文部科学省やら研修やら女子会やらもろもろこの1週間あまりの出来事

金曜日に、文科省で開催された 「教育と福祉の一層の連携推進に向けた意見交換会」 に参加してきました。 これは、3月に出された文科省と厚労省の「家庭と教育と福祉の連携『トライアングル』プロジェクト」の報告を踏まえての学校と事業所の意見交換会(今回は家庭はナシ)だったので、親ではなくて学校と連携している事業所としての参加でした。 なので、5年目に入った保育所等訪問支援じょいんを始める時に行った学校や園への説明や、実際に園や学校に伺う際に気をつけて行っている部分をお話させていただきました。 事業所側からも学校側からも、とても率直で説得力ある納得のいく意見が多々出ていました。 ここで内容を書くのは控えますが、私がお伝えしたことはいいかと思うので、ざっくり書いておきます。 最近の傾向として、療育(発達支援)を通らずに入学後に不適応を起こして登校しぶりや不登校になっているお子さんや、支援級を選ばずに通常級に入学して苦労されているお子さんの相談が増えている事、さらには、そういった発達に課題のあるお子さんが通える適応指導教室が非常に少ない(地域によってはない)こと等を課題として挙げさせていただきました。 また、放デイの急増により、学校と放ディの連携が急務なのはその通りなのだと思うのですが、その一方で、家庭や本人を中心に置くことを忘れてしまうと、学校や放デイにお任せしておけば大丈夫という風潮がさらに強まり、親御さんの主体性が減ってしまうことをとても懸念していることもお伝えしました。 あくまでも…

続きを読む

新庁舎で実践研修!

恒例の新城市保育士療育実践研修、始まりました!新庁舎、初めて入りましたが、さすがにキレイ。こども未来課の前にはギッズスペース。会議室のマイクが充電式!この研修の立役者のお二人も真っ白なオフィスにいましたよー。今年も市内の各園から選抜された10人が3日間の連続講座に挑んでくれています。第一日の今日はTトレを丸一日かけてたっぷり。ロールプレイもガンガンやりましたよー。

続きを読む

事例検討

浜松、豊橋、蒲郡で放課後デイを7事業所展開しているの法人のスタッフ研修。今年で3年目になります。構造化とTトレを学んできて、今年は事例検討です。各事業所でリーダーが育ってきている感じがします。同じ研修で基礎を学んだスタッフが事例検討を重ねていくのは、共通言語があるので、とてもスムーズだし、有効だなと感じます。 年度末の実践発表が今から楽しみです。

続きを読む

豊川市の委託事業「ペアトレ&Tトレ」始まりました

豊川市の委託事業のベアトレ&Tトレ始まってます。今年2年目の事業ですが、じわじわ浸透してきています。私が保育士向けと親向けを担当して、児童クラブのスタッフ向けをあきのちゃんが担当しています。 市内の保育園から選ばれた20名の保育士さん。頑張って学んでくださっています。

続きを読む

なぜ、追いかけてしまうのか、、、

豊橋プラットで、お芝居を観てきました。松坂桃李主演、小川絵梨子演出の「マクガワントリロジー」という戯曲。昨年のマリアの首を観て以来、小川さんをおっかけてます。(さっぱりわからなかったので)先月の井上芳雄くんの1984も小川さんの演出でした。80年代のアイルランド紛争のお話。桃李くんは学生時代によくニュースで流れてたIRAの一員で、もともとはきっと心優しい男の子だったんだろうけど、今は党の命令なら仲間も昔好きだった娘も殺さないといけない辛い立場の役。しょっぱなから激しい暴力場面が続いて、一緒に行ったあきのちゃんが途中でリタイア。私も、最後のお母さんとの場面(すごく重要なとこなのに)が全然わからなくてモヤモヤが残る舞台でした。ストーリーは、シンプルなのに。桃李くんもブラックペアンで看護師さんやってた趣里さんも高橋恵子さんも、とてもとても上手だったのに。やっぱり、小川絵梨子さんの演出、わっからーん!!!くやしいから、もうしばらく追いかける!

続きを読む