2011年02月24日

資源を分け合う

今日は、来年度の放課後ディサービスの説明会。
30名ほどの方が参加して下さいました。

もちろん、全員が希望通り利用できたらいいけれど
うちのような弱小NPOではそれは無理です。
場所もないし、人もいないし。

だから
みんなでシェアしあって
ベストじゃないかもしれないけどベターを探っていけたらと思っています。

うちの放課後ディは半年ごとに卒業があります。
今回ダメでも10月、
10月がダメでも来年4月
という可能性があるので
茶話会や学習会や
相談でつながっていてほしいなぁと思います。
posted by こうまま at 19:29| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

地域で福祉制度の学習会を開催したところです。
みんな「私たち親子」が使いたいと切実なのですが・・・
やっぱり、限られた資源と予算の枠組みの中、
「分け合う」っていう感覚が生まれないとなぁ~と
感じたところでした。
「シェア」という言葉もぴったりきました。
一番最初の未就学児の児童ディあたりで、
そういう意識を持ってもらえるように工夫するのは大事ですね。
Posted by すみ@すてっぷ at 2011年02月26日 08:55
◇すみ@すてっぷさん
同感です。
就学前からのレクチャーが必要だと感じています。
知らないから文句を言ってるだけって場合も多いので。
先日も「あそこは送迎50円なのに、こっちは300円!!」って怒ってる方がいて。
それは、送迎加算の有無なので、300円の方が事業所的には損してるんだよって言ったら驚いてました。
Posted by こうまま at 2011年02月26日 20:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック