2016年06月25日

能狂言とシェイクスピア

nomura-1.jpg
今日は、とよはしPLATで野村萬斎演出の「マクベス」を見てきました。
能と狂言とシェイクスピアの融合。
どんな感じになるのかな〜とワクワク。

nomura-2.jpg
マクベスが野村萬斎でマクベス夫人が鈴木砂羽さん。
衣装だけでなく、舞台装置も斬新。
開演前から舞台上に無造作に置かれていたゴミ袋から、魔女(男なんだけど)3人が亡霊のように登場して、も〜、テンションMAX!!
いつからそこに入っていたの〜〜〜って感じ。

nomura-3.jpg
この3人の演技が圧巻でした。
寺山修司の天井桟敷と万有引力のメンバーで、大滅亡もやってくれました。
美味しすぎ!!
狂言回しの役回りなのかな・・・?
何にしても、シェイクスピア4大悲劇の一つであるマクベスを狂言で喜劇にしちゃう発想がすごい。

さらに、おもしろかったのが
舞台後のカーテンコール。
萬斎さんが2回目のカーテンコールに出てこない。
演出で、変なトコから登場するのかな?と思ったら
砂羽さんが「すみません。ワタクシの夫(萬斎さんの事)は、次の仕事に今すぐ移動しないといけなくて・・・」と。
会場、大笑い。
萬斎さん、カーテンコールに出られないくらいの分刻みのスケジュールだったのね。
逆に、新幹線の駅直結の劇場だからできたことかも。
観劇できてよかった♪

まりちゃんとタリーズでコーヒー飲みながらまったり。
良い時間が過ごせました。

posted by こうまま at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

10時間籠城から信頼回復まで

こうくんが車に10時間の籠城をしてから約1か月。
(参照:4畳半プロジェクトに早くも暗雲がたちこめる
その後も私の車からなかなか送迎車に移動できない日々が続いていたのですが、1か月たって送迎車に乗れるようになってきました。
単に1か月待っていて乗れるようになった訳じゃなく、日々、支援員さんが特性に配慮した上での戦略を立てて実践して下さったから1か月で戻ったのです。

そもそも、どうして私の車に籠城したのか。

実は、3月まで毎週月曜日の夕方はヘルパーさんと外食練習をしていました。
このブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが
レインボーはうすの新年会に楽しく参加するための練習でした。
で、それが1月に大成功に終わり、3月のお祝い会での朝食バイキングもokだったので
「外食練習は卒業だね!!!」となったのです。
親と支援者が勝手に「スキルを維持する意味で、今後の夕方の外食支援は月1回でいいよね」と決めてしまったのです。
本人に相談することなく
本人の了解を得ることなく
本人に伝えることなく

だいたい「練習」って思ってたのは親と支援者だけで
こうくんにとっては、「好きなモノが選べる楽しい外食の時間」だったはず。
なのに、それを勝手に減らしてしまったのです。

こんな失礼な事ないですよね。
どうして気づかなかったんでしょう。
ホント、私はアホだと思います。

きっとこうくん、「?おかしいな?次はいつ行くんだ?」と思っていた事でしょう。
残念なことに5月の外食は30日の予定になっていました。
なので、GW明けに堪忍袋の緒が切れて「いい加減にしやがれ。外食に行くまで、絶対降りないゾ!」となったのだと思います。
12年こうくんのヘルプをしてくれていた大ちゃんが4月から生活介護に異動になって、毎日通所先にいたことも影響していたと思います。
「一体、いつまで待たせる気だ?」って感じですよね。

こうくんの信頼を裏切ってしまったわけなので
そこからの信頼回復のために
私も支援員さんたちも必死で頑張りました。

作戦を立てて実践して失敗したら再度作戦を立て
毎日メールで細かく打ち合わせをして
PDCAサイクルを10回くらい回しました。
そして、氷が溶けるように少しずつ少しずつ・・・・
「まぁ、そこまで言うなら仕方ないな」って感じで許してくれたみたいです。
わかんないけど。

氷山モデルの水面下をきちんと探って
特性を踏まえた対応を丁寧に続けたから
1か月で信頼を回復することができたんだと思います。
それがなかったら、きっとどんどん悪化して
まさに「強度行動障害」の状態になっていたと思います。

こうくんに失礼のないように
こうくんの信頼を裏切らないように
誠意を持って丁寧に接していきたいと心に誓いました。

ここのところ地域の小学校に通うお子さんの「突然発狂した」という相談が立て続けにありました。
ガマンにガマンを重ねて爆発しちゃう自閉症の特性を持ったお子さんの信頼や安心を回復するのには本当に丁寧に時間をかけないと難しいのだと思います。
自閉症の特性を全く理解せずに「集団の和を乱さないように」とか「特別扱いはできない」という対応がどんどん悪化させてしまっていると感じます。
差別解消法が施行され、学校にも事業所にも「合理的配慮」が義務づけられた今、無礼な扱いを受けるお子さんが1人でも減って欲しいと切に願います。

ちなみに
四畳半プロジェクトはつつがなく進行中。
かなりうまくいっています。
お泊まり練習の中で、新たな課題も見つかり、作戦を練っているところです。
またここで、経過報告させて頂きます。
posted by こうまま at 17:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

ステキな家族のかたち〜溝井家編〜

川越の溝井さんちに行ってきました。
溝井さんとはネットで知り合って、明石洋子さんつながりでこれまでイベントやセミナーでご家族とお会いする機会が何回かありました。
ママは埼玉の「チューリップ元気の会」の理事長さんで、3年前の明石さんのお祝い会で一緒に司会を担当した仲でもあります。
お子さんお二人に発達障害があって、お兄ちゃんがカナダに留学して、そのまま現地で就職し、弟さんは福祉事業所に通所しはじめたと思っていたのですが、ナント、去年、イキナリ川越に兄のお店&弟の工房OPENの展開。
ご主人も退職し、どうやら家族4人で工房とお店をやってるみたい。
しかも、最近古民家を改築して民宿を始める模様。
なんてステキなの。ビックリだわ。そんなのアリ???
一体いつから計画していたの??
どうしたらそんなことできるの?って
ずっと気になっていました。

お店&工房は、川越駅からぶらぶらと歩いてお菓子横町から数分の川沿いにありました。
kawa-m6.jpg
カナディアンバー&レストラン
織り工房「英」

kawa-m2.jpg
1階がお店になっていて、オーナーのお兄ちゃんがカナダのことをイロイロ教えてくれます。
カナダのお寿司屋さんでお仕事をしていたそうです。
アメリカでよく使っていたメーカーのケチャップやマスタードが置いてあって、何か懐かしい(笑)
雰囲気がとってもいいです。

kawa-m1.jpg
お店の一角に、弟さんの作品が並んでいます。
2階がさをり織りの工房になっていました。
私が伺った時間帯は、すでに工房は終了していて、一端自宅に帰られていたのですが、母の友人が来ると市って「残業」しに戻って来て織る様子を見せてくれました。
kawa-m3.jpg
色の選びから全て英さんがされているとのこと。
英さんは通所していた事業所にはなかなかなじめなかったそうですが、さをりを教えて下さっている先生が「色の使い方が素晴らしいから、是非工房を作ってあげなさい」と勧められ、ご両親が一念発起(?)して、工房をはじめることになったそうです。
で、それを聞いたカナダ在住のお兄ちゃんが、とても両親にはまかせておけないと帰国して手伝ってくれることになり、家族全員の特技を活かしてレストラン&工房をすることになったのだそうです。

kawa-m5.jpg kawa-m4.jpg
お兄ちゃん作のカリフォルニアロールと弟英さん作のテディベア
とてもステキな空間で、私が伺った日は平日の木曜日だったのに満席でした。
地元の人たちに愛されているお店になってると感じました。

でもって
更に驚いたのが
このお店にたまたま飲みに来ていたお客さんが壊そうとしていた古民家に「ちょっと待った!」をかけて、借り受け、改修しちゃったのです。
kawa-e1.jpg
元々は恵比寿やさんというお米屋さん。
昔の雰囲気を残しつつ、インフラ部分は最新のものを使っているという感じ。
これは外国から来た方はめっちゃ喜びそう!!

kawa-e3.jpg kawa-e4.jpg
もう、懐かしさ満開。
狭くて急な階段
こたつのテーブルって、コレだったよね!
ひっくり返すと麻雀台(爆)

kawa-e2.jpg
私が泊まらせていただいたお部屋には、お琴が!!
溝井ママ、お琴もされるんですね。
ここで尺八や琵琶の演奏会なども開かれているそうです。
こんな風に生き返らせてもらって、この家もご家族も嬉しいだろうな〜。

ちなみに、住んでいるのはパパのみ。(時々ママも)
お兄ちゃんはお友だちとシェアハウスに住んでいて
ママと弟さんは元々家族で住んでいた家にいらっしゃるとのこと。
なるほど、別々に住んでいて、職場で一緒になるのですね。
いい距離感〜。

人と人が繋がって、地域が暖まっている感じがひしひしと伝わってきました。

家族4人でって、じゃあ、20年後はどうするの?とか
そんなのは大きなお世話。
もちろん、経営は甘くないから、これからイロイロあるだろうけど
溝井家は地域で愛されて、うまくやっていくんだろうなって思います。

家族のステキな家族の形を見せていただき
先々のことを考えすぎて不安になってしまっている自分を反省。
今現在幸せであることの延長線上に幸せはあるのですよね。

先のことももちろん大事だけど
まずは、今、幸せに過ごすことを考えよう。
背伸びぜず、着実に。





posted by こうまま at 14:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

非日常の大切さ

法人を始めて13年目
初めて自分のための遊びでお休みを頂いて、川越に遊びに行ってきた。
主人が「え?ほんとにただ遊びに行くの?講演とかじゃなくて?」と驚いていたけど
平日に、仕事でも勉強でも家族と一緒でもなく
純粋に遊びで旅行にいくのは、何十年ぶりかわからないくらい久しぶりのこと。
こんな贅沢なことができる日が来るなんて、思ってもいなかったなぁ。

kawa-1.jpg
氷川神社でまーさん(中谷正恵さん)と
ホントはみかわさん(橋みかわさん)も来る予定だったんだけど、足を怪我してしまって治療中のため参加出来ず、めっちゃ残念!

最重度の知的障害を伴う自閉症者の親である私たち3人で、とにかく、思いっきり語り合おうじゃないか!というのが今回の旅の目的。

布団を並べて
まーさんと、いっぱい話しました。
やっぱり、同じ立場だからわかり合えることがあるし
共感し合えることがあるし
学び合えることがある。

kawa-2.jpg
浴衣で川越の町を散策する
なんていう非日常の中だからお気楽に言えることがある。
安泰(安鯛)おみくじによると、まーさんは倒れても倒れても起き上がるゾンビ体質で
オーラ占いによると、私はオーラ80%(平均は50%)なんだそうです。

kawa-3.jpg kawa-4.jpg
シタビラメなんて食べちゃった!!
めっちゃ、非日常〜〜〜(笑)

命の洗濯ができました。

kawa-5.jpg
すてきな川越での非日常をアテンドして下さった溝井ママ、ありがとう!!

川越と溝井家の魅力については別記事で♪

posted by こうまま at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

謝罪

今年度
殆どの講師依頼をお断りしています。
理由は
息子も娘も成人したからです。

これまで
困り感をリアルに伝えるために
具体的なエピソードとして
子どもたちの話しをいっぱいしてきましたが
不特定多数の方に向けて
子どもたちの話をするのはやめました。

まぁ
当然ですよね。

今までが異常だったと
反省しております。

ごめんね、息子&娘

今後も親ばか自慢はこのブログでさせて頂きたいと思いますので
どうか懲りずにお付き合い下さいね。


posted by こうまま at 00:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

フライングゲット!

大ハマりしている藤原さくらちゃんのCDをゲット。
いやぁ
4曲もはいってて
おまけのポスターカードつきで、めっちゃお得。
2BCC992D-0619-436E-88E8-85ABE2813700.jpg

このアルバムも車中で聴きまくっています。
DD15A299-FE2E-4C69-9E12-C237F89E82D0.jpg

10月のライブも行くぞ〜(ライブなんて30年ぶり!!)
たのしみぃぃぃぃ〜

posted by こうまま at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

紫陽花

本日、ネイルチェンジ。
さわやかーな感じにしてもらいました。
イメージは紫陽花。

91C3F5D5-4697-433D-9C44-6D27F4A2A3E0.jpg

最近ジェルネイル仲間が増えて嬉しい私。

そろそろフットネイルの季節なので、デザインいろいろ見て探してます。


posted by こうまま at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする