2008年06月20日

ぞうきんしぼり

実践報告ではないのですが。

こうくん、ここ数ヶ月おもらし大魔王。
ちょこっとだけパンツを濡らすことが多いのですが
じゃーじゃーもらしのことも。


当然、中学生ですので自己責任で水洗いして頂いてます。
ですが
もちろん、一人では出来ませんでので、完全マリオネットで後ろから二人羽織。

漏らしたときは大抵ハイテンションになってるので
力で負けそうになりながら、じゃぶじゃぶじゃぶ。
しぼってから、洗濯カゴに入れて終了。

毎日5~7枚くらいのパンツを洗っておりましたら
kouoan-1.jpg
なぁんと、こうくん
一人でぞうきんしぼりが出来るようになっちゃいました~~~。
すっご~い♪(注・絞ってるのはパンツですが)

大喜びで
もう一絞り~と思って手添えしたら
?????
絞る方向が私がマリオネットしてたのと逆。

あれ?

もしかして
去年の担任S先生??

ぬか喜びでしたか・・・・
でも、
出来ることには変わりないので
日々、パンツしぼりに精を出して
きっちり絞れるようになって頂きましょう。

他にトライしているけど、なかなか上手くいかないのが
床拭き。
床を水で濡らしたら、濡らした範囲の10倍拭いて頂くのです。
水遊びの激しいこうくんなので、1日に何度も床を塗らします。
これだけ何度も拭いていたら、いつか床の拭き掃除が出来るようになっちゃうんじゃないかとほくそ笑んでいましたが、そうそううまくはいきません。

なぜ上手く行かないかといいますと・・・
見てマネしたりする視覚的に強い子だったら良かったのですが、こうくんは行動で覚える子なので(てつづき型の記憶が強いのですね)動作で覚えて頂かないとイケナイのに、中腰とか四つんばいのマリオネットがあまりにきつく、母がすぐギブアップしちゃうからですね~。

窓についたこうくんの手あか(しばらくそのままにしておくと、カビが生えます!!)を眺めながら、こうくんに家中のお掃除をして頂ける日を夢見て
こうままの野望は続く・・・

posted by こうまま at 19:08| Comment(9) | TrackBack(0) | 実践報告 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ただいま、クロネコちゃんから届きました。
お気づかいまでいただいて、申し訳ないです。
ありがたく頂きます。

パンツアライ・・・これができているとマスターベーションあとの始末までつながりますよ~ん。
ってば、きらの場合はパンツをはいたままでの所業だからなのですが・・・。

でも、やっぱり、一人で処理するってことがプライベイとの問題もあるし大切だと思うのです。
こうくん、指の第一関節、第二関節を意識して使えますか?きらは、これができないのですよ。これって、なにかとネックになります。ですので、ぞうきんしぼりも緩めの絞り方(?)です。

掃除は・・なかなか難しいですね~!
作業所での今のメインの仕事は、掃除!!
たとりあえず、みんなと同じようにデッキブラシをごしごしうごかしているけれど、掃除じゃなくて動かしている・・・っていう感じでうす。
はめ込み型の作業だといい乗るんですけどね~。

私も野望をすてずに・・・がんばります!!

Posted by きらママ at 2008年06月20日 19:23
そうですかぁ。
やっぱり、掃除ってスキル高いんですよね。
こうくんも、モップかけを練習してますが、さっぱりです。
難しいですよねぇぇぇ。
Posted by こうまま at 2008年06月20日 23:20
みかんままのこみかんちゃんは、受け身でトイレにいってます。私に洋服をかじりついてくるのでべったり。児童デイサービスに週一回いってますが、ママが好きなのね。こみかんちゃんといってくれます。
これでいいのかなあと思いますが。どんなものでしょう。
言語面では療育手帳の検査でA級としかしマッチングができるのでB級のDQ40でした。
今日デイサービスの通園施設の先生に言語専門の地元の大学の先生がいらっしゃるので、いつもこみかんが通っている保育園の先生といっしょにと一緒に相談してみませんかと連携して考えてくださることになりました。
じっくりみていただけたらいいなあ。
Posted by みかんまま at 2008年06月21日 00:14
通園施設の先生がいろいろと相談にのってくださるのですね。
通園施設と保育園とが連携するのって意外に難しいのですが、とてもいい環境にいらっしゃると思います。
良かったですね♪
Posted by こうまま at 2008年06月21日 13:35
こうまま邸でのバケーション&同行ツアーを終え
障害の有る無しに関係なく、親は子供が必要とする的確な支援ができる存在であることが大事だと感じました。私のまわりには
有名国立大学を目指す子供に対し
完璧かつ強制的なスケジュールを作ってしまう母親や息子の部屋を常にのぞき見し、
週に何回マスターベーションをしているかを把握しているような母親がたくさんいます。障害を持つお子さんに少しでも自分でやれることが増えるようにと、課題に取り組むお母さんがいるかと思えば、当たり前のように何でもできる我が子に手をかけ過ぎて、一人歩きできない子にしてしまうお母さんもいて、後者の子供達の方が問題なのではないかと感じたしーにゃんでした。
Posted by しーにゃん at 2008年06月21日 14:55
し~にゃん、いろいろありがとう♪

いわゆる「一般の方」の感覚をつい忘れてた自分がいたことに逆に気づかされた4日間でした。
どっぷり「福祉」の世界に浸ってたら理解は得られない。
一般社会の常識や動向も気にしてないとイカンよね。

講演時の的確なアドバイス感謝です。
よりわかりやすく伝えるためには、技術も演出も必要です。
とっても勉強になりました。
Posted by こうまま at 2008年06月21日 22:53
息子も「ちょいおもらし」が多いです。
私としては、ちょっとで止められるのが不思議でならないのです。
女の子には無理じゃないですか??
雑巾絞り、息子にはまだハードル高そうですが、握るだけならできるかも。
我が家の窓ガラスは息子のヨダレでベタベタなので臭くて。梅雨時は特に!
まめに掃除してますけど、キリがなーい。



Posted by gege at 2008年06月22日 09:46
出来た、雑巾絞り、
>もしかして
>去年の担任S先生??

これ、すごいことだとおもう
だって、こうママさん、この一連の作業で、雑巾絞りの配線を、過去の、単独で収めて在った動作を配線つなげて行動化させてしまったのだから。

視覚認知と行動認知はれんどうぢて居るのかなぁ。「往復」のように、片道覚えれば、それですむということは出来ない。帰ってくるときは、行きと逆の視覚になるから。だから、往復ではなくて、ある目的に到着して行動して、其処から元に戻るという長い一連で、ひとつの行動というように、フツウの、倍の容量で記憶が必要になってしまう
だから余計に、行動が、視覚的でもそれがつなげて認識させて居なければ、結びつきもうまくいかないと思う、です
往復だからと、片道切符でしか教えてもらえないときは、混乱は必須な、感じです

でも、お漏らしの伝達は如何しているのかな、こうくん、自分から伝えているのならすごい・・・少しと全部という技も、なかなか出来ることではないような、気もして、しまいます

Posted by おりがみ at 2008年06月22日 13:05
◇gegeさん
こうくんも、しっかりとは絞れないです。
絞る格好をしてる、程度ですが
それでもすごい事だと思うのです。

◇おりがみさん
ああ~
そう言われてみれば!!
以前の行動とつながったってスゴイことですよね。

>往復だからと、片道切符でしか教えてもらえないときは、混乱は必須な、感じです

これは、すごくよくわかります~。
自立課題でよくやる失敗です。
全然別なんですよね。

こうくん、おもらしは伝えてきません。
こちらが濡れていることに気づいて、着替えをもってきて見せて「着替えてね」というパターンです。
着替えた後に、水洗いしてもらってます。
Posted by こうまま at 2008年06月22日 19:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック