2011年08月20日

ピンスポはやっぱりニガテ

今日は午後から蒲郡市民会館で講演でした。

その昔「母と女教師の会」と言っていた歴史のある会で
今は「父母と教師の会」というのだそうです。

gamaK-2.bmp
講師控え室があって
1人だったので
めっちゃお気楽に好き勝手にお控えしていたら・・・

別室に来賓として
市長さん、県議さんを初め
市のエライ方がい~~~っぱいいらっしゃっていました。
ひゃぁ~

参加されているのは
一般の保護者や先生方

その中で「発達障害ってどんなもの?~コツのいる子育て~」
という講演。

すごいチャンスですよね?

gamaK-1s.jpg
顔見知りの圏域アドバイザーさんも参加されていて(保護者として・・・苦笑)
写真を撮って下さいました。
ありがとうございます。

会場が暗くなっちゃうこういう会場は本当に不安です。
参加者の表情が見えないので
反応を確かめながら話を展開していく私にとっては
最高に難しい会場です。

教育関連の大きな講演会って
大抵こういう感じなので
慣れないとイケナイと思っているのですが
やっぱ、慣れないです。
ピンスポットがまぶしいし。

でも
精一杯お話しました。
伝わっていたらいいなぁと思います。

<追記>
担当の先生からメールを頂きました。
下記に一部抜粋します。

講演会後にアンケートをとりました。
感想を2~3紹介させていただきます。
<保護者>
・一人一人の個性、その子にあったやり方を見つけてやれる親になりたいです。
・自分の娘たちへもっと母親としていろいろできるのではないかと感じた。
・発達障害について、間違って理解をしていたことがあることがわかりました。
<教師>
・いろんな子がいるが、いろんな工夫(コツをつかんだ対応)をすれば、みんないい気分で 過ごせるようになるんだと学びました。
・障害の有無に関係なく、その子にあった教え方を探していくことが大切であると深く感じました。

感想に「その子にあったコツ」「環境」ということが多く書かれていました。
また、「これからの子育てに活かしていきたい」ということも多くありました。


伝えたいと思っていた部分が伝わっていたようで
ホッとしています。

posted by こうまま at 19:46| Comment(4) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日はお忙しいなか私達のために
ご講演いただきありがとうございました。
正直このような講演は聞きに行ったことが
なく。PTAでの開催の為しかたなく行きました。
どうせ当たり障りの無い奇麗事を
もっともな言葉で話すだけだろうと
思っておりました。
ところが先生のお話は
こんなプライベートなお話を
聞いてしまって良いのだろううかと
はじめ戸惑うほど赤裸々にご自分の体験談を
お話いただきまたそれが押し付けがましく
なく、聞くものをひきつけていきました。
漠然と大変だろうなと思っていた
発達酒害をもつ親の気持ちが
よくわかり、またそれは
すべての子供達に通じることだと
思い知らされました。
家庭環境は様々ですが、その中で
一番良い環境を探し、家族みんなで
成長していく。その進む先は
それぞれ違い、何が幸せかなんて
誰かに決められるものではない。
何が不幸せかも、決められるものでは
ない。と教えられた気がしました。
先生の家庭が先生の家庭にあった
幸せをしっかり作っているんだと
思いました。
うちの家族も先生の家庭に負けないように
幸せを作って行きたいと思います。
今日は本当に有難うございました。
Posted by 上杉達也 at 2011年08月20日 20:45
◇上杉様
素敵なコメントをありがとうございます。
この講演会は「PTAのお役目だから仕方なく」参加した方が殆どだったと思います。
でも、その中で、上杉さんのように感じて下さった方がいたことが、とても嬉しいし有り難いです。

ところで
「上杉達也」ってHNですか?本名ですか?
Posted by こうまま at 2011年08月20日 23:02
こうまま、今日ね友達と、カラオケに行ってきた。
こうくん、カラオケ行ける?
Posted by あかね at 2011年08月21日 23:12
◇あかねちゃん
カラオケ、楽しかった?

こうくんは歌が歌えないし、音楽にも興味ないからカラオケは行かないよ~。
Posted by こうまま at 2011年08月21日 23:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック