2011年04月05日

特別扱い

「ここでは特別扱いはしません。それは、明言しておきます。」

初めて本当に「生」で聞きました。

うちで支援している発達障害のお子さんへの特性に配慮した支援を
某学校関係機関にお願いしていた時に。

こうゆ~ことを今でも平気でホントに言う「先生」がいるんだなぁ。
10年前にタイムスリップしたのかと思った。


「特別支援教育」が始まって4年目をむかえる。

「特別」って意味がオカシクなってる気がする。

どの子も特別な唯一無二の存在で
特別な子どもなのに
「特別扱いしない」って、一体、何???

みんな
特別扱いでいいのに!!!!!!!!!

ちなみに。
「特別扱いしない」と言っておきながら
気が乗らなかったら午前中で帰ってイイとか
週に2~3回でもいいとか言ってる。
それは「特別」とは言わないの?

「特別扱いしません!!」
っていうのは
「特性に配慮した支援が出来ない」ことの逃げ(自己防衛)だな
って思った。

「経験と勘」も、もちろん大事だと思いますが
科学的に実証された方法を使うのも大事だと思いマス。

医者が「発達障がい」だって言ってるのに「そういう見方しないで、普通に接した方がいい」とか無責任に言うなぁぁぁぁぁ~~~~~。

久々に、戦闘モードになりかけて、押さえるのに苦労しました。

<追記>
ちなみに。
その言葉が出た瞬間、理解を求めるのは止めて
「ここでしか学べないことがあるのでよろしくお願いします」モードに変えました。
なので、戦っていません(無駄なので)。
今回が初めてのミーティングでしたので、
事前に親御さん達と「無理そうなら今回はさっと引いて、じわじわ行く」と決めていました。
本人とご家族が快適に過ごせるために、押すか引くか常に「秤にかけてる」感じです。

posted by こうまま at 23:47| Comment(13) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「そういう見方しないで、普通に接した方がいい」
スゴー、職替えしていただきたーい。
ていうか自分が努力したくないだけでしょ。
変に経験が長い先生って、柔軟性なくて、敵になりがち。
自分より詳しいおかあさんは、敵対視されちゃったり....。はぁ~....。

Posted by Gabrielle at 2011年04月06日 01:28
結局、どういう話の流れになっていったのかが
気になります^^

そういうことを言う先生が最終的に
どこまで理解してくれたのか・・・

Posted by カトリック at 2011年04月06日 06:17
悲しいことですが、記事を読んで全く驚いていない自分がいます。
支援級経験者でも、特別支援=でこぼこな特性を平らにならすがごとく躾けること、だと思っている向きがあったりするのが現状だったり・・・。
おかげでこの前、息子は久しくなかったパニックと、強迫観念が一時出ました。
戦ってしまったおかげで、一部の先生からはたぶんうざがられたと思います。
理解に努力されている先生も勿論見えますよ。
しかし、まだスタンダードではないです。残念ながら。
Posted by ウリカエデ at 2011年04月06日 08:58
ひえ~。張り切って言っちゃう先生いるんですね(T-T)
本当に特別な支援が出来ない逃げのような気がします。
その証拠が、午前中帰っていいとか、週2,3回でいいとか…という発言に現れていますよね。。。
きっともっと凄い内容だったのでしょう。
【特別】という言葉の認識のずれ、配慮や、支援、発達障害に対する認識のずれがこんな感じに現れるのでしょうね…
Posted by ☆本郷☆ at 2011年04月06日 12:35
特別扱いしません。

そう言う人に限って、障害児を腫れ物扱いする人が多いような気がします。
学校の先生がそうでした。
特別にしませんと言いながら、赤ちゃん言葉でバカにしてるような・・。

特別と言う意味を履き違えるととんでもない事になりますよね。
Posted by おかん at 2011年04月06日 12:40
私が8年前に息子を入園させて言われたことを
まだ言っている人がいることにビックリしました・・・

うちの場合は、所長先生に言われ
保育所に通う3年間そういう環境で闘い続けました(>_<)
そういう環境だと、
間に入る現場の先生が可哀想な状態になってしまうか、
現場の先生が所長先生派だと母の精神状態が苦しくなって毎日泣いているか。。。
年に3回、相談機関の方に入ってもらうんだけど
「保育のプロである」という鉄壁の守りを崩すことはできませんでした。

所長先生派の現場の先生との雪解けは、
某大学付属特別支援学校の先生が講師をした県の保育協会主催の勉強会に参加したときに
母が言っていることとその某大学付属の先生が言っていることがその先生の中でリンクしたときで、
卒園3ケ月前。。。。

ただ、そういう環境で悩みに悩んだことも悪くなかった・・と今では思ってます。
いずれは子供が間違った支援じゃなかったと証明してくれると信じて乗り切りました。

そして
>医者が「発達障がい」だって言ってるのに「そういう見方しないで、普通に接した方がいい」

・・・・特別支援学校の先生(年配の)に言われました。。。
    もちろんガッツリ言い返しましたけど(^0_0^)
Posted by まあくんママ at 2011年04月06日 14:07
うわぁぁ

久しぶりに胸にぐさりと来る感覚を覚えました。

うう…新学期なのに~~!
Posted by はは亀 at 2011年04月06日 14:21
うわぁぁぁ…

ひさびさに、フラッシュバック(私が)

戦闘モード入りますよねぇぇ。

コッチもガチガチ鎧だぁ(涙)
Posted by きっしー at 2011年04月06日 17:43
「普通に・・・」って???

『みんな同じ』が平等でなくって、
『必要な人に必要な配慮・支援があることが平等』
・・・というのが『普通』(=すべての子どもにとって良いこと)になってほしいですね。

頑張ろう~!!!
Posted by しましま at 2011年04月06日 18:47
◇皆様
みんなと同じようにできないと「イケナイ」のか??って思います。
そういう価値観をぶっ壊してやりたいと思っています。
みんな、一人一人違うんだから!!!
Posted by こうまま at 2011年04月06日 23:22
ただしい未来像を描けていないと言うことなのでしょうね。
同業者として悲しい事です。
Posted by やましん at 2011年04月07日 22:59
いやぁ~まだこんな先生居たんだ
相手するのも嫌になりそう
こういう相手には面と向かって正論をぶつけてもダメだろうなぁ…
ゲリラ戦のようにチクチクと攻めるのが有効かな?
長期戦になりそうですね…
Posted by お~たき at 2011年04月08日 11:12
それでも
そこに「通わなければならない」訳で
他に行ける場所はないとした時に

そういう「最後の砦」にこそ
「わかってる先生」を配置して欲しいと思ってしまう。
天下りとかじゃなく!!!!!!
Posted by こうまま at 2011年04月09日 00:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック