2011年03月21日

被災地で「伝える」ために・・・

愛知県自閉症協会が
緊急時にも使える「応用サポートブック(医療・緊急・警察)」編を
ホームページ上で公開しています。

愛知県自閉症協会(つぼみの会)


父親部の公式ブログでその概要とPDFが載っているので併せてご紹介します。
以前ご紹介した「防災ハンドブック」からの抜粋pdfもリンクされています。

愛知県自閉症協会父親部ブログ

「防災ハンドブック(支援者向け)の2ページ・10ページのpdfは避難所でとても有効だと思います。
自閉症の人ための防災ハンドブック~支援をする方へ~

被災地、特に避難所で、
自閉症の方とそのご家族が
どれだけ大変な思いをされているか
想像しただけで苦しくなります。

避難所を回られる先生方や看護婦さんたち
または、そこの避難所を管理運営されているリーダーさんたちに
お願いしたいことがあります。

不安定になっている自閉症の方がいたら
その本人やご家族に

どうしたらいいですか?
どういう配慮が要りますか?

と聞いていただきたいということです。

自閉症の方は一人一人違います。
写真を見せればいい訳じゃないし
書けばいい訳じゃありません。
スケジュールを伝えれば済む訳じゃないし
やっていいこと、わるいことを伝えれば済む訳じゃありません。
みんな、一人一人、違います。

どうしたらいいのかを知っているのは
本人の近くにいる家族です。

でも
わかっていても当事者からは「この状況ではとても言えない」と思います。

だから、だから
どうか
聞いていただけませんか。

どうすればいいですか?
何が要りますか?

と。

行動援護の従事者研修の資料(戸枝さんの資料で、多分出口さん作かな?)にもあります。
不適切な行動を起こしてしまった際に
家族ができるのは、「謝罪」だけです。
「説明」と「協力依頼」は他人でないとなかなかできないものです。

だから
どうか、どうか

何をすればいいのかを聞いて
ご配慮いただいた上で
周囲の方にも説明をしていただけませんか?
これは特別扱いではないのだと。
必要な支援なのだと。
当事者と家族がその場所で肩身の狭い思いをしなくて済むように。

そして、そして
出来ることならば
目を離せない自閉症児がいるために動けない家族のために
周りの方へ、協力依頼を・・・

どうか、どうか
お願いします。



posted by こうまま at 19:25| Comment(4) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝日新聞の28面に 出てました!
「自閉症の子 わかって」
と見出しがありました。
 家族の負担が大きいです・・・。
Posted by 野菜 at 2011年03月22日 11:03
シンフォニーネットで、リンクさせていただきます。
よろしくお願いします。
Posted by ごちゃん at 2011年03月22日 13:43
ブログで紹介させていただきました。
Posted by kotobuki at 2011年03月22日 21:19
◇野菜さん
ネットで読みました(朝日は先日解約しちゃったので・・苦笑)
迷惑かけるから車でってみんな思うよね・・・。
キツイです。

◇ごちゃん
はい、よろしくです。

◇kotobukiさん
初めましてでしょうか?(違っていたらスミマセン)
ご紹介ありがとうございます。
Posted by こうまま at 2011年03月22日 23:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック