2010年09月10日

喜んだり落ち込んだり

今朝、いつものように着替えをセッティングしてからキューを渡し、
食器を洗って
振り向いたら、
こうくん、出来上がっていた!!!

全く指示も介助もなく靴下まではけたのは初めてです。

うきゃぁぁぁぁぁ・・・・・(感動)


夕方、あまりに汗臭いので着替えを用意して着替えさせたら
外出できると勝手に思い込んだらしく、車に籠城。
なるほど・・・・。

喜んだり落ち込んだりの日々です。
posted by こうまま at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何で着替えるのかその場その場で意味が違いますもんね。私も小さい頃自分の着ているものに対して親がOKをだしたりダメだといったりするのがなぜかわかりませんでした。

ある時はよくてあるときはだめ。何で????と思いましたねえ。衣替えの季節はとても悩みました。昨日までよかったものがいけなくなるのか説明してもらえなかったですから。「暑いから」とか「寒いから」と言われても私の体感温度は違いますし、一番困ったのは「変だから着なさい(あるいは脱ぎなさい)」の言葉でしたね。

こうくんの気持ちよくわかります。出されたものが「清潔」のための着替えなのか「お出かけ」のためのお着替えなのか、判断難しいですもん。
Posted by 賢ママ at 2010年09月11日 15:30
◇賢ママさん
そうなんですよね。
私だけがわかってて、こうくんに伝わっていない。
失礼すよね。
お出かけリュックがないんだから出かけないことくらいわかるでしょ、って勝手に思い込んでるんですよね。

今日も汗かいてたので、着替えておやつにすることにして、おやつを用意して見えるようにして着替えてもらったので、外出モードにはなりませんでした。
やはり、勝手に想像する前に予告することが大事だなぁと実感しました。
Posted by こうまま at 2010年09月11日 23:47
あー、賢ママ様。
目からうろこ、です。
こちらの解釈を伝えるのが難しいですね。
Posted by のん at 2010年09月14日 05:31
のんさま

普通の人が簡単にわかることでもその都度きちんとわかるように伝えてもらわないと混乱するんですよ。普通の方にはこれがなかなかわからないみたいですね。私たちには自明の理なんですけど。「わかるだろう」「もうできるだろう」と思って関わられるとトラブルが起きやすいです。
Posted by 賢ママ at 2010年09月14日 07:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック