2013年01月31日

通園施設でキャラバン

今日は安城の通園施設「サルビア学園」でキャラバン。
数年前にも一度お邪魔したことがあるので、2回目です。

sarubia-2s.JPG
市の運営する単独型の通園施設(児童発達支援センター)
りっぱな建物で、お部屋も保育園のお教室を半分にした位の広さで過ごしやすそう。
廊下からどの教室もよく見えるし、やっぱこの保育園形式の構造はいいですね。
お庭が広くてものすごくステキ。
交通ルールとかも学べるようになってました。
いいなぁぁぁ・・・。

やっぱ
こういう広い単独型の通園施設が必要ですよね。

sarubia-4s.JPG
母向けなので
母の思いや障害受容のお話しもします。
まりちゃんが、いつもステキな話をしてくれます。
「子どもも十人十色だけど、おかあさんも十人十色。色々でいい。」って。
ホントそうだな~って思います。
笑顔で元気なお母さんを見ると、くよくよしてる自分はダメな親とかって思っちゃう。
そんなことない。
完璧な人なんていないもんね。

最後はみんな、涙、涙・・・・。
その涙を見て、私たちも泣いちゃって。
でも、いいよね。
泣きたいときは思いっきり泣いたらいいよね。
posted by こうまま at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | キャラバン隊活動 | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

高校生向けキャラバン

今日は岡崎東高校でキャラバン。
毎年呼んでくださって、今年で4回目。
保育士を目指している3年生のクラスと介護系の2年生のクラス。

higashi-4s.jpeg higashi-5s.jpeg
例によって、子供自慢から。
家で使っているグッズや工夫の紹介。

higashi-6s.jpeg
どの生徒さんもまじめに取り組んでくださいました。
疑似体験中に、発達障害の子供の気持ちが痛いくらいにわかって泣いちゃった生徒さんも。
キャラバンメンバーも、もらい泣きしてしまいました。
子供の気持ちのわかる保育士さんになってね~♪

higashi-1s.jpeg
ウィンドブレーカー初お披露目。
これで、寒い体育館もおっけ~?
posted by こうまま at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | キャラバン隊活動 | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

セロリ&ブロッコリー

セロリの葉っぱも美味しいことを教えてもらったので
今日は、勇気を振り絞って(?)温野菜サラダに投入してみました。
ブロッコリーの茎も残ってたので、入れました。
他にはキャベツ・ニンジン・ピーマン・タマネギ
そして、タンパク質はセロリにはやっぱこれかなって思ったシーチキン。
130128-1S.jpg
タジン鍋でレンジ13分。
いい感じに仕上がりました。

おろしドレッシングとごまドレをお好みで。

家族の感想は上々。
セロリとシーチキンは、生でマヨネーズで和えてサンドイッチの具にも良さそうな感じ。
セロリ、制覇!!(爆)
posted by こうまま at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

いよいよ、今週末です!!

映画「DX(ディスレクシア)な日々 ~美んちゃんの場合」

bin-1s.jpg
美んちゃん映画チラシ.pdf

日時:平成25年2月2日(土) 14:00~15:30 (13:30~受付)
場所:豊川市音羽文化ホール(ウインディアホール)(豊川市赤坂町松本250)
定員:300名
参加費:1,000円 (ゆう会員:500円)
申込みは:FAX 0533-65-8326 もしくはMAIL npo-you@etude.ocn.ne.jpまで。
お問い合わせ:NPO法人ゆう 〒442-0012 豊川市新豊町1丁目32 0533-65-8325 (月~金 9:00~18:00 荻野・柴田)

お席、まだあります。
是非、是非、お越し下さいませ~。
posted by こうまま at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・TV・映画 | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

ジュースvsスープ

野菜ジュース
冷蔵庫にあった残り野菜でいろいろ作ってみました。

bj01-1s.JPG
<セロリ・飲むヨーグルト・レモン汁>
野菜ジュースを作ろうと思ったきかっけが、セロリを料理に使うと葉っぱだけ残ってもったいない!!だったのですが、セロリの量が多いとちょっと青臭いかも~

bj01-2s.jpg
<水菜・リンゴ・水>
これはフツーに美味しいけど、サラダのほうがしゃきしゃき感があって好きかも。

bj01-3s.jpg
<ニンジン・白菜・飲むヨーグルト>
飲みやすいけど、リピするかはびみょ~。

130126-b1s.jpg
<ブロッコリー・アボカド・飲むヨーグルト>
生のブロッコリーの芯はちょっと苦いけど、アボカドとヨーグルトでまいるど~な感じになって美味しい!

私は具だくさんの野菜スープや味噌汁をほぼ毎晩作ります。
この時期、豚汁や鶏団子の中華スープも家族の評価は高いです。
130125-1s.jpg 130125-2s.jpg
<ベーコン・白菜・ブロッコリー・大根・じゃがいも・ニンジン・タマネギ・セロリ・コンソメ>
前日の夕食のポトフを翌日の朝はミキサーにかけてちょとお湯で伸ばしてポタージュに。
ばかうま。

130216-1s.jpg
<冷凍ロールキャベツ・ニンジン・タマネギ・ピーマン・セロリ・トマト水煮缶・マギーブイヨン>
ちなみに、今夜はミネストローネもどきのロールキャベツのスープでした。
めちゃうま。

結論!!
野菜はジュースよりスープにした方が種類も多くとれるし美味しい(爆)

ジュースにするには果物とか蜂蜜とかヨーグルトとか入れるから、カロリーも高くなるし。
ってことで。
野菜はやっぱ料理することにして
セロリの葉っぱとかブロッコリーの芯とか、残っちゃう野菜はジュースにしよ~。
posted by こうまま at 20:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 美容・健康 | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

自閉症の障害特性に配慮した支援とは・・・

今日の中日新聞
gyakutai-2s.jpg
自分の住む「西三河」でのできごと。

ネットはこちら→小学校担任、自閉症に体罰 たいほ 「両手しばる」

自閉症の障害特性を知らずに対応するとこんな悲しい事になってしまう。
自分だったらどんな対応をするか、考えてみました。
記事を読む限りではこのお子さんは
コミュニケーション・時間の整理統合・空間の整理統合・関係づけしすぎるなどの特性がありそうです。
なので・・・・

①オウム返しで、言葉の理解はあまりないから、言葉じゃなくて、本人が分かるものでやりとりする。
②終わりじゃないのに片づけているので、「終わり」がはっきりわかるように設定する。
③チャイムで終わりと思って片づける行動が続いている様なので、お子さんが理解できる「こうなったら終わり」を作って練習する。
④片づけてばっかりいるのは、活動自体よく分からないからはやく終わらせたいのかもしれないから、わかる活動(勉強)を、始めと終わりがわかるように設定して、できたら適切に評価する。

何だとわかるのかな~
何が好きなのかな~
何に興味あるのかな~
そういうのをいっぱいアセスメントして
わかる環境作ってコミュニケーションシステム作って楽しくて分かる活動して褒めまくる
って感じかな~。

「虐待防止法」の施行により、身体拘束は通報される可能性があります。
自閉症の方の不適応行動(いわゆる問題行動)に対し、拘束せずに対応するのにはコツが要ります。
ワタクシ、そのコツの一つをお伝えすることができます。
「自閉症の障害特性に配慮し、強みを活かして支援する」(注・自閉症のみです)
疑似体験、障害特性の理解、グループワーク、事例検討、支援計画の作成・実践発表の2時間×3コマです。
NPO法人ゆう事務局(0533-65-8325)にお問い合わせ下さい。
posted by こうまま at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

小柳拓人君のコンサート

みなさま~。
福祉ネットワークでもお馴染みの
自閉症のチャレンジドミュージシャン小柳拓人君が武豊町に来ます~~~~。
あの綺麗でかわいいゆめたろうプラザの響ホールです。
拓人君の演奏とお母さんの真由美さんの「特異を得意に変えて」のお話の二本立て。
知多半島春の音楽祭 ♪夢ヲアキラメナイ~小柳拓人ピアノ・フルートコンサート~

こうまま、行きます!!!(今夜、こう父の許可をもらわねば・・です)
我が岡キャラの歌姫、シンガーまりちゃんも行きます!!

【表】夢ヲアキラメナイ:小柳拓人コンサートチラシ.pdf
【裏】夢ヲアキラメナイ:小柳拓人コンサートチラシ.pdf

みなさまも、是非♪

実はワタクシ
拓人君とお母様とは
うすいまさとさんの出版記念会でお会いしています。
【うすいさんのお祝い会】

かなりのイケメン拓人くんは、昨春、会社員になりました。
お勤めしながら、コンサート活動をされてます。
真由美さんは拓人君の特異性を活かし、社会人&ミュージシャンに育て上げたママ。
真由美さんのお話しを伺うのも、とっても楽しみです!!

拓人君についてはブログでどうぞ♪
小柳拓人くんのブログ

posted by こうまま at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめ講演会 | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

野菜ジュース

毎朝、某メーカーが届けてくれる野菜ジュースを飲んでいます。
でも、平日の5日分しか頼んでないので、残り2日の朝が寂しい・・・・
注文を変更するのもメンドクサイので冷蔵庫にある野菜や果物で自作してみることに。

今日の一杯
bj01-1s.JPG
セロリ (スープ作った残りの葉っぱ部分2本分)
飲むヨーグルト (100cc)
ポッカレモン  (大さじ1杯)

レモンがいいお仕事してくれているので
フツーに飲めるけど
やっぱ
セロリ~~~~
って感じは否めず(爆)
リピするか微妙。

明日は水菜とリンゴを入れて回してみよう。
大根とリンゴってのはどうだろう?
やっぱ、ハチミツが要る?
ショウガも結構いいお仕事するんじゃなかろうか?
ニンジンやトマトはもちろんだけど
パプリカやブロッコリーやキャベツもイケそうな気がするがどうだろう。
しばらく、好きな野菜をミキサーに放り込んで回して楽しんでみよう。
あ。
大好きなアボガドは?
カロリー高すぎるか・・・・。
ねっとりで回らんかも。
posted by こうまま at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容・健康 | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

どんどん広がれ~。

昨日は、蒲郡のNPO法人楽笑さんでスタッフ研修でした。
蒲郡三谷で、地域性を活かした「干物」とか「みかん」とかを使って、地元密着~って感じのステキな日中活動を中心に事業展開されている法人です。

仕事終了後に集まったスタッフの方達にたっぷり4時間。
来月も2時間あるので、計6時間の研修です。

raku-2s.JPG
例によって
最初は軍手で作業の体験から。

実はこの体験について
昨年末に行った川崎の明石洋子さんのとこのあおぞら共生会のスタッフさんが、会報に下記のような感想を書いて下さいました。
感謝デス。
「指先が使いにくくて作業が大変・・」などという浅はかな予想をはるかに超越した、コミュニケーションの特異性をまさに実感する疑似体験だった。
「百聞は一見に如かず」ではなく「百聞百見は一体験に如かず」である。その後の講演が気持ちよいほど理解しやすいものとなったのは、私だけではないだろう。


で、研修ですが。
楽笑さんの研修担当Sさんに、事前に事例があれば上げて下さいとお願いしたところ
5人のスタッフさんから合計13の事例を頂きました。
全員自閉症の方です。
なかなか自閉度の高い方たちを支援されていることがわかり、わくわく。
で、その事例を研修開始直前まで読み込み
その方たちの困りどころに思いを馳せながら研修に臨みました。

なので
実際にワークで使ったのは13事例の中の2事例で、しかも、最後の1時間だけでしたが
それまでの5時間に、13事例の支援のヒントになる具体的な内容をちりばめたつもりです。

参加されたスタッフさんの感想に
・あの人のあの行動は、そのせいだったのか!とひらめいたり納得したりすることがたくさんありました。
・実際の事例を聞くと、○○さんのこういうところはココだったんだ~~~と頭に入っていきました。
・事例を交えた特性の説明が、実際に支援している方の「○○さんに通じる!」と思う部分がたくさんあり、ヒントになることがたくさんつかめたように思います。
とあったので、今回の試みは成功したかな~と思っています。
頭フル回転でとても疲れましたが・・・。

raku-4s.JPG
こうやって、現場でみんなで支援を考えていって欲しい。
思いつきや行き当たりばったりの支援ではない「根拠のある支援」を。
そう思います。

次回は、13の事例について、特性に配慮して強みを使った支援計画に基づく実践状況の発表になります。
私のこの6時間がみなさんにどう伝わったのかがわかる瞬間でもあります。
成績表をもらう子どものような気分です・・・・。

そうそう。
楽笑のスタッフさんたち。
入社後間もない方もいらっしゃったのですが
どの方もきちんと名刺交換をしてくださって
職員研修が行き届いているな~と感心しました。
見習わねば、です。

posted by こうまま at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

子ども自慢

昨日は後期の「おうちで出来る構造化」の6回目。
佳境に入ってきました。

「スケジュール」の実践発表。
kouki-5s.JPG
実際に使ったツールを持参しての発表です。
うまくいたものもダメだったものも、お互いのいい学びになります。

うまくいったのはなぜか?
うまくいかなかったのはなぜか?
それを考えることが
次の成功の鍵になります。

kouki-2s.JPG

手前味噌なのですが
こうくんの母である私が講師をやってることの良さがあります。

私は
最重度のこうくんに「こういう工夫をしたらうまくいった!」を思いっきり自慢します。
なので
「その子に合ったやり方を見つけること」が重要なのであって
障害の軽い重いは全く関係ないっていう空間になるんです。
だから
障害が重い子のお母さんも「実物」で支援したことを堂々と発表してくれます。
こうくんの母で良かった!と思える瞬間です。

本人が理解できるかどうかが重要なのであって
具体物より文字の方が上、とかにはなりません。
具体物も絵も写真も文字も「コミュニケーションツール」としての機能は全く同じです。

写真カードにこだわって
分からない写真だらけでこうくんを混乱させて大荒れさせしまった過去があるから、今の私があります。
気づかせてくれたこうくんにいつも感謝しています。
posted by こうまま at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

伝わった実感

本日、東三SELP「発達障害研修3回連続講座」の3回目。
最終回です。
【第一回目の記事】 
【第二回目の記事】

今日はみなさんの実践発表の日。
2回目のセミナー後、レインボー長坂さんが施設長さんたちの全面協力を取り付けて下さったおかげで
参加されていた17事業所全てが発表の準備をして臨んで下さっていました。
【長坂さんの記事:残念な事】
【長坂さんの記事:報告・そして 弱さの情報公開】

tousan3-1s.JPG
時間内に全ての事業所に発表していただくために、発表用のシートにまとめていただいた上で、発表をしていただきました。

tousan3-2s.JPG
みなさん、びっちりと支援経過が記録されたシートや事業所でのディスカッションのまとめを持参されていました。

それらを
課題となっている行動・水面下の特性や誤学習など・活用できる強みや興味関心・支援目標・支援計画の順にシートに整理ていただいた上で、実施状況を発表していただきました。

いや~。
何というか、素晴らしかったです。
どの事業所も特性を拾って、強みや興味関心を活かした支援を実施されていて
もちろん、全部が全部大成功!にはなりませんが
とてもステキな支援をされていました。

今回は入所施設からの参加も4事業所あったのですが
どの施設も、やることがないために起こっている不適応行動に対して、ご本人の得意なことや興味関心を活かして空き時間の活動を作る努力をされ、確実に成果を上げていました。
その発表を聞いていたら、嬉しくて有り難くて泣きそうになってしまいました。

そして
「職員全体に周知するために」みなさんが様々な努力をされた結果
一貫した対応が出来て、成果が上がっている事例も多くありました。
施設全体で取り組んで下さった結果だと思います。

やっぱり
当たり前ですが
みなさん「プロフェショナル」だ~~~
と感動しました。

セミナーの最後に、もくせいの鈴木氏が
「今までのカンファレンスでは出来ない事ばかり話していたんで、暗い話になっていたが、今回は出来ることや好きな事を話し合うので、すごく楽しかった。支援というのはこんなに楽しいものだったのだと知った。」とまとめて下さいました。

ちゃんと伝わった実感があって、私も達成感でいっぱいです。

本当に真剣に取り組んで下さった長坂さんをはじめとする事業所のみなさんに感謝です。
ありがとうございました。

これは一つのきっかけだと思います。
どうか、どうか、
この手法をどんどん広げていって欲しいです。

特性に配慮して強みを活かした支援がこの地域に広がっていくことを切に願います。

<追記>
長坂さんがブログにステキな記事を書いて下さいました。
【みんなが本気になった!!】

みなさんを本気にさせたのは長坂さんのお力です。
私自身とても大きな気づきと学びを頂きました。
ありがとうございました。

posted by こうまま at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

広がれ!!!

とてもとても嬉しいことがありました。

複数のケアホームを運営されている大きな社会福祉法人の管理者さんからのご依頼。
半年ほど前に、うちのヘルパー・トミーがほのくにPECS研究会で事例発表をしました。
【参照記事:どこに出してもはずかしくありません】
4つの事例を発表したのですが、その中に移動支援で自発を促し、喫茶店で自分で選んで店員さんに注文できるようになった方の事例がありました。
その方が、実はそこのケアホームの利用者さんで、別事業所の方からゆうの事例発表が素晴らしかったということを聞かれたのだそうです。

実は
これまで、何回かそのケアホームの世話人さんからはゆうの支援に対しての疑問やご意見などを頂いていました。
「喫茶店に行く」という支援自体、最初はなかなか理解していただくことができませんでした。
日中頑張って働いたお金で月に1~2回喫茶店に行くことの本人にとっての意義やコミュニケーションスキル向上の可能性などを根気よくお伝えして、ようやくご理解いただいたという経緯もありました。

だから
「ゆうの考え方やゆうがやっている支援について、うちのホームの世話人さんたちに話して欲しい」という管理者さんからのご依頼は、本当に本当に嬉しいものでした。

思い返せば4年前
市の母子通園施設の指定管理を受けることになって
とよっちがそっちにへばりついちゃったから
私が放課後ディとヘルパーステーションの管理をすることになっちゃって。
ヘルパーさんたちの仕事内容が把握できなくて半泣きになりながら活動報告書を読みあさり
ミーティングであれこれ根掘り葉掘り聞きまくって・・・

そしたら、成人さんの夕方の散歩の多さにビックリして。
成人さんって、そんなにみんな散歩が好きなの???という素朴な疑問から始まった支援計画の見直し。
親御さんや世話人さんの「意向」と本人の「意向」の違いを肌で感じた最初の出来事でした。

ある利用者さんが以前イベントで行った喫茶店で食べたケーキセットの事をすごくよく覚えていて、行きたいと言っているという話が出たので
親御さん(世話人さん)の意向である体力作りのために歩いて遠くの喫茶店に行くことは、地域の方に知ってもらえるチャンスも増えるし、本人の働くモチベーションにもなるし、あいさつや注文などさまざまなコミュニケーションを練習する場面にもなるから、もう、一石5鳥くらいじゃん!!って話した記憶があります。
私は思いっきり本気なのにヘルパーさんたちが不安がるので、とよっちに相談したら
「それはいい。一人で行っても安全なようにサポーターを増やせばいいんだよ。忘れ物したとか、ちょっと困ってるときに助けてくれる地域の人を開拓していくのもヘルパーの仕事だよ」って言ったので、おお、さすが~って思ったのを覚えています。

でも
こういう支援はなかなか理解してもらいにくいです。
引いていく支援になるので親御さんも世話人さんも嫌がります。
本人のために親御さんや世話人さんを説得することも時には必要になります。
プロのお仕事ってそういうものだと私は思ってます。

だから
今回の
「ゆうの考え方や支援について話して欲しい」というご依頼は
これまでのゆうの支援を認めてもらえたということでもあるので
ミラクルに嬉しい!!!
感無量って感じです。

昨年、ヘルパーステーションの実践発表を何回か聞きましたが
うちのヘルパーさんたちは、本当にいい仕事をしているって思います。
アウトプットする場を作って来たことが今回の依頼にもつながった訳なので
私もいい仕事したって事じゃん!!(爆)

広がるといいな。
本人主体の地域支援。

posted by こうまま at 18:20| Comment(4) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

リマインド11日【1年10ヶ月】

福島県郡山市の小中学生14名が原告になって「福島集団疎開裁判」というのをしていたことを最近知りました。
申し立てをしたのは昨年の6月。
半年も前のことなのに、私は全く知りませんでした。
大手メディアが報道していないのだそうです。
私には何のしがらみもないので好き勝手なことが書けますが
大手メディアにはいろいろなしがらみがあって、いろいろな力があちこちで働いているのでしょう。

この「福島集団疎開」をキーワードにいろいろ調べてみたら
本当に恐ろしい状況が平気で放置されている事実がわかりました。

チェルノブイリなら「強制移住」になるレベルの放射線量でも「安全」と言う根拠はなんだろう?
法律で決められている限度量の100倍でも「大丈夫」と言っている根拠はなんだろう?

昨日、また東北が揺れた。
TVに映しだされた「震度4」の文字。

私たちは忘れてはイケナイ。
声をあげ続けていかなければいけない。
posted by こうまま at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

いたわる

年末年始で疲れた胃をいたわりたい私。
こう父に「今日は何食べたい?」と聞いたら
「軽めで」
フォンに聞いたら
「鍋はもうイヤ。肉がいい」
と。

くぅ・・・。

冷蔵庫を見たら
お歳暮で頂いたものの最後のブツが・・・。

骨付きソーセージ。
使ったことなかったので、後回しになっておりました。

で。
がんばって作りましたよ。
軽くてお肉で胃にやさしいのを。

potofs.JPG
ポトフもどき。
カブの代わりに大根。
キャベツの代わりに白菜。
あとは定番のベーコンとニンジンとジャガイモ。
そこに
どかっと骨付きソーセージ。
ベースはコンソメで
調味料はクレイジーソルトとクレイジーペッパー少々。

骨からいいダシが出て
全然くどくないのにしっかりした味。
これは旨い。

家族全員に大好評でした。
フツーのソーセージでももちろんいいと思うので
我が家の冬の定番になりそうです。
大根ってコンソメで煮ても美味しいのね~。
ビックリ。
鰹と昆布だしにしか合わない食材だと思ってた。

なにせ
3世代同居なので
みんなが「美味しい」と言ってくれる料理は貴重です。
posted by こうまま at 00:19| Comment(4) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

仕事始め

昨日は
恒例の大学時代の仲良し同窓会。
私の帰国を機に始まったので、もう12回目です。
dousou-6s.JPG
お茶したり
dousou-3s.JPG
食べたり、飲んだり、しゃべったり。
ホント、学生時代の友人というのはいいものです。

そして
今日から仕事始め。

ただ今、スクラップ&ビルド中のとことこで
とよっちがスタッフに説明する中
私は若いスタッフに「今の、わかった?分からない時はすぐ聞こうね。」
とか
「なんで、この構造なのか説明出来るかな?」
とか。
そりゃ~もう
ねちねちと。
にっこり悪役に徹し。

巳年なので。
年女なので。
しつこくやります。
(ちなみに、とよっちもSAYOちゃんも巳年です。)

posted by こうまま at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

本家の長男のヨメ業務

今年もまた
2日は
いつものように親族が集まっての新年会。

shinnen-2s.jpg
長男のヨメ業務、がんばるぞぉぉぉぉ~~~

shinnen-s1.jpg
ヨメは食べるヒマも飲むヒマもありませんが
何と言いますか
もう、快感の域に達しております。

大量の食器類を洗い上げ
これにて
年末年始の長男のヨメ業務、終了。
明日の同窓会に備えてお肌のお手入れにいそしみます♪

posted by こうまま at 19:42| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

謹賀新年

MB900343807.JPG
2013年が
みなさまにとって
いい年になりますように♪

kinga-2s.JPG kinga-1s.JPG
近所の氏神様に初詣に行った帰りに茅葺き屋敷に寄りました。
いい年にするぞぉぉぉ~~~~。

NENGA-1.JPG
恒例・ゆうの年賀チラシ



posted by こうまま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする