2011年08月17日

海洋天堂を見た

こう父とフォンと3人で
「海洋天堂」を見にいった。

フォンは
「海亀のことが伝わってて良かったね~」
と言った。

こう父は
「やっぱ、住む場所と働く場所と余暇と自立した活動、そして後見人だな」
と言った。

私は
同じ状況になったら自分もほぼ同じ行動をするだろうな
と思った。

だから
大泣きするとか号泣する場面はなかった。

ただ
淡々と
「うん、そうだよね。そうるすよね。」

じわじわ~っとくる
そんな感じ。

すごい
映画だと思う。

なんで
自閉症児の親の気持ちがこんなにわかってるんだろうってビックリした。

先に逝くのはわかっているから
安心して逝けるように準備したいって思うのは
親として普通のことだよね。

それは
別にエライことでもないしスゴイことでもない。
「平凡」なこと。
うん。
その通り。

共感できる素敵な映画でした。

名古屋栄の名演小劇場にて公開中。
是非。

posted by こうまま at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・TV・映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい映画だったでしょ。
私は号泣しちゃった。
たぶん、シングルマザーだからかな。

そう、私たちがいなくなった後の準備をしてあげるのは当然のことだよね。

Posted by えっくんママ at 2011年08月17日 23:50
◇えっくんママ
うん。すごく良かった。

娘の前だったから号泣できなかったのかも。
1人で行ってたら、号泣してたかも。
そうゆ~微妙な映画だよね。
Posted by こうまま at 2011年08月17日 23:57
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック