2011年08月24日

甘くない・・

ここ数日
凹んでいました。

今も
相当にブルーです。


こうくんが、実習先の事業所で急に帰るモードに入ってガラスを割ってしまったり
1Fのお菓子屋さんから勝手にクッキーをもってきてしまったり

もう
どよ~~~~~ん
です。

小学2年生から買い物練習をしてきて
大人と一緒にレジを通ることを徹底してたたき込んできたのに
やっぱり、「理解」の枠を超えているから
調子のいい時にはできても
切羽詰まった状況だと無理になっちゃう。

時間の概念がないこうくんのために
これだけやったら休憩の仕組みを作って
何とか世間一般の時間の枠組みの中で過ごせるように練習してきたのに
切羽詰まった状況だと無理になっちゃう。

「調子が悪い時でもぎりぎりわかる」事が支援の基本。
調子が悪い時に崩れちゃう支援じゃ、まだ足りないんだ。

頑張っても
頑張っても
乗り越えられない壁が立ちはだかる。

甘くない。

そんな時に
機能の高い言葉も操れる子の母が
「しゃべれるし、言えばわかるから、スケジュールなんて別にいらないよね~」
とか言ってるのを聞くと
いつもは完璧にスルーできるのに
心がざわついちゃったりする。

ダメだ。
修行が足りない。

毎晩、1時間ど
こう父とウォーキング&ジョギングをしているのですが
歩きながら愚痴ったら
「え。マジでそんなんで落ちこんでるの?」
と驚かれて。

そうだよ。
落ち込んでるよ。
凹んでるよ。

想定内だけど
そうならないように
必死に事前準備したのに
って思っちゃって。
こっちの勝手な思い込みで
そんなのエゴなのにね。

頭ではわかっているんだけどもね。

甘くない。
posted by こうまま at 19:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
怪我がなくて何よりです。

クッキーは初めからターゲットにあったのかな?

ということで、結果、「こうまま」を凹ませてしまっている事業所の責任者です。

親であり、支援者(「ゆう」の理事、発達障害関係の講師)でもある立場、本当に辛いと思います。

でも、彼ら、彼女たちは私たちが知らない何かを教えてくれています。

私たちが気付いていないだけの何かを…。

それだけに現場は真剣勝負になります。
行き当たりばったり、まあ何とかなるだろうは許されないのです。

「レインボーはうす」、まだまだ学ぶものがあります。

そして、私はその現場実践を受け止める立場にあります。これまた利用者さんだけでなく、スタッフ配置(労務管理)と考え合わせながらの修行の毎日です。

追伸
「こう父」さん、素敵ですね。
救われます。お父さんらしい一言に。
Posted by 長坂 at 2011年08月24日 21:18
◇長坂さん
うわ~ん(泣)
コメント、ありがとうございます。

仕事増やしてしまって
ホントに申し訳ないです。

でも
絶対に理由があるハズなので
考えて、準備して、実践して。
それを繰り返すしかないです。

ちなみに
「クッキー」は多分
お昼のごはん残してたので、お腹すいてたところに、タイミング良く(悪く?)目に入っただけだと思います。
お菓子の刺激に弱いので。
なので、対応方法はもう考えました。

終了時間はまだまだ課題です・・・。

私も修行の日々です。
Posted by こうまま at 2011年08月24日 22:04
この時期、地理的差異を問わず、なんか、子供たち、むずかしくありません?
うちのRも、なんかここんとこ、ずっとダメですよ。むらがありすぎで、興奮しまくり。
私もそのせいで、切れまくり....。
バカンスでいつもと違うこともあるけど、なんだか、それだけではないような気もする。
みかわさんおっしゃる、「地球直結」でしたっけ?
なんかこう皮膚感覚的な彼らを「混乱させること」があるような気がするんですけど。
今も理由なく、瞬間的に半泣きしてます。
あーあ。新学期早く来い!!

Posted by Gabrielle at 2011年08月25日 21:12
◇Gabrielleさん
そうだ。
夏休みがイケナイんだ!!
Posted by こうまま at 2011年08月25日 22:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック