2014年03月31日

今年度最終日

今日は大掃除~~~。
年度末にはおもちゃや課題を全て出して整理します。
壊れている物は直し、不要な物は廃棄し、他事業所で使える物は使っていただく・・・
そのためにはまずは「出して」「分別」しないといけないのです。

souji-5.JPG souji-7.JPG
まずは、全部見えるとこに出す!!!
これ、基本ですよね。

souji-1.JPGsouji-2.JPG
そして、修理、分別。
笑顔がまぶしいスタッフたち。
素晴らしすぎる!!!

souji-3.JPG souji-4.JPG
机上課題たちも、整理されていきます・・・

souji-6.JPG
休憩時に、明日から他事業所に異動になる託児スタッフとのお別れお茶会。
本当に力を発揮して母の「安心」を作っていただきました。
生活介護でも器用さとアイディアを活かして、いいお仕事してくださいね!!!

posted by こうまま at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

今年は楽笑に行くのだ~

昨日は、蒲郡のNPO法人楽笑さんにお邪魔させていただきました。

楽笑さんは蒲郡の三谷というお祭りが盛んな町で「まちづくり」をとても丁寧にされながら障害福祉事業を展開をされている法人です。

一昨年、3回の連続講座で職員研修をさせていただいたのですが
今回、3つの拠点での自閉症の方への支援に関する定期的なアドバイスが欲しいと言うご依頼を頂いたので、まずは状況把握と言うことで。

パン工房・八兵衛(就労継続B)
rakus-2.JPG rakus-3.JPG
美味しそうなパンがいっぱいです!!
私はここのツナちくわパンのファンです。
多分根強いファンがいると思います。

rakus-4.JPG
みなさん、とても丁寧なお仕事をされていました。
天板の汚れ落としは何を持って「きれいになった」と判断するのかがとってもムズカシイから大変ですよね。
どうすれば「終わり」で次の天板って理解できるの、工夫がいりますよね。

干物屋・千兵衛門(就労継続B)
rakus-5.JPG rakus-6.JPG
三谷という立地を活かし、魚を捌いて干物にして販売しています。
なかなかおしゃれな店構えですよね。

rakus-7.JPG
とても上手におろしていました。
私には絶対むりっっっ。
でも、職人であるパートのおばさんからはなかなか合格点は出ません。
パートのおばさんにどう理解していただくかがテーマですね。
応援団になっていただき、利用者さんのモチベーションを維持できればいいですよね♪

禄兵衛門(生活介護)
rakus-1.JPG
ここはもとカラオケやさん。
私も以前カラオケやさんの物件を狙っていたことがあります。
小さな個室があるのが魅力なんですよね(爆)
4月からはここを中心にお手伝いさせていただくことにしました。
頑張るゾ♪

で。
じつは、楽笑さん、近々放課後ディをオープンされます。
その拠点が出来上がったとお聞きしていたので、案内していただきました。

キッズサポートセンター千兵衛(放課後ディ・日中一時支援)
rakus-11.JPG
代表の小田さんと。

rakus-8.JPG
ここは、もと繊維工場で「鋸屋根」といわれるこの地域のシンボル的な建物。
それを日本財団の助成で改修されたのだそうです。
羨ましい!!
「蒲郡は競艇の町ですから、日本財団さんの助成を頂き易いんだと思います」と謙遜する小田代表。
やはり、確固たる信念があるから、人の心を動かすんだろうなと思います。

rakus-9.JPG rakus-10.JPG
放課後ディとは思えない広々としたうっとりするような贅沢空間。
ここで、どんなドラマが展開するのか、ホントに楽しみです。

26年は月1回で楽笑さんに伺うので、時々ディの様子も見にいかねば!!

posted by こうまま at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

総括・・・

25年度、本当に長かったです。
ひまわり園に移って、保健センターや福祉課に挨拶に行ったのが遠い昔のように思えます。

受給者証から「障害児」の文字をなくしてもらい
申請を福祉課だけでなく子ども課でもできるようにしてもらい
市内の児童発達支援の連携会議が毎月開催されるようになり
保育園の審査会後に療育機関が集まって課題を共有し協議する場をもうけてもらうことができました。

ですが
保健センターでのひまわり園待機児童のフォローは実現せず、ゆうの持ち出しでフォローしています。
健診事後教室へのスタッフ派遣も予算化されていません。
単独の通園施設も足りません。

課題はまだまだあるので、26年度も頑張ります。

posted by こうまま at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

ふわりんクルージョン

週末は、まりちゃんと一緒に東京で開催されたふわりんクルージョン2014に参加しました。
今年は会場が「両国」
fuwa-1.JPG
はじめて両国駅に降りたのですが、やっぱお相撲一色でした。

今年のふわりんクルージョンのテーマは「明るく楽しい社会的包摂」
今の福祉制度からこぼれ落ちてしまいがちな子どもたちをどう「ふんわり」包んでいくか。
みんなで考えていこう、という感じ満載のセッション満載でした。

fuwar-3.jpg
「地域生活支援の今後を考える」セッションは戸枝さんがコーディネイター。
もと全日本育成会の副島さんのお話しは、やっぱり重みを感じました。

fuwar-1.jpg
「発達障害者を支える人材育成」は山口久美さんがコーディネイター。
カイパパと小林信篤先生登壇の人材育成のセッション。
はるにれの里の佐藤さんのお話ははじめて伺ったのですが、職員研修の組み立て方などがすっごく参考になりました。

で。
fuwar-2.jpg
2006年のノースカロライナでご一緒した村田さんと再会!!!
沖縄の方なので、なかなかお会いできないから、とっても嬉しかった~~~。

スカイツリー。
完成してからは、初めて見ました!!!
fuwa-2.JPG
うわさ通り、とっても綺麗なタワーでした。

夜は、オーティズムミュージシャンコンサートを主催されている小柳さんと本間さんと女子会(?)
fuwa-4.JPG
昨年末のクリスマスコンサートが大盛況だったので、第二弾のお願いをさせて頂きました。
実現できるといいな~。

posted by こうまま at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

贈る言葉に代えて

この2週間
ひまわり園のコースごとの学習会が続いていました。
コースごとに毎月学習会を行っていましたが、最後の学習会で何を伝えるか
YUKAちゃんといろいろ話し、アレコレ悩みました。

ひまわり園は発達に凸凹があったり遅れがあったりする2~3歳くらいのお子さんが親子で通う場所です。
昔はどのようにしていたか知りませんが
ゆうが運営するようになってからのこの5年間は
療育手帳の取得も児童精神科の受診も薦めていません。
お子さんの特徴を知り、親御さんが対応のコツを学ぶことを目的としてきたので、診断名も手帳の有無も関係ないからです。

でも
卒園していくお母さん方に、やはり情報として伝える義務があると思い
最後の学習会で
この先の相談先や親の会の情報と併せて
発達障がいについての基礎的な説明と療育手帳や精神障害者保健福祉手帳についての説明をしました。
「お子さんの権利を守るために」診断名や手帳を有意義に利用して欲しいことを伝えました。

お母さん方の感想には「今知れて良かった」「今だから素直に聞けた」という言葉が並んでいました。
勉強会後に「手帳の申請しに行きます」とか「受診しよう思います」という方が何人もいたので、伝えて良かったんだと思います。
やはり、伝え方や伝える時期は考えるべきで、親御さんが冷静に判断して決めることができるような情報提供の仕方を模索し続けていきたいと思っています。
(残念な事に、この地域には児童精神科受診や手帳取得を強要する機関や園がありますが、それは、絶対に間違っています。決めるのは保護者です。)

贈る言葉に代えて伝えた「親の会」についての思いも、伝わっていたらいいなと思います。
全国の親の会は会費が高いけど、その活動が今のサービスや障害理解に繋がっていることに感謝して、寄付のつもりで払わないと続かないですからね~。

posted by こうまま at 21:06| Comment(4) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

上を向いて歩こう・・・

私が
とっても大切に思っていた
大好きだった人が
天に召されました。

病院ではなく
自宅での緩和ケアを選び
家族と訪問看護スタッフに支えられ
穏やかに
静かに

私はあなたを忘れない
あの日の約束も絶対に忘れない

つなぐから。
あなたの思いを。

posted by こうまま at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

申し込み殺到!?

5月からの学習会(おうちでできる構造化&ペアレントトレーニング)の予約受付が昨日から始まりました。
事務局のり姐が「申し込みの殺到が予想されるため、公平を期したいので、9時までは留守電にして本部の電話には出ません。急用の方は携帯に・・・」というメッセージを法人内掲示板上げていました。

そこまで細かくせんでも大丈夫やろ~と思っていたら、トンデモナイ。
9時から電話がひっきりなしにかかってきて、ペアトレの枠がすぐに埋まってしまったそうです。
ひぇぇぇ~~

さすが、のり姐。
問い合わせの数で「これはヤバイ」ってちゃんと分かっていたんですね。
頼もしい事務局です。

という訳で
今からお申込される方は、後期の予約をされるかキャンセル待ちになります。
スミマセン。

おうちでできる構造化はまだ2~3枠あると思いますが、お早めに。

いやぁ・・・
ペアトレ、大人気ですね。
アスペ・エルデの会さんが「ペアレント・プログラム」という名称でペアトレの簡易版を広める計画のようですが、保健士さんがペアトレの講師をできるようになって、健診事後教室とかでやったらいいのにな~って思います。
3月の修了者の中にも「保健センターの講座でやったらいいと思う。どの母にも必要な知識です!!」と書いていた方がいらっしゃいました。

親も子も楽になるペアトレの考え方、広がるといいな~と思います。
posted by こうまま at 19:15| Comment(7) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

愛知県、予定なしなんですか????

記事を読んで凍りついた。
強度行動障害支援:対策遅れ 19都道府県研修予定なし
ここのところずっと追いかけていた
「強度行動障害支援者養成研修」
昨年10月には東京で国研修(指導者研修)が開催され
基礎研修が各地でスタートしている。
なのに
愛知県がまさか
「14年度、開催予定なし」とは・・・
お隣の岐阜県も三重県も静岡県も開催予定しているのに!!!

あんまりじゃないか。
愛知県は必要性を感じていないのだ。
切実感を持っていないのだ。

ここ数年
必死に行動援護従業者研修を担当してきたのに。
空しすぎる・・・

愛知県
残念すぎる・・・


posted by こうまま at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

いつもの「もしも」

花粉が黄色く飛び交う窓の外を眺め
花粉用メガネとマスクでアヤシイ人になってます。
kahun-1.jpg
ティッシュとお友達、です。

「どうにも大変な時」飲む「頓服」を飲んでも
昨夜は寝れませんでした。

まだ、序の口

というのが、さらに気持ちを萎えさせます。
だれか、早く、花粉をスッキリ解消できるお薬を開発してほしいです。

本題。

無印良品でこんなのを配ってます。
dengon-1.jpg
ダウンロードもできます。

dengon-3.jpg dengon-2.jpg
記入して折って切り込みいれて畳むと
キャッシュカードと同じくらいの大きさになるのでお財布に入れておけます。
災害時伝言ダイヤルや災害掲示板の使い方なども書いてあります。
家族で最終的に落ち合う所なども決めておけるようになってます。

こう父が全員分印刷して記入してくれました。
みなさまも、是非♪

無印良品「いつものもしもプロジェクト」
posted by こうまま at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

リマインド11日【3年】

あの日から
3年

地震と津波による被害に関する復興は少しずつではあるけれど、進んでいるように思える。
でも
福島原発事故関連の復興は、改善するどころか悪化しているように見える。
3年間放置された大量の「汚染水」
除染作業で増え続ける「黒い袋」
これらの行き先は今も決まっていない。

なのに
なんで原発再稼働なのか?
意味がわからない。

安全性が確保されているから再稼働と言う方達は
その原発のすぐそばに住むべきだ。

私は原発は怖いから再稼働反対!!
稼働しないと電気が滞るとしても、そっちを選ぶ。
計画停電すればいい。(無計画な停電はイヤだ・・・・)
現在、廃棄物を完全に処理できるところがないという状況は泥沼&アリ地獄。
そんなの
やだ。

原発は全部なくしてほしい。

黙祷。

日本人にとって忘れられない3.11の今日。
我が家にとっても、大事な日です。
kouchihci50-1.jpg
こう父、50歳おめでとう。
いつまでも、ず~~~~っと、長生きしてね!

posted by こうまま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

岡崎ホームニュースに掲載されました!!

美川中学でのキャラバン公演の様子が岡崎ホームニュースに載りました~~~~。
okakyarat14-FS.jpg
(クリックすると大きくなります)
取材して下さったのは、これまでも自主公演の告知を記事にしていただいている記者さんです。
なので、私たちが助けて欲しいと思ってるわけではなくて、こんな風に感じている人たちがいるんですよってことを知って欲しいと思っていることをわかってくださっています。
とても好意的に書いて下さって、感謝です♪

美川中や藤川小のように
継続して呼んで頂ける学校が増えてくれると嬉しいな~。

posted by こうまま at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | キャラバン隊活動 | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

祝・岩崎学園60周年

今日は、豊橋の岩崎学園創立60周年の集いに出席させていただきました。
60年・・・
戦後の混乱期に、行き先場のない子どもたちのための居場所を作ろうと私財をなげうって岩崎学園を作られた初代理事長のマインドを受け継いだ3代目理事長のスタイリッシュでスマートな雰囲気そのままの式典でした。

記念講演は姫路市総合福祉通園センターの宮田広善先生
「地域で暮らす、を支える発達支援」と題して、とてもストレートにシンプルに児童と家族への支援についてお話し下さいました。
今の「早期療育」の流れの中で、障害のある子どもたちにリハビリテーションを課し、心を育てることを置き去りにしててきたこと、地域理解を求めてこなかったことへの反省をお医者様として素直に話して下さったことに感謝と尊敬の念を持ちました。
私が帰国後に感じた「息苦しさ」の正体をまさにそのまま語って下さいました。

実は
岩崎学園は私にとって特別な存在です。
帰国後、どんなに探してもこうくんを受け入れてくれる場所はありませんでした。
最重度の知的障害のある自閉症の5歳児を抱え、私は文字通り途方に暮れていました。
児相や役所に詰め寄ると「あとは入所。ここまで重い子は入所の方がある意味幸せ」と言われ、茫然自失。
なんで、両親健康なのに可愛い盛りの5歳のこうくんを入所させさないとイケナイのか全く分かりませんでした。
でも、全く所属がないというのがとても不安で、岩崎学園を見学させていただいたのです。
岩崎学園で、こうくんは帰国後はじめて「人」として扱ってもらえたと感じました。
iwasakiTt1.jpg
建て替え前の岩崎学園玄関前で撮影した短期入所登録用の写真。
帰国後3ヶ月の時でした。
本当に困った時の保険に・・と登録し、結局練習で1回利用しただけでした。
それでも、この時の私にはこの「心の保険」が必要だったんです。

祝賀会はホテルアークリッシュ豊橋。
iwasaki60-1.jpg
レインボーはうすのお二人とご一緒させていただきました。
かずおメンタルクリニックのかずお先生も来られていて、地域理解に関して情報交換やら意見交換やらをさせていただけたりして、とてもいい時間を過ごさせて頂きました。

iwasaki60-3.jpg
フカヒレラーメン・キャビア・北京ダック・イベリコ豚の生ハム・・・
普段滅多に口にしない食べ物に狂喜乱舞のこうままなのでした。

iwasaki60-4.jpg iwasaki60-5.jpg
記念品は学園の農場で採れたイタリア野菜ルッコラで作った石けん。
箱も牛乳パックのリサイクル。
どこまでもおっしゃれ~。

60周年、本当におめでとうございます。
そしてありがとうございます。
岩崎学園のスタッフのみなさん
本当にお疲れ様でした。
今夜は、ゆっくりお休みになれますように・・・・

<おまけ>
iwasaki60-2.jpg
祝賀会会場のホテルアークリッシュホテルのトイレ。
空いているとこが一目瞭然!
こういうのを見ると、つい撮ってしまう悲しい性・・・

posted by こうまま at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

懐かしい!!!!

本日、ペアトレ最終回「学校や園との連携」
宿題発表はBBC(より良い行動のための表)
前回は撃沈したママも、ばっちり成功していました。
みなさんが、それぞれ達成感を持って終われたと思います。
ptr-3s.JPG
ペアトレは身につくのに時間がかかります。
人それぞれだとは思いますが、私の場合、すごく子育てベタだったので、意識して頑張っていたら3年くらいで何とか無理せずできるようになり、5年くらいしたら、考えなくても自然にできるようになっていました。
そんな話をしていたら
リピーターのお母さんが「これにサインして!!」と。
tujimura-1s.jpg tujimura-2s.jpg
2008年の支援ツール作成会の受講カード。
当時はサポブとスケジュールと自立課題の10回コースで全部受講すると修了証になるしくみでした。
懐かしい・・・・
こうやって、繰り返し学んでくれるのって、本当に有り難いな~と思います。

26年度の学習会のスタートは5月。(3/17より予約受付開始です♪)
新たな出会いや再会を楽しみにしています♪

posted by こうまま at 19:49| Comment(3) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

緊張した~

本日、ひまわり園でキャラバン公演。
例年、9月と3月に行っていたのですが
今年度は、私が園長になってどういう立ち位置でやったらいいのか気持ちが決まらず9月は断念。
素直に「母」でやればいいんじゃんと開き直っての今日でした。

例年通り自由参加で「自閉症啓発キャラバンswingの公演があります」と案内したところ、参加希望は20名ほど。
やっぱ「自閉症」と銘打つと参加しにくいママもいるよね。
でも、キャラバンをオブラートに包むのは嫌だったので敢えて「自閉症」と出したのです。
学習会で「実は私が隊長じゃんね~。絶対いいから参加しりん」と半ば強引に営業をかけました(苦笑)
結果、34名の参加♪

微妙な時期のママにどんな風に伝わったのか不安でしたが
感想には「参加して本当に良かった」の文字が並んでいました。
参加を迷ったからこそ、出る感想だな~と思いました。

正直、参加者全員知っている・・という公演は娘の小学校以来。
めっちゃ緊張しましたが、頑張って良かったです。

posted by こうまま at 22:15| Comment(3) | TrackBack(0) | キャラバン隊活動 | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

京丸園さんに行ってきました!!!

本日、ゆうの有志で
浜松の京丸園さんに行ってきました。
昨年11月のレインボーはうすさんのフォーラムで鈴木社長さんのお話しを伺って、絶対ゆうのスタッフにも見て聞いて欲しいと思っていました。
  京丸園さんのHP
  11月30日の新城市民フォーラム記事

kyoumaru-1.JPG
福祉とのコラボを熱く語る鈴木社長さんと我がゆうスタッフ

kyoumaru-11.JPG kyoumaru-8.JPG
チンゲン菜の苗を定植する際のスチロールをデザインすることで誰にでも正しく定植できる「ユニバーサル農業」になるんですね~。
ステキです。

kyoumaru-10.JPG kyoumaru-2.JPG
育ったチンゲン菜は収穫されてパッキング~
市場価値を高めるために、かなり小さいうちに収穫して「姫チンゲン」という名前で出荷されています。
実は私、大のチンゲン菜好き!!です。
この大きさのチンゲン菜がどんだけ美味しいかをよく知っています。
ハウスの中でうっとりしながらよだれが・・・

そしたら
さすが、社長。

ランチは
ハウスで採れた野菜(三つ葉・チンゲン菜・芽ネギ)を知り合いのお店に持参して、その場で調理してもらうという趣向。
kyoumaru-12.JPG
すごすぎる・・・・。
三つ葉好きのとよっちも大喜び。

kyoumaru-13.JPG
大満足の視察でした。

鈴木社長さんは、13代続く農家の長男。
平成7年にはじめて障害のある方を雇ってから、毎年1人ずつ増やしてきて今は21名。
農園自体も従業員10名程度の家族経営だったものが、今では社員68名の農業生産法人。
つまり
障害者を雇うことで事業拡大をしてきた農園なのです。
ビックリですよね。
なんでそんな事が?と思う方はホームページの「視察案内」をご覧頂き、視察をお申し込み下さいませ。
私がここで下手な記事で紹介するより、実際に鈴木社長さんのお話しを聞いて、農園を見た方がいいと思いますので♪
posted by こうまま at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

心が折れそうになる時

巷では卒業式全開・・・
「卒業式」という言葉を聞くだけで、辛いしキツイです。

こうくんは
昨年7月に学校に行くことをやめたので
修学旅行も卒業式もありません。

他に道はなかったのか?と自分に問いかけています。
あのまま高校に通っていても泥沼だったし、今は元気に働くオトナ!になってる訳なので、
やめたことに関しては全く後悔はないです。
でも、
他に出来ることはなかったのか?
とか
もっと早く学校にアプローチできなかったのか?
とか
もっと強く学校にアプローチしても良かったのではないか?
とか
と自問自答しています。

いろいろ考えます。

こうくんの同級生で
同じように学校で激しい不適応を起こして同じ時期に退学した子がいます。
他にも、通えなくなっている子がいっぱいいます。

通えている子がいるから
通えなくなったら「通えない子が悪い」「不適応を起こす子が悪い」と非難されるのは「違う」と思うのです。

日本語しか話せない人にロシア語で説明して
「他の人はわかるのに、アナタはなんでわからないの?」って無能の烙印を押されるのはオカシイですよね。

小学部の卒業式は配慮ある中でとってもいい子で過ごせたのです。
なのに、中学部の卒業式は最初から最後まで押さえこまれて自由を奪われて、人権無視って感じでした。
だから
高等部の卒業式はもっと配慮がないと思うので、参加しなくて正解だったとは思うのです。
でも、なんで、「特別支援学校」なのに、配慮がないのかな?って思うのです。

配慮ある卒業式に出席させてあげたかった

配慮ある修学旅行に参加させてあげたかった

そう思うのは
親のエゴなのでしょうか。

障害が重い子は
我慢しないといけないんでしょうか。
障害があっても、ちゃんとできている子がいるから
出来なかったら「ダメな子」なんでしょうか。

理不尽だと思います。

取りあえず
養護学校の卒業式が済めば
スクールバスの恐怖(見かけるだけで辛くなる)がなくなるので嬉しいです。
学校行事を書いたスケジュール帳を破り捨ててしまったので
養護学校の高等部の卒業式がいつかわからないのですが(苦笑)

posted by こうまま at 23:56| Comment(11) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

管理者のお仕事

新年度を迎えるにあたり
新しい室内遊具が欲しい!とスタッフから要望が上がったのですが
実は、今年度ひまわり園は「赤字」です。
昨年度よりスタッフを1名増やしたためです。
きめ細かいサービスをしようとするとこうなっちゃいます。
エアコンの掃除とかシロアリ被害で畳替えもあったので、それも響いているかもしれません。
これから、壁の穴も修復しないといけないし。(現在どこまで直すか検討中・・・)
なので
新しい遊具を購入するゆとりがありません。

という訳で
今ある遊具で修理できる物は直して使っていくしかありません。
平均台の足が抜けるとか滑り台のビスが緩いとか・・・
そういうのはすぐにこう父が直してくれます。
でも
あまりにも古くて、修理に時間がかかる場合もあります。

suberi-1s.JPG
子どもたちに大人気のローラー滑り台。
何カ所も治した跡がある年季の入った遊具です。
ぐらぐらしていたり、横板が割れている部分があって危なかったので
「とにかく危険がない状態にして欲しい」とこう父に依頼。

suberi-4s.JPG
頑張ってくれていますが、全治1週間くらいかかるそうです。
多分、見栄えは悪くなりますが、安全第一ですから許してね~。
1週間使えないけど、なんとか他の遊具で代用して下さい~~~。

posted by こうまま at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

法人研修

25年度最後の「法人研修」
Hken03-1.JPG
各部署の現場責任者から1年の総括と来年度への意気込みを話してもらってから
研修会参加報告と伝達講習がありました。

Hken03-2.JPG
事務局ノリ姐からの「苦情処理」に関する研修報告は本当に役立つ内容が満載!!
やっぱり丁寧な傾聴と早めの謝罪は大事!!(部分謝罪と言うそうです)
苦情は改善のチャンス!!でもあります。
法人研修でスタッフみんなでこの内容がシェアできたのは本当に良かったと思います。

続いて
てくてくスタッフUさんからの伝達講習。
京都でのTEACCHコラボレーションセミナーに参加して、その内容をダイジェスト版にして講習してくれました。
「性」についてのお話で、Uさんならではの鋭い指摘も入って、とっても学びのある内容でした。
こうくんの母としては反省することばかり。
3歳では可愛いいと思える行動でも、18歳のこうくんでは許されない行動があります。
ASDの人は一度習得した行動を修正するのは難しい方が多いです。
だからこそ
最初から正しい行動を教えないと、大人になってから困るんですよね。
そして、その教え方はASDの特性に配慮した指導でないといけないわけで。
となると、やっぱり日々の支援が本当に大事だな~と再確認できました。
自費で行った研修だったのに、伝達講習してくださったUさんに感謝です!!

最後に、とよっちからサポート研での分科会参加報告がありました。
「行動障害のある方への意思決定支援」
早期からの支援がめっちゃ大事なことがここでもまた確認できたと思います。
「野性的自立と社会的自立」という表現に唸りました。
「社会的な自立」の仕方を丁寧に教えないと、勝手に自分で「野性的に自立」しようとしちゃうから、多動・パニック・他害・自傷・破壊・・・って、不適応行動のオンパレードになっちゃうんだな~。
納得!!!のPPT資料でした。

普段、法人スタッフが一堂に集まるのは月1回のこの研修しかないので
この機会を今後も上手に活用していきたいな~と思います。
posted by こうまま at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする