2011年01月13日

エンジン全開~

昨日、今日と
午前中は放課後ディの保護者向け茶話会でした。

tekusawa1-1.jpg
今月のテーマは
「来年の担任にどう伝える?」
10月に下書きした内容に追加する形で
まとめていただきました。

「この1年でできるようになったこと」という項目を入れてみたのですが
これがとっても好評!
「出来ないことだらけだと思っていたけど、書き出してみたら出来ること結構増えてた」って。

そうなんですよねぇ。
こうくんも、この年になっても結構ありますもん。

年に1回の
サポブの更新が楽しみな母が増えてくれたらいいな~と思います。

で。
昨日の夜は穂の国PECSの定例会。
Hpecs01-1.jpg
養護学校の先生方3人による事例発表!!
定例会を始めて3年。
事例を出す人が徐々に広がって来ました。
若い先生の発表もあって、すごく嬉しかったです。
この定例会で練習(?)して
公式ワークショップのあとのフォローアップセミナーに事例を出す方が増えたらいいな~。

そして
本日夕方は
今年初の田原市巡回研修。
全校児童100名の小規模校。
研修前に校長先生とお話ししていたら
あらら~
知り合いのAさんのお子さんが通われている小学校でした。
なので
支援級でのお子さんの様子をちょこっとだけ覗かせて頂きました。
下校直前、リラックスムードでいい感じでした。

Aさんが
「こうくんもかわいいけどうちの子はもっとかわいいんですよ~」と言ってたんですが、
確かにカワイイ!
でも、
こうくんの方がいい男だけどね~(爆)

miture-1.bmp
そして、今年も「ヒマじゃないんです軍団」は健在。
ミラクルに忙しいハズなのに、無理矢理時間作ってすっとんでくる・・・って感じ。
スゴイです。

単に顔つなぎのためだけだったら
最後にちょこっと来て挨拶するとか
最初にちょこっと挨拶して帰るとかでもいいのに
この軍団は、いつも研修の最初から最後までいます。

本気なんですよね。

オトコ達の本気にはめっちゃ本気でお応えしなければオンナガスタル訳なので
毎回、精一杯頑張っております。

特に今日は少人数だったので
伝わり具合が身近に感じられるので
気持ちよくお話出来ました。

終了後、支援級の先生と校長先生が
「もっと早く来てもらえば良かった!!」
「目から鱗だった!」
と言って下さったので、お役目は果たせたかなと思います。

Aさ~ん、私、頑張ってお伝えしたわよ~~~~。
posted by こうまま at 20:25| Comment(5) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの子の小学校での研修、ありがとうございます。
「もっと早く…」「目から鱗…」
素晴らしいお仕事をしていただいたのがわかります。
ありがたくて泣けてきました。

それと、うちの子のかわいさを見つけてくださり、ありがとうございます。
自閉っ子はやはり不安が強いのか、よく先のことを心配しています。
保育園の頃は「ぼく小学校はいけない。一人で歩いて行けないから」
1年生では「ぼく2年生になれない。九九わからないから」とか
今は「中学校には行かない。自転車で行けないから」とか言ってます。
その都度、その時にはSZも成長しているから大丈夫!と伝えています。
でも具体的なひとつひとつの不安というよりも自分が生まれた世の中に対する漠然とした不安があるのカモとも思うので、「大丈夫!世界はSZの味方だよ!!」と言っちゃってマス。
かわいがってくれる人を一人でも増やしていけばきっと大丈夫ですよね。
こうママは一人といえど百人力、いえ、もっとですね(笑)
これからも、SZを田原市をよろしくお願いします<(_ _)>
Posted by Aです at 2011年01月14日 10:15
こんにちは。
来年の先生に伝える・・・
とても大切な事ですね。
身に染みます。

ところで、ここでなんですが
mail送っています。
よろしくです。
Posted by ごるご at 2011年01月14日 13:24
◇Aさん
いい先生方と家族に恵まれて、SZくんは幸せですよね~。
すてきな学校でしたよ。

◇ごるごさん
先生って毎年変わるモノねぇ・・・
1から伝えなきゃイケナイのって、なかなか大変ですよね。
Posted by こうまま at 2011年01月14日 18:07
ありがとうございます。
本当にいい先生方なのです。
校長先生は入学する時に支援級新設に奔走してくださったし、支援級の先生は地が子供目線というか子供サイドというのか、とってもいい先生なんです。
他の先生方も、入学してすぐの地域の歓送迎会で「お世話になります」とお酌して挨拶しましたら、担当学年の違う先生も「いやーSZ君、ほんとーにかわいいですねぇ」とおっしゃってくださったり、子供の言動が職員室の話題になったとおっしゃったり、愛情のある中で情報を共有されている雰囲気を感じて安心してありがたかったものでした。
Posted by Aです at 2011年01月15日 09:50
校長先生が、Aさんの熱意をとても褒めていらっしゃいました。
お母さんがとても頑張られたから、支援級が新設できたのだと。
支援級の先生も研修終了後、「私、算数で泣かしちゃって・・・すごく反省。」って。
すごくいい先生だって思いました。
Posted by こうまま at 2011年01月15日 20:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック