2006年02月14日

障害程度区分について

混乱しているようなのでちょこっとおさらい。(自立支援法パンフ参照)

自立支援法による障害福祉サービスを受ける際、支給の申請をすると「現在の生活や障害の状況についての調査(アセスメント)」が行われます。
3月ごろからやる「調査」っていうのがそれにあたります。
で、その後で市町村で審査・判定が行われてどのくらいのサービスが必要な状態か「障害程度区分」が決まります。
ですが

今回、児童は障害程度区分の判定はありません

これを知らない方が多いようです。
児童の場合、本人の障害の程度というより、保護者とか家庭状況の影響が大きい訳なので、本人の障害程度だけでは決められないでしょう。
「本人は最重度だけど両親元気でじじ&ばばも元気でばっちり戦力になる」って場合と「本人は中度だけど下に就学前の兄弟が3人とかいて母子家庭」だったら、どちらがより多くのサービスを必要としているかと考えたら分かりますよね。
更に、児童の場合まだ、発達途中ですから、大人と同じ基準では判定出来ないです。
付帯決議を読むと、児童の判定部分は「今後の課題」として市町村に丸投げされています。

というわけで
今回の自立支援法、児童の場合は申請から支給までの流れは支援費の時とそんなに変わらないと思っていいんじゃないかと思います。
あ、1割負担はありますが。
でも、今までも負担額はあったわけなので、成人の方に比べたら影響は少ない。
上限額は高くなりますが、手当を頂いてる方も多いと思うので、まぁ、その分くらいは使ってもいいか~って気持ちで、ひとつ、後納得頂ければと(おい、お前はドコの回しもんじゃ)

どこぞの回し者な訳じゃなくて
お子さんが出かけたがっているのに、お金がかかるから使わないってのが一番悲しいです。
せっかく色々経験して伸びてきたのに、親が1割払うのがイヤでやめちゃったら、その子があまりにもかわいそう。
我が家は10割負担になっちゃうので、今後は公費ではなく私的なタイムケア(実費)で自由に外出することになりそうですが、1割で済む方は是非、お子さんの自立のために、移動支援は利用して下さいね。
きちんと目的を持って計画性のある移動支援で・・・ひとつ、ヨロシク(だから、ドコの回し者?>自分)

で、

なぜアセスメント時に本人不在でよいのかと考えた時に、本人不在の家庭訪問というのは「家の介護力」を見に来る事なのだな、と気づいた私です。
聞き取りだけなら親が市役所に出向けばすむわけなのに、わざわざ家庭訪問するにはやっぱりそれなりの理由はあるのですね。
いやらしいなぁ。
posted by こうまま at 19:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 福祉・サービス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
T市の事業所を利用していく方向なのですね。
こう君的・こうままさん家的には、必然というか。

聞き取りですが、碧○市は保護者が役所に出向きます。
「家に来てくれるなら岡崎の方がいいじゃん」と言われたわ。
我が家の場合、坊主本人が在宅中に聞き取りして頂きました。
いなくてもいいケド、いたって構わないでしょ?ってコトで。
途中、脱走も有。調査員の お二人には『目が離せない』のを実感してもらえたかも(^_^;)

我が家は一割負担は少々キツいけど、坊主の必要に応えていきますとも!
Posted by あられ at 2006年02月15日 06:34
こんにちは!初めてこちらにお邪魔します。A養護に通う小4のスペシャル坊主の母です。時々お邪魔しては勝手に楽しんでます(#^.^#)

H市は現在の聞き取りは4~9月までの事。負担額の話しが中心と思われます。10月からの自立支援法に向けて夏ごろもう一度聞き取り?面談?等あるようなこと言ってました。
ところでO市では通帳提示はありますか?H市では収入面で個別減免対象外とわかる人でも18歳以上は提出するよう言われているようです。それも「決まりですから」と…
Posted by あかずきん at 2006年02月15日 09:26
おはようございます。
(^~^) 安全確保と発達保証(促進)じゃまた別の話だと思うんだけど、この制度の下では私の考えは間違ってますか?

あ、10割負担決定しちゃったんですか??? 
Posted by shiba at 2006年02月15日 09:28
◇あられちゃん
うんにゃ、O市でやって下さる事業所があれば利用させて頂くよ。
O市民だもん。
ただ、こうくんをずっと見てきてくれたT市の事業所と切れてしまうのはあまりにも悲しいので、何とかO市の提示した条件で支援してもらえるようにお願いしていくという事です。

◇あかずきんさん
はじめましてo(*^ー ^*)oにこっ♪
ほほう・・・一般で通帳提示ですか。
O市は一般世帯は提示を求めていないと思います。
T市なんて一般は申請書すら出さなくてよいそうですよ(爆)
ま、市町村によってさまざまなのですよね。

◇shibaちゃん
いや、もちろん安全確保と発達保障は全く別のモノだよね。
ごめんよ~。
どういう意味で言っているかわからない。
自立支援法下だとそれが混同されてるって事?

10割負担というのは「その使い方の場合は支援費が支給されない」って意味なので、決定とかではないです。
身体介護は今まで通りです。
Posted by こうまま at 2006年02月15日 20:30
家族以外の人が日常的にサポートしながら生活するってことが自分にとって普通なんだーって思いながら育ってく・生活するってことを彼自身を含めた家族が当たり前にしていくこと、親の事情とか気分(笑)に左右されないで本人の意思・意向が保証されるとか、そういう感じで本人を保証する支援だと思っていたのです。彼にサポートが必要な分だけ援助を受けながら、メインストリームの家族同様に親子共々普通に生活するための援助だって思ってました。サポートは彼の自由の保障だな~って。
親の介護力に反比例して支援量が決まるってことだと、本人支援ではあるんだけど、ものすごく頑張る家族がいることが大原則・大前提で、その足りない分を補う為の本人限定の支援(ていうか介護する家族への支援)って感じを行政は想定してるのかなー?って思ったのです。そうなると極論、誰か付いてりゃ、どういう風でもいいのかい?!と思ったの。
うーん、ごめんなさい、上手くいえないんですが、岡崎の行政の言い分はなんだか詭弁みたいな、ちょっと違うんじゃないのかな…って気がしたのです。でもあちらはプロすから、この制度だと私の想定の方が違ってるのかな~ってf(^^;)言葉足らずでごめんなさい。
Posted by shiba at 2006年02月16日 11:12
ああ、なるほど。
良く分かった!!
うん、そうだよね。
本来はそうあるべきだよね。
「本人の自由の保障」まさその通り。
でも、現実はほど遠いねぇ。
ただ、児童と成人はやっぱり違うと思うから、親の介護力を問われるのは当然だと思う。
それは十分分かっているのだけれどもねぇ。

今日も事業所のサービス提供責任者の方と一緒にO市福祉課に相談(陳情か?・・笑)に行ったけど、なかなかどうして、強敵です。
Posted by こうまま at 2006年02月17日 20:15
あかずきんちゃん。いらっしゃい!!って2日前かよ!!ごめんね気が付かなくて。

こうまま~あかずきんちゃんは
私のお友達です!!しかも同姓同名(笑)
おこさまはうちらのこと同じくらいスペシャルです(笑)
Posted by らゆみ at 2006年02月17日 20:39
ま~ぁ、そうですの。
嬉しい~~~o(*^ー ^*)oにこっ♪
あかずきんちゃん、また来てね~~~
Posted by こうまま at 2006年02月17日 22:02
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック