2014年06月29日

息子との会話

講演や勉強会などでこうくんとの会話は、「具体物でやりとりしています」と言っていますが、本当はちょっと違います。
具体物というより、「身体プロンプトをし合う」みたいな感じでやりとりしています。
クレーンの進化版という感じです。

今日も「おまえのその味噌汁をワシのお椀の中にいれやがれ(鍋に味噌汁が残っていないのを確認してから)」
とか
「緑茶をこの水筒に入れて氷を入れやがれ」
とか
細かい指示をしてきます。

緑茶とほうじ茶は入れる急須がちがうので(お茶屋の娘なので、そこはこだわります)、入れて欲しいお茶の急須をちゃんと選んで差し出して「これ持ってお湯注げ」と身体プロンプト(?)してきます。
冷たくして欲しい時は、冷蔵庫のアイスボックスを空けて、スコップを手渡してきます。
これは私がいつも「どっちにする?」「氷は?」ってブツを見せて聞いていたからです。
どんな場面でも「選ぶ」って大事です。

でも、そのせいで
めっちゃ細かいとこをしつこく要求してくるワガママな18歳に育っております。

要求に応じるときも応じないときもありますが
応じられない時は手で押し返していますが、当然、押し問答になります。
私の手をつかんで、無理矢理やらせようとがんばります。
ホントしつこいです。
この押し問答の時のこうくんの力加減で「その時の調子」がわかります。
調子悪い時は、はいはいと何でも聞いて応じてあげちゃうほうがいい。
その方があれこれ破壊されることもないし、立ち直りも早いから。

ダメだよって押し返した時に
「やっぱ無理か。しょぼ~ん」って感じの時もあるし
「ちぇっっ、だめか。ちくしょー」って感じの時もあります。
めっちゃ可愛いです。

笑えるのが
私の目を盗んでペットボトルとかビニールをゲットしようとしてる時
私の手を取り、PCの前に座らせ、PCを開かせ、マウスを持たせるのです。
もう、思いっきり身体プロンプトの全介助で(劇爆)
こうくんか「ここから動くな~~~」と必死なオーラ出して。
うはははは~~~

身体プロンプトでしか適切な行動を教える事ができなかったこうくん。
やっぱ、コミュニケーション手段は「身体プロンプト」なのねぇぇぇぇ~~

こうくんのこの要求手段はとてもわかりやすいので
これが維持されるように、極力「察しない」様にしています。
ああ、あれね
と察して動いてしまうと、どんどん簡略化されて、要求が不明確になって伝わりにくくなってしまうから。
こうくんの場合、コミュニケーションのズレがエライコトになっちゃうので。
なので、全介助の身体プロンプトで操り人形のように応じるようにしています。
誰にでも細かい要求ができるように。

人それぞれのコミュニケ―ション方法があるよね~
「通じる」「伝わる」って、大事です。
わかってもらえると、嬉しいし気持ちいいもんね。

posted by こうまま at 14:22| Comment(11) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

ご寄付頂きました

ご報告がおそくなりすみません。
(私が岡崎在住のため、東三河の新聞が手に入らず、遅くなってしまいました。)

このたび
豊橋ベンチャークラブ様より、ひまわり園に30万円のご寄付を頂きました!!!
ベンチャークラブさんはこのたび15周年を迎えられ
その記念式典の中で行われた寄贈式に、YUKAちゃんが参加させていただきました。
kihu-1.jpg
寄贈式の様子が東日新聞に開催されました。
感謝です。

昨年度、人員配置を厚くしたため赤字を出してしまったひまわり園(管理者の私の責任です。)
そのため、スタッフから希望が出ていた机や大型遊具の購入を見送りました。
これで、購入できます。
通園している親子のために有効活用させて頂きます。

豊橋ベンチャークラブの皆様、本当にありがとうございました!!!



posted by こうまま at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

福祉のおしごとフェア

昨日は豊橋で開催された福祉のおしごとフェアに参加してきました。

hukushiO-1.jpg
初めて参加した時は、何をどうしていいのやら・・・でしたが
今年は事務局ノリ姐とまるちゃんが、ばっちり準備してくれました。

hukushiO-2.jpg
理事長とよっちが行動援護従業者研修2日目の講師のため不在の中
SAYOちゃんとノリ姐の3人でがんばりました!!

今年は好景気を反映してか、新卒来場者が激減し、出展企業ブースは倍増という会場。
でも
ゆうのブースには過去最高(と言っても3回目ですが。笑)の方が説明を聞きに来てくれました!
熱意のある若者が入社してくれると良いな~。

募集は新卒者に限定していません。
今すぐ働きたい方も募集中です。
常勤
 勤務時間:月~金 ①8時半~17時半 ②9時~18時
 勤務地:豊川市内
 資格:保育士・介護福祉士・社会福祉士・臨床心理士・言語聴覚士・児童指導員 等
 待遇:月額16万5千~24万程度 4週8休 社会保険完備

非常勤
 勤務時間:月~金 ①9時~15時 ②13時~18時
 勤務地:豊川市内
 資格:高卒以上
 待遇:時給800円~1000円

登録ヘルパー
 勤務時間:夕方3時以降と土日に働ける方
 資格:介護職員初任者研修(ヘルパー2級)
 待遇:時給1000円~ 
 (★仕事の移動に使える自家用車をお持ちの方)

興味のある方はまずはお電話下さい。0533-65-8325(柴田)
電話連絡後、履歴書送付をお願いしています。


また、ひまわり園では夏休みの託児ボランティアさんを熱烈大募集中です!!
通園児のきょうだい児さんの託児です。
 対象児:0歳~5歳
 時間:①9時半~12時(月~金) ②13時半~15時半(火~金)
 期間:7月22日~8月31日
とっても困ってます。
お手伝い頂ける方は、ひまわり園0533-88-7281(彦坂・落合)までお願いします!!!


posted by こうまま at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

第9回キャラバン定期公演

今年もやります、定期公演!!
昨日のホームニュースに紹介記事を載せて頂きました。
murasaki2014-1.jpg
(クリックすると読める大きさになります♪)
取材時、私は仕事で参加出来なかったのですが
お付き合いの長い記者さんなので、とても上手に書いて下さっています。
有り難いです。


<自閉症ってこぉ~なんです>
日時:7月3日 10:30~12:00
   7月27日 13:00~14:30
場所:むらさきかん
参加費:500円
定員:80名
お申込方法:参加日・名前・連絡先を記入してFAX(0533-65-8326)かメール(m3k@k8.dion.ne.jp)荻野まで


現在のお申込も状況はどちらの回も60名ほどですので、まだ大丈夫です。
ご家族の方やお知り合いの方お誘い合わせの上、是非お越し下さい♪
posted by こうまま at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | キャラバン隊活動 | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

保育所等訪問支援「じょいん」始動しています!!

今日は午前中は保育園、午後は小学校の特別支援級へ訪問。

今日の保育園にはひまわり園やとことこの卒園児さんや現在も並行通園中のお子さんがいっぱい!!
半年ぶりに会う子や、1年ぶりの子もいて
「きゃぁ~。りっぱになって・・・」と感無量。
集団の力ってスゴイなぁと感じます。
先月の訪問時より確実に成長してる対象児さんの姿にも、感動。

あちこちに、わかりやすさがいっぱいです♪
mutu-1.jpg mutu-2.jpgmutu-3.jpg mutu-4.jpg
保育士さんって、ホントに工夫が上手。
イラストとか上手な人も多いから、手順書とかスケジュールはすぐに作れちゃう。
すてきな園が増えてるな~と感じます。
posted by こうまま at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

親との協働

本日、たすく代表の齊藤宇開先生と来週オープン予定の豊橋TASUCのスタッフさんが、ゆう本部にいらっしゃいました~。
たすくには「7つのキーポイント」で本当にお世話になっています。
ひまわりもとことこもいまーじゅもじょいんも
「7つのキーポイント」なしでは現場が立ちゆかないくらい思いっきり活用させていただいています。

tasuc-1.jpg
豊橋駅前にTASUCのお教室が出来るということは
たすくのアセスメントを受けるのに、もう鎌倉まで行かなくてもいいってことです。
すてきぃぃぃぃ~。
イイ時代になったものです。

と、喜んでいたら
宇開先生は宇開先生で、ゆうを見て
「イギリスまで視察研修に行かなくてもいいかも」
って思ったらしいです。
たすく代表齊藤宇開ブログ「ありのままに 自分らしく」

褒められすぎでびっくり&恥ずかしい&恐縮です・・・。

でも
「親と専門家の絶妙な関係,バランスが必要。」
というのは、全く持って100%同感です。

本気で、時には大ケンカしながらこの10年で作り上げてきたゆうを
こんな風に評価してもらえたこと
素直にとても嬉しいです。

豊橋TASUC
期待しています!!!
posted by こうまま at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

虐待防止の観点から

先週の日曜日は一宮で行動援護従業者研修。
19名の参加。
engoI-2s.JPG
受講生のみなさんの、吸い付くようなまなざしに圧倒されながらがんばりました。
一宮に来させてもらうようになって5年、
すごくまとまっているいい地域だな~という印象です。

そして、昨日は地元の豊川で(もう、すっかり地元か?笑)
engoT-1.JPG
本講座26名と公開講座6名の計32名の参加。
この研修は資格取得のための3日間の研修なのですが、
私が担当している1日目は、支援の考え方や自閉症の障害特性の基礎が学べる内容なので、昨年から豊川は1日目だけを公開講座にしてもらっています。

そのおかげで、昨日は
ゆうの通園児さんのご両親や
ひまわりメンターとして活躍してもらっているママや
つぼみプロジェクト部の仲間や
すでに3日間の講座を受講しているゆうのスタッフや
入所施設や児童発達支援のスタッフさんなど
自閉症のある方に関わるさまざまな方が参加してくれました。
公開講座にしてもらって、良かった~♪

特に嬉しかったのが
昨年この講座を受けていて、再度今年、公開講座を受講してくれたゆうの2年目スタッフの感想に
「昨年は流れていた話が、今年はすとんすとんと落ちていく」とあったこと。
資格取得のための講座なので、2回受けるなんて事はフツーありません。
でも、この講座は繰り返し何度でも学ぶ所がある内容で、私自身も毎回気づきがあります。

奇しくも、公開講座に参加してくれた花島さんが「20回以上やっているにもかかわらず、新鮮さを失わないその語り口」と評して下さったのですが、私自身がまさに学びながらやっている研修なので、同じスライドでも説明の仕方は年々変わってくるのですよね。
だって、この研修、本当に内容が濃くて深くて広いので・・・・。

特に、今年は、昨年の「こうくん危機(?)」を乗り切っての研修だったので、生々しかったかも~(爆)

先日の新聞記事のコピーも配布してもらって、強度行動障害支援者養成研修の説明も加えました。
強度行動障害が虐待に繋がっている現状を重く受け止め、「虐待防止の観点から」障害特性に合わせた支援を学ぶことの必要性を国がようやく認め、障害福祉に携わるスタッフの基礎研修として「強度行動障害支援者養成研修」を位置づけようとしていることは、とても素晴らしいと感じます。(教育分野でも是非お願いしたい。)
虐待防止法の施行や差別解消法成立の影響はこういうとこにもちゃんと現れてきているんだな~と思います。

engoT-2.jpg

この5年間ずっと3コマ目の最後に
8年前の佐々木正美先生の言葉をご紹介しています。
不適応行動とは・・・
彼らが起こしているのではなく、支援する側が彼らに適応できていないから起こるのです。
日本でいわゆる「強度行動障害」と呼ばれている行動を起こす人たちがいらっしゃいますが、こちらが彼らにあわせれば、当たり前ですが、不適応行動は起きないのです。


ようやく、
やっと、
国がこの考え方に向かって動き始めている。
そんなうねりを感じます。

特性を正しく理解して適切な支援をしてほしい。
「強度行動障害支援者養成研修」がその一助になることを期待しています。
(名前については、なぜ今さらこのネーミング?と思いますが。)

posted by こうまま at 11:19| Comment(6) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

ご寄付、ありがとうございました!!!!

先日、ブログにおもちゃの寄付お願いの記事を載せたところ
市内だけでなく、市外、県外からメールを頂きました。
もう、もう、もう
本当に感謝です。
ブログやってて良かったぁぁぁぁ~~~~~

重なってしまってうまく活用できないと申し訳ないので
ずうずうしくも「これとこれを下さい」とお返事させて頂いています。
なぁんて贅沢なことでしょう!!!

toy-1s.JPG
続々とお嫁入りして来るおもちゃたちに、狂喜乱舞のワタクシたちでございます!!!
嗚呼、感謝!!!

おかげさまで、予算のじぇんじぇんない「いまーじゅ」ですが、本部2階の2LDKでほんわか始まっております。
goo-2s.JPG
埼玉の方にご寄付いただいた元祖(?)クーゲルバーン。
やはり、ベック社のクーゲルバーンは偉大です。
お子さんの心をわしづかみにしておりました。

goo-6s.JPG goo-5s.JPG
クーゲルバーンのおかげで
ワークシステムのアセスメントがとってもスムーズにできました。
表出が苦手なお子さんなのですが、玉が欲しくてちょうだいのポーズが出て、お母さんビックリ!!&感激。
こういうお子さんのステキな姿を母さんといっぱい共有したいです。

maru-2s.JPG maru-1s.JPG
これもご寄付いただいたきょうだい児さん用の赤ちゃんチェア。
事務局まるちゃんが1日でステキなカバーを作ってくれました!!
「NPOゆう」の刺繍タグがおっされ~。

「ちょうど処分しようと思ってたから」
「捨てるにはしのびなくてとってあったけど、ゆうで使ってもらえるなら」
と、ご寄付いただいたおもちゃたち。
思いっきり活用させていただきます!!!
posted by こうまま at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

子育てサポーター講座

今日は、豊川の子育てサポーター講座。
kosapo-2.jpg

「気になるお子さんへの関わり方」というお題で2時間というご依頼。
参加者が15名だとお聞きしていたので、PPTはやめて、参加者のみなさんにいろいろお聞きしながら進める形にしました。

これまで「気になった行動」を一人ずつお聞きしてホワイトボードに書いていき
そのあと、軍手で折り紙と鏡で迷路の疑似体験。
うまくいかないのには訳がある
上手くできない時、本人はとってもツライ・・
そんなお話しをした後で
先ほどお聞きした「気になる行動」の理由や「心の声」をお伝えしてみました。

kosapo-1.jpg

伝わっているといいなぁぁぁ・・・


posted by こうまま at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

「無理」って言わないで・・・

中日新聞に載って以来
行動障害のあるお子さんを育てている親御さんからの問い合わせが相次ぎ
別の事業所で「うちではもう無理です」と言われた方が、ゆうの生活介護事業所「どーや」の見学にいらっしゃる。

うちだって、めっちゃ大変なんだよ~~~。
何人も受け入れるのは無理だよ~~~。
って思う。
むそうの戸枝さんが「1法人で2~3人」って言ってたのは、正しいって思う。

ばあちゃんに、これから大変になるかも~と泣き言を言ったら
「大変な人ばっかりきたら、こうくんに手が回らなくなるから、そら、困るなぁ。
でも、おまえが「こんな子無理」って言われて悲しくて、みんながそうならんようにって作った会社だから、そら、受けなあかんわなぁ。
スタッフさんにようお願いして頑張ってもらわなな~」
と。

うちのばあちゃんは、やっぱりスゴイ。
腹が据わっている。

帰国した時、どこに行っても「こんな子預かれない」「無理無理」と言われて拒否されたこうくん。
毎日泣きながら帰宅する私に
「もう、家族で頑張るしかない。」ときっぱり言い放ったのはばあちゃんだった。
地獄の在宅9ヶ月を何とか生き延びることができたのは、ばあちゃんのおかげだと思う。

専門的な医療が必要という場合を除いて、「無理」なんてことはない。
だって、素人の親がやっているんだから。
絶対やれるハズ。
そう信じて、やっていきたいと思う。
posted by こうまま at 22:41| Comment(10) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

偲ぶ会

東京駅からすぐの学士会館で
市毛さんを偲ぶ会が行われました。
shinobu-1s.JPG
こういう形のお別れの会は初めて参加しましたが
誤解を恐れず書いてしまうと
お通夜とかお葬式じゃないから
義理とか関係なく
故人を思い、偲びたい人だけが集まるんだな~って思いました。

shinobu-2s.JPG shinobu-3s.JPG
カイパパさんとみかわさんのスピーチがとても良くて
え~ん(泣)

shinobu-5s.JPG shinobu-6s.JPG
戸枝さんが、ふわりで講演した市毛さんのお宝動画を編集して上映してくれて
うわ~ん(大泣)

shinobu-9s.JPG
仲間たち

shinobu-10s.JPG
ぶどう社の本たち
市毛さん、お疲れ様でした。

黙祷

posted by こうまま at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

市毛さん、市毛さん、市毛さん!!!

ぶどう社の市毛さんが3月11日になくなりました。
明日、偲ぶ会が東京の学士会館で行われます。

このギョーカイ(?)でぶどう社を知らない人は「モグリ」です。
みんなが、ぶどう社の本にお世話になっていると思います。

私と市毛さんとの最初の出会いは2006年のカイパパの出版記念会でした。
ichi06-1.JPG ichi06-2.JPG
私は、出版記念会の発起人でございました。

その後、ゆうゆう通信を送るようになったのですが
ある時「支援ツールの本を書かないか?」と言われて「ええ~~無理デスよぉ」と渋っていたら
「こうままの学習会を見にいく」とおっしゃって、豊川にいらっしゃいました。
ichige-1.jpg ichige-2.jpg
お母さんたちが自分で作った自立課題を持って来て、再構造化のアイディアを出し合う会だったのですが、
市毛さんは「見てるだけじゃおもしろくない」とおっしゃって、一緒に参加してました。
好奇心旺盛な少年みたいな人でした。

ぶどう社で何回か打ち合わせをさせていただき、原稿を書き始めたものの、なかなか書けず。。。
本当に私は出来の悪い書き手で、市毛さんの手を煩わせていたと思います・・・。
budou-2.jpg budou-3.jpg
ぶどう社で頂いたお昼とおやつ。
市毛さんはホントに美味しい物をいっぱい知ってました。
一緒にいると、いつも美味しいものに出会いました。

ic2008-3.JPG ic2008-4.JPG
高橋みかわさんといっしょに打ち合わせしたこともありました。
「化学変化が起きると思うんだ」って言ってましたね・・・。

明石洋子さんに呼ばれて、2日間のセミナー講師で川崎へ。
kawasaki-2.jpg
市毛さんは最初から最後まで参加してくれたのですが
疑似体験で、ちょっと不機嫌になっちゃって(笑)
「これ、自閉症疑似体験ですから~」って言ったら、「あははは~」って笑ってた。
で、「今日の支援者向けのセミナーを書いてみて」って言われた。
どうやって???う~~~ん、う~~~ん。
私は唸ってた。

ic2009-F2.JPG
市毛さんにはいっぱい叱られたけど、大好きだった。

そう言えば、娘と一緒にぶどう社に行ったこともありました。
打ち合わせついでに、何かのご褒美で「東京の本屋巡り」をしに。
そしたら、市毛さん
娘の本屋巡りに付き合って下さって。
娘は選ぶのにものすごく時間がかかるので、本当に申し訳なかったのに
「本人が一番大事にしている世界で選んでいるわけでしょう?どんなものを選ぶのかなってわくわくする」って言ってくださって。
すごくびっくりした記憶があります。

うすいまさとさんの出版記念会
usuiSP-12.bmp
市毛さんが「司会はこうまま」と抜擢して下さって
初の「司会」に挑戦。
ic2009-01.jpg usuiSP-9.bmp
「大丈夫だと思ってたけど、期待以上の出来だった!!」と褒めてくれて、ホントにホントに嬉しかった。
何度書いても良い感じにならなくて、すごく申し訳ないって思ってたから、ちょっとだけ市毛さんの役に立てたかな~って。

野田市育成会さんに呼ばれて、勉強会の講師。
noda-2.jpg
親として、こうくんとの道のりを初めて市毛さんが見て聞いてくれた日。
市毛さんは「親の本はうすいさんで終了にする。こうまま本は親としての本じゃない」と言っていた。
でも、私は「親としてこうくんとの道のり」も知って欲しかったから、すごく嬉しかった。
で。勉強会後に
「なるほど、良くわかった。こうまま本は3部作だ。うん。それでいこう。」と言っていた。
ははは・・・

ic2011-1.JPG
この日はちょうど、高橋みかわさんの本が出来たばかりで
「昨日届いたんだよ」と言って、とっても嬉しそうだった。

それから
それから・・

明石さんの祝賀会
akashi-4.JPG akashi-2.JPG
私はまたまた「司会」を仰せつかりました。
でも、会場に「当然いるはず」の市毛さんの姿はありませんでした・・・。
病気と闘っていたんですね。

2014年2月
私とみかわさんは、「こんな本を書いて欲しい」という手紙をもらって
市毛さんが緩和ケアに入ったご自宅に伺いました。
この日が、市毛さんと話した最後になりました。

3月11日
市毛さんは、家族に見守られながらとっても静かに旅だったそうです。

残された人間には、残された意味があるんだよね。
やるべきことがあるんだよね。

最後の打ち合わせで市毛さんが言った言葉。
「今のこうままだから書けるものがある。今のこうままに書いてほしいんだよ。」

大きな宿題を頂きました。

明日は、思いっきり市毛さんを思って偲んできます。

posted by こうまま at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

寄付のお願い

6月から募集を開始した「ゆうサポートセンター いまーじゅ」
集団に入る前の個別療育のお教室です。
ゆうの本部2Fの2LDKで家庭的な雰囲気の環境でほわわ~~~~んと始めています。

お願いなのですが。
1日3名定員スタッフ3名というあり得ない配置のため、予算がじぇんじぇんありません。
不要になったおもちゃや赤ちゃん用グッズ(きょうだい児さん用)があったらご寄付頂けないでしょうか?
<欲しい物>
ベビー用チェア(寝かせられる高さのある場所とならいタイプが嬉しいです)
豆椅子(肘掛け付きやテーブル付きの物があれば嬉しいです)
1歳~3歳くらいのおもちゃ
  プラレール・ビーズトイ・型はめ・音の鳴る絵本・ブロック・おままごと用品・ミニカー
  カタカタ・クーゲル・ビニールボール・光るおもちゃ・ビニールプール・ボールプール
  などなど・・・
頂けるものがあったら、是非ご連絡下さい。
お子さんがすごく喜んで遊んでボロボロだけど使えます、というおもちゃ大歓迎です。
写真を下記にメールしていただけると嬉しいです。
npo-you@etude.ocn.ne.jp


  
posted by こうまま at 20:35| Comment(8) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

リマインド11日【3年3ヶ月】

う・・
まだ、防災用備蓄がちゃんとできていない・・・
ダメじゃん、自分!!
どこかで時間作って、ちゃんとやらなきゃ。
posted by こうまま at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

どーや初給料!!!

本日
どーやの初給料がでました!!!
こうくんが大葉の袋詰め作業でゲットした給料です。

doyah-k1.JPG
こうくんの作業量×単価というシンプルな明細書。
単価はスタッフが手伝っている(測ったり設定している)分が引かれたものになっています。
だから
これは、本当にこうくんが働いて得た金額です。

感無量・・

オレンジでの工賃と同じく、赤いポストにプットイン。
外出支援時のお小遣いに使っていますが、それでも結構貯まってきたので、
これがいっぱいになったら家族で回転寿司に行こう!!と計画中。
「こうくんにおごってもらうぞ~。息子の初任給でおごってもらうのが夢だったのよねぇ。」とか思っていたのですが、ちょっと待て!!!
「経済的虐待」にならないように、本人の意思を確認しないといけないことに気付きました(先日の勉強会の成果ですね!!)
むむむ。
どどどど・・・どうすれば・・・
むじゅかちい。

わかんないので、今回は「自分の食べた分は自分で払う」方式にしよ!!(爆)

posted by こうまま at 20:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

「権利擁護」を考えた1日

昨日は、つぼみプロジェクト部企画第一弾「権利擁護入門勉強会」でした。
Msemi-1.jpg
先月のミーティング以降、
スカイプで会議したり
Facebookで情報交換や意見交換したりしながら
みんなで練ってきました。
Msemi-3.jpg Msemi-10.JPG
最初に又村さんに権利擁護の基本となる考え方や法制度についてお話しいただきました。
法制度のお話しってとにかく難しいのに、とてもわかりすくコンパクトにまとめて下さいました。
本当に、本当に、又村さんにお願いして良かった!!!と思いました。
そして、そして
とっても嬉しかったのが
「つぼみプロジェクト部のように、やりたい人が集まって企画し、実現したら解散という動きはとてもいい。応援している」と言って下さったこと。
この半年考えて思い描いていたことが間違ってないって思えて、とってもホットしました。

Msemi-9.jpg Msemi-4.jpg
第2部では、6つの事例に分かれてグループワーク。
私のグループは、なんと「触法」
すごく難しい事例だと思ったのですが
参加してくれたみなさんが積極的に意見を出してくださって
現状と課題がとってもすっきりまとまりました。
他のグループの発表もとても素晴らしくて、いいグループディスカッションができたことがよくわかる内容でした。
感想もすっごく高い評価だったので、よかった~。

懇親会。
Msemi-11.JPG
車なので飲めない私はグレープフルーツジュースで我慢。
で。
又村さんはお酒は飲めない体質だそうで、しらふだったのですが
Msemi-2.jpg Msemi-7.jpg
こんなことになっておりました・・・。
やっぱりステキな方です。
 
とてもいい学びの時間でした。
「マジメに楽しむ」を合い言葉に
息切れしないようにゆるゆる活動していきたいと思います。

プロジェクト部ぶちょおカイパパさんのブログも是非どうぞ♪
利擁護入門勉強会開催しました!

posted by こうまま at 19:59| Comment(4) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

基本を繰り返し学ぶ

今日は月に1回の法人スタッフ全体研修。
tokusei-s2.JPG

今日のお題は「氷山モデルで考える」
ゆうで実践している支援の基礎となる考え方です。
前半で、私が障害特性のおさらいをして、氷山モデルで不適応行動の水面下を探る部分の講義をした後、とよっちが「ゆうの現場であるある25事例」をもとにワーク。

tokusei-1s.JPG
スタッフ、必死に考えております。
特性と環境と誤学習などの多方面から行動の理由を探っていくのが習慣化していくといいな~と思います。

tokusei-3s.JPG
相変わらずヒドイ私の図と文字。
今日はスライドなしでレジュメとホワイトボードでやりました。
レジュメにきっちりメモして何度も見返してほしかったから。
意外に使えるレジュメなのよ~(笑)

障害特性と氷山モデル。
基本中の基本なのですが
何度やっても「あ、そうか」という新しい気づきや発見があります。
深いです。
今後も繰り返し繰り返し学んでいきたいと思います。
posted by こうまま at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

ネットで読めます♪

先日の中日新聞の記事がネットで読めます。

中日メディカルサイト「自傷や暴力などの「強度行動障害」 「安心の環境」整えて対応」

写真がカラーなので嬉しい♪

記事を書いて下さった安藤さんが取材余話も含めて同じメディカルサイトのブログに関連記事を書かれています。

青く老いたい142回「不安や恐怖を減らすには・・・」

「ああ、そうだったのか・・・」と思われる方もいらっしゃるかと。

「青く、老いたい」
毎回楽しみに読ませてもらっています。
このタイトルもすごくお気に入りです。
私も、どんなに暑苦しいと言われようが(苦笑)いつまでも熱く泥臭くいたいと思っているので、ちょっと通じるところがあって、好きなですよね~。
この記事の感想を、師匠みかわさんがブログに書いて下さいました。

みかわの徒然日記「強度行動障害は環境次第」

どう対応したらいいのかさっぱり分からなくて、霧の中にいた頃を知ってくれているみかわさんの言葉はとってもとっても嬉しいです。
安藤さんの記事にもありますが、私自身、今も失敗ばっかりして撃沈の日々なのです。
こうくんへの対応は甘くないのです。
でも、霧の中にいる訳じゃなくて、ちゃんと景色は見えている道もキレイに見えているのです。
ただ、その道がまっすぐで平坦じゃなくて
くねくね曲がっていて、山あり谷ありってだけのこと。
道はある。

posted by こうまま at 19:14| Comment(9) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

我が自慢の息子が新聞にっっ

今日の中日新聞「医療」のぺージに先日取材を受けた記事が載りました。

「強度行動障害」「安心の環境を整え対応」というかなり大きな記事。
Chu-1m.JPG
まさに「どや顔」で大葉の袋詰め作業をするこうくんの写真。
でかいっっ。
(中日メディカルサイトに木曜日頃出るようなので、その時に記事のリンクを貼りたいと思います。)

行動援護従業者研修の講師を数年やってきて、重度の自閉症の人への適切な支援がなかなか広がっていかないことをもどかしく感じていたのですが、国が「強度行動障害」の支援者研修プログラムを作り始めたと聞いて、ずっと興味をもって追っかけていました。
このブログにも何回か書いてきたと思います。

昨年10月に開催された第一回の国研修に、愛知からは行政職の方が1名しか参加せず、26年度の研修開催予定がないと知り、がっくししていたのです。
そんな折りの取材依頼でした。
(今年は国研修には2名の支援者が参加予定のようで、ちょっとホッとしています。)

記事より引用
のぞみの園では〇六年から、知的障害者や精神障害者の外出を手伝うヘルパー養成の研修(行動援護従業者研修のこと。こうまま注記)も実施。それを土台に今回のプログラムを作成した。
同園研究部長の志賀利一さんは「医療とも連携しながら、本人が安心できる環境づくりをしようと、できるだけ分かりやすいものを目指した。
標準的な支援方法はほぼ固まっているが、施設などの現場での取り組みはまだまだ。
虐待防止のためにも広めていきたい」と話す。

そうなのです。
もう、だいたいこんな風にしたらうまくいく、という方法は分かってきているのです。
あとは、どう広げるかなのです。
(先日も、「うちの事業所では視覚支援はしません」と断言されていた児童発達支援管理責任者さんがおられました。)
適切な支援の「広がり」のために少しでもお役に立てればと思い、取材を受けました。

私が、行動援護従業者研修で毎回ご紹介している佐々木正美先生の言葉。
2007年のノースカロライナで話された言葉です。
不適応行動とは・・・
彼らが起こしているのではなく、支援する側が彼らに適応できていないから起こるのです。
日本でいわゆる「強度行動障害」と呼ばれている行動を起こす人たちがいらっしゃいますが、こちらが彼らにあわせれば、当たり前ですが、不適応行動は起きないのです。

本当にその通りでした。
こうくんは、まさにこれを体現していました。
対応が不適切なせいで、まさかあそこまで酷くなるとは私自身思ってもいなかったです。
昨年の悪夢はこうくんが起こしていたのではなく支援する側が起こさせていたのだという事を、今現在、落ち着いて作業しているこうくんの笑顔が物語っています。

自閉症の方とそのご家族の幸せのために
適切な支援が広がって欲しいと切に願います。


posted by こうまま at 17:35| Comment(9) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする