2010年05月08日

スタッフ研修~

今日は、朝一でミーティングの後ディのスタッフ研修。
本日のテーマは「余暇を指導する」
自閉症の方たちにとって、何をしていいのか、何をしちゃいけないのか分からない自由時間は混乱します。
なので、余暇を指導する必要があります。
今日は、最初の段階である「一人で余暇を過ごすためのスキルを指導する」をやりました。

最初の30分で講義をして、残りの2時間ワーク。
3人のめっちゃ素敵な自閉ちゃんたちにお手伝い頂きました。

yoka-1.bmp
余暇のアセスメント中~。
一人10分ほどかけて7~10種類のおもちゃでアセスメント。

yoka-2.bmp
担当は1グループ1人ですが、アセスメントは3人とも見てもらいました。
当初は担当の子だけを見てもらおうと思っていましたが、3人とも見ることで、特性の違いがよりはっきりわかったと思います。
(アセスメントの記録は担当の子だけとってもらいました。)

yoka-4.bmp
おもちゃを選んで、やりやすいように工夫します。
目標は「一人で遊べること」

yoka-5.bmp
スタッフたちが必死に作っている間は
協力児さんはホールで母と遊びます。

yoka-3.bmp
1対1で指導してみます。

yoka-7.bmp
うまくいかなかったところを再度工夫します。

yoka-8.bmp
3グループとも、なかなかいいチームワークで頑張っています。
みんな楽しそうなのがいい!!

yoka-6.bmp
協力児さんたちはおやつタイム。
会場移動は3人ともトランジッションカードでさくさく自分で動きます。
視覚支援に慣れているっていいよね~。

そして。
何回かの実施の後、ついに・・・

yoka-11.bmp
自立~

1時間半で3グループともほぼ自立に持って行くことが出来ました。
うちのスタッフって相当に鍛えられてきたな~って気がします。

「できた~」と言う子や
「にや」っとした表情や
表現はいろいろだけど、
3人ともとても落ち着いていたし、楽しめていたと思います。

yoka-10.bmp
こんな状態で
何度も同じおもちゃで遊んでくれたお子さんたちと協力して下さったご家族のみなさんに感謝の思いでいっぱいです。
ありがとうございました。

スタッフの感想は
充実感と達成感と
そして
もっともっと学びたいという意欲であふれていました。

こういった実践のワークは事前の準備がいろいろ要りますが
(私は前日泣きそうになりながら講義の準備していたし、とよっちはアセス用のおもちゃをかき集めていました。爆)
実りも多いので、今後もどんどん取り入れていこうと思います。
とりあえず
次回は今日の振り返りをします。
ビデオを撮ったので、それを見て
アセスメントシートと合わせながら
「この構造化はどの特性から?」を検証したいと思います。

いや~
楽しかった♪
posted by こうまま at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうままさん
すごいです!
まるで 昨夏のそれいゆの研修を彷彿とさせる写真に 
ことばがありません。
余暇・・・大きな課題です
ホームヘルプの過ごし方
ご家族も私たちも頭をひねることが度々です。
Posted by yuki at 2010年05月09日 05:46
◇yukiさん

毎月の研修の中に入れてけば、1年たったらトレセミをおさらいできるのでは?と思ってやってます。
自立課題やスケジュールは既にスタッフには繰り返し講義もワークもしてきて定着しているので、余暇と社会性と、家事を秋頃までにやろうかと思っています。

ホームヘルプの過ごし方もすごく重要ですよね。
うちのヘルパーにも伝えていかないと・・・
行動援護従事者研修の講師をしたことが私には役に立っています。

出口師匠にお越し頂きたいと思うこと多々ですが、何とか豊田と二人で頑張ってますです。
理念というか、支援の方向性が近いので、もっと距離が近かったら、お互い行き来して、得意分野を出し合えるのに・・・残念です。
Posted by こうまま at 2010年05月09日 09:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック