2009年09月06日

PECS恐るべし

ピラミッド・イギリスのスー・ベイカー臨床ディレクターが
バッキンガム宮殿にてMBE(大英勲章第5位)を授与され、
チャールズ皇太子からピラミッド社の功績を称えるお言葉をたまわったそうです。
http://www.pecs-japan.com/Pyramid%20UK.pdf

すっごぉ~い。
posted by こうまま at 00:24| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PECSのスケールって本当に大きいですね!!
支援の素晴らしさをもっともっと学びたいです~(>0<)
Posted by 本郷 at 2009年09月08日 03:28
すごいよね。
自閉症の子にね、手話って難しいでしょ。
私、いままで手話ができる自閉症の子を見たことがないのね。
しかも相手が手話ができなかったら
会話も要求も成立しない。
その点PECSは一目瞭然だもんね。
機械を使って音声だすより
私はあのアイコンで人間に渡すってところが
いいと思う。
10月はアドバンスを受けに行ってきます。
日本もどこいってもPECSってならないかな
ぜーったいぜーったい必要だよね。
イングランドすごい!
PECSさすがだね。
Posted by えっくんママ at 2009年09月08日 06:29
◇本郷さん
そうなんですよ。
国家レベルで良さをわかって評価して貰えるって嬉しいですよね。

◇えっくんママ
私も10年待ったけど
ようやくPECSの波が来てるって気がする。

手話やマカトンを使うお子さんはいるけど
でも、みんながそのサインを知ってる訳じゃないから、やっぱ「絵」や「マーク」「写真」は絶対イイと思います。
「渡す」とこに「意思」があっていい、と私も思いますし、実感してます。
めっちゃ欲しいときはカードをねじ込んでくるものね。
Posted by こうまま at 2009年09月08日 20:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック