2008年10月05日

家庭でできるABA

東京に出かける前に届いていたのですが
我慢して開封していなかった本

inoue1.jpg

自閉症の子どものためのABA基本プログラム
家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46
井上雅彦 編集
学研ヒューマンケアブックス


200ページ弱で、字も大きい!
イラストも厳選されていて効果的。
見やすいので一気読みしました。

最初の導入部分、ABA「はじめの一歩」をこれまでABAに馴染みのなかった若いママたちにもちょっとだけ頑張って読んでもらいたいなぁと思いました。
普段の育児に応用できる内容がいっぱいです。
ABAは用語が難解なので嫌われちゃうのですが、この本は具体例が多いので、用語はスルーして読んでもこんな時はどう考えてどう対応すればいいか、は伝わると思います。(邪道でスミマセン)

紹介されている46の課題については
本来は子どもに合わせて個別化するものですが、そのままでも
実践できるものが結構あると思います。
課題1つ1つが「プログラム」なので、この課題はこの先どう進めるの?と感じる方もいるかもしれませんが
そこは考えずに、一気に読み進めてから、自分の子どもに今できそうな課題から取り組んでいって、ABAの考え方などが若いママに伝わるといいな~と思いました。

ママたちへのオススメの読み方は、
1章はじっくり読んで、2章は一気読みしてから自分の子どもに出来そうなトコに戻って読み直して実践してみる
デス。

対象年齢は書いてありませんが(わざとかしら?)
早期介入プログラムだから
やっぱ、ちいさいお子さん向けでしょうか~(笑)

あとがきに「障害受容」に関する記述があります。
「障害を受容する」という言葉があります。
しかし「受容」とはいったいなんでしょうか。
長いことお付き合いさせていただいている年配の保護者の方と話をしていても、「受容」のゴールというのはありえないような気がします。

親に寄り添って下さっている先生なのだと確信しました。
やっぱ、いい先生なのですね。
今月末、井上先生のペアレントメンター講座を受講させて頂くのでお話をお聞きするのが楽しみです♪
posted by こうまま at 10:47| Comment(9) | TrackBack(0) | 本・TV・映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
井上先生の本は、私は一冊だけですが、
読ませていただきました。
この本も、読みたいと思いました。

今月末、こうままさんともご同席できるのですね!

ペアレントメンター講座、
私には敷居が高いと今感じながらも、
せっかく申し込みして、参加資格を得たので
着飾らず、臨みます(汗)。
井上先生の名前を見て、ひそかに興奮してました!


よろしくお願いします。
Posted by ここあ♪ at 2008年10月05日 19:57
◇ここあ♪さん
をを。
そうですか。
メンター講座でご一緒できるのですね。
私も楽しみにしています。
頑張りましょうね~。
Posted by こうまま at 2008年10月05日 22:58
> 本来は子どもに合わせて個別化するもの

これを分かりやすく伝えるには、下記事例が
良いかも知れません。
http://angel.ap.teacup.com/tsumiki-niigata/204.html

> ABAの考え方などが若いママに伝わると
> いいな~と思いました。

私も "新米パパさんに参考になるかも" と
親の会プログに投稿しはじめた時の初心を
思い出しました。
=> http://angel.ap.teacup.com/tsumiki-niigata/94.html

井上先生やこうママさんに見習って、
私も若い親御さんに宛てに発信していきます。
Posted by 五合庵 at 2008年10月06日 05:16
◇五合庵さん
確かに~。
ぷりごろ太のフィギュアで釣るとか、メールの件名とか、ABAっぽい(笑)
千秋が上手なんですよね。
Posted by こうまま at 2008年10月06日 18:44
こうままさん
初めまして、井上です。時々のぞかせていただいてます。名古屋でのメンター受けられるのですね。よろしくお願いします。
Posted by 井上雅彦 at 2008年10月08日 01:53
井上先生
コメントありがとうございます。
嬉しくて舞い上がっております。

ずっと、ずっと、お話をお聞きしたいと思っていたので、お会いできるのを楽しみにしています。
よろしくお願い致します。
Posted by こうまま at 2008年10月08日 19:18
ふふふ、ぜったいすばらしいメンターになると思います。やっと読みました。常に期待以上の内容ですね、井上先生の御本。
Posted by 一本釣り。 at 2008年10月08日 19:26
俺もやっと読みましたが、井上先生の本はお買い得な気がします。内容が濃いもの。
Posted by 一本釣り。 at 2008年10月08日 21:36
本当に、内容が濃い~です。
前回の水色の本は現職研修などに持って行って「オススメの1冊」として先生方にご紹介しています。
重いので1冊しか持って行かないんですけどね(爆)
Posted by こうまま at 2008年10月08日 23:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック