2013年11月30日

こう父初参戦!!!

本日
こうくんがお世話になっている新城レインボーはうすさん主催の福祉フォーラムでした。
ssf-3s.jpg

チラシを頂いた瞬間「これはスゴイ!!絶対行く」と決めて
「めっちゃいいと思うから一緒に行こう!!」と半ば無理矢理にこう父も連れて行ってしまいました。

実は、こう父
こういった福祉関連の講演やフォーラムに参加するのは初めてです。
「寝ちゃったらどうしよう・・・」と不安がっていましたが
1部~3部、10時~16時までの長丁場のフォーラムで一睡もすることなどありませんでした。
そのくらいステキなフォーラムだったのです♪

ssf-5s.jpg
穂積市長。
社会福祉法人主催の福祉フォーラムに「市長」さんがいらして
しかも、きっちり基調講演を聞かれるってすごいことだと思います。
でも
穂積市長さんはそういう方です。
なぁんと、私が講師を務めた保育士研修で疑似体験も経験してくださった希有な市長さんなのです。
有り難いですよね!!

ssf-4s.jpg
基調講演は浜松のグローバル農園京丸園の鈴木社長さん。
もう、うっとりなお話でした。
ボランティアで障害者雇用してる訳じゃない。
「障害者が働くことでうちの農園が良くなっている」と断言して下さいました。
感激・・・
障害者を雇って「この方が働ける環境を作りなさい」と指示することで、職場が効率化されるのだと。
ステキ・・・。
企業版ICFの実践って感じですよね!!
「障害者雇用はビジネスとして成り立つ」という表現が印象的でした。

ものすごく共感したのが
鈴木社長さんが「福祉という言葉は何かやってあげるという感じがして好きじゃなかったけど、お互いが幸せになることだと教わって、それはいいと思って、それ以降は使うようになった」というくだり。

実は私も「福祉」という言葉は好きじゃありませんでした。
でも、ゆうを立ち上げる時、とよっちに「荻野さん。福祉っていうのはみんなで幸せになろうって意味なんですよ」って教わって、それはステキ。それなら私もやりたいって思ってこの世界に入ったのです。

お互いに、みんなで幸せになるのが「福祉」なんですよね。
だから、利用者さんだけじゃなく、親もスタッフもみんなが「幸せ」になることを目指したいなって思います。

第2部は
地元の企業「横浜ゴム」さんと「三鈴」さんでの障害者雇用の実際。
ssf-1s.jpg
障害のある方が「働き続ける」ために
ジョブコーチさんやヘルパーさんやGHの世話人さんや社協さんや後見センターが
みんなでよってたかって連携して支えている「実践」を見せていただきました。
中でも、後見制度を使って、ひとり暮らしの知的障害のある方の家を新築しちゃったってのはビックリでした。
そんなことが「新城」で行われていたなんて、感激しました。

第3部は
障害のある方のさなざまな「働く」の形。
ssf-2s.jpg
障害が重い方や精神障害の方の「働く」を見せていただきました。
「どんなに重い障害がある人」でも「役割」をもつことってすごく大切だと思います。

こうくんは最重度の知的障害を伴う自閉症です。
でも、この9月からレインボーはうすで軽作業をして「工賃」を頂いています。
レインボーはうすさんの理念に「共に働き、共に学び、共に生きる」というのがあります。
最初に「働く」があるんですね。
本当にステキだと思います。

障害のある息子を授かって
たくさんの方達に支えていただいて有り難いといつも思っていましたが、
今日はちょっと違う思いをさせていただきました。
重い障害のある息子も、もしかしたら何かしら人の役に立てているのかも知れない。
僭越だけど、そんな風に思えるフォーラムでした。
親としては、こんなに嬉しいことはないですよね。

とても幸せな時間でした。有り難うございました。

<こう父の感想>
つかれた。
でも、とてもいいフォーラムだった。
穂積市長に挨拶されてしまってビックリ!!
ら・ばるかグループの夏目理事長がうちの車を走って追っかけてきたのはなんでや??
以上。

フォーラムの詳しい内容についてはレインボーはうすさんのブログにて→第7回福祉フォーラム

posted by こうまま at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

言葉は大事

今日訪問療育でお邪魔した保育園は、とてもステキな園でした。
設定がわかりやすくて、発達に凸凹がある園児に対して「安心」を保障しようと工夫されていて、ほっとしました。
こういう園が増えてくれるといいな~。

事例検討の際に
「今は健常枠でお預かりしているお子さんですが、保護者の方に来年は加配でお願いしたいとお伝えしたら、うちの子が障害児って事ですか!!と。心外だったみたいで・・・障害とかは言っていないんですが。」という話題が出ていました。

T市内の公立保育園で配られている「保育園のしおり」というのがあります。
そこに、きっちり、はっきり「障害児保育」と書いてあります。
診断名のない発達に凸凹のあるお子さんも対象になっているにもかかわらず
「中軽度の心身に障害のあるお子さんの保育」と書かれています。

私がその「しおり」を示して「ここに障害児って書いてありますから、嫌がるのは当たり前ですよね。」とお話ししたら、はっとした顔をして下さった保育士さんが何人もいらっしゃいました。
「気づかなかった・・・」と。

言葉って大事です。
慣れちゃうんですよね。
もっと敏感になって欲しいです。
こういうみんなの目に触れるものから表現を変えていって欲しいなぁと思いうので、しつこく提案し続けようと思います。

posted by こうまま at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

いいふうふの日?

昨日は東三SELPの療育研修3回連続講座の最終回でした。

「不適応行動に対し、特性を拾って強みや興味関心を使って支援計画を立てて実践する」というこの講座。
最終回は、実践発表です。

SELP3-1s.JPG
18名の方の発表はなかなか圧巻でございました。
成功した方も撃沈した方もいましたが
この考え方が東三河にじわじわと広がって欲しいと思います。

田原授産所の鎌田所長さんが
またまた今年もカレンダーを下さったのですが
一緒に、四つ葉のクローバーも頂きました。

SELP3-2s.JPG
四つ葉がいっぱい!!
幸せいっぱい!!!
いつも、ホントにありがとうございます!!!


posted by こうまま at 20:20| Comment(1) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

穏やかにばっさり♪

今日は、SAYOちゃんと一緒に日進市の児童発達支援センターすくすく園の見学に行ってきました。
sukusuku-2s.jpg
ゆうでは、来年「保育所等訪問支援事業」をはじめる予定なのですが、ここは、県内でその事業をやっている数少ないセンターなのです。

sukusuku-3s.jpg sukusuku-4s.jpg
新築の平屋で、とっても使い勝手良さそうな建物でした。
で。
なんとこの建物
市の指定管理で社協が運営しているのですが、同じ建物の中にNPOが運営している成年後見センターが入っています。
すごいなぁぁぁぁぁ・・・・

sukusuku-1s.jpg
すくすく園のセンター長、熊谷さん。
先日の愛知県合同サビ管研修の講師様であります。
「穏やか~にばっさり切る」方なので、私は大好きです。
やっぱり、信念のある方は魅力的です。

今日も今日とて
「ひまわり園は市の母子通園施設なので、保育所等訪問支援事業の併設が許可されず、別の場所で立ち上げる予定」と言ったら「実際にその子を見ていない人が行っても意味がない。併設で兼務が当然。出来るハズ。」とばっさり。
ホントにそうなんですよね。
でも、そのためには市の条例を変えてもらって協定書を書き替えてもらわないとイケナイ。
めっちゃ手間も時間もかかる。
でも、諦めちゃダメですね。
がんばって、いい方法考えよう!!

「加配保育士が必要なお子さんは3日間の体験保育があって、入所判定会を経て保育園への入園が決許可される」と言ったら「それはヒドイ。3日も試されてその上で断られたら、親御さん立ち直れないでしょ。やるなら全員にやらなきゃ。差別だから、差別解消法が施行されたら訴えないと。」とばっさり。
うん。その通り。私だったら落とされた園は二度と受けないモン。
そう言ってる親御さんを何人も知ってます。
このブログでも何回か「豊川の保育園にはお受験がある」と違和感を伝えてきましたが、やっぱ、不思議な制度ですよね~。
でも、今ある環境の中で精一杯頑張るしかないので、来月から始まる体験保育も判定会も出来る限り出向いて、お子さんとご家族のためにイチバンいいと思うお手伝いをしたいと思います。

いっぱい刺激を頂いた2時間。
ばっさ、ばっさ切られまくってきました。
お忙しい中、たくさん教えて下さってありがとうございました。
来年度に必ず活かします。

posted by こうまま at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

ゆうのブログ

ゆうのブログでには
常勤スタッフによるリレーエッセイがあります。

今日アップされたのは
ひまわりの児童発達管理責任者YUKAちゃのお誕生日のお祝い会の様子。

パンパカパ~ン

いやぁ・・・
最後の写真がいいなぁ。
posted by こうまま at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

けっこんきねんび~

本日
こうまま&こう父
結婚記念日であります♪

ナント
あの
ミッキーの誕生日らしいです!!(フォンが教えてくれた)
きゃあ。

Kkinenbi-1s.jpg
こう父からのお花。

posted by こうまま at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

やっぱり、甘くない

昨日は、月に1回の「行動援護」でヘルパーさんとお出かけ。
外出支援は4ヶ月ぶりに先月ようやく再開できたばかりで、まだまだ不安だらけです。
【参考記事:リベンジ】

今月は「公共交通機関でお出かけ」に再トライ。
とよっちが、焦ってはダメだとしつこく言うので
先月、私と出かけた時と全く同じコースでヘルパーさんと出かけてもらう事になりました。
【参考記事:電車&外食】

先月の私のアセスメントであがった課題(支援が必要な部分)は、自販機とペットボトルに注目しすぎることでした。
で、ヘルパー大ちゃんが事前にFaxしてくれた支援シートには「出かける時はペットボトル1本。改札後お財布提示で自販機で1本購入後、持っていたペットボトルは捨ててもらう。」と書いてありました。
こうくんの「お財布を見て買うことが分かる」「プットインが出来る」という強みを活かしての支援計画になっていました。
支援は、まずは強みを活かしてやってみて、結果を見てまた考える、の繰り返しです。

果たして。
以下、大ちゃんからの報告によると・・・・

行きはとってもスムーズで上機嫌。
改札もOK。自販機でペットボトルのお茶を購入し、持っていたペットボトルも捨てることができた。(←計画通り。スゴイ。)
電車内、徒歩、マックでも落ち着いており問題なし。
んっがっっっ
帰り、電車を降りた瞬間
自販機のゴミ箱(行きに自分がおペットボトルを捨てたごみ箱)に突進し、
大ちゃんの制止を振り切り、無理矢理中のペットボトルを取り出そうとした。
大ちゃんが持っていた予備のペットボトルには目もくれず、制止すると激しく怒る。
交渉&格闘すること数分。
ペットボトル3本を持って改札を出たが、不穏な状態で支援終了。

大ちゃん曰く「事前予測が甘かったです。行動支援シートに詳しく書いて報告します。」とのこと。
去年のこうくんだったら、何のモンダイもないフツーの余暇支援なのに。
いろいろ考えて事前準備してくれたのに、うまくいかなくて、本当に申し訳ない思いでいっぱいです。。。

甘くない。
ホントに、甘くない。

Facebookで流れてくる写真を見ていたら泣けてきた。
天気の良かった今週末
あっちこっちお出かけしてる様子や
紅葉やイベントやお食事や・・・・
みんなが「秋」を満喫しているのを見て
悲しくなってきた。

電車でお出かけ。
10年以上、ずっと練習して経験を積んできたのに
ちょっとずれただけでこんなことになっちゃう。
たった2時間弱の外出ですらこんな状態になっちゃう。
いいな~、みんな。あちこち出かけられて。
家族で旅行なんて、もう何年も行ってないな~。
あ~あ。

なんでゴミ箱あさるんだよ・・・。
も~、ホントやだっっ。

毎日、毎日
お風呂に入る前にお片付け練習してきたじゃん。
ゴミ箱に捨てる、自分のロッカーに入れる
をやってきて
要らないモノはゴミ箱
明日も遊びたいモノはロッカーって
ちゃんと、区別できてたじゃん

なのに
なんで、ゴミ箱のペットボトルを出しちゃうんだよ・・・
丁寧に丁寧に
こうくんがどうやったらわかるか一生懸命考えて
少しずつ、少しずつやってきて
ちゃんと出来るようになってたのに。

くそぉ・・・
いい感じにまっすぐ育ってきてたのに
力で押し切ることを誤学習させちゃったのは誰だよっっ

ダメ、ダメ。
そんなこと考えても意味ない。

恨んでも何もいいことないし
愚痴っていてもこうくんの行動はよくならない。

過去なんかどうでもいい。
「今」を見つめて
何ができるのか
どうしたらいいのかを考えるんだ。

そうだ。
冷静になれ、ぢぶん!

こうくん、記憶力が良くなっているんだ。
以前より見通しがつくようになって、
同じ駅に戻ってくることもわかってる。
これらは強みでもあるけど、配慮しなきゃいけない部分でもある。

「ごみ箱」ってこうやって使うものなのよ、ってことを今のこうくんに合わせて教えてあげないとイケナイ。
ペットボトルの量の制限をしないとイケナイ。
こうくんが今わかっていること、出来ることを使って。

家で
事業所で
外出先で
同じように取り組んで、行動を修正していくんだ。
今、それができる環境にあることをはすごく貴重で幸せなことなんだ。

先日も、レインボーはうすで「他人のお茶も飲んでしまう」行動に対し、こうくん専用のコップを用意することで「他人のお茶に手を出さなくなった」という報告があって、良かった~って思ったばかり。
女の人の頭のニオイを嗅ぎに行っちゃう行動の消去にみんなで取り組んでくれている。(なかなか難しくて、ただ今、暗礁に乗り上げているけれど・・・苦笑)

ちゃんと一緒に考えて支援してくれる人に恵まれているんだから
過去は振り返らないで、前だけ見て、頑張ろう。
こうくんの豊かな未来のために。



posted by こうまま at 13:47| Comment(16) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

お風呂のリフォーム

お風呂の改装工事が終わりました♪

若くて感じの良い職人さんたちばかりで、工事期間中もストレスがなくて、ホント助かりました。
何せ、スペシャルなこうくんのいる我が家ですので、いろいろ気を遣うことが多いのですが、今回は全く気にせず済みました。
こう父&じぃちゃんともすっかり仲良くなっていて「以前からの友達か???」って感じになってました(笑)

工事をしてくださったライフ・リ・アシストさんがブログに我が家のビフォーアフターをアップして下さいました。

O様邸改装工事

いや~
めっちゃ快適です。

嫁に来て、何が辛かったって
お風呂が極寒だったことでした。
大晦日に入るお風呂の寒さは、半端なかったのです。
とにかく「温かいお風呂」を目指したので、浴槽は保温抜群のタカラのホーローにしました。
浴室乾燥機や脱衣所の暖房もあります。
うれしいぃぃぃぃ~~~
天国でございます。

posted by こうまま at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

私もICANにします♪

台風ハイエンの被害は、詳細が分かるにしたがってそれがどんなに深刻であるかが伝わってきて、2年半前の震災を思い出す方も多いと思います。

東日本大震災の時、自分は何も出来ないからせめて寄付をと思って
迷うことなく日本財団と赤十字に寄付をしました。
それは、「知っている」から選べたのです。

でも、今回、
たくさんの団体が寄付を募っている中で
フィリピンへの支援ということで
どこを選らんだらいいのか
さっぱり分からずに困っていました。

そしたら、カイパパさんが
「知り合いがいて、フィリピンへの活動実績もあるのでボクはICANにします。」と書いていたので、速攻ICANに決定~。
助かった~。

ICAN フィリピン中部台風災害緊急救援への寄付

今日の中日新聞にICANの現地での活動内容が掲載されました。
ican-1.jpg
どうか、一人でも多くの方が救われますように、よろしくお願いします。


posted by こうまま at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

蜂のお子様方

今年もまたこの季節がやってきました・・・・

hebo-3s.jpg
じじ&ばばが部屋に籠もって
ピンセットで蜂のお子様方(通称:ヘボ)を引っ張り出す季節が・・・

これがお子様方のお宅。
hebo-1s.jpg
タイヘン高額な高級ホームです。

hebo-2s.jpg
白い幼いお子様と黒い年長のお子様方を合わせて佃煮にします。
タイヘン滋養のある高級食品になるそうです。

単なる「食文化の違い」です。
んが。
異文化コミュニケーション・・・・

無理っっっ

posted by こうまま at 19:54| Comment(7) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

リマインド11日【2年8ヶ月】

フィリピンの惨状
大変な状況です。

あの日を思い出します・・・・・

あの日から2年11ヶ月の平成26年2月11日に
豊川で「防災セミナー」開催します。

第1部 映画上映「逃げ遅れる人々」
(お昼休憩 ロビーで防災パンの試食販売やロープの結び方講習会など)
第2部 高橋みかわさんの講演「大震災 自閉っ子家族のサバイバル」
第3部 シンポジウム「どうする防災~私たちにできること~」

どう備えたらいのか。
参加者の皆さんが実際に自分のこととして考えることができるセミナーにしたいと思っています。
ただ今、若手スタッフがチラシ制作中です!!
posted by こうまま at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

速報!!曲目決定~♪

12月14日の「コンサート&トーク」の曲目が決まりました。
当日変更があるかもしれませんが、こんな感じです。
お楽しみに♪♪♪

<1部>
田中良樹(ピアノ) 
  ・管弦楽組曲 第3番 第3楽章「ガヴォット」 (J.S.バッハ)

安藤里空(ピアノ) 
  ・あわてんぼうのサンタクロース  (小林亜星)

花田一希(ピアノ) 
  ・平均律ピアノ曲集 第1番「プレリュード」 (J.S.バッハ)

まりぃず(弓立まりオリジナル2曲) 
   ♪メッセージ~我が子へ~
   ♪君がいてよかった 

<2部>
小柳拓人(ピアノ&フルート) 
  ・ルパン三世 ’78(大野雄二=斉藤雅広)
  ・小犬のワルツ (ショパン)
  ・トルコ行進曲によるコンサートパラフレーズ (モーツァルト=ヴォロドス)
  ・見上げてごらん夜の星を (いずみたく)
  ・前奏曲op.3-2「鐘」(ラフマニノフ) 
  ・「歓喜の歌」ヴァリエーション(ベートーヴェン=横山未央子)

小柳真由美(お話)
  ・特異を得意にかえて ~音楽で輝く自閉症のわが子~

<3部>
【会場の皆さんと】
   ・赤鼻のトナカイ (ジョニー マークス)


posted by こうまま at 20:31| Comment(7) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

ステキすぎるインタビュー

先月、人生初の「インタビュアー」を経験致しました。

int-1s2.JPG
NPO法人ゆう10周年記念企画第二弾、12月14日のコンサート&トークの第一部で、豊川市在住の自閉症の方3人がピアノ演奏をしてくれるのですが、そのピアノ指導してくださっている先生へのインタビューです。

実は、もともと先生へのインタビューは企画にはなかったのです。
3人に演奏してもらうにあたり、先生に協力のお願いに行ったのですが、
その際の先生のお話しが、あまりにもステキで。
私と事務局ノリ姐は、もう、大感激してしまったのです。

それで
「たくさんの方に先生のお話しを聞いて頂きたい!!」ってことになり
改めて、インタビューをお願いすることになったのでした。

で。
インタビューなどしたことのない私。
撮影をお願いしたベテランカメラマンさんにコツをお聞きしたら
「こうままさんてば、そんな事も知らないの~?って観客が思うくらい」というアドバイスを頂きました。

なるほどぉぉぉぉ~~。

おかげさまで、めっちゃすっとぼけたインタビュアー・こうままになっています(劇爆)
いや~
やっぱり、何にでも「コツ」ってあるんですね。
知ってる方に教えてもらうのがイチバンです!!

先生のお話し一つ一つが本当にステキで。
例えば、個性的な自閉症の人たちにどうやってレッスンしているのかとお聞きしたら
「Hさんは弾ける曲を私に聴いて欲しい方だから、30分のレッスン時間の25分はHさんが好きな曲を弾くんですよ。で、残り5分で私がやって欲しい事を頑張ってもらう。ギブアンドテイクですよね。」とか
「A君は、頭にいっぱい音楽がある。でも、それを自分の手では上手く表現できないから、ちがう~、またミスタッチした~~~って嘆き悲しむんです。なので、そうなったら、しばらくは悲しんでもらって。さてこれしましょうって感じでやるんですよ。」とか。

先生の言葉一つ一つに「愛」があるんです。
自閉症の方に寄り添って、そして、彼らの力を引き出してくれているんだと感じました。

本当にうっとりするようなステキなインタビューが撮れたのです。
撮れたのですが
何しろ、もともと予定にはなかったモノなので
枠が5分しかありません。
でも
インタビューは40分もあるのです・・・・

という訳で
B-1グランプリで沸くこの週末。
本部事務局は交通規制区域内のため近寄れないので
豊川の「はずれ」にあるひまわり園でDVD編集会議となったのです。
int-1s.JPG

悩むとよっち&のり姐
本当に、どこもカットできないくらい、素敵なお話ばかりなのです。
私は、途中で気分が悪くなってコーヒー入れに逃亡するくらい煮詰まってしまいました。
だって、「カット」するって、捨てることですよね。
もともと自閉症とは縁もゆかりもない方が
こんな素敵な考え方をしてくれているってことを
みなさんに聞いてほしい、知ってほしいのに。
どこも捨てられない!!!

あれこれみんなで悩んで
でも、「コンサート&トーク」なんだから。
インタビューは5分間分取り出して流すことにして
コンサート終了後に40分全編流して、見たい方に見ていただく。
インタビュー内容を全部記事にして印刷して配り、読みたい方に読んででいただく。
で、何とか心の決着(?)がつきました。

当日は
3人の演奏と先生へのインタビュー動画
まりぃずの演奏
小柳親子の演奏&トーク
絶対素敵な時間になると思いますので、みなさま是非お誘い合わせのうえ、お越しくださいませ♪
こうままのすっとぼけ動画ももれなくご覧になれまっせ~(爆)

詳しくは、下記チラシ&出演者紹介をご覧ください。
12.14コンサート.pdf
12.14出演者プロフ.pdf
posted by こうまま at 11:43| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

グループホームを増やそう!!!

愛知県から、既存建物活用のホーム設置基準を「建物規制から安全対策重視に変更」する提案がされました。
現在、パブリックコメントを受付中です。

すてきです。

高齢者のグループホームで火災が起きて
グループホームにするための基準がめちゃ厳しくなっていました。
新築じゃないとそんなの無理じゃん、という感じの建築基準では、貧乏法人のゆうでは絶対無理~って思ってました。
でも、それが、可能になるかも知れません。

とえださんは、ずっとずっと、頑張ってくださっていました。
大村知事も。
県福祉課の方も。

ぜひ、下記のブログを読んで下さい。

とえださんブログ
あらいさんブログ
カイパパブログ

みんなでパブコメ送りましょぉぉぉぉぉ~。

これが、いいモデルになって全国にひろがりますように!

で。
この提案を受けてのお勉強会が名古屋で開催されます。
JCCI:ケアホーム・グループホームについて、 みんなで考える勉強会
とえださんと小林先生とカイパパという組み合わせ。
こうまま、行きます!
会場でお会いしましょう♪

posted by こうまま at 20:47| Comment(6) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

カムバック井戸水~♪

我が家には井戸がありました。
井戸水だとお茶がとってもおいしく飲めるので、すっごく気に入っていたのですが
昨年、裏山の治山工事(土砂崩れ防止のため)でふさがってしまいました。
安全のためには仕方がないと涙を飲んで井戸がふさがっていくのを眺めていました。

工事完了から1年。
そろそろコンクリートのアク(?)も少なくなるらしいので、再度、井戸を掘ってみることになりました。
いい水(水質検査でokが出る水)が出るか出ないかはわからないので、取りあえず、お義兄さん(こう父のお姉さんのご主人)が掘って様子を確認してくれています。

昨日の様子
ido-1s.jpg ido-2s.jpg
場所が狭くて重機が入れられないので、なんと手掘りです。
土木関連のお仕事をしていたお義兄さんですが、どうしてこんな事が出来るのかナゾです。
水は少し湧いている様子です。

今日の様子
ido-3s.JPG
やった~。
水がたまっています。
透き通ってくるかな~
水質okだといいなぁぁぁ~~~~

また、おいしい緑茶が飲めるかも。
うれしいぃぃぃぃぃ~~~~~。
(注・ワタクシ、静岡のお茶屋の娘でしたので、緑茶の味にはうるさいのです。)

posted by こうまま at 19:24| Comment(4) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

先輩風を吹かせない

今日は、新城市こども未来課さんからご依頼頂いた親御さん向けの研修でした。
保育士向け連続療育研修がこの間終わったばかりなんですが、こども未来課さんはホントに私をこき使って下さいます(爆)

今回は、母子通園で座談会のお手伝いをしてくれる先輩ママさんのための連続講座(5回)です。

ひまわり園でも4年前から「茶話会」に卒園児ママに入ってもらっています。
「母子通園施設の茶話会や学習会」という決まった枠の中での活動なので、卒園児ママの役割がとても明確になります。
するのは「傾聴・共感・情報提供」のみ。
アドバイスや助言は母子通園スタッフがしますので、一切しません。
在園児ママがより通園しやすくなるように、スタッフや他のママとの橋渡しをするのがお役目です。
傾聴の練習やペアトレや障害理解や言葉や身辺自立に関する研修をして、毎月定例会を開いて情報交換をしています。

このやり方だと、丁寧に在園児ママの支援ができるし、卒園児ママのフォローもできると思っています。
そのノウハウを、新城のママたちに伝授してほしいというご依頼でしたので、今日は、心構えや役割について1時間半の座学のあとで、30分のロールプレイをしました。
座学でのメインテーマは「先輩風を吹かせない」(劇爆)
でも、これが一番大事だと思っています。

そして、ロールプレイは3人ずつに分かれて「自分のことを話す」
Sm-2s.JPG Sm-1s.JPG
自分の子どもに遅れがあると気付いた時
他人に違いを指摘された時
障害があると言われた時
「あの時」に戻って、その時の思いを話します。
聞き手は聞くだけ。
見てる人は見てるだけ。
そういうロールプレイです。

母子通園の在園児ママに寄り添うためには
「あの時」に戻って思い出す作業が要ります。
これをしなかったら、母子通園の在園児ママに寄り添うことはできないと私は思っています。

でも、これは
「ようやく乾いたかさぶたをはがす作業」なんです。
とてもつらい作業ですが
目の前にいる若いママたちが前向きに自分のお子さんと向き合えるために
頑張って辛い作業をしてもらっているんです。

そういう思いでやっている活動です。
私にとって、とてもとても大切な活動です。

だから
弱っている人にアドバイスして自分の優位性や存在意義を確かめたいというタイプの人には向いていない活動だと思います。
(自己の存在意義の確認はもちろん大事だけど、別の形でやってほしいと思います。)

だから
「先輩風を吹かせない」のは、絶対条件なんです。自戒の意味も込めて。

今日の新城のお母さんたちは、とっても真剣に取り組んでくださいました。
あと4回、誠心誠意、精一杯お伝えしたいと思います。

posted by こうまま at 20:42| Comment(11) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

娘がICFを学ぶ

帰宅したフォンが
「教育心理学の授業が今日から発達障害になったでぇ~。ふぉふぉふぉ。」と言うので
心理系の大学ではどんな風に学ぶのかと興味があってノートを見せてもらった。

お馴染みのWHOの障害のとらえ方の変化について書いてあったので
「おおお~~~。母さん、この説明めっちゃ得意なんだよ!!」と言って、ICFをこうくんや乙武さんや視力の悪いフォンの3人にたとえて具体的に説明してあげた。
「どや。大学の先生よりわかりやすいやろ~笑」と言ったら
いつもは茶化すフォンが「お・・おおう・・・・。確かに。」と素直に返事したのでちょっとビックリ。

福祉系、心理系、教育系、保育系
どの大学でもICFはちゃ~~~んとイメージできるように丁寧に教えて欲しいなぁって思う。
ここがわかってるか否かで、支援にめっちゃ差が出てくるって思うから。

出来ないことを代わりにやってあげるんじゃなくて
出来ない事を出来るようにたたき込むんじゃなくて
どうやったら出来るのか考えて、お膳立てしたり工夫したり出来る援助者や指導者を育てて欲しい。

10年後、20年後
ステキな先生や支援員さんや心理士さんたちに囲まれて
発達障害の子たちがその子らしく活き活きと活動出来る日が来るといいなぁぁぁぁ~~~~

posted by こうまま at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

10周年お祝い会♪

10S-3s.JPG
ゆうの10周年のお祝い会をしました♪
「いかにもゆうらしい」会場(ゆうの本部の2階です)で
設立当初からお世話になっている人たちをお招きしてのアットホームな会です。

10s-16.sJPG.JPG 10s-16ss.JPG
まさに、10年前の11月2日に設立総会をしました。
当時の議案書をみなさんにお披露目(爆)
NPOの何たるかも知らずに、一生懸命勉強して申請書類を作りました。
懐かしい・・・

10s-15s.JPG
先輩お母さんたち。
本当に、この方たちがいたから今の私とゆうがあります。
同時期に立ち上げたNPOの理事長さんと事務局長さんも。
「われらNPO3きょうだい」と言って下さり、感激。

来て下さった方1人1人にお話しをしていただきました。

10s-14s.JPG 10s-18s.JPG
豊川あけぼの作業所所長の都築さんと新城レインボーはうす所長の長坂さん
最初からずっと理事としてゆうを支えて下さっています。

10s-17s.JPG
ほのくにまちづくりネットワークの理事長神谷さん。
ゆうの監事としてたくさんのことを教えて下さっています。
来週豊川で行われるB-1グランプリの5000名のボランティアを束ねる方です。

10S-8s.jpg
税理士さんや労務士さんもお招きしました。
税理士さんに「ゆうの理念や事業を深く知ってもっとお手伝いしたい」と言って頂けたのが、すごく嬉しかったです。
で。
やっぱ、ビールは黒!!ですね。

10S-2s.JPG
こんにゃく芋から作った我が家自慢のさしみこんにゃく!!
しょうゆとマヨネーズに七味唐辛子で食べて頂きました。
好評で良かったです。

10S-4s.jpg
立ち上げ時にとてもご尽力下さった先輩ママさんが作って来てくれたデザート。
めっちゃ美味でした。

他にも、ワインやお花やお菓子やくだものなど
たくさんのお心遣いを頂きました。

いろいろあったけど、あっという間の10年。
本当にたくさんの方に支えて頂いて今があります。
これからの10年も頑張りますのでよろしくお願い致します。

10S-6s.jpg
頼むよ。理事長とよっち♪(写真提供:長坂さん)

posted by こうまま at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

今週のこうまま

月曜日は岡崎市の母子通園施設で岡キャラ公演。
今年で4回目。
まりちゃんの歌でみんな泣くから、やっぱりつられてしまう。
毎回、公演後に「センパイ母として」のメッセージを残しています。
伝わるといいな。

火・水は新城市保育士研修。
9時から4時までび~~~っしりの療育研修。
新城はこども園になりました。
親が就労してるかどうかに関係なく
知的障害があるかないかに関係なく
発達の凸凹があるかないかに関係なく
殆どの子どもが「こども園」に通います。
なので
こども園で働く保育士さんには療育施設なみのスキルが求められるのです。

最終日のテーマは自立課題
sad-1s.JPG
アセスメント後
クリスマスツリーの工作の設定をみんなで考え中

sad-3s.JPG
シートに整理することでチームでの共有ができます。

木曜日は市内の私立幼稚園との連携会議。
発達に凸凹のあるお子さんを積極的に受け入れてくださっている園です。
連携ができているからできることがあるなぁと痛感します。

そして、金曜日の今日は
ペアレントトレーニング後期第一回目です。
新しいメンバー。
初めて会うお母さんもいれば
懐かしい顔も。
参加者のみなさん同志は、はじめましての方ばかり。
なので
kouki-2s.JPG
最初はいつもの「他己紹介」から。
インタビューして、その内容をみんなに伝えます。
この「他己紹介」で距離がぐっと縮まります。
これから半年、一緒に頑張る『戦友』です。
半年後
子どももママも笑顔でhappy♪になっていますように!!!
posted by こうまま at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする