2011年02月06日

吹き消せる日は来るのか!

昨夜は、こうくんの15才をお祝いして
家族で手巻き寿司&ショコラケーキ

Kbirthday-1.jpg
どうやら
ろうそくの火は気になるらしい・・・

今年は
初めて、ノリとご飯と具を一緒に口に入れることができました。
やっぱ、解体して食べるのはお下品なので
社会人になる3年後までには他のお作法も何とかせねば~

posted by こうまま at 11:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

ベターから始める

今日は午前中サビ管ミーティングの後
午後からSST親子教室。

sst0206-1.jpg
本日は「名前を呼ぶ修行&返事をする修行」

一方的に話をしてしまうお子様達にとって
相手を意識するのはとってもムズカシイことです。
今日の修行はなかなか難航し
あちこちで紛糾しておりました。

やりとりの中でこぜりあいが始まり
言い合いが始まる・・・
それを制止してけんか両成敗だと説明し始めたら
「じゃあ、次はケンカしない方法を教えて!!」と叫ぶ。
この子たちは
うまくいく方法を知りたいって思ってる。
どうして自分はみんなとうまくやれないのか
わからないから困っているんだ。

この教室は
大切な練習の場だなぁと感じます。

sst0206-2.jpg
そして、今日は見学の方が6名!
岡崎の児童ディサービスの職員さん
西尾の通園施設の職員さん
豊川の保育園に勤める保育士さん

ちなみに
うちのSST教室は、まだまだ試行錯誤のまっただ中で
本来は、とても人様にお見せできるようなレベルではありません。

ですが。

シュガーさんに教えて頂いたこの手法を多くの方に見て頂き
取り入れて欲しいという思いから
自分たちでもやりたいという見学者の受け入れは積極的にしています。

なので
主に使っている3冊の本の紹介やアセスメント~プログラムの立て方までの簡単なご説明をさせて頂いています。

私たちは、まだまだシュガーさんのように上手にはできていないけれど
でも
このやり方は科学的に効果が実証されているやり方だから
多少下手でも確実に効果はあるんです。

ベストじゃないけど、ベター

まずは、一歩一歩前へ。

<追記>
主な3冊を教えて欲しいと言うお問い合わせを何件か頂きましたので
ご紹介します。
シュガーさんにご紹介頂いた3冊です。

1・ 特別支援教育 実践 ソーシャルスキルマニュアル 上野 一彦

2・LD・ADHDへのソーシャルスキルトレーニング 小貫 悟、三和 彩、 名越 斉子

3・教室・家庭でいますぐ使えるSST― 安住 ゆう子 三島 節子


posted by こうまま at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

今はぬるま湯でいい!

今日は、
母子通園施設ひまわり園でお話会

去年ひまわり園を卒園し
保育園やディサービスに通っているお子さんのママたち3人をゲストスピーカーにお招きし
私がインタビューしていく形式で行いました。

最初に
これは、とても特別なトークなのだと言うことをお伝えしました。
同じ通園施設に通っているお母さんたちだから、この3人の先輩ママたちはお話しして下さるのだと。

そう言いながら
本当にそうだよな~と再確認している自分がいました。

自分が辛かったときのことも含めて「気持ち」を話すんだから
特別な人たちに向けての特別なトークなんだよなぁ。

3人の先輩ママたちは
とても正直にお話してくれました。

保育園は甘くない。
世間の目は結構キビシイぞ。

そんなメッセージも伝わったように思います。

3人のママたち
話してくれてありがとう。


実は
今回の先輩ママトークを開くにあたり
私にはどうしても伝えなければイケナイと思っていたことがありました。

ひまわり園はとってもいい環境になっています。
私が 想定した以上に素敵な場所になっています。

もちろん、それはとってもいいことなのですが
みなさんがずっとひまわり園に通い続ける訳ではありません。
2年以上通う方はいません。

ひまわり園から保育園や単独の通園施設やディサービスに移行していきます。

移行先で、今と同じような療育支援が受けられるかはわからないのです。
特に、「保育園は保育に欠けるお子さんが通う場所であって療育施設ではないから、オタクのお子さんだけ特別扱いは出来ない」と言われたりします。
そうなった時
「なんで子の子に合わせた配慮をしてくれないの?」と不満を持ってしまったら
お子さんにとっても家族にとっても辛い状況になってしまいます。

養護学校でもよくあります。
1年生の時にとってもいい担任に受け持ってもらったせいで
2年生の先生にめちゃくちゃ不平不満を持っちゃうとか。
それって、1年生の時にいい先生に巡り会えたことが
かえって逆効果になっちゃって残念なことです。

だから
私の今日の使命は
「移行先で同じ支援が受けられなかったとき、不満をぶつけるのではなく
どう伝えたら分かってもらえるか考えましょう。
難しかったら、一緒に考えるので、相談してね。
場所や担任が変わっても
家での生活が安定していたら、それほど崩れたりはしないよ。」
をお母さん方に伝えることでした。

今の時期は思いっきりぬるま湯でいい。
ぬるま湯の中で力をつける必要があるから。
だけど
これから進んでいく道は決して甘くないから
うっかりぬるま湯のままの気分でいたら火傷する。

お母さん達からは
「ひまわり園に通っえているこの時期を大事にしたい」という感想が多くあったので
伝わったと思います。

ただ単に施設の環境や支援内容を良くして丁寧に支援すればいい訳じゃない事を学んだ1年でした。

posted by こうまま at 19:19| Comment(6) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

15才のきみへ・・

birthday-1.jpg
(レインボーはうす 作業実習にて)

5才のあなたを連れて
たくさんの場所を巡った

ことごとく断られた

とてもこんな大変な子はお預かりできない


あれから10年

あなたの背中は
こんなに大きくなっていたんだね

働くオトコの背中になっていたんだね


こうくん
15才、おめでとう

posted by こうまま at 20:44| Comment(14) | TrackBack(0) | お誕生日メッセージ | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

キッコーマン!

本日、千葉県野田市育成会さん主催の講演会。
昨年の千葉TEACCH研究会での講演を聴かれた施設職員の方の報告書を見た育成会の役員さんからのご依頼です。

こうくんをスクールバスに乗せてから電車に飛び乗って。
東京駅のホームでぶどう社の市毛さんが待っていて下さって
野田市までご一緒して下さいました。
ありがたや~。

noda-1.jpg
野田市に着いたら
駅の目の前にキッコーマン!!
豊田市がTOYOTAってのと同じ感じで
野田市はキッコーマンのまちでした。

講演会の会場である8階建てのりっぱな市役所のエントランスをはいると
そこには
社福の運営する喫茶店が。

すごい。
市役所の一等地に
障害のある方の働く場があるなんて。

かんど~。

noda-2.jpg
100名以上の方が参加して下さいました。
育成会会員外の方にも声をかけて下さったとのことで
若いママや施設職員の方もいらっしゃいました。
殆どが親御さんだったので
とても気持ちよくお話することが出来ました。

野田市育成会のみなさん、ありがとうございました。

そして
竹蓋さん、ちゃくろんさん
来て下さってありがとうございました。

そしてお知らせです!!
noda-3.jpg
師匠きらママさんの本が遂に出来上がりました!!
昨日届いたばっかりの本を
版元の市毛社長さんから直接手渡されるという贅沢なことに。
感激~。
(本の発送は明日からです)

「重い自閉症のサポートブック」
高橋みかわ
ぶどう社

イラストは「うちの子かわいい!親ばか日記」のあべひろみさんです。

サポートブックと言うよりも
重い自閉症のお子さんへの対応の工夫やアイディアが書いてある本です。

こんなに重い子にどうやって教えたらいいのよ!っていうあたりのヒントがいっぱいなので
母だけでなく、特別支援学校の先生方必見かも。

赤丸オススメです!!!

~本日のネイル~
20110202.jpg
こう父リクエストの
「派手すぎず
かといって決して地味でもなく
きらっとセンスが光るような
きれいな爪」
に精一杯応えてみました。
100円也。

posted by こうまま at 23:12| Comment(4) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

頑張れって言わないで

先日も書きましたが。

お母さんも十人十色

すごく前向きで元気な障がい児の母だけが評価されるのは理不尽だ。
そんな風に「振る舞えない」母だっている。
それはそれでいい。

東京都立川市で悲しい事件が起きた。

東京、立川での事件。

障害のある子どもを授かって
悩むのなんて当たり前じゃん。

明るくしてたって、一皮むけば血まみれのどろどろなんだってば。

そういう事を
専門家や支援者は意外に軽く考えている。

だから
私は支援者向けの研修では
毎回、障害受容の螺旋モデルを出して「親は障害受容なんてできません」と強調してきた。

悩んで苦しんでる若いママを前にしたら
私は
一緒に泣いてあげることしかできない。

あなたが泣いててどうするの。
先は長いのよ。
頑張らなきゃ。

なんて
絶対言わないで欲しい。

posted by こうまま at 23:05| Comment(17) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

こう父、久々のプチ大工

isu-1.jpg
ダイニングにあるこうくんの椅子は丸イスです。
もちろん、最初はテーブルとセットで買ったイスを使っていたのですが
あまりにギコギコとロッキングするので
背もたれがない方がロッキングしにくいだろうってことで
丸イスにしました。

丸イスにしてもロッキングをするので
檜の床にいっぱい傷がつき
じいちゃんが悲しがるので
椅子の脚にじゅうたんの切れ端を巻きました。
isu-2.jpg isu-3.jpg
なんで床が檜?って感じですが
我が家は林業もやっていて
自分ちの山の木です。

それでもぎこぎこやるので
こう父が遂に動きました。
isu-4.jpg isu-5.jpg
これで、どやっっ
素晴らしい出来映え。
いいお仕事です!!

んが
しかし

微妙に円の縁部分でバランスをとりながら斜めになるこうくん。


こうくんの身体能力開発と鍛錬に協力しているこう父であった・・・

posted by こうまま at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族・友人 | 更新情報をチェックする

評価の重要性

やっぱり、
「評価」って大事だなぁとつくづく思います。

1月最終日の今日
いつものように、フォンの今月の「稼ぎ」の集計&支払いがあったのですが
「ぴったんこ賞、どうかな~~~」と
ドキドキしながら計算してるフォン。

現金とお小遣い帳の数字があってたら
ぴったんこ賞で200円ゲット

というシステムになっております。

「ぴったんこ賞はボーナスみたいなモンだからさ~」と。

なるほど。
そうかもしれません。

1月は冬休みもあり、
私が佐賀に研修に行ったりもしたので
こうくんのお世話(最大級に単価が高い)の回数が多かったのですが
なぁんと9850円という給料をゲットしたフォン。

私のお財布から1万円札が1枚なくなりましたぁぁぁ・・・・

評価と言えば
先日、ぶどう社の市毛さんに私の作ったパワーポイントデータを送ったら

こうままのパワーポイントは構造化されていてわかりやすい。
365日24時間、こうくんのために構造化しているからですね。

というコメントを頂いて
めちゃくちゃ嬉しいワタクシです。

人間、
やっぱ、褒められて(強化されて)ナンボですな~。

posted by こうまま at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする