2011年05月17日

やっぱり人は成長する

こうくんのお散歩。
先日、とよっち提案の「座らせてから変更」ができたので
今日は、もう一つの「こっちが座り込む」を試してみようと自宅にばあちゃんに待機してもらって出かける。
保険(軽トラお迎え)がないと、帰れなかったときとか川に飛び込んだとき困るので。

前回のように星の広場でお菓子を食べたあと
「戻る」を指示。
「やだ!ブランコ行く」とワタシを学校方向へ引っ張るこうくん。
座り込み、動かないでいると
「ふ~ん。じゃ、ボク一人でいくもんね」
って感じで、慌てず騒がず
すたすた歩いて行ってしまった。

だめじゃ~~~ん。
戻ってこないじゃ~~~ん。

でも、まぁ
学校は目の前で、なれた道だから不安はないんだろうな。
知らない場所とかだったら、多分戻ってくるんだろうな。
それは、また今度こう父と一緒に試してみよう。

そんなことを考えながら数分座り込み
こうくんがブランコで揺れているの遠目で見ながら戦略を練る。

よし。
と思って、おもむろに学校まで歩いて行くと
こうくん、チラ見してワタシの顔色をうかがう感じ。
うはは・・・
気にしてるみたいに見える。
ホントかよ。

もちろん、ワタシは一切無反応で、淡々とリュックをもらい
いつものようにストレッチしたりツイッターしたり。

いつもは20分くらい過ごすのを
5分で切り上げることにして
リュックに手を伸ばすと・・

おおおおおお~~~~

すぐにブランコから降りてきた!!
すげ~
10数えなくても
HARIBOちらつかせなくても
自分から降りてきて、リュックを背負った!!!
HARIBOも全くほしがるそぶりもなく自分から帰り道を歩き出した。

何かね
その行動が

かあちゃん、ワカママ言ってごめんね。
でも、ワガママ聞いてくれてありがとう。

って感じだったの!

こうくんをよく知る人がこれを読んだら
お腹抱えて笑うのかもしれない。
そんな訳ないっしょ。
親バカもたいがいしにろって。

でもね
ホントに、そんな感じだったの。

で。
自販機もスルーするつもりだったので
お財布をリュックにしまうように指示したら
一瞬「き~」って言ったけど、ちゃんと入れた。
で、しばらく神妙な感じで歩き
自販機の前にさしかかったら、
ちくしょ~って感じで軽く自販機トントンして素通り!!

うわぁぁぁぁぁぁ~~~

もう、大丈夫。
完璧に戻った。

いや。
戻ったと言うより、成長した感じ。

自販機をスルーしてから
ワタシの顔をのぞき込んで「ニヤッ」みたいなのがあって。

何というのか。
うまく表現できないのだけれど。


「光とともに・・・」に、泣いている幸子ママに光君がお花を摘んできてくれたシーンがあって
ココロが通じ合ったというような感動の場面なんだけど
当時のワタシは「そんなことうちは一生ない。いいよなぁ」ってひねくれて読んでいた。

でも
こうくんがブランコからさくっと降りてきた瞬間に
そのマンガのシーンがどば~~~って頭の中に広がって。
レベル全然ちがうんだけど。

とよっちが
「こうくんと手をつながずに歩くと、いいやりとりができるよね」
と言っていて
ホント、そうなんだよなぁって思います。

学校までの往復3.5キロ位を一度も手を繋ぐことなく
引っ張ることもなくいい感じで散歩することができました。

久々の達成感。

実は
制御できなくて、指示が入らなくて、4月の中旬頃は諦めかけたのです。
自信もなくなってきて
4月はたまたま公演も講演もなかったのでよかったのですが
全ての講演をお断りして、人里離れた(すでに超ド田舎ですが)山奥に二人で籠もってしまいたい衝動に駆られたりしていました。

こうくんがキーキーいって暴れていたら、恥ずかしくて講師なんてできるわけないもんね。

それにしても。
人ってスゴイ。
どんなに障がいが重くてもちゃんと成長するし
いくつになっても伸びるんだな。

今日は、ホントにいい日だった!!!!

posted by こうまま at 19:25| Comment(12) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
続けておめでとうございますm(_ _)m

少しずつでも成長してるって良いっすよね

自分も普段は気にかけませんが、ふとした時に、長女の成長に気づきます

出来ない事に目がいってしまい、ある日突然できる事に気がつく

その時の感動と言ったら…次男より、長女長男のほうがその感動がデカイっすo(^▽^)o

昨日もSSTフォローアップ見学して長女の成長に気がつきましたo(^▽^)o

いつもありがとうございます
Posted by MASA at 2011年05月17日 20:15
親の言うこと聞いてくれなかったり、キーキーやられたりすると、もう限界かなと思いたくなりますよね。でもこうままさんが言うとおり、いくつになっても障害の軽重に関係なく、人は成長していくものだと思います。

今は私も講演して歩いてますけど、人前で2時間も話せるようになったのは40過ぎてからですもん。子どものころは隣の伯母さんとも話ができなかったし、親との意思疎通もうまくいきませんでした。

主治医に「一生文字の読み書きはできない」といわれたうちの自閉っ子も、短い文なら書けるようになりました。集団行動苦手でしたが、修学旅行を楽しみにしています。泊まりはいやだとパニック起こしてキャンプ場に迎えに行った小学生時代がうそのようになっています。どの子も成長するんだと思います。
Posted by 賢ママ at 2011年05月17日 20:37
こうくんをよく知る私だけど、お腹抱えて笑うどころかウルウルっとしました。
親戚のおばちゃん気分。

ブラボー!こうくん♪


Posted by 2号母 at 2011年05月17日 20:55
「努力は人を裏切らない。」
マラソンの先輩に言われた言葉です。
たとえ今は上手くいかなくとも、信じて努力していれば上向く時は必ず来る。
諦めた時点で、そのときは永遠に訪れない。
そんなもんなんだと思います。

Posted by やましん at 2011年05月17日 21:41
◇MASAさん
今日の茶話会には奥様がご参加下さって、ありがとうございました。
ご両親で取り組んでいらっしゃるのがホントにいいな~って思います。

◇賢ママさん
そうですよね。
ワタシも、人前で原稿なしで話せるようになったのは40過ぎてからです。
いくつになっても、人は成長しますよね!!

◇2号母ちゃん
ありがとぉぉぉぉぉ~~~
勘違いかもしれないけど、そう感じたの~。
「通じ合う」なんてあり得ない気がするんだけど、でも、そんな感じがしたのよ。

◇やましんさん
今回は「無理かも」ってマジで思いました。
諦めなくて良かったデス。
Posted by こうまま at 2011年05月17日 23:09
>かあちゃん、ワカママ言ってごめんね。
>でも、ワガママ聞いてくれてありがとう。

わかる~~~
こうくん絶対そう言ったと思う。

うれしいよねぇぇ

うちも私とたぁちゃんだけにしかわからない
ちょっとしてやりとりあるある。

こんな日がくるとは思うことすらできなかった
光とともにを読んでたあの頃・・・

子の成長とともに私も
「これからもうれしいコトが起こる」って期待もできるようになりました。
Posted by at 2011年05月17日 23:17
名前、抜けてたわ^^;;
Posted by mio at 2011年05月17日 23:19
◇mioちゃん
わかる?わかる?
何かさ
笑われちゃうかもしれないけど
フツーにやりとりしたって感覚だったの。

今回、かなり凹んで、もう無理なのかなって思った分、喜びは大きいわ~~~。
Posted by こうまま at 2011年05月17日 23:39
素晴らしい!

健常の子のママより10年以上頑張って教えたこうままに、健常の子と同じと言うのもなんかなと思いつつ、感想。

これって、普通の子がダダこねて親が小さい時やりますよねえ!
「もう放っといて帰ります!」
っての。
赤ちゃんには通じないけど、だんだん分かって来る。

で、そこで駆け引きして、最初は撃沈で。
でも子供が分かる時期になって「いや、やっぱりまずいよな、ママのとこ行かないと」と学ぶ。

そういった成長が起きてる気がしました~。

いえ、15歳の子をつかまえて、小さい子と同じと言ってるのではないのですが…。
いや、でもそういう意味かな。

最近いつも思うんです。
発達年齢と実年齢のギャップのある子は、やっぱり発達年齢にそって教えていかなきゃなと。

いくら15歳でもいきなり、15歳になれる訳じゃない。
だから、こうくんができる事がこうくんのペースで、学べた事は
やっぱり素晴らしいと思うんです。

職場で60歳で40歳の行動ととるおっちゃんや、30歳でティーン見たいな人や50歳で少女のような人がどんどん成長していくのを目の当たりにしながら本当にそう実感しております。
Posted by Mママ at 2011年05月17日 23:44
◇Mママさん
そうなのよ!
4月のこうくんの暴れ方は2歳児のかんしゃくで、それを15歳の170センチの少年がやるのでエライコトだったの。
で、今は、まさに3歳児が駄々をこねてる感じ。
ぷぷ
って笑っちゃうのよ~。
Posted by こうまま at 2011年05月17日 23:55
ジーン…。
Posted by カイパパ at 2011年05月18日 07:59
◇カイパパ
きゅん・・。
Posted by こうまま at 2011年05月18日 19:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック