2009年06月27日

PECSフォローアップin豊橋

大口町での愛キャラネットの定例会に参加後
一路、豊橋へ。
今回、初めてETC割引の恩恵を被ることができました(笑)

今回のフォローアップ
実は、私はトンデモなく勇気がいることをする予定で
数日前から胃がきりきりしていました。

フォローアップでの事例発表自体は3回目で4事例目なのですが
今回は保護者としての発表。

こうくんのPECS10年間を動画で振り返って

①具体物で選べているがカードでの弁別が難しいこうくんに、今後どのようにPh3を進めていけばいいか。
②クレーンは本当にコミュニケーションではないのか。

をお聞きするという大胆なもの。

絵カード交換式コミュンケーションシステムを習得するためのワークショップのフォローアップで「絵カードは理解出来ないので全て処分して実物での選択を徹底したら、とっても生活が安定しました。」と発表する訳ですから
そりゃ~、も~、無謀です。

でも、
前回の岡崎フォローアップの懇親会で服巻先生に少しご相談させて頂いた際に
動画を見てアドバイスしましょうと言って下さったので
勇気を振り絞っての発表でした。

pecsF-toyo-01.jpg
参加者は20名ほど。
ほぼ全員顔見知りだったので、和気藹々という感じ。

I病院言語室での事例発表とT養護学校での実践発表が終わった時点で、すでに終了予定時間が近くなっていたので
「あのぉ~、時間がなければ私は次回でもいいんですがぁ」とすっかり気弱になるワタクシ。

何だかもう、頭が真っ白状態で
こんなに緊張してお話したのは生まれて初めてでした。

絵カードを処分するきかっけになったエピソードを話そうとしたら
その時の「どう頑張ってもどうにもならないこともあるんだ」と頭では分かっているのに涙がぼろぼろ出てきて、車の中でわんわん泣いた時の記憶と感情がよみがえってきてしまい
涙がこみ上げてきて一瞬話せなくなってしまいました。

何とか頑張って最後まで話すことができたのですが
すっかり力を使い果たしてしまったワタクシ。
pecsF-toyo-03.jpg
座り込んで服巻先生のコメント&アドバイスをお聞きするという不届き千万なことをしてしまいました。
反省デス。

私は
1年半ほど前に服巻先生がおっしゃった「すごく重い子でも、行動の統制、制御が効いていれば地域生活は出来ますよ」という言葉を頼りに取り組んできました。

その先生が、コメントの初っぱなに
「彼はグループホームでも生活できると思いますよ」
とおっしゃったのです。

号泣・・

具体物でのスケジュール提示も評価してくださって
「このまま具体物で進めていけばいい」と。
「選択も絵カードにこだわらなくていい」と。

もう、脱力。
これまでの撃沈の数々が報われる思いがしました。

今後の進め方に関して
いくつかアドバイスも頂くことも出来ました。

私は日本の療育センターなどで指導を受けた経験がないので
これまで全て独学で手探りでやってきました。
なので、今回はとても貴重な機会を頂くことができました。
ありがとうございました。

ちなみに、クレーンについては何も触れられませんでした。


セミナー後は豊橋駅前の鹿児島料理のお店で懇親会。
服巻先生もご参加くださいました。
pecsF-toyo-02.jpg
はじけるNドクター(こうくんの主治医)
素敵です♪






posted by こうまま at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 実践報告 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。よかったです。
1年半ほど前に服巻先生がおっしゃった「すごく重い子でも、行動の統制、制御が効いていれば地域生活は出来ますよ」という言葉・・・

素敵な言葉ですね。
マリオネット友の会の保護者には、めちゃくちゃありがたく、勇気ずけられる言葉です。私、服巻先生を誤解していたかもしれません。めっちゃくちゃ反省です。きらの将来に向けて、ケアホームなどなどいろいろ勉強しなくちゃです。素敵な話をありがとうございます。
Posted by きらママ at 2009年06月28日 21:38
事例発表お疲れ様でした。
こみあげた思いと涙に心打たれました。
服巻先生の温かい言葉・・・思い切って発表して良かったですね。
PECSをもとに、実物を使ったコミュニケーションの方法を独自にあみだしたこうままはやはりすごいです!このことは今後、障害の重いお子さんを持つお母さんたちに勇気を与えてくれるものだと確信しました。ありがとうございました。
Posted by 岡じゅん at 2009年06月28日 22:41
◇きらママ師匠
え?どんな風に誤解していたんんですか??
ABAの専門家ですから、マリオネット友の会の良き理解者だと思いますよ~。

◇岡じゅんさん
遠くまでお疲れ様でした。
発表するかどうか、直前まで悩みましたが
思い切って出して良かったです。
自信をもってこのまま前に進めます。
こういうのって大事ですよね。
Posted by こうまま at 2009年06月28日 23:49
 こうままがひとりの悩めるお母さんであるということが、
ものすごく貴重でステキなことだと思っています。
これまでの努力が報われましたね。

 あんまり無理しないで、こうままにしかできないことを
これからも頑張ってくださいね。応援しています!

 それにしても服巻先生のお言葉・・。
心にしみました。私も頑張ります☆
Posted by ゆっくんママ at 2009年06月29日 00:28
◇ゆっくんママさん
お久しぶりです。
無理するつもりはないのに、断れない性格なのでスケジュール帳がどんどん埋まっていきます。
夏休みが恐いです。
Posted by こうまま at 2009年06月29日 21:05
こうまま様 はじめまして
いつもブログを楽しみに読ませていただいています。
バリバリ最重度の8歳の子がいます。
2年前にPECS 2daysを受講しましたが、どうしてもフェイズ3の弁別ができません。
今後もできるようになるとはとても思えません(^_^;)。
こうままさんの、実物利用のPECSについて、いつかお時間があるときにブログで発表していただけませんか。

「クレーンはコミュニケーションか?」について、わかば学園の諏訪先生は「クレーンも立派なコミュニケーションですよ」とおっしゃっていました。
ヒトそのものはまだ見れないけど、手なら存在がわかる。いいものをくれたり手伝ってくれたりする手。
「クレーンは、手とコミュニケーションしてるんですよ」
とのご説明に、そうだったんか~~と納得した私でした。
Posted by かずりん at 2009年07月03日 12:06
かずりんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

Ph3、うちも結局無理でした。
半年くらい夜な夜なセッションしましたが、白カードと大好きなもののカードも弁別できるようにはなりませんでした。

実物のPECSっていうか、具体物使って要求してもらってるだけですよ(苦笑)
でも、それがこうくんにとっての要求方法なのでそれでいいんだと思います。
服巻先生にもカードにこだわらなくていいって言われたので、良かったです。
Posted by こうまま at 2009年07月03日 19:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック