに宿泊している方達もいました。
全然知らずにとったホテルだったので、ラッキーでした。

翌朝は早めにチェックアウトして浅草寺へ。
昨日は人だらけでまったく参拝できなかったので。

おみくじをひいたら、大吉♪
でも・・・
tokyo-6.bmp
フォンとし~にゃんは二人そろって「凶」
私、おみくじに本当に「凶」が入っていることを初めて知りました。

そして
「凶だけ結んで下さい。それ以外はお持ち帰り下さい」という表示が。
tokyo-7.bmp
必死に結ぶし~にゃん。
結ぶのは「凶」だけなのだと言うことも
今回、初めて知りました。

tokyo-8.bmp
さわり仏?
柴又から来ていた常連のおばあさん達にお作法を教えてもらいながら
「頭がよくなるように」と頭をなでるフォン。

tokyo-9.bmp
境内からスカイツリーも見えました♪

浅草を満喫した後は
私の打ち合わせのため、神保町へ。
神保町からぶどう社までの徒歩5分の区間に
本屋さんがいっぱい!!
そらパパさんがフォンに「神保町」を勧めてくれた理由が良くわかりました。
tokyo-10.bmp
画材屋さんもあってフォン、大喜び。
私と市毛社長が話している間、し~にゃんと本や巡り。

ランチをはさんで
市毛社長との話は続き
フォンは買ってきた本を読んだりゲームをしたりして待っていてくれました。
結局東京駅に向かったのは4時過ぎ。
た~~~っぷりお話できました。

一般的な「東京観光」からはかけ離れていたけれど
それぞれが、それぞれの楽しみ方ができた2日間でした。

フォンが、駅まで迎えに来てくれたこう父に「どうだった?」と聞かれて
「天国だった」と答えていたので、良かったです。

市毛社長が興味をもってくださってる間に、書かなきゃ~~~
posted by こうまま at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

サポートブック考

今週、未就学児童ディ「とことこ」の保護者向け茶話会を2日に分けて行いました。
サビ管のSAYOちゃんもはいってもらって
サポートブックを一緒に作っています。

tokosawa08-1.jpg
わいわい話しながらやっているのですが
お母さん方のおしゃべりから、またまた発見が!!

ずっと下書きのままだとモチベーションが 下がる

なるほど。

じゃ、OKのものからどんどん清書してホルダーに入れていこう。
ってことになって
最初の子どもの基本情報のページはすぐ作れる訳なので
清書していれちゃうことにしました。

1枚ずつ見て、OKなものはこうままスタンプ押して清書することにしたら
一気に母達のテンション上がりました。

やっぱ、アイディアは実践の現場から生まれます。

で、もう一つ。
これまでは、サポブの作成会します~広く募集して作成会を開催していたので
集まる母達はこれから小学校に上がる年長さんとかが多かったのです。
でも、ディの茶話会でやっていると
母子通園と並行通園している3歳児の母で来年度保育園に行きたいから
というニーズも出てきます。

3歳で対応の仕方とかが固まっている場合なんてありません。
まさに暗中模索の状況。
母も「うまくいった事なんて思いつかない」と。
わかるわかる。
取り組みが成功しはじめたのなんて小学校5年生くらいからだし。

未就園児のサポートブックってどんなん??

母とSAYOちゃんと一緒になってあれこれ考えていたら、少しずつ見えてきました。
未就園児の場合、支援者は母の考え方や思いが知りたいから
それを素直に書いてもらえたらいいんだと。

こうすれば出来ます
とか
こういう風にしています
ではなくて
こんな風に考えて一生懸命育てています。どうか、よろしくお願いします。
でいいんじゃん
って。

ようやく見えてきたので
未就園児用ワークシート&テンプレート作ってみます。

やっぱ
茶話会はいいなぁ~。
学びがいっぱいです。
posted by こうまま at 20:56| Comment(9) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

終わった~~~

本日、行動援護従事者研修。
例によって3コマ6時間の長丁場です。

会場は日本福祉大学の美浜校。
地図を見たら知多奥田駅の目の前だったので何の心構えもなく行ってみたら
mihama-1.jpg
ひゃ~~~。
上り坂&校舎すら見えない~~~~
大学での講義なので、スーツを選んでしまった私。
もっと履きやすいクツを履いてくれば良かった~~~
大後悔。
やはり、事前のリサーチは必要ですなぁ。

方向音痴の私なので
校内に入ってからも迷います。
7号館ってどこぉぉぉぉ~~~

mahama-2.bmp
ありがとう、視覚支援!!!
デジカメに納め、その後3回も部分拡大をして確認しましたともっっっ。

mihama-3.bmp
受講生は学生ヘルパーさんと社会人ヘルパーさんが半々くらい。
ヘルパー資格は持っているけど、実際にはヘルプに出たことはないというかたもいらっしゃいました。
学生のうちにヘルパー経験をしておくのって福祉関連の事業所への就職にはかなり有利だと思うので
是非、バイトしてほしいな~と思いました。

ちなみに、うちの行動援護ヘルパーのトミーもこの大学の出身で新卒採用でしたが
就職した時点で行動援護ヘルパーの資格を所持していました。

学生さん達にはなじみのあるICF(国際生活機能分類)の説明をかなり具体的に丁寧にしたところ
「何度も見たことがあるし講義も聴いていたが、今回初めてICFが理解できた。」とか
「ICFってこういうことだったのですね。やっとわかりました。」
という感想がいくつもありました。
先日、うちの法人研修で話した時も
とよっちに「ICFの説明うまいな~~」と評された私。
こうくんの事例を使って具体的に説明するので、イメージしやすいのかもしれません。

あ。
ICFって何の略か聞かれてわからなくてスミマセンでした。
今、調べたら
ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health)でした。
どなたか、明日お伝え下さいませ~。

で。
すごく驚いたこと&嬉しかったことがありました。
今日の研修を大阪寝屋川のたすけあいのスタッフさんが受講して下さっていました。
寝屋川と言えば私の中では速効で冨田さんです。
その冨田さんの部下が受講して下さっていて、その方が
「冨田から、こうままの構造化の話はきっとおもしろいぞ、と聞いていましたが、ホントにそうでした。」とおっしゃったのです。
感激(うるうるうる・・・)

私が毎日かかさずチェックするブログは5つありますが、その中の1つが冨田さんのブログなのです。
すごく勉強になります。
とっても尊敬しています。
そんな方に評価していただけていることを知って、めっちゃ嬉しい私なのでした。

さぁ。
頑張ったご褒美にビール、ビール♪
今夜はア○ヒスーパードライじゃなくてザ・プレミアムモ○ツよっっっ




posted by こうまま at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

「気持ち」はムズカシイ!

昨日はSST親子教室の8回目でした。

sst821-1.bmp
開始1時間前からのスタッフミーティング
事前準備は大事です!

SST821-2.bmp
はじまりの会
みんないい姿勢で上手に座れています♪

SST821-3.bmp sst821-4.bmp
今回のテーマは「気持ちを知ろう」
他の人の顔の表情からどんな気持ちかを想像したり
イラストから想像したり。
こんな時はどんな気持ちがする?などを
ゲーム感覚で学習します。

sst821-5.bmp
中盤から、親御さんは別室で「保護者学習会」です。
この時間は、まさに「ペアトレ」です。
子どものダメダメな行動に目をつぶり
いい行動を褒めることが出来るようになるための学習会です。
こういうのは、やっぱ「スキル」だと思います。
なので
学んでおいて損はないです。

終了後はスタッフでカンファレンスです。

密度の濃い5時間。
たくさんの学びがあります。

前回は、受講者の一人の担任の先生も見学に来て下さいました。
SSTがこの地に根付くような動きをしたいと思っています。
始まったばかりではありますが、継続していけるように頑張ります。
posted by こうまま at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

やはり手に職だわ!!

昨日の田原巡回研修時に「おみやげ」をいただきました。

akabane-2.bmp
田原クッキー工房のクッキー

akabane-3.jpg
田原授産所所長の蒲田所長(橘流寄席文字師範)によるオリジナルカレンダー

実は
田原授産所の蒲田所長さんが6月の田原巡回研修を受講以来
「こんな研修がタダで聴講できるなんて、こんな有り難いことはない」とおっしゃって
田原授産所の職員さんが毎回2~3にんずつ、入れ替わり立ち替わり
研修に参加してくださっています。
「残りあと4人です」と語る所長。
ここにも熱い方がいるのです。

職員が受講させてもらったお礼にと
ポケットマネーでクッキーを購入して下さいました。
ありがたや~~~

フォン大好物の抹茶クッキーと
私が大好きなアーモンドクッキーがあって
めっちゃ幸せなワタクシ。
お世辞抜きにめっちゃ美味しかったです。
何とかこうくんに奪われないようにとフォント二人で隠しまくっております(爆)

それにしても・・
授産所の所長をされながら、江戸文字の師範として指導にもあたっていらっしゃるなんて、かっこええ~~~。
やっぱ
手に職よね!!
posted by こうまま at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

ゴールが見えてきたっっっ!!

昨日は田原の巡回研修でした。

(研修の様子は ふぃ~るあらいさんのブログでどうぞ~)

この研修、
田原市内の公立小中学校27校を巡回しよう!!という計画のもと
昨年の8月から始まりました。
ちょうど1年です。

akabane-1.jpg

で。
なんと、今回で20校制覇!!!
20/27ですから
ゴールが見えてきたって感じがします。
残り7校のうち2校は日程が決まっているので
未定なのはあと5校です。

いくら「全校回るぞ~」と意気込んでも
学校側からご依頼をいただけなければ伺えません。
だって
この研修は社会福祉協議会主催の事業で
「協働」の一歩手前の事業なのです。
その状況での20/27ってすごいなぁと思います。

6月と7月で4回に分けて
市内の全保育士さん向けにも研修をさせていただきました。

保育園と学校が同じ内容の研修を受けたという事実は
きっと、今後じわじわと効いてくるハズです。

当然、次の展開は考えているであろう田原市。
種まきのお手伝いはできつつあると思いますので
是非、大きく育てていただきたいです。
期待しています。

残り5校からのご依頼を心からお待ちしております。
posted by こうまま at 10:15| Comment(3) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

わかって動く

今日はこうくんの通っている養護学校の先生方向けの研修。
夏期研修は今年で3回目です。
昨年と一昨年は「自立課題」をさせていただきましたが
この2年で小学部を中心にかなり自立課題が浸透してきました。
どんどん広がって欲しいなぁと思います。
 
昨年の様子→前半戦終了

そして、3年目の今年は「スケジュール」のご依頼を頂いたのです!!
やった~~~~
遂に来たか~~~
という感じで、本当に嬉しいです。

もちろん、最初は疑似体験から。

Tyougo-1.bmp

見通しのない状況で、わけのわからない作業をすることがどれだけイライラする事か

言葉があまりわからない状況で
言葉の指示をたたみかけることがどんなに不安なことか

この2つの疑似体験をたっぷりと味わっていただいた後で
スケジュールの講義2時間。
お昼をはさんで、午後は2時間のグループワークをしました。

Tyougo-2.bmp Tyougo-4.bmp

5つのグループに分かれて、実際にツールを作っていただき
事前準備・ツールの使い方指導の方法を考えていただきました。
対象児はいつものごとく「3才のベンガル人の女の子」です。

Tyougo-3.bmp
5グループがそれぞれにセットアップしたので
「音楽室」のスペースはこんな感じに。

他に、教室とかトイレとか靴箱(運動場に行く)をスケジューリングしていただきました。

1回目のセッションではベンガルの女の子(私ですが)を混乱させて撃沈したグループも、再構造化して2回目には素敵な具体物1つ提示でばっちりokだったりして
いい感じのグループワークが出来たと思います。

トランジッション・キューやスケジュールチェックのカードの意味が伝わったという実感もありました。

今日参加して下さった30名の先生方がまず2学期に実践して下さって
「わかって動く」の醍醐味を感じて下さるといいなぁと思います。
そしたら、きっとそこからじわじわと広がっていくと思います。

今年も保護者でもある私を校内研修に呼んで下さったことをとても感謝しています。

そして、他の校内研修は多分無料なのに私のコマは「有料」です。
3年前に最初にご依頼下さったM奥先生のご配慮で「こうくんを預けて研修に来てくれるのだから」と参加される先生方から参加費を集めて講師料を払って下さっています。
参加費のいる校内研修を受講して下さった先生方にも感謝です。

更に
今回、こうくんの担任の先生も参加して下さいました(感動)
初めて、こうくんに直接届く(うるうる)

子どもたちに「安心」が届くことを祈って。
posted by こうまま at 19:51| Comment(3) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

またやってしまった・・・

今日は夜から理事会なので夕方から出社のワタクシ。
昼間はこうくんと過ごしました。

あまりにも暑いので、川で水遊びをしようと思い(私が勝手に)
水着と帽子をセッティング。

水着を見て大喜びのこうくん。
ズボンをさげようとしています。
主婦の私はいろいろその前にすることがあるので
杭をさす板を水着の上に置いて杭をこうくんにみせてからエプロンのポケットへ。(杭がスタートの合図になっています)

(水遊びできるけど今じゃないのか~)

と分かったこうくん、素直に2階へ。
こういうやりとりが成功すると、毎回ほっとします。

で、結局1時間ほどあれこれ家事をしてから
こうくんに杭を渡すと
うきょきょ~と喜んで階段を駆け下り、
杭を板に差し込んでそれを放り投げ(笑)
速攻で水着に着替えていました。

で。
ここで大失敗をした私(またかよ・・・)

こうくんがゴム草履を履いて勝手口を出たところで
日傘がないことに気づいた私
目の前に止めてあった私の車の扉を開けてしまったのです。
あ。ヤバイ。と思ったけど、時既に遅し。
こうくんの意識は一気に「お出かけモード」に切り替わってしまいました。

車に籠城(ろうじょう)

くぅぅぅぅ・・
水着着て水泳帽子かぶってゴム草履履いてどこに行くっていうんだぁぁぁ

私が悪いんだけど。
フォンにも「かあさん、また?」とバカにされ・・・
どうしてこう、事前準備がヘタなんでしょう。
忘れ物が多いんでしょう・・・・あーあ。

車の窓越しに
池で遊ぶ時に使っている黄色の椅子やタオルなんかを見せて誘うけど拒否。
中3の男の子を引きずり出すことは無理なので
5分ほど放っておいてから
好物のキリンレモンで釣る(泣)

こうくんが車外に出た瞬間に速攻で車の鍵を閉める。
車に入れなくて「なんで!?」となったところで
再度、椅子やタオルを示すと

(ああ、そうか。池か)

って感じで切り替わり、自分ですたすた歩き始めました。
今してることを終わらせないと次のことには切り替わらないものです、はい。
でも、こういう強制終了はあまりしたくないのになぁ・・・

ike-1.bmp
家から池までは100mくらいあります。
白線の内側を歩けるようにと
「ブブー」とか「いいよ~」とか後ろから声かけしながら練習してきましたが
テンションが高くなければ上手に歩けるようになってきました。
私の合図で道を渡ることにも慣れてきて
「まだ?」って感じで振りむいて指示を待っています。
ここに関しては絶対「指示待ち」でいいので(爆)べた褒めしています。

ike-2.bmp
幸せそうに遊ぶこうくん。

ike-3.bmp
母は日傘と水筒と椅子と携帯持参です。

ike-4.bmp
明日の研修(養護学校の先生方向け4時間!)で行うワークセッションのイメージをあれこれ考えながら、こうくんの「見守り&危機回避」です。

そうそう。
ike-5.jpg
保冷剤をくるんだタオルを首に巻いて熱中症対策してます(爆)

おまけ
私一人でこうくんを池で遊ばせられるのは
ゴム草履を並べて見せてから家の方向を指さすことで「水遊び終了」が分かって
自分で池から上がって草履を履いてすたすた歩いて帰れるようになったからでうす。(もちろん、まだ終わりたくないってごねるけど)
私一人で池から引きずりあげて家まで引っ張って帰るなんて絶対不可能だもん。

やっぱり「終わりの概念」って大事だな~と今更ながら思います。
posted by こうまま at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

社会貢献

今日は、朝イチで県の監査。
市から委託されている事業の雇用関連の監査でした。
1時間くらいと言われていましたが
サクサク進んで、40分ほどで終了。
「丁寧にされてますね」というお褒めの言葉を頂きました。
指摘事項なし。
良かった~♪

もちろん、事業自体も丁寧にやっているんですが
労務や会計なども適正に行われていることを確認して頂けました。
優秀な事務員さんと担当のさっちんがきちんと書類を整えてくれたおかげでもあります。

第三者の評価って大事です。

監査を終えて事務所に戻ると
おおおおお~~~
やってるやってる。

子どもたちが宿題に精を出している~~~。

実は、本日
スタッフのお子さん向け「宿題お助け隊」の日です。

うちのスタッフは子育て中のママがいっぱいいます。
オンナって、結婚・出産・育児・介護で
その度に自分の生き方を変えないとイケナイことが多くあります。
理不尽だなぁと思います。

育児中でも介護中でも障害児を育てていても
少し周囲の配慮があれば、助け合えば、
社会貢献できる人たちがたくさんいます。

私も結婚して転職し
妊娠10ヶ月で仕事を辞めました。
一気に子育てして社会復帰しようと続けて2人目産んだら障害児で。
このままずっと社会に出ることもなく
ずっと家にいないといけないんだと思った時期があって
もう二度と社会貢献はできないんじゃないかと思って
悲しくてボロボロ泣いた事があります。

だから
働きたいママには可能な範囲で働いて社会貢献してほしいと思っています。
少しでもそのお手伝いが出来たらいいなといつも思っています。

独身の若い子たちに
「あなたたちもこれから行く道なので、子育て中のスタッフが
子どもの熱で休んだりした場合にはどうか助けてね」とお願いしていますが
今回の「お助け隊」もその一つ。

小学生を育てるママにとって、夏休みは大変です。
家に子どもを残して仕事に出ることを「後ろめたく」感じてしまうことってあります。
家族にも「そこまでして働かなくても」とか言われちゃったりすると更に凹むし。
帰宅して宿題が進んでいないと怒れるし。

夏休みに勤務先に子どもを預かってくれる場所があるといいなぁと
ずっと思っていました。
予算的にも人材的にもなかなか難しかったのですが
今回、人の配置ができて開催にこぎつけました。

宿題指導は来月から働いてくれる保育士さんにお願いしたのですが
スケジュールや自己紹介カードやふり返りシートなんかもさくさく作って準備してくれました。

使える部屋が放課後ディの開始時間までになるので
朝8:30~13:30の5時間ですが
今年はこれが精一杯。
でも、ゼロと1は全然違うから
来年はも少し拡大できるように戦略を練ります。

帰宅して「宿題お助け隊ついに実現!!」の話をしてばあちゃんと盛り上がっていたら(ばあちゃんも会社勤めしながら子育てした人なので)
フォンが
「それって、かあさんが我が輩の夏休みの宿題で苦労したからでしょ?」と言うので
「そうそう」と言ったら
「じゃ、我が輩のおかげじゃん」と。
なるほど。確かに。
フォンのおかげで事業化することができました。
フォン、ありがとぉ~~。
posted by こうまま at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

光栄なこと

川崎の自閉症協会さんから30周年記念冊子が届きました。

kawasakiJ-1.bmp

30年・・・
私が中学生のころから親の活動は脈々と受け継がれてきたのだなぁと改めて「30年」という年月に重みを感じました。

この冊子の第一章には
昨年の川崎で行われた「ようこそ自閉症ワールドへ」の様子が紹介されていました。
私も参加させていただいたのですが、本当に素晴らしいイベントでした。

その時の記事→ようこそ自閉症ワールドへ

そして、そして
この冊子の中に、私も載っています!!
kawasakiJ-2.bmp
うすいさんとチューリップ元気の会の溝井さんとのスリーショット。
嬉しい~~~~。

すっごく光栄です!
他にも写真の提供もさせて頂いたのですが、採用率高し(爆)
これまた、嬉しいことです。

また
「イベント参加者からのコメント」としてぶどう社の市毛さんに続いて2番目にコメントを載せていただいています。
その中で私は「愛知でも自主上映会をしようとココロに決めました」と書いていました。
良かったぁぁぁ・・・
嘘つきにならずに済んで(苦笑)

1章から3章で構成されているこの三十年誌を読んで
そうか、啓発ってこうやって広げていくものなんだと感心し
改めて、明石さんのすごさを再確認しています。

やはり、明石組長は偉大です。

法人の運営と親としての活動はきっちり分けて
そのバランスを考えつつ、やっていかないとイケナイです。

私の場合
今年は思いっきり法人寄りで、多分数年はそれが続きそうですが
法人が安定してきたら、親としての活動にどんどんシフトしていきたいな~
posted by こうまま at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

お盆休み~

お盆休みです。
ヒマヒマしているこうくんを、川遊びに連れ出しましたが
家の前の川は絶対にダメ。
腰が引けちゃって、逃げの一手で何ともならない。
めっちゃ恐がり。

で。
我が家はニジマスを養殖しているのですが、
その一つの池が空いているので
そこに入れてみることに。

そしたら、自分から入りました!!

kawa-4.bmp
池の掃除をするばあちゃんと一心不乱に水遊びするこうくん。

kawa-1.bmp kawa-2.bmp
もう、キャーキャー言って
ノリノリです。

kawa-3.bmp
隣の川と
深さも水の流れも殆ど同じなのですが
一体、何が違うんでしょうか。

やはり
四角く区切られているという安心感でしょうか。


夏休みの宿題が佳境に入っているフォン。
読書感想文のために本を買うお金がもったいないと言うので
「あそこに売るほどあるけど」
と私の本棚(もちろん、自閉症関係オンリー)を指してみる。

Fbokuumi-1.bmp
一心不乱に「ぼくうみ」を読み
一気に感想文を打ち上げました。(ワードで)

めでたしめでたし♪ 
posted by こうまま at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

フォンがいっぱい!?

本日、フォンの中学時代のお友達が来てBBQ。

折しも、台風が一番近づいていたのだけれど
雨でもガレージでBBQが出来てしまう我が家なので
風がなければ何とかOK。

fonBBQ-2.bmp
あまりお肉が得意じゃない子がいるとフォンが言っていたので
餃子の皮ピザも用意しました。

fonBBQ-3.bmp
自分で好きな具を載せて作ります。
コレが結構大受け。

fonBBQ-4.bmp
自分のピザの焼き加減をチェックするお嬢さんたち。
焦げ目は欲しいけど、焦げちゃうのはイヤだものね♪

fonBBQ-5.bmp
こんな感じ~。
なかなかの美味です。
ピザソースとピザ用のチーズと餃子の皮があれば
あとは、冷蔵庫の残り物でOKです。
ハムとシーチキンが人気でした。

さて。
こうくんですが。
fonBBQ-1.bmp
なかなかガレージに来れません(爆)
ガレージのお嬢さん方の様子を何度もうかがいつつ・・・

fonBBQ-6.bmp
食べるものが焼き上がったら
頑張って来ました(爆)

同じ中学だった子は
3年の時に福祉実践教室にお邪魔してこうくんのことをお話をさせてもらっているので、フォンも私も気が楽です。

その時の記事→づがれた

娘の中学でキャラバン公演をすることについては結構悩みましたが、
今となっては良かったです。
高校の友達はまだ家には呼べないので
また、方策を考えねば、です。

そうそう。
ガレージでBBQをしていたら
知り合いの猟友会の方が通りかかって
「これも焼きん」と
イノシシの肉をくれました。
fonBBQ-7.bmp
イノシシの肉なんて食べたことないというお嬢さん方のために
半解凍の部分があったので
その場で切って、焼いてあげました。

こうくんがよゐこで助かりました。
やっぱ、フォンのことは一番怖いんだなぁ~(笑)

posted by こうまま at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

完成~♪

こうくんが描いた(?)絵が
うちわになって戻って来ました~。

uchiwa-5.bmp

元絵はこちら
uchiwa-4.bmp
上下逆ですが。

描いている様子はこちら。
こうくんの夏休み

以前学校で作ってくれた名前の消しゴム判子を押してみました。

週末の盆踊りに持って行こう~♪
posted by こうまま at 20:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

専門学校で

今日は市内の福祉系の専門学校で講師でした。
昨年からカリキュラムが変わって、知的障害も入ったので
自閉症の方への具体的な支援の方法を知りたいというご依頼でした。
今までカリキュラムに入ってなかったんですね~(苦笑)

jikei-1.bmp
介護福祉学科の1,2年生70名。
生徒は18才から57才という幅の広さ。
高校卒業下ばかりの方から社会人経験者まで。
先生方は日々、ご苦労されているのだろうなぁと推察しつつ。

なので、より具体的な支援がイメージできればと思い
疑似体験のガンダラムジムジはその場で絵を描いてみました。

最初に描いたのはこれ。
giji-1.bmp
これは、前回田原で描いたのと同じです。
体験して下さった方が地震発生時のように机の下に潜ってました。
なるほど、そうかも。
今日も、体験してくれた生徒さんは「え?」って感じで何していいかわからずに固まってました。
この絵はどうやらわかりにくいようです。
私は一番わかりやすいと思って描いていたのにな~(爆)
こっちの勝手な思い込みじゃダメなんですよね。

次に描いた絵はこれ。
giji-2.bmp
これを見た瞬間
「あ!!」と言って、すぐにやってくれました。

わからないのはこちらの提示の仕方が悪いのだということが伝わったと思います。
逆に
わかればどんなにヘタな絵でもいい。
わかれば何でもいいんですよね。

私も
美しいアラビア文字での指示書より
超ヘタクゾでも日本語の指示書の方が絶対いいもんね~。

2時間だったので、話せることには限界がありましたが
具体的な手立てのヒントまでは何とかお伝えできたかなと思います。
何か一つでもこれからの実習に活かして頂けたらなぁと思います。
posted by こうまま at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

ぼくうみ上映会終了!!

昨日、無事に「ぼくはうみがみたくなりました」の上映会が終了しました。

bokuumi-1.bmp

300名収容できる綺麗なホールで
朝・昼・夜の3回上映。

私はすでに2回見ているので
上映中は受付・書籍販売の担当でした。

(そのため、中の様子は写真に撮れませんでした。会場内の様子などは、後日アップしたいと思います。)

bokuumi-2.bmp
エントランスホールがとても広いので
市内6つの児童ディサービスの作品展も開催しました。
これは、うちのディスタッフからの発案です。

一般の方達は「ディサービス」と言ったら、高齢者が通うところと思っているのが普通なので、
障害のある子どもや発達が気になる子どもたちが通う「ディサービス」もあることを市民に知って頂くいい機会になるのでは?ということで
市の方がホールにかけあってくださって、エントランスをお借りすることができました。

bokuumi-3.bmp
ゆうのディの子たちの作品。
大人では絶対に作れない作品ばかりです。

bokuumi-4.bmp
別のディからの出品作品。
ランプシェードです。
すごくいい味がでていました。


さて、上映会ですが。
まず、チケットは事前に申し込みを頂いた方のみにお配りし
3回分の全800枚を完全に配布しきったのですが
当日来ない方の多さに愕然としました。
何の連絡もなく、どの回も40名くらいの方が来ませんでした。
配布完了後も申し込みは続き、相当数お断りしたので、本当にザンネンでした。
前回の阿部先生でも40数名来なかったので
無料の場合は14%くらいは当日来ない方がいるのだなとわかりました。
次回の講演会に活かしたいと思います。

上映に先立ち
福祉課長さんから
この上映会が豊川市からNPO法人ゆうに委託されている「豊川市発達支援アドバイザー事業」の一環で行われていること、
また
支援者の裾野を広げることを目的に昨年10月から行われてきたこの事業で
保育士や民生・児童委員向け研修を9回行い、
アドバイザーが保育園へ伺い訪問療育や職員研修を行ってきた結果、
この1年弱で確実に支援者の裾野が広がっていると課長自身が実感している事などを丁寧にお話下さいました。

当日のドタキャンが多かったとは言え
この地域の700名近い方にこの映画を見ていただけたことは
確実に大きな「成果」だと言えます。

各回の上映後に
私から、山下さんの本の紹介とともに
この映画に込めた山下さんの思いをお話させていただきました。
そして
この映画を一人でも多くの方に見ていただきたいので
山下さんに許可をいただきHPから転載した「自主上映会マニュアル」を参加者全員にお配りしました。
意外と簡単に安価に上映会が出来ることを具体的にご紹介したところ
アンケートに「うちの街でもやります!」と書いてくださった方もいらっしゃいました。

小さな親の会や保育園や学校の職員・保護者向けなどでも出来るので
是非、多くの場所で自主上映会が開催されるといいなぁと思います。

本を書いたり映画を作ることはできなくても、上映会はできるから
私たちは自分にできることをやったらいいんだと思います。

さらに。
今回、市の主催なので「カンパ箱」を置くことがかないませんでした。
私的には本当に悲しくて苦しくて辛かったので
振り込み先も一緒に印刷して配り
「映画を作るのにはすごくお金がかかって、今も借金が残っているので、是非カンパをここに送って下さい」とめっちゃストレートにお願いしました。
(この案内は前日夕方に印刷したため、800部セットするのに夜の10時まで手伝ってくれたヘルパーステーションのスタッフに感謝、です。)

ゆうの事務所にもカンパ箱を置こうと思います。

アンケートに書かれたみなさんからの感想を読みながら
鑑賞後のアンケートにこんなに書いてくれる映画があるだろうかと思いました。
1~2行とかじゃなく
本当に、何行にもわたって自分の思いや感謝の言葉を綴って下さる方が多く
この映画のもつ魅力を再確認しました。

改めて
山下さんに感謝したいと思います。


今回もスペース96さんのご協力で書籍販売を行いました。
山下さんの本だけでなく
発達障がい関連の本を依頼したところ
かなり多くの種類の本を送っていただきました。
いい本ばかりだったので、知り合いのお母さんや先生方に
ピンポイントで「これ」とオススメすることができました。

bokuumi-5.bmp
日中の児童ディの支援が終わってから夜の部に駆けつけて書籍販売を手伝ってくれた姫達。
ありがとぉ~~~。

そして、そして
全体を取り仕切ったさっちん。
アンタはスゴイ!!
よく頑張った~~~~。
posted by こうまま at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

ここにも熱い人が

本日、小牧で夏期教職員研修でした。
昨年も講師をさせていただきました。
ご依頼下さったA先生は
小牧に」スケジュールとか自立課題を根付かせたい」と本気で思っていて
私とS先生を今年も呼んでくださいました。

昨年の様子はこちら

昨日、スタッフミーティングで
「明日、小牧なの~」と言ったら
「遠くまで行くんで行くんですね」というので
「依頼して下さった教育委員会の主事のA先生がすごい方でね。
年休とってわたしの支援ツール作成会にフツーに申し込みして来ちゃう人なの」と言ったら
「わ~。熱い方なんですね」と。

そうか。
そうなんだ。
私がA先生が大好きでA先生の依頼は絶対に断れないと思っているのは
その「熱さ」ゆえかも。

komaki-1.bmp
2時間半で疑似体験とスケジュールと自立課題。
きっちりお伝えできたと思います。
午後のS先生にバトンをお渡しできたと思います。
posted by こうまま at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

講演会のお知らせ

講演会の第二弾です。
阿部先生のあとは品川先生です。
素敵でしょ?
私もめっちゃ、楽しみ♪

市の委託事業なので豊川市外の方の受付は8月16日からです。
メールでもokですよ~。

+++++++++++++++++++++++++++++++    

講題:『すべての子どもたちに、今こそ必要な教育とは何か?』 
    ~私たちにできる支援について考える~
講師:品川裕香氏 (教育ジャーナリスト・編集者)
日時:平成22年9月19日(日)13:30~15:30 (受付開始13:00~)
会場:音羽文化ホール (ウィンディアホール) 
   ※豊川市赤坂町松本250番地(名電赤坂駅徒歩5分)
定員:300名(先着順)
参加費: 無料 
主催: 豊川市
企画・運営 : NPO法人ゆう
申込み期日:豊川市内の方と市外の方では、受付開始日が異なります。
      ※豊川市内の方 : 8月 2日(月)~8月31日(火)
         市外の方 : 8月16日(月)~8月31日(火)
申込み方法:参加希望の方は、①氏名②年齢③お住まい④電話番号⑤FAX番号⑥ご職業⑦手話・要約筆記の有無を明記の上、メールかFAXでお申込みください。
申し込み先 :NPO法人 ゆう(担当 高橋)
FAX:0533-85-5530 e-mail:npo-you@wine.plala.or.jp

+++++++++++++++++++++++++++++++++

前回の阿部先生の時は、
実は当日何の連絡もなく来なかった方が47名もいました。
途中で定員を超えてしまい、何人もの方をお断りしていたので、気楽に何の連絡もなく平気で来ない人たちに、本当に腹が立ちました。
本当に参加したくても、定員超えで参加できない方もいることを考えて参加申し込みをして頂きたいと思います。
posted by こうまま at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

教育と福祉の連携

昨日は、田原の中学校で研修でした。

その後の懇親会の様子も含めて
ふぃ~るあらいさんがブログに詳しく書いて下さっているので読んで下さい。
ハードルが高いと言われる「教育」と「福祉」が連携している様を是非見て頂きたいです。
うっとりしますよ~。

あらいさんブログ「すでにメンバー」

taharaK-1.bmp
もうもうと煙が立ち上る焼き肉屋さんで
本音トークが展開されていました。

ここにいるメンバーは
みな、自分の「枠」から少しずつはみ出しています。
だから
連携できている(手をつなげている)のだと実感しました。
自分のテリトリーだけ強固に守っていたのでは
何も変わらないのですよね。

異端児も数人集まればフツーの人
なのです(爆)

taharaK-2.jpg
「ヒマじゃないんです軍団」のBOSS、福祉課白井課長と
田原の学校介助員制度の実現にご尽力下さった校長先生と。

お二人とも、本当に熱いです。
(ブログの掲載に関し、お二人の許可を頂いております)

こういう熱い人が上にいる「市」はいいです。
熱い行政マンがちゃんと評価され、
いい仕事が出来るから。

「熱さ」で波長が合うので
田原への移住を勧められているワタクシなのでした(爆)

そうそう。
豊橋から豊鉄渥美線に30分揺られていたら
とても嬉しい場面に遭遇しました。

ちょうどお昼過ぎで、部活や補習帰りで高校生がいっぱいの車内。
こうくんと同じ養護学校の高等部の生徒も何人か乗っていました。
車両を歩き回ったり声を出す生徒がいても、みんな「ふつ~」なんです。
慣れているんですねぇ。
時折「!!」という顔をして見ている一般の方はもちろんいましたが。

で。
途中で乗ってきたイケメンの高校生が
歩き回って独り言を言ってる養護学校の生徒に「お。○○、元気か~」と声をかけ
「げんきか~」と答えているのをみて
何だかすごくほんわかしました。
きっと小学校とか中学校が同じだったんだろうなぁ。

自力通学できるくらいの子は、高校から入った子が多いので当然なんですが。

イケメンの高校生がどう見てもアヤシイ動きの高校生にふつ~に声をかけている姿を一般の人がびっくり目で見ているのが
何て言うか
「素敵~」
って思っちゃいました。
ま、世の中
そうそう甘くないんだけどね。

豊鉄渥美線
是非一度乗車されることをオススメいたします。
菜の花の頃がいいかも。
posted by こうまま at 17:56| Comment(3) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

まにあ連合

本日、2年ぶりにまにあ連合の集まりがありました。

T&K-1.bmp
最重度の中3ペア。
すごいな~。
並んで座ってるし。
成長するモンだなぁ。

K&A-1.bmp
小学生ペア
しっかりしてまいりました。

mania-1.bmp
座敷でフツ-に(いや、普通ではないが・・笑)食事が出来るなんて。
こんな日がこようとは・・・。

恒例(?)のブルーベリー摘み。
小学生ペアはブルーベリーの実物を見せて「取りに行くよ」の時点で拒否。
よくわかっていらっしゃる。

それぞれの「母」に言われるがままに摘みはじめる素直な最重度ペア。
T-1.bmp
母の適切な指示と援助により
葉っぱと実を見分けられるようになったぞっっ!!
スゴイ。
職業体験はここでどうでしょうか~(夏休み限定ですがぁ~)

こうくんは、2年前は全く摘めなくて
土いじりしかしていなかったのですが
K-1.bmp
ちょこっとだけ指示に従うそぶりが見えたので
速攻で強めの介入(爆)
「これを摘め!!」と指さしして
摘んだ瞬間
「ここに入れろ」
とカップを示したら
K-2.bmp
摘めましたぁぁぁ~~~。
スゴイ、スゴイ。
ばあちゃんが泣いて喜ぶにちがいない。

ちなみに、ばあちゃん
毎朝2時間のブルーベリー摘みのバイトをしております。
その作業が将来こうくんにできないものかと画策していて。(爆)

器用なので、実を摘むことは出来ても
熟した実を見分けることはできまいと思っていましたが
K-3.bmp
結構いけそうじゃないですか?
青い実は入ってないし。
やっぱ、紫色はわかるんだな。うん。
(多分、白もわかる)

こうくん、上手に指示に従って摘んでいましたが
5分で飽きて逃亡しました。
どのくらい摘めばいいかがわかればいけそうな感じ。
カップの形状が刺激的(振って遊びたくなる形状)なので
入れ物をカップじゃなくてペットボトルみたいな形の物に替えて
プッインにしたら、出来るかも。
「どのくらい」は難しいけど
一本の木の全ての紫色の実を摘んだら休憩
とかにしたらイケルかも?

うふふ。
またまた野望が広がるこうままなのでした。

たまに会うとお互いの子どもの成長ぶりがよくわかります。
遠くから来てくれて、ありがとね~~~~。
また来年、遊ぼうね~。
(我が家は本当に山の中なので、自宅まで遊びに来てくれる人は殆どいません。なので、とっても貴重な仲間です)
posted by こうまま at 18:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする