優しい目

昨日に引き続き、本日もキャラバン。
岡崎市内の小学校
対象は6年生87名。

ここの小学校は今年で3回めになります。
こうやって、継続して呼んでいただけるのは本当に嬉しいです。

教頭先生が、冒頭の挨拶で
金子みすゞさんの「鳥と小鳥と私」の詩を詠んで
子どもたちに「個性」「違い」のお話をしてくださいました。
とってもいい導入をしていただけたので
気持ちよく入ることが出来ました。

軍手で折り紙のあとに感想を聞いたら
手を挙げて「頑張っているのに頑張れと言われてすごくイヤだった」
と、言ってくれた生徒さんがいました。
ホントその通り!!なのです。

これから、この子たちが10年くらいたったら社会に出て行きます。
不思議な行動をしている自閉症の方に会った時
「なんだあいつ」ではなく「ああ、何か理由があるんだろうな」と思ってくれたらと思います。

私達自閉症児の親が一般の方達に望むのは
直接の手助けではありません。
白い目ではなく温かい優しい目です。
めっちゃおかしなことしていても何気なくスルーしてくれることです。

そんな世の中が来るといいな~。





この記事へのコメント

  • ごるご

    『うちのお兄ちゃん、自閉症なんだ~』
    『ヘェ~そうなんだ~』
    って社会、つくりたいです。
    がんばんべ。
    2011年10月14日 23:49
  • チュチュママ

    はじめまして。
    いつもブログ情報源にさせていただいています。
    「ぼくうみ」の初上映会もここで知って参加し
    こうままさんの姿も確認して声をかけようかと思ったけどかけられなかった小心者です。

    「優しい目」そのとおりだと思いました。私の思い代弁してくれてありがとう!!って伝えたくなってコメントさせていただきました。
    2011年10月15日 14:35
  • こうまま

    ◇ごるちゃん
    そうそう。
    「へ~、そうなんだ~」って感じがいいよね。

    ◇チュチュママさん
    はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    直接の手助けがなくても、
    「優しい目」で十分ですよね!
    2011年10月15日 20:21
  • シュガー

    ほんと、
    「へ~、そうなんだ~」って、
    普通にスルーしてくれたらどんなにラクか・・・

    たまに虫の居所が悪いと、
    無遠慮な白い目に、
    「必殺白い目返し」をしてしまう自分に、
    あとから襲う強烈な自己嫌悪がつらい・・・

    どんな目にも
    まず
    自分から「優しい目」を返そ。
    強い心で。
    2011年10月16日 01:36
  • Gabrielle

    最近、字数に余裕があれば、子供のことを、「自閉症を伴っている子供」と言うことにしてます。字数制限があれば「自閉症児」て言いますけど、ウチの子はRという名前で、自閉症児っていう名前でも、障害児っていう名前でもないから。
    居心地よくいるには、私たちのことをわかってくれる人、同じ状況のお母さん同士で仲間になることだと思います。分かち合える友達って、大切ですよね。
    2011年10月16日 05:59
  • こうまま

    ◇シュガーさん
    ホント、そうですよね。
    心が狭くなっている時は
    「微笑み返し」が出来ない時ってあります。
    相手が恥ずかしくなっちゃう位の「優しい笑顔」を練習せねば!!!です。

    ◇Gabrielleさん
    自閉症のこうくん
    自閉症児こうくん
    自閉症という障害を持っているこうくん
    う~ん
    どれがピッタリ来るかなぁ。
    2011年10月16日 18:51
  • けさんまま

    私も先日、北名古屋市のキャラバン隊で、軍手で、折り紙を折る体験をしてきました。凄く大変でした(>_<)目の見え方、耳の聞こえ方、自閉児達は、普段の生活にも、色々耐えながら、生きているんだと。
    改めて、反省しながら、息子にも接していこうと思いました。
    でも、日にちが立つと、わかっていながら、ついつい、怒ってしまったり、早くとか、、言ってる自分がいて、いつも自己嫌悪に陥っています。
    こうままは、こうくんを叱ったりしますか?それか我慢してますか?
    本当難しいですね。

    2011年10月16日 21:07
  • こうまま

    ◇けさんママさん
    そら、アカン行動したら叱りますよ~。
    いい行動になるように、「これしろ」って言って。
    で、できたらほめる。

    アカン行動してる時って、褒めるために待つ時間なんですよね。

    例えば
    叫びながら走り回ってる

    どうしたら収まるかなって考える。

    お菓子を用意してテーブルに置く。

    お菓子を見せて「座って~」と指示する。
    お菓子を見て飛んでくる。

    座ったらお菓子あげる。

    そんな感じです。
    2011年10月16日 23:58
  • けさんまま

    ありがとうございました。
    こうままの言葉に勇気づけられました。
    2011年10月17日 00:35

この記事へのトラックバック