2011年03月13日

自分だっかかもしれない

東日本のあまりの状況に
いてもたってもいられない。
そんな気持ちの中
知多の行動援護従事者研修6時間の講師を終えて帰宅しました。

へとへとの体で
電車に揺られながら考えたこと。

同じ日本で
自分はたまたま西日本にいただけ。
もしかしたら、被災していたのは自分だったかもしれない。

そう思った時に
自分がするべき事がちょっとだけ見えた気がしました。

一生懸命働いて
お金を稼いで
税金を払おう
と。

消費税や所得税がものすごく上がっても生活できるくらい稼ごう。
東日本復興には寄付とかそういうレベルではない位のお金が必要になるから
復興税とか名前はわからないけど、そういう類のものがでて来たときに
「え~。何それ~。うちら関係ないし~」ではなく
喜んで「この税金を復興に使って下さい」と言えるように。
「自分だったかもしれない」と言う考えが、それを支えるんじゃなかろうか。

西日本にいて、被災しなかった私たちは
東日本復興のために資金を稼がないとイケナイ。

実際の復旧活動はプロに任せて(私は金槌一つまともに使えないから、全く役に立たないし)
私は、自分に出来る形で資金を稼ごう。

経済のことは素人だから難しいことはわからないけれど
そんなことをつらつらと考えました。

そして。
今日のカイパパのブログに同感です。
カイパパのご両親は被災地にいらっしゃいます。
西日本から出来ること

日本も捨てたモンじゃない。
地震発生後のツイッターまとめ



節電について、メールが回っているようですが
西日本と東日本ではHzが違うため、変電が必要になります。
なので
東日本は「極力、節電」(→明日から計画停電を実施)
西日本は「普通に節電」
それよりも、「電話回線を使わない」配慮が欲しいとのことです。
下記、岩手出身の方のブログです。↓

願いと祈り
posted by こうまま at 20:35| Comment(11) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
そーですよね。
たまたま、だったんです。
自分も自分ができることを精一杯頑張っていきたいと思います。
Posted by 中西貴洋 at 2011年03月13日 21:08
本当に…今回の事で色々な事を考えました。
日本も捨てたもんじゃないっていうのも、Twitterみてて実感。
素敵な国に住んでるんだから、不満ぶちまけるより、できる事をしないと、ですね(^_-)
Posted by がるしあ at 2011年03月13日 21:49
もう、7年も帰ってない自分の国が、こんな風になっているのを、遠くから見ているのは、つらいものです。
我々もやりますよ。リヨン日本人会でも募金活動を始めます。
皆で乗り切りましょう!
Posted by Gabrielle at 2011年03月13日 23:08
◇中西先生
コメント、ありがとうございます。
自分に出来ることを精一杯するしかないですよね。
TVに張り付いていても仕方ないと言い聞かせて、明日からも頑張りましょう。

◇がるしあさん
そうです。
日本人である誇りを持って。
Posted by こうまま at 2011年03月13日 23:10
◇Gabrielleさん
ありがとうございます。
よろしくお願いします。
Posted by こうまま at 2011年03月13日 23:12
本当に、あまりの状況に言葉が出ません。
限りなく心が痛みます。

せめて、「一人じゃないよ、がんばって」とエールを送りたい。
そして、気持ちを行動に表さないと・・・

こうままさんやカイパパさんに強く同感。
自分の出来ることをしよう。
しっかり働いて税金を納めることしかり。
ニーズのある物資や寄付もしかり。
節電や電話回線じゃましないこともしかり。

過去の貴重な体験をふまえ、みな出来ることを全力をあげて対応しているのだから、一部の専門家のように、あの対応がどうの、これはおかしい等批判ばかりあげつらわないでほしい。被災された方はたまらないと思う。

ヒトってやっぱり、励まし合って支え合って、」生きていけるのだから。





Posted by シュガー at 2011年03月14日 00:31
おはようございます。みなさんの暖かなコメント、ありがとうございます。仙台市街地は、電気、水道が復旧し始めましたました。しかし、ガソリン、米、ラーメン、おかしなど食料品が手に入らず。次男坊が一人奔走。一人何個まで…これがあるから、家族で動ける人が一人しかいないとつらい。
それでも、生きているだけで…。地震直後から日頃付き合いのないマンションですが声を掛け合い、助け合っています。きらのことを知っている方は、いろいろ気遣ってくださいます。ありがたいです。きら、一回もパニック、自傷、他害、ありません。これが本当に助かります。一昨日、夜半、単身先から旦那氏帰宅、昨日は一日をかけて塩釜と山元町の旦那氏の父母、妹一家の安否確認。おかげさまで無事でした。避難所は大変なごくろうで我が家から持ち出した物資が雀の涙ながら、役だったようです。妹一家は、柱四本残して家が消えました。妹の義父母は体の不自由、子供たちは小さいので、妹の旦那さんを残して単身先に避難するよてい、だけど、ガソリンがなく、迎えにも行けず単身先にも帰れない。勉強会にきてくれる石巻軍団と連絡取れず…。
そんななかの、みなさまのコメント、こうままさんの、この場を借りて感謝申し上げます。
Posted by 高橋 みかわ at 2011年03月14日 06:05
初めまして。いつもこうままさんのブログ拝見しています。
友達の甥子さんが仙台にみえます。もし避難所生活になったら大変だろうと思ったのですが、私にはアドバイスできるだけの知識がなく情けなく思っていました。
検索する前にとりあえずと、こうままさんのブログを開いたら、あるじゃないですか「自閉症の人の・・・」。感動で涙が出そうになりました。さっそく友達にメールしましたが、幸いにも被害はなかったとのこと。
ひとことお礼が言いたくてコメントさせていただきました。
自分だったかもしれない・・・。ほんとにそうです。私に出来ること見つけなくては。
Posted by hiyohiyo at 2011年03月14日 08:37
実は私自身、阪神淡路の震災で実家を失っています。両親の安否確認のために徒歩で被災地に入り、一晩を避難所で過ごしました。当時の記憶が昨日のことのように蘇ってきます。
でも現在東日本の方々が置かれている状況はあれをはるかに上回っています。頑張れと祈ることしかできないけれど。人間の生きる底力を信じています。
災害直後の支援も本当に大事だけれど、
これから長引くであろう避難生活、
町の復興、
私たちが本当に被災地の方のお役に立てるのはその部分であると思います。いまの「何か役に立ちたい」という気持ちを忘れないでいることだろうと思います。
Posted by あき母 at 2011年03月14日 10:47
「自分だったかもしれない」と
考える事すら怖くなります。
今できる事は本当に募金ですね。
税金が決まったら納税ですね。
私達のブログは閲覧者が少ないけど
こうままさんのブログを
リンクさせてもらいました。
私もひたすら稼ぎます。
Posted by きっしー at 2011年03月14日 15:04
◇シュガーさん
はい。
自分に出来ることを、精一杯
デス。

◇きらママ師匠
ご無事で本当に本当に良かったです。
大変な中、書き込み、ありがとうございます。
明日は冷え込むそうなので、どうか、お体に気をつけてください。

◇hiyohiyo さん
書き込み、ありがとうございます。
実際に被災されている方には届かないのかもしれませんが、何とか伝わって欲しいと思います。
自分とこうくんが被災したらと思うと・・・・。

◇あき母さん
長期戰になりますよね。
今の気持ちを忘れてはいけない。
そう、思います。

◇きっしーさん
義援金の受付があちこちで始まりましたね。
福祉事業所向けというのも出てくると思うので、そしたら、又アップします。

Posted by こうまま at 2011年03月14日 19:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック