2012年09月30日

読んだ!!

lessorさんが「圧巻の障害児の親研究の本」と評価されてた本をやっと読み切りました。

jyuyou-1.JPG
「障害のある乳幼児と母親達」その変容のプロセス
一瀬早百合・生活書院

著者が学位取得のために書いた博士論文を基にして書いた「研究書」なので、その類の書籍に慣れていない方にはお薦めしませんが
普段、障害のある小さいお子さんと親御さんの対応をしているけれど
親御さんのお話しがなかなか聞けていないな~
と思っていらっしゃる支援者の方にとっては
親の『結構本音に近い言葉』が載っていると言う点で
4章だけでも読む価値アリだと思います。

慣れない研究書なのに、私が読もうと思ったのは
これまでの「障害受容論」に対して「そんなんできないし!」「全然違うし!」と言ってきた私ですが
「変容プロセス」という表現に「そう。それは確かにあるのよ!!」と、『これはもしかしてスゴイかもフラグ』が立ったからです。

こうくんに障害があるとわかって13年。
障害受容はしてませんが気持ちはいっぱい変容してます。
そして
ここ7年ほど、母向け学習会や茶話会を開催してきて
変容のプロセスは1人1人違うことを体感しています。

だから。
著者が変容プロセスを4つのストーリーに分けて整理している事に関しては
「もっと微妙なのよ。そんな単純に分けないで欲しいし~」と思ったりもするし
自分が「精神運動発達遅滞・自閉症合併」というカテゴリーでひとくくりにされている事に対しては
「みんな違うんだから、そんなカンタンにひとくくりにしないで欲しいし~」みたいな不快感もありました。

だいたい
「研究対象」になるのって、不快なことです。

でも
この本は、コレまでのように、「障害のある子どもをもつ親たちはこんな風に障害を受容していく」みたいなのとは全く次元の違う内容になっています。
著者自身、著者の整理した4つのストーリーがこれまでの障害受容論の様にこの先ステレオタイプに語られていくかもしれない可能性は感じていらっしゃいますが、それでも、様々な障害の様々な家庭環境の親たちの話を丁寧に聞いて分析している点で、これまでの「親研究」とは一線を画している気がします。

慣れない研究書なのに、私が途中で投げ出さずに最後まで読み通すことが出来たのは
著者が「自分の名前を呼ばれても反応しない子どもの親たちに緊張が走る瞬間」を見逃さない方であったという、そのただ一点にあったかもしれません。
そんな単純な理由で「この人がどう結論づけるのか知りたい」と思う私は、相当にナイーヴだなと笑っちゃうわけですが。

親なんてね、そんなモンです。はい。

著者はおそらく「親は支援者にそうそう本音は話さないもの」ということを知っていると思います。
その上で、親御さんに丁寧に寄り添っています。

好感が持てたから最後まで頑張って読んだ。
そんな感じです。

家族支援をされている方にはとても参考になる本だと思います。

ちなみに。
「研究書」なので、支援方法などは書いてありません。あしからず、ご了承くださいませ。

posted by こうまま at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・TV・映画 | 更新情報をチェックする

台風接近中・・・

今日は、名古屋で恒例の(?)愛知県自閉症協会さん主催の支援者養成セミナー。
ゆめじろうの出口さんととよっちと私の3人で毎年やらせていただいています。
2007年の9月から毎年、今年で6回目。
(最初の仕掛け人はゆめじろうのウォーリーさん。参考記事はコチラ

内容は少しずつ変わってきています。
今年は、ワークで具体的な支援計画まで考えてもらう形にしました。

tubomiS-1.JPG
事例を使ったワークをする際にファシリテイトが必要なので
参加者人数は40名くらいまでで・・とお願いしていますが、今年も50人越えでした・・・・。

10時開始の15時半終了の予定でしたが、台風接近のため
会場に着いたら、主催責任者であるOさんから「13時終了にします」と。
ひぃ~~~。
ど・・・どうやって2時間半も短くするんですかっっっ

1人1時間半の担当で4時間半のところを、30分ずつ削って3時間に。
お昼休憩なし。10時~13時の3時間で終了。

なるほど。できますね。

3人とも精一杯頑張ったので、セミナーの質は決して落としてなかったと思います。
逆に、ワークは臨場感があって、良かったかも(苦笑)

ってことで、無事、雨風が強くなる前に帰宅することが出来ました。
感謝。

こういう時の「判断」ってとっても難しいと思います。
英断だったと思います。(めっちゃ大胆だと思いましたが)
さすが、重鎮Oさん。
見習いたいものです。

posted by こうまま at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

タイムタイマーみたいなキッチンタイマー

ちょっと前にご紹介したツイストキッチンタイマー
某母子通園施設保育士さんが「取りまとめて17個買ったわ~」
とおっしゃっていたので、ビックリしていたら
今日の学習会に来ていた母たちも軒並み購入していた。

アフェリエにしとけば良かった・・・(爆)

posted by こうまま at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

ビンちゃんの映画を見に行こう!!!

あいちLD親の会30周年記念フォーラムのご案内です。
詳しくは↓をクリックして下さい。
katatumuri30th.pdf

ディスレクシア(読字障害)のビンちゃんの映画上映もあるし
私の師匠&恩人の対談もあるので
めっちゃ楽しみにしています。
まだお席はあるようですので、皆様も是非!!
会場でお会いしましょう。

そうそう。
ディスレクシアと言えばトム・クルーズが有名ですが
先日、スピルバーグ監督が5年前にディスレクシアと診断されていたことを公表されたそうです。
(アスペルガー症候群であることは既に公表されていました。)

【スピルバーグ、学習障害を告白】

天才と呼ばれる方がアスペルガー症候群やLDなどの発達障害だとカミングアウトして下さるのはとても心強いですよね。
posted by こうまま at 21:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 講演会・勉強会 | 更新情報をチェックする

書くより描く方が速いんです!

新城市から依頼されている「療育実践研修」
来年度から始まる「こども園」に向けての研修です。
新城市の保育園から主査の方達10名が3グループに分かれて1日6時間の研修を3日間(!!!)というプログラム。(つまり私は3×3=9で9日間です)

今日が第一陣の初日でした。

今日は3人の先生方が受講して下さいました。
午前中はペアトレ4回分の内容をロールプレイやワークも入れながらみっちり3時間。
ペアトレは、子育てのコツを親御さんに説明するのにとっても役立ちます。

で!!
先生のお一人が、ノートにイラストをさかさか描いていらっしゃる。
Sad-5.JPG
その速いこと、速いこと。
しかも、めっちゃ上手!!!
「私、字で書くより絵で描く方が速いんです」とおっしゃていました。

私が実演しながら説明した「無反応(注目しない)」をこんな風に描いてくれました。
うれし~(ブログへの掲載許可を頂いています)
Sad-1.JPG
絵でメモるって、フォンもやるんですが
私には絶対出来ない技です。

午後はABC分析で機能アセスメントの講義を1時間ほどしてからストラテジーシートへの記入の練習。
保育現場ではカンファレンスの際にこのシートがめっちゃ役に立つと思うので
職場でのミーティングの設定にして
事例をストラテジーシートでまとめてから3人でディスカッションするという形にしてみました。
ストラテジーシートを使うのは3人とも初めてとのことでしたが
とても初めてとは思えない速さで記入していき
なんと4事例のカンファを1時間半でやりきりました!
さすが、ベテラン保育士さん。
事前準備のアイディアがとっても豊富でした。
場数が違いますよね。

Sad-2.JPG
研修後、「学んだこと」「現場で活かしたいこと」をA4で2枚分書いていただいたのですが
も~、びっしり書いてくださって、カンゲキ。
みなさん、「すぐに現場で活かせる内容ばかりだった」「職員会議で使います」などと書いて下さっていたので、今日の私の目標はクリア!!です。

お疲れ様でした。
そして
明日も6時間、一緒にがんばりましょぉお~~~~。
posted by こうまま at 20:41| Comment(3) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

あっちもこっちも「いっぱい」なんですが。

ゆうが指定管理で受けている市の母子通園。
定員に限りがあるので、半年のプログラムでおこなっているグループもあり、入れ替わりの時期です。
現在、山のように申し込み希望者が押し寄せ、事務手続きがトンデモナイ状況になっています。

そして
ひまわり園卒園児を受け入れる未就園児単独通園施設であるゆうサポートセンター・とことこにも、山のように利用希望者が殺到しています。
とても親御さんが希望される日数は通えない状況。

この状況を、行政はどう見ているんでしょうか。
ずっとずっと現状をお伝えしているのに。

もう
無理矢理工夫して受けるのやめたら?
って言いたくなる。
あぶれる人、つまり、行き先がないお子さんがいっぱいでたら、行政も考えるんじゃないかと。
うちが一生懸命頑張ってたくさん受けることは、この市の未来を考えたら良くないんじゃないかと。

でも。
私はまさに「あぶれて、地獄の在宅」を味わった人間なので
目の前で困っている方に「ごめんなさい」は言えない。
だから、無理矢理でも「頑張って受けて」とお願いしてしまう。
悪循環だ・・・・。

どうやったら、わかってもらえるんだろうか。この現状を。
posted by こうまま at 00:14| Comment(8) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

コスプレ

昨日は、フォンの通う高校の文化祭。

フォンはステージ発表の有志部門(午前中)で「マトリョシカ」という曲で踊るというので、朝一で出陣!!
真っ暗な体育館に浮かび上がった舞台には・・・
kaitoB-3.JPG
うっわ~。
2人ですかいっっっ。
めちゃ速い動きの踊りなので、相当練習したんだろなぁ・・・・
すごいゾ、フォン!!

午後は漫画研究部で見に来てくれた方の接待をしていると言うので、行ってみました。
kaitoB-1.JPG kaitoB-2.JPG
フォン、ボーカロイドのカイトのコスプレをして部誌(同人誌みたいなヤツ)を売ってました。
カイトっていうのは、初音ミクちゃんのお兄さん的な人だそうです。

フォンのコスプレは、アイラインもつけまもマニュキアも綺麗にできてました。
かなりクオリティー高くて「合格!!」って感じ。
なにせ、夏の稼ぎ(こうくんヘルプとか家事手伝いで稼ぎました!)の殆どをつぎ込んでいますからねぇ。

私も太秦で花魁になったり、リトルワールドでバリの民族衣装きて大喜びしていましたが
その血はどうやらフォンに受け継がれたようです。
友達に「大学生になったらコスプレ同好会を作るから、入ってね」と言われているらしいので
頑張ってバイトして稼がないとイカンよね。
いいことだ!!!

私もコスプレイベントとかに一緒に参加したい~~~~。
何がいいかな~~~。

(この記事はフォン許可を得ています。)

posted by こうまま at 17:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族・友人 | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

おうちで出来る構造化

昨日は「おうちで出来る構造化」の7回目。
8回コースなので、終盤です!!

「おうちでお母さんがうまいこと工夫して、親子ともども楽しよう!!」
がコンセプトのこの勉強会。
一人でお着替えしてもらうには?
とか
夕食の手伝いしてもらうには?
といった、日常生活の中での工夫をしていく際に
子供の特性や興味関心・強みを押さえて「できること」を活かして工夫するとうまくいくことをお伝えしています。

前回までに、疑似体験・特性理解・氷山モデル・スケジュールまでをやって、今日は自立課題。
ご自宅で5~8コくらいの活動をアセスメントしてもらい、シートに記録してきてもらいました。
Jkadai-1.JPG
アセスメントシートの「もうちょっと工夫したらできそう」な活動について、強み関心特性を書いたシートと照らし合わせながら、どう工夫すると良さそうかをアドバイスしていきました。

お母さんたちから
「そうか・・・このために今までの回があったんだ・・・」の声。
そうなんです・・・。
ここが伝わると、おうちでの生活に活かせると思うのです。
この学習会は
「何でできないの?!」から「どう工夫したらできるか」への道なのです♪

<おまけ①>
ペットボトルのふたに付ける滑り止めキャップ。
Jkadai-2.JPGJkadai-3.JPG
100均で売ってるそうです。
ふたを上手に開けられないお子さんには便利ですよね~。

<おまけ②>
昨夜はゆうの「夏お疲れ様会」でした。
私は泊る場所が確保できたので、初めて2次会まで参加しました。
natuO-1.JPG
カラオケなんで何年ぶりだろ~~~~
最近は「本」がなくて、全部タッチパネルなんですね~~
みんなで盛り上がれる歌ばっかりだったので
盛り上げすぎてへろへろになりました。

終わったのは午前0時スギ。
若いって・・・すごい・・・。
posted by こうまま at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

こうくん草取りに挑戦するの巻

放課後ディで、こうくん草取りに挑戦しました!

夏休み中にディのみんなで母子通園の草取り作業をした際は
とった草を袋に入れる係で大活躍だったと聞きました。
こうくん、プットインは得意なので♪
で。
その時に、草も引っこ抜いていたということで
今回、草取りに挑戦することになった様です。

私は「こうくんは草取りは無理」と思っていました。
というのも
実は、中学時代に何度も自宅でトライしたのですが
砂や土が大好きすぎて、草は引っこ抜けるけど
根っこについた土を振って遊んでしまうため断念した活動だったからです。

kusa-1.JPG kusa-2.JPG
でもでもでも。
以前より、土への関心が減っていて、何とか作業を継続できそうな雰囲気!!!
まだ土のついた根っこは振るけど、
「いったん振ってから入れる」という行動を作ればいけるかも!?
土を振りいれる専用容器があればできるような気がします。

kusa-3.JPG
こうくん、がんばりました。
プランターの草は速攻で抜いて気持ちよく終われていたので
草を取る範囲はちゃんとわかるように区切った方が良さそうです。

「どうにも無理」という感じではありませんでした。

やっぱ
以前取り組んだけどできなかったからってあきらめちゃいかんな~。
できないって決めつけちゃいかんな~。
いくつになっても成長するから、可能性はあるんだな。
やっぱ、第三者に支援してもらうといろいろな気づきがいっぱいあります。
放課後ディのスタッフさんに感謝!!!です。

そうそう。
今年の夏はディでいろいろな野菜を育てていました。
tekuyasai-2.JPGtekuyasai-3.JPG
オクラの花が、こんなにきれいだって知ってましたか?
オクラが、上に向いて実をつけるって知ってましたか?
私はじぇんじぇん知らなかったので、カンドーしました。
posted by こうまま at 17:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

有り難う。ハイドロコロイド!!!

こうくんの体に傷が出来るとタイヘンやっかいです。
傷テープははがすし、「触らない」ができないから、触りまくってどんどん悪化します。
数年前は、ほんのちょっとの傷でもエライことになるので、傷テープ貼った上から軍手とか包帯とか巻いて、ガムテープで止めたりしてました。

んがっっっ。

救世主現る!!!
kizu-2.JPG
ハイドロコロイド。
ラップ療法(湿潤療法)の傷テープ版が市販されるようになりました。
「クイックパッド」という商品も買ったのですが
使っちゃって写真とれませんでした。
私的には、クイックパッドがイチオシです。

ラップ療法(湿潤療法)についてはこちらを参照して下さい。
ハイドロコロイドについてはこちらを。

いつも、エライコトになるこうくんの傷が
翌日には上皮ができて
3日後にはもう何もしなくてもいい状態になっていました。
kizuP-1.JPG
こんなに綺麗に治りかけてるのってはじめて見ました。
ちなみに、この傷は蚊に刺されてかゆかったのを触りすぎて摩擦で火傷状態になった皮膚をひっかいて破いて血まみれになったもの。
今までだったら、絶対膿んでどろどろになってたと思います。
なにせ、キタナイ手でさわりまくりますからね~。
クイックパッドはピッタリ傷にはっちゃうので、はがれにくいのが良かったです。

恐るべし、ラップ療法。
すごいぞ、ハイドロコロイド!!!

一つ難点は、市販のパッドは結構お高くて、1枚あたり約100円くらいします。
ラップとワセリンでOKなお子様は、是非そちらで。
ガーゼで押さえて紙テープか包帯巻いとけばいいみたいです。


posted by こうまま at 17:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

絶品!!ごま豆腐♪

久々に、今日の朝食の写真。
915BF-1.JPG
上段の真ん中の「ごま豆腐」は手作りでございます。

練りごまとくず粉で、めっちゃカンタンに作れます。
(お砂糖とみりん&お酒を少々入れています)

goma-2.JPG
ホントにフツーに「ごま豆腐」です。
こう父も「これは、何も付けずに食べた方が美味しい。スイーツみたいだ!」と言ってました。

ただ・・・
ねりごま一瓶で作ると(変に余っても使い道に困るので・・・)
goma-1.JPG
どど~~~んと16個分(劇爆)になっちゃいます。
手作りだとそんなに日持ちしないので、一度作ると3食ごま豆腐になるのが難点かも。
(私は大好きなので全く平気ですが、家族は嫌だと思う・・・・)

posted by こうまま at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

緊急告知:ビジョントレーニングの研修案内です

オススメの研修会です。
行ける方は是非どうぞ♪
刈谷駅から直通の(雨でも濡れない!!)めっちゃ新しい会場です。

<追記>
18日に定員に達したとのことです。
みなさま、良い学びを!!!

【緊急告知!研修会のご案内です!】
9月22日(土)に、長崎県時津町立時津北小学校の増本利信先生をお招きして、研修会をします。
増本先生は、感覚統合、ビジョントレーニングに造詣が深く、小学校の通常学級や特別支援学級での実践が豊富な方です。感覚統合やビジョントレーニングの考え方だけでなく、明日から取り組める具体的な支援について、学ぶことができます。ぜひ、ご参加ください!

「子どもたちの理解とよりよい支援のためにできること ~感覚統合とビジョントレーニングを切り口として~」
☆講師:長崎県時津町立時津北小学校 教諭 増本利信先生
☆期日:平成24年9月22日(土)
☆時間:【受付】13:00~13:30、【講演・質疑応答】13:30~16:30
☆会場:刈谷市総合文化センター 中央生涯学習センター 403・404会議室
(住所:愛知県刈谷市若松町2-104 TEL:0566-21-7430)...
☆参加費:1000円(当日会場でお支払いください。)
☆定員:60名ほど
☆参加申し込み→お名前と所属を書いてjetbluesky0723@yahoo.co.jpまで
posted by こうまま at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・勉強会 | 更新情報をチェックする

行動援護従業者研修in日本福祉大学

昨日は、日本福祉大学(美浜校)で、行動援護従業者研修でした。
2時間3コマ6時間なので、私がお受けしている中では一番ハードな研修です。

美浜校は知多半島の先の方にあるので、とにかく遠いです。
同じ愛知県ですが、我が家から片道2時間半以上かかります。
下手したら、岐阜や一宮の行動援護会場より遠いかも(爆)

知多奥田の駅から降りてすぐの大学構内に入ると
思いっきりの坂道が続きます。
その坂道に学生さんの列がだ~っと・・・・

懐かしい・・・

我が母校も坂だらけでした。
中でも、私の所属していた学部はかなり上の方にあったので
そりゃ~も~足が鍛えられました。

んが
すっかり足がなまった今の私には
この日福の坂道は結構キビシイものがございます・・・。
昨日も日傘さしながら、頑張って登りました。

hukushi-1.JPG
受講者は30名ほど。
この会場は、例年、半数は学生さんです。
行動援護従業者研修受講済みの学生さんなんて、いいな~。
事業所としては、めっちゃ助かるもん。

そして、そして
なぁんと
hukushi-2.JPG
出口師匠が来て下さいましたぁぁぁ~~~。

ずっと、ずっと
私は不安でした。
国研修も受けていない私が1日目の1コマ目を担当していることが。
1コマ目は行動援護が出来た背景や理念、そして制度の話なので・・・・・。
それで、国研修の講師である出口師匠に内容をチェックしてダメ出しして欲しかったので、7月の豊川での行動援護従業者研修の際に「見に来て下さい」とお願いしていたのでした。

お忙しい中、私のお願いを聞いて下さったのです。
感謝。
これで、ちょっとだけホッとしました。

でも。
1コマ目の制度の部分は行政の担当者に話して欲しいなぁ~という思いは今も消えまえんが。

posted by こうまま at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

リマインド11日【1年半】

あれから1年半。

先日放映されたNHKスペシャルを見て
人は、こんなにも厚顔無恥になれるものかと驚愕した。

NHKスペシャル
シリーズ東日本大震災
追跡 復興予算 19兆円


再放送は9月13日(木)午前0時25分~
今すぐ見たい方はNHKオンデマンドでどうぞ。
210円で見れます。


復興予算が被災地に届かずに
反捕鯨団体対策費やら調査捕鯨費用に23億円とか
国立競技場の補修に3億円とか
コンタクトレンズ工場の建設費用とか
アジア青年交流の人達の観光費用とかに使われている。
500の事業の中の200以上が被災地以外のところで使われてるそうだ。

そんなおかしなことって、ある???

全然関係ない地域に復興予算が投入されて道路工事が進んでいて
その地域の人達は、その工事に「復興予算」が使われていることを知らない。
それってひどすぎる。
工事が始まっちゃってから知っても、地域の人はどうにもできない。

だって、
例えば
今、我が家の裏山の治山工事が「復興予算」から出てますって言われたらどうするか?
山肌を削られた今の状態で工事を中断されたら、大雨が降ったら確実に土砂崩れで我が家は流される。
「止めて下さい。東北に使って下さい」って言えない。
でも、知ってしまったら、ものすごく申し訳なくて、辛くてココロが痛くて苦しいと思う。
それがフツーの人間だと思う。

なのに
関係ない所に復興予算を下さいと申請できる人がいる。
関係ないと分かっているのに復興予算を使っていいよ認可する人がいる。
平気なんだろうか????
まさか、平気でやってる訳じゃないよね?
オカシイってわかってやってるんだよね??

復興予算なんだから
ちゃんと被災地に使って欲しい。
なんでもかんでもうまいことこじつけて
書類さえうまく作れば予算がもらえちゃうなんて
被災地を冒涜してる。

もっと、もっと
このおかしなゲンジツを多くの日本人に知って欲しい。

posted by こうまま at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

ペアレント・パネル

本日、愛知J☆sKepの定例会で
ペアレントメンターのお話。

jskep-1.JPG
参加者は30名ほど。
先生や保育士さんが殆ど。

前半、ゆうの母子通園施設でのメンター活動についてお話しさせて頂き
後半、ゆうのメンターさん2人と一緒にペアレンツトーク。
jskep-2.JPG
トーク前のドキドキの3人。
ゆうのスタッフが山盛り7人も来ていて顔面蒼白のワタクシ(苦笑)
スタッフが絶対に見えない位置に横向いて座って
何とか話せました。

事業者の顔と障害児の母の顔をもつ私。
でも
どっちも「私」なんですよね・・・。

いや~。
今日は、かなり泣いてしまいました。
パネルだと
一人で話す時より、深い話をしちゃうので
疲れました。

親の気持ちをわかってくださる支援者が増えて欲しいと切に願います。
posted by こうまま at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

自己理解を支援する

今日は、東三河北部相談支援専門員連絡会でミニ講義。

最近、大人の発達障がいの方の相談支援が立て続けにあり
発達障がいについての基礎知識を相談員達で学びたいというご依頼でした。
なので、めっちゃ基本的な内容のスライドを用意していたのですが
事前に送られてきた3事例を見て顔面蒼白・・・・。
大人の発達障がいの方の就労相談だったのですが
これは甘くない・・・・。

で。
初任者・サビ管研修の講師でめっちゃお忙しいことは分かっていたのですが
ふぃ~る工房あらいさんに電話して「相談支援の範疇ってどこまでなの~~~」とお聞きしてから
スライドを追加しました。

やっぱ
就労相談だから
自己認知・自己理解
から始まるよね。
でも
ちゃんと特性を理解している人じゃないと
自己理解の支援は出来ない。

ジョブコーチネットワーク作成のハンドブックからワークシートの転載をさせてもらおうと思って
これまた、研修講師でめっちゃ忙しい角田みすゞ姐さんに電話で確認。
そしたら、やっぱり
「使い方に気をつけないと本人を苦しめてしまうから、注意点を守って」と。
その通りだ。

高齢者や知的障害者しか担当したことのない方に発達障がいの方の就労相談で「本人の自己理解を支援してください」とお願いするのは無茶なので(それが相談支援専門員の仕事の範疇だったとしても)
最後のスライドに
「障害特性の理解が無理だったら、専門性のある人に協力依頼して下さい」と入れました。

相談支援専門員さんって
ホント
大変なお仕事だと
つくづく思いました。

posted by こうまま at 23:00| Comment(7) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

引き渡し訓練

本日、こくんの養護学校は災害時引き渡し訓練。
13:30に地震発生で、保護者お迎えという設定。

13:40に事務所を出て、こうくんのお迎えに向かう。
14:00少し前に到着。
事前にプリントで案内されていた手順に従って、左折→左折で運動場に駐車。
体育館に迎えに行くと、こうくんがすぐに私を見つけてバンビのように飛んできた。
かわいすぎる・・・・。

いや。
そんな話ではなく。

実際
地震などが起こった場合
同じ市内に勤務している私がこうくんを何とか迎えにいけたとしても
自宅に帰宅することはかなり困難な気がします。
学校から自宅は歩いて帰るにはあまりにも遠いし、山が険しすぎるし。
こうくんと二人で、家族と離れて避難生活を余儀なくされる可能性は高いわけで。
そういう場合
養護学校に迎えに行って、そのままそこにいちゃいけないんでしょうか?

どんな状況でも、歩いてでも、這ってでもこうくんを迎えに行きます。
でも、
二人で帰宅することが不可能な場合は
養護学校にそのまま避難させてもらいたいと思うのですが、それは無理なんでしょうか・・・・。

そんなことを思った「引き渡し訓練」でした。
posted by こうまま at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

アウトプット

本日、月に1回の法人研修。

houjinK09-1.JPG

今年度は、現場の実践報告と研修の2本立てで行っています。
4部門から、毎月交代で実践発表をしてもらっているのですが
全員がPPTでスライドを作るのははじめてだし
人前で実践を話すのもはじめてです。
でも、みんなちゃんとPPTでプレゼンを作りあげ
動画もリンク貼って
実践発表までこぎつけています。
すごいです。

houjinK09-3.JPG
今月の実践発表は未就園単独通園の児童発達支援「とことこ」
4月に母子通園から異動になった入社2年目の若い二人の発表でした。

houjinK09-2.JPG
本当に、本当に
泣きそうなくらい
感動的ないい発表でした。
法人スタッフ全員が共有できる「気づき」と「学び」もありました。
感謝です。

月曜日にプレ発表をしてとよっちにアドバイスをもらい
木曜日の再プレ発表で私の「愛の(←ここ重要)ダメ出し」を受けて、再度とよっちにアドバイスをもらって
スライドを何度も作り直して
今日の法人研修での発表に臨みました。
きっと、若い二人にとってとってもキツイ1週間だっただろうと思います。

人にわかるように伝えるってムズカシイよね。
自分がちゃんとわかって整理できていなかったら
人に分かるように話すことはできないから。

インプットとアウトプットは両方必要。
今年は、「ゆうスタッフのアウトプットの年」と位置づけています。
いろんな場所で
いろんな場面で
アウトプットして頂きます。
アウトプットは慣れなので、慣れて頂こうと思います。
繰り返す中で
保護者への説明にも、行政への説明にも、地域への説明にも役に立つスキルが学べると思います。

posted by こうまま at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする