2015年03月31日

年度末

26年度最終日。
26年度は、保育所等訪問支援事業を立ち上げて、sayoちゃんと2人で豊川市内を走りまくった1年だった。
出来たばかりの制度で、まだまだ認知度の低い事業だったから、関係各所への説明がタイヘンだった。
でも、1年たって、かなり認知され、良い形で広がっている実感がある。
さぁ、これで、次に行けるぞ!!と新規事業の準備をしていたら
3月に入って、行政が残念な決定をしたために、ひまわり園に激震が走る。
おかげで、ここ数日は本部とひまわり園を2往復の日々。
走りながら、ふと外を見たら、桜が満開になっていた。

sakuraM-4.jpg
車中から花見をしている人たちを見ていたら、何だかせかせかしている今の自分の状況がイヤになり、ゆっくり歩いて桜を見たくなった。

でも、今日は分刻みに業務が入っていたので
sakuraM-1.jpg sakuraM-2.jpg
事務所から徒歩1分の佐奈川沿いで桜を見ながらとよっちとミーティング。
おかげで、ケンカせずに済みました(苦笑)
明日はお弁当もってお昼休みに来よう。せっかく徒歩1分なんだから。

さぁ、
27年度。
kidsF-1.jpg
昨日、新規事業の指定通知がきた。
契約書&重要事項説明書も仕上がった。
発達に課題のあるお子さんとご家族のために
私に出来ることを精一杯ガンバリマス。

posted by こうまま at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

つぼみプロジェクト部定例会

今日は月に1回のつぼみプロジェクト部の定例会。
午前中はいつものように企画会議。
今日は5つの企画についてみんなで意見を出し合いました。tubomi03-1.jpg tubomi03-2.jpg
やっぱり、みんなで話し合うとすごく深まる!!
ディスカッションって気持ちイイ!!
実は、私、水木と強度行動障害支援者養成研修で、昨日の金曜日は理事会で、もうヘトヘトでコンディション最悪だったのですが、同志とのディスカッションですごく元気になりました!!
やっぱりつぼみプロジェクト部っていい!!!

午後は
1月に東京で開催されたプロテクション&アドボカシー学会の設立総会に参加した花島さんの伝達講習。
tubomi03-3.jpg tubomi03-4.jpg
2日間の内容を、3時間半のダイジェストで話してくれました。
障害のある人の権利を護ることについて、本当に多方面からのアプローチが始まっているのだと実感出来る内容で、これまたとっても刺激的で力をもらえました。
年度末の忙しいこの時期に、準備して話してくれた花島さんに本当に感謝です。
(伝言板の記事、頑張って書くからね!!)

私が何とかつぶれずに頑張れているのは
志を同じくする仲間がいるからだなぁと思います。
しあわせだなぁぁぁぁ~~~~。

posted by こうまま at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

日本財団様、ありがとうございます。

本日、日本財団様に助成して頂いた車が納車されました。
めっちゃカワイイ♪
保育所等訪問支援事業で頂いた車なので「じょいん1号」と勝手に命名。
zaidan-1.jpg
驚喜乱舞のワタクシと事務局ノリ姐(笑)
今まで、ずっとスタッフ個人の車で訪問していましたが、これからはこの「じょいん1号」で伺うことができます。

zaidan-2.jpg
「任意保険まだですから絶対安全運転で!」と事務局ノリ姐に釘をさされながら、初乗り。
うれしいなぁぁぁぁ~。
うれしいなぁぁぁぁ~。

27年度もお仕事ガンバリマス!!

posted by こうまま at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

祝・初戦突破!!

我が母校「静岡高校」が昨年夏に引き続き、春の選抜高校野球に出場しております。
大会2日目の今日、第二試合で登場いたしましたっっっ。

koushien-1.jpg
静高100期の有志がおそろいのTシャツを作って応援に行ってくれています。
私もTVの前で真剣に応援致しました!!

前評判通りの攻撃力で7-1の快勝!
初戦突破です。
おめでとぉ~♪
昨年の夏の初戦敗退を教訓に、打撃に力を入れてきたと聞いています。
甲子園での初戦突破は16年ぶりという解説を聞いて、そうだったのか~と(スミマセン・・・)
koushien-2.jpg
甲子園球場に流れる校歌。
やっぱ、ええわぁぁぁぁ~。

精鋭の群れ 岳南健児
精一杯、力を出し切って戦ってほしい。

posted by こうまま at 15:31| Comment(4) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

「みんなの学校」見てきました!

minna-1.jpg
たかのさんオススメの「みんなの学校」を見てきました!!

平成25年度の文化庁芸術祭大賞受賞作品です。
みんなの学校公式HP(予告動画、是非見てね!!)
このとりくみは、支援が必要な児童のためだけのものではありません。経験の浅い先生をベテランの先生たちが見守る。子供たちのどんな状態も、それぞれの個性だと捉える。そのことが、周りの子供たちはもちろん、地域にとっても「自分とは違う隣人」が抱える問題を一人ひとり思いやる力を培っています。
映画は、日々生まれかわるように育っていく子供たちの奇跡の瞬間、ともに歩む教職員や保護者たちの苦悩、戸惑い、よろこび・・・。そのすべてを絶妙な近さから、ありのままに映していきます。
そもそも学びとは何でしょう? そして、あるべき公教育の姿とは? 大空小学校には、そのヒントが溢れています。みなさんも、映画館で「学校参観」してみませんか? (公式HPより)


minna-2.jpg minna-3.jpg
今池駅からすぐの定員40名くらいの小さな映画館。
閑散としてたら悲しいなぁと思っていたのですが、と~んでもない。
整理券が60枚近く配られ、パイプ椅子も登場する大入り満員。
嬉しいよねぇぇぇぇ~~~。
私たちは整理券No.6~9で、2列目の真ん中をゲットできたので、とっても快適に観賞することができました。

ものすごく良かったです。
内容を詳しく知りたい方は公式HPをじっくりお読みくださいませ。
「コメント」や「ニュース」の記事などもおススメです。

私的には
感動して泣ける
ということではなくて(泣いている人はいっぱいいました)
公立の小学校でここまでできるんだ。
やろうと思えばここまでやれるんだ。
という驚愕とともに
そうなっていない自分の地域の現実とのあまりの差に
焦燥と怒りの感情が沸いてきて
そのあと一瞬あきらめそうになって
でも、それじゃダメだ。
出来ているところがあるんだから、できるはず。
そのために、私に出来ることは何だろう。
私の今の立ち位置で出来ることが必ずあるはずだ。
そんなことが
頭の中をぐるぐるぐるぐる廻っていました。

映画の中でも「自分」という言葉が繰り返し出てきました。
みんなで地域を作っていく。
みんなって何?
一人ひとりが集まって「みんな」になるんだよね。

そんなことを思いました。

教育に携わっている全ての方に見ていただきたい映画です。

今池駅9番出口から徒歩1分
名古屋シネマテークで4月3日まで

映画の後は・・・
minna-4.jpg minna-5.jpg
美味でございました♪

posted by こうまま at 22:28| Comment(8) | TrackBack(0) | 本・TV・映画 | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

ちょっとドキドキ。

東愛知新聞「朝の一筆」に、こうままコラム第三弾が掲載されました。
今回は、ダイタンにも「世界自閉症啓発デー」に絡めて、自閉症について思いっきり書いてしまいました。
直球ストレート~って感じ。

一般の方に
「ああ、なるほどそうかもね~」と素直に感じてもらえたらいいな~と思って書きました。
どのくらい受け入れてもらえるものなのか。
ドキドキドキ・・・・
higashi3-1.jpg higashi3-2.jpg
こちらをクリックすると読めます→一筆荻野3.pdf 

少しでも多くの方に伝わっているといいなぁぁぁぁ・・・・

あと5回。
大切に、丁寧に、書きたいと思います。
posted by こうまま at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

独り立ち

毎週木曜日はフォンがヨシケイ食材で夕食を作る日です。
今日のメニューは鯖の生姜煮・三色野菜のそぼろ炒め・レンコンとキュウリのごまマヨ和え
レシピを見たら、今までのスキルで全部出来る内容だったので
今日は母は「見守り」すると勝手に決めて応援に徹することに。

manaK319-5.jpg
料理が始まったばかりだというのに、こうくん自分でランチョンマットや食器をセットして準備万端(爆)
しばらくして
どうやら、まだまだ出来そうにないと悟ったのか2階の自室に退散。
怒らないなんて偉いなぁ。

母はFacebookで実況中継しながら忍耐強く待つ。
んが、途中、ピンチ。
manak319-1.jpg
大量の野菜をフライパンに投入・・・
どうやって炒めるのか・・・

フタして蒸せばいいよ~と声だけかける。
manaK319-2.jpg manaK319-3.jpg
セ~フ(爆)

manaK319-6.jpg
美味しくできました!!
ヘルシーな感じで、満足♪

今日は、ほぼ一人で作りました。
今後が楽しみ。
posted by こうまま at 20:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

キャラバン連投

昨日はひまわり園でキャラバン。
40名くらいの方が参加してくれました。
母子通園でのキャラバンは、やっぱり独特のものがあります。
何度やっても慣れないというか、ドキドキします。
うまく伝わったかなぁとか
少しでも前向きになってくれたらいいなぁとか
昔の自分を思い出して。
「参加して良かった」という感想が多くて、ほっ。
参加するのにも勇気が要るよね。

そして、今日は東三河ヤクルト本社でキャラバン。
ヤクルトレディさんや保育ルームのスタッフや本社の社員さんも加わっての研修。
一度には出来ないので、3月と4月の2回に分けての開催です。

ya-1.jpg ya-2.jpg
ヤクルトからお茶が出ているのは知りませんでした。
静岡茶に似た感じの私好みのすっきりした味で美味しいです。

ya-4.jpg ya-3.jpg
社訓(?)唱和のあと、高橋社長のあいさつ。
「わからないから不安になる。だから、知ることは大事」と。
私も全くその通りだと思います。

ya-7.jpg
今日は、私たちキャラバンメンバーの子どもたちの話を少し丁寧にしました。
一般の方に知って頂くには「リアルな例」が一番なので。

いつものように、疑似体験。
ya-5.jpg ya-6.jpg
軍手で折り紙
そして
ガンダラムジムジは社長さんにやって頂きました。
絵カードが出てきたときの感想を「安心した」と表現して下さいました。

わからないのは不安
わかると安心

これが伝わっているといいな~と思います。

ya-8.jpg ya-9.jpg
ヤクルトの皆さん、真剣に参加して下さってありがとうございました。
一般企業の従業員の方達に「自閉症」について知って頂く機会を頂けて、とっても幸せです。
来月もよろしくお願いします!!

posted by こうまま at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | キャラバン隊活動 | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

解せん・・・

朝は雑穀入りのご飯、お味噌汁、納豆、ひじき、オクラにが定番。

今日のお昼
lunch0312.jpg
いつものお弁当と「豆乳野菜スープ」と「フルーツサラダヨーグルト」

そして、今日は週に1回のフォンが夕食を作る「ヨシケイの日」
manaK0312-1.jpg
鶏胸肉の塩青椒・豆腐と野菜の甘煮・青梗菜とわかめのナムル
とってもバランスが良くて美味しかった!!
家族にも大好評。

こんな感じの食生活なのに
どうして私のコレステロール値異常で要精密検査なんじゃぁぁぁ~~~

ヨーグルト食べ過ぎ?(インフルエンザ予防のつもりだったんだけど・・・)
事務所でチョコつまみすぎ?(だって、脳をつかうと甘い物欲しくなるし・・・)
お酒も7月から全く飲んでないのに。(肝機能はいつも正常だが)
油はごま油とオリーブオイルがメインなのに。(白ごま油って結構お高いのよ・・・)
これ以上、どうしろと?

わっからん!!

女性ホルモンが関係してることもあると教わって
内科と婦人科、どっちを受診すればいいのかわからず
いまだ検査に行けてない私です・・・。

posted by こうまま at 19:39| Comment(4) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

特別な日

3.11は特別な日。

去年の3.11
shinobu-1s.JPG
大好きだった市毛さんの命日

51年前の3.11
chichi51-1.jpg
こう父の産まれた日

そして
4年前の3.11

忘れない

絶対に

忘れない

posted by こうまま at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

リマインド11日【4年】

雪が舞っている。
鎮魂の一日。
あの日を忘れないように。
雪が舞っている。

posted by こうまま at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

またもや疲れ果てた・・・

今日は月に1回のスタッフ研修。
午前中の全体向け研修は「ペアレンツトーク」
ひまわり園のスタッフ向けには何度かやってきたけれど、ゆうのスタッフ全体に向けてというのは初めて。
今までは、ひまわり園が母子通園なので、親の気持ちを知っていて欲しいという思いから私が企画してやっていたのですが、今回はスタッフからあがってきた企画。
トーク終了後にみんなで感想をシェアして今後の支援にどう活かしていくかを考えるグループワークをするという内容だったので、私も精一杯協力しようと思って準備しました。

年代の違う方の親御さんを、というご依頼だったので、私が良く知っている小学生から40代までの方の親御さん5人にお願いしました。
私がお母さん方にお話しを伺っていく形なので、責任重大。(コーディネイターとかファシリテーターとか、そんな感じのお役目です。)
事前の打ち合わせでお母さん方にお話し聞きながら、全体の組み立てを考え、何とか大丈夫かなと思っていたのですが、当日朝のミーティング中に動悸が・・・・。
出来ないかも・・・という恐怖でめっちゃ調子が悪くなりトイレへ駆け込んでちょっと吐いたらスッキリ(苦笑)
人間て、結構丈夫なものです。

Ptalk-1.jpg
会場設定はすごく考えました。
最初の予定では母だけ机とテーブルで、スタッフは椅子だったのですが、座ってみたら何か違う。
話しにくさを感じたので、母も椅子のみにして、半円に並べてみたら良い感じ。
これでOKと思っていたのですが、別室で最終打ち合わせしてもどったら、スタッフは床に座って子どもテーブル、という設定に変わっていました。
トーク後のグループワークも考えての設定だとすぐわかりましたが、距離感が良い感じで圧迫感がなく、ベストな設定。
うん、良い感じ。

90分の予定が10分オーバーしてしまったけれど、精一杯頑張りました。
ここまで聞いても大丈夫かなと言う場面もあったのですが、思い切って聞いたことで、私自身が救われたり、共感しすぎて胸が苦しくなったり・・・・泣きすぎてヘトヘトになりました。

トーク終了後、別室で母のみ茶話会。(スタッフが感想を書いている間)
この時間もすごく良くて、
若いママから先輩ママへの感謝の気持ちがいっぱいあふれる時間になりました。
ひまわり園でピアサポーターとして活躍してくれている保育園児のママ2人も応援に来てくれていたのですが、「みなさんが作ってくれたレールの上を走らせてもらっている」「大木をなぎ倒して道を作ってきてくださった」「ありがたい」と。
こういう思いは本当に大事だと思います。
ともすると、今ある環境が当たり前だと思って愚痴や要望ばかりになってしまうけれど、これまでの道のりを知ることで、今の環境に感謝することができる。
そのほうが絶対幸せ。

その後
スタッフからの感想をみんなで回し読み。
あまりにもびっしり書かれていて、ママたちビックリ。
「私たちの方が感謝したい。お返事書かなくていいですかね?」なんて言うママも(笑)
先輩母からは「私たちの思いを聞いてもらえる機会を作ってくれてありがとう」と。
とても意味のある研修だったと思います。
協力してくださった5人のお母さん方、本当にありがとうございました。

午後からは中堅スタッフ向け研修でしたが、疲れ果ててしまい、とても無理だったのでとよっちに任せて帰宅。
ペアレンツトークは何度やっても苦しいし疲れます。
慣れる事なんてありません。
以前、別団体から頼まれて同じ形でやった時、心の準備ができていない支援者がいた事を知らずに洗いざらいしゃべってしまい、感想を読んで、その方を傷つけてしまったことを申し訳なく思ったこともあります。
逆に、心を砕いて精一杯話したのに「いいお話しをどうもありがとう♪」と軽く言われて傷ついたことも。

ペアレンツトークは特別なトーク
話す相手を選ばないといけない。
そして
話す相手が受け取れる内容でなければ活かされない。

会場の暖かさを感じながら、苦しいけど、知って欲しいから精一杯話す
そんなトークなんだと思います。

スタッフに届いているといいな。

posted by こうまま at 17:11| Comment(5) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

「くちびるに歌を」観てきました!!

娘と2人で映画を見てきました。
「海猿」以来だから何年ぶりかわかんないけど。

「くちびるに歌を」
utawo-1.jpg
合唱コンクールに出る五島列島の中学生と課題曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」の作者アンジェラ・アキとの交流を描いたドキュメンタリーにインスパイアされて書かれた小説の映画化・・・というだけではあまりに浅い紹介という気がしちゃうくらい、とてもいい映画でした。

utawo-3.jpg
フォンが通った中学は合唱に力を入れていて、入学式ではじめて聞いた校歌が見事な混声四部合唱でぶったまげた記憶があります。
なので、映画の中で歌われていた曲は全部歌ったことがあると言っていました。
とっても大切な場面で、私の大好きな「悲愴」が使われていたり
自閉症の青年役の方がとても上手で「それ、あるある」とか。
あちこちで「ふふっ♪」となるポイントの多い映画でもありました。
(石田ひかり、太ったなぁ~とか・・・笑)

urawo-2.jpg
監督が「ギルバート・グレイプ」の影響を受けたことを公言していて、自閉症の兄を持つ少年サトルの「生きる意味」への問いかけは、私たち家族にはフクザツに感じる場面もあります。

「あんたがおってよかった」
「ボ~、ボ~(前進、前進)」

自閉症のアキオが繰り返す言葉が、映画の中でとても魅力的に活かされていて
こんな映画、今まであったかなぁ~って思いました。

登場人物の心理描写も丁寧で、
じじばば世代にもぐっと来る場面があるし
私たち世代にもうるっとくるし
もちろん、15才の子どもたちにも印象的だろうし
何と言っても
自閉症児の姉で、リア充嫌いの20才のフォンが「うん、まぁ、結構良かった」と言っている位なので、これは相当にいい映画だと言えるのではないでしょうか(笑)

ネタバレになるのでこれ以上は書きませんが
是非、映画館でご覧下さいませ。
五島列島の美しい自然の風景と子どもたちの美しい歌声は映画館で観た方が絶対いいと思います。
最後の合唱の場面はマジでめっちゃ感動します。
お母様方におかれましては、どうぞ、ティッシュとタオル持参でお出かけ下さいませ。

公式サイトはこちら→「くちびるに歌を」

posted by こうまま at 17:14| Comment(13) | TrackBack(0) | 本・TV・映画 | 更新情報をチェックする