2011年11月13日

愛知J☆sKep研究会

昨日は、愛知J☆sKep研究会の定例会でした。

ちょうど1年前の11月からスタートしたこの研究会。
こうくんの通う養護学校のS先生が主催されています。

S先生は
久里浜養護学校で3年修行(?)されて戻ってきて
その年にこうくんの担任をしてくださった方です。
私が写真カード100枚を処分するきっかけを作って下さった恩人でもあります。

その先生の主催される研究会だったので、すごく参加したかったのに
全く予定が合わず、何と2年目に入った今回が初参加でした。

1年越しに参加が叶い、わくわくのワタクシ。
一番前の席に陣取ったら
「こうまま、今日はやる気マンマンですね!」とメンター仲間にちゃかされ。

冒頭でS先生が
ICFの理念にも通じる内容を話して下さったので
何か感動しました。

昨日は、J☆sKepが作られた経緯や背景などもお話ししてくださったので
ほ~、そうだったのか~
って感じでした。

J☆sKepは
独立行政法人国立特別支援教育総合研究所が2006年頃に提案した自閉症のある人の実態把握のための評価表だと理解していましたが
S先生のお話を伺って、かなり柔軟で実践に役立つ内容だと感じました。

「自閉症の人とその家族を支える」視点が強いので
私達保護者にもわかりやすい内容になっているのがすごくイイです。

実際
うちの母子通園でも、このJ☆sKepでお子さんの評価をして、
親御さんにそれを見せながらお子さんの様子を確認するということをはじめていますが
スタッフからも親御さんからも「わかりやすい」と聞いています。

で。
昨日は純粋に「親」として参加したので
最初から最後まで「こうくんの母」でお話を聞き
こうくんはいまどこ?
こうくんの指導目標は?
って感じで3時間講義を聞いたりワークをしたりしたので
ものすご~~~~く楽しかったです。

自分の法人と離れて
一保護者として学ぶ時間って
今の私にすごく必要なんだって再確認できました。

こうくんをJ☆sKep(7つのキーポイント)の視点で評価すると
「学習態勢」や「表出コミュニケーション」は結構強くて
「指示理解」や「セルフマネジメント」もそれなりにいい感じで育っています。
「強化システム」もばっちりです(爆)
でも
「模倣」と「注視」にかなりの課題があることがわかります。

評価表から
人の動作を真似すること

指さしたところを見る
ってのを生活の中に取り入れて練習していくといいんだな。
ってことがすぐにわかります。

じゃ
取りあえず
食後のランチョンマットぞうきんがけ

その視点を意識してやってみよう。

って感じで
すご~くカンタンに目標がはっきりして
やるべき事が具体的に見えてきます。

もちろん
実際の指導は
もっともっと深~~~いのだと思いますが
親なので
すぐさま具体的にやることがわかる
ってのは
ものすごくいいな~
と思いました。

詳しくは
特総研から3冊(青・水色・黄色)の本が出ていますのでそちらでどうぞ♪
薄いのに、めっちゃ中身の濃い本です。

自閉症教育実践マスターブック(シアーズ研究社)
posted by こうまま at 12:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 講演会・勉強会 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうままは、ご自身で講話会、研究会等を開催されてたり、色々な会に参加されたりして、いつも尊敬しています。
私の、(息子が休み)土日の行事といえば、息子とコンビニやスーパーでの買い物や主人が居るときは各県の道の駅へドライブに位で、何をやってるんだろうという感じです↓(>_<)
私が本当無知なのでしょうが、自閉症の話が聴ける会などは、学校や市が開催してる会位しか知りません。また、土日に開催される会が多い事もあり、日中一時支援が利用できないわが家では、諦めてる感じです。

こうままのブログを見るようになって、色々と(初めて知る)情報等が多々あり、凄く役だたせてもらってます。本当感謝してます。

これからも、こうままのブログを楽しみにしています。本当に心の支えにさせてもらっています(^-^)



Posted by けさんまま at 2011年11月13日 16:45
◇けさんままさん
今、一緒に出かけている時こそチャンスですよ。
事前予告とか指示に従ってもらう練習とか食事のマナーとか、取り組めることはいっぱいあります。
例えば、コンビニ行くときに「今日はこれとコレ買う」って決めて勝手に選ばせないとか、ね。
いろいろ考えてやってみると楽しいですよ~。
撃沈もいっぱいあるけどね。



Posted by こうまま at 2011年11月13日 17:13
こうままさん、私もこの土日は一母親として
PECSのワークショップ参加してきましたー♪
50の手習いですよ。初PECS。楽しかったー。
みんなの前に呼ばれて子ども役をするのも頭がまっ白になりながら「ウチはこうだな。こんな風だな。」とか必死に考えたり。
講座を主催するのは緊張感ややりがいもあるけれど、ほっこり学ぶだけって楽しいですねー。久しぶりでした。
で、思うことは我が子の小さいときに「欲しかったなぁ。」「一緒にやってみましょう。お母さん!」って手を取り合ってくれる先生欲しかったなー。
「様子をみましょう。」って言われていた時代だったから。なにより息子が辛かっただろうな。とちょっと胸の奥がチクチクもしました。今は、少しでも楽になる方法かいっぱいあるから、多くの親御さんに知る機会がたくさんあると良いですね。
Posted by きっしー at 2011年11月14日 00:56
◇きっしーさん
わかります・・・。
私も欲しかったです。
こうくんをどう育てればいいのかを教えてくれる人が・・・・。
Posted by こうまま at 2011年11月14日 18:15
今 リアルに3男がS先生の生徒です・・・。
とても勉強されていて丁寧なのです。
3男が「先生かわいい」と言ってました。
 
Posted by 野菜 at 2011年11月16日 13:59
◇野菜さん
おお。そうでしたか。
じゃ
来年、試練だね(爆)
Posted by こうまま at 2011年11月16日 18:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック