2006年09月07日

我慢のご褒美

ghJ1.jpg

ghJ2.jpg

GHAの高機能の成人向けグループホームにあった支援ツール。
やっちゃイケナイことが3つある方らしく
やらずに我慢できたら好きなお菓子ゲット(○)
我慢出来なかったらお菓子ダメ(×)

一緒に見学していた数人で「これはどうなんだろうね~」という話をした記憶がある。

これは相当レベル高いよな~と思っていたが、案外近くに必要としている人がいたので、公開しておきます。

今日、支援ツール勉強会だったのだけれど、毎回後半は「相談会」になる。
我慢させる時のバッテンマークの話が出て
そのお母さんがどうしても「×」を使ってわざとやるイタズラを止めさせたいらしい。
で、本人もよく分かっている子で、イケナイことをしながら×を自分で出したりしてるそうだ。
注意喚起でわざと漏らして、自分で「×だね~」と言われた日にゃぁ、お母さんだってストレスたまりまくりだろう。
で「息子より先に×出して戦うわ!!」とおっしゃるので
「×だして我慢出来たら何のご褒美あげるの?」と聞いたら
めっちゃ驚いて
「そんな事、考えたこともないかった」と。
うん、考えないよねぇ。
私も考えたことなかったもん(爆)
でも、考えたら当たり前の事だよね。
我慢するのってメッチャ大変なんだから。
大人だって我慢した後はご褒美欲しいもの。

で、さっき、ネット友のブログを見ていたらまたまた、同じようなものを発見。
「噛んだらダメ」のマーク
是非とも、我慢出来たら、ご褒美あげてね。
そして、それが我慢出来たご褒美であるとわかる形で。
チョコ上げるから我慢しなさいじゃなくて、噛もうとしたのをちょっとでも我慢出来たらご褒美、ですわよ~。







posted by こうまま at 20:33| Comment(3) | TrackBack(0) | TEACCH部視察研修 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
筋違いの話だったらごめんなさい。
少し汚い話になってしまうけれど・・。
きらがウ〇チアート小僧だったころ・・。

業を煮やした私と実家の母(マウスが入院したので手伝いに来てくれた)がやったこと・・。

粘土はこねないのに、ウ〇チはこねる・・
ぎゃ~、ふすまに塗るのはやめて~・・の世界でございました。
母がいてくれたの人手があったことが項をそうしたのですが・・・。

ウンチをこねていたら、こねていた手をペシンと軽く叩く(注意喚起の意味もあり)怖い顔で『だめ!!』
そして、一番大切なことはこねる前に止める事!!
こねる前に止められたら・・こねそうに伸ばしている手を包み込み『えらいね!!』『こねこねしなかったね』といって、その場でチョコを一個口に放り込む。

もうもう、ひたすらこれの繰り返し・・。
一番大変な時期を『きらくんのウ〇チに一日をかけた!!』と豪語する母のおかげでマウスが退院するコロには、『ウ〇チ=すぐこねる』から『ウ〇チ=しばし観察=時間経過でこねる』に移項していたのですごく助かりました。
当然、この時期に大好きなおやつのチョコはございません。

それとにているな~・・・と不勉強な私は思ったのでした。
そのコロは・・・『ウ〇チ強化月間』でございました。
アッハッハッハッハ~!!

朝から、変な話題でゴメンナサイ!!
こうままさん・・・ゆっくり休めるといいですね?
働きすぎですよ~!!



Posted by きらママ at 2006年09月08日 08:17
こうままさん、ありがとうございます~
ホントにこうままさんが教えてくださらなかったらまっーーーたくご褒美のことなんてあたしも考えてませんでした(⌒▽⌒;;;A
頑張ったねー、よくやったねーとか
ほめる言葉は沢山かけてきたけど
やっぱりご褒美、必要ですね。

今日は遠足でぶどう狩り行って来ました!
多分去年こうままさんたちが
行かれた所だと思います。
まにあエッセイに載っていた
プールありました!
Posted by かあこ at 2006年09月08日 19:30
◇きらママさん
こうくんのウンチアート時代はまだそういった取り組みはしてなかったので「ほ~~」という感じです。
最初の強化はオリエンテーリングの練習の散歩だった気がします。
ちょっとでも自力で歩いたらハイチュウあげてたなぁ・・・
それからしたら、今はホントに歩けるようになりました。

◇かあこさん
言葉の褒め言葉でも十分OKですよ!!
褒め言葉がちゃんと機能しててスゴイと思う。
ただ「見える形」にしてあげると効果が高いらしいです。
我慢出来たらもらえる~みたいな(笑)

ありましたか、あの恐怖のプールが!!
水はなかった??
Posted by こうまま at 2006年09月08日 20:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック