2011年11月28日

プロチチ、さいこ~~~

lessorさんに教えて頂き
速攻でアマゾンにて購入しました。

prochichi-1.bmp
『プロチチ』逢坂みえこ 講談社 イブニングKC

主人公は多分アスペルガー症候群の新米主夫。

もう、すごすぎ。
私もフォンもはまりまくりです。

私も布おむつ干すの好きだったな~~~。
同じ大きさにぴし~ってそろって、気持ちよかった。

脳内がフリーズするあたりの表現とかが珠玉。

スクロールしてカチっっとか
エラーです、エラーです
とか。
ツボ。

いや~
逢坂さん、天才!!!
ってか
何者????
関係者???

明るい奥様に救われます。
公園ママ達の陰口に毅然と立ち向かう姿が美し~。

フォンが「1ってことは2があるの?連載?楽しみ~」と。

うん。
私もめっちゃ楽しみ!!!
posted by こうまま at 20:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 本・TV・映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イブニングは「もやしもん」目当てで立ち読みする私です(苦笑)「プロチチ」も連載当初は読んでいましたが、最近は読んでいませんねぇ。また読んでみます♪
Posted by あめゆ at 2011年11月30日 07:35
◇あめゆさん
をを。
リアルで読んでたのですね。
なかなかオモシロイですよ。
Posted by こうまま at 2011年11月30日 18:38
こんにちは

当事者にしてみれば、笑い事ごとじゃないっす。こうままさまは頭よく、サイコーというお立場ですが、直くんそのままの親は堪らない。

シャバで使い物にならない野郎は育児してろ
強烈なアンチテーゼ。

イブニングの漫画が大好きなわたくしはつらかったです
Posted by あらかわ at 2012年02月15日 11:33
◇あらかわさん
ここまで丁寧に「辛さ」「違和感」をリアルにわかりやすく描いてあって、その上で、この主人公を笑うでしょうか?
少なくとも、私は笑っていないし、lessorさんもそのように書かれていたと思います。
「上手いな」というのが正直な感想です。

感じ方は人それぞれなので、自由ですが
>シャバで使い物にならない野郎は育児してろ
というメッセージは私は全く感じませんでした。
Posted by こうまま at 2012年02月15日 15:43
ごめんなさいね

堪らない思いぶつけて…

昔、馬鹿なんだから男に食わせて貰えと言われたこと思い出してしまって…こうままさまには関係ないことなのに。

イブニングの新刊読みましたか?直くんが、奥さんに言われた、あなたが辞めてきた仕事とは違うのよって言われ、自分が役立たずと解釈してしまい、落ち込んでしまい

わたくし達の脳内変換はこんなんです。悲しいけど現実なんです…

こうくん、おかあさんの愛に感謝してね。
Posted by あらかわ at 2012年02月15日 19:26
◇あらかわさん
この漫画は
誤解と偏見が多い「アスペルガー症候群」を
とてもわかりやすく正しく描いてくださっていることに、すごく意義があると思うのですよ。
しかも、それがフツーの人達が良く読む「イブニング」に掲載されている。

10年前に「フォアミセス」で「光とともに・・」の連載が始まったときもそう感じました。

あらかわさんは、共感しすぎてキツイと思いますが(私も光とともに・・は当初はかなりきつかったです)少し時間がたって、違う角度から見てみると、有り難い存在になるかもしれません。
Posted by こうまま at 2012年02月16日 10:04
素敵なコミックを紹介して下さってありがとう。
早速読みました。

エピソードがリアルで、本当にそうだよな~って、共感できるところ(発達障害児の親でありながら、新たな気づき)がたくさんありました。

 昨日、岡崎市の会議で、教育相談センターと保健所の子育て担当の先生に「お母さん達が読まれる所に置いて下さい」とお願いして、お渡ししてきました。
(既に、教育相談の待合室の本棚には、こうまま著の「自閉症児の育て方」がちゃんと並んでいましたよ~♪)

PS.T先生が「先月の研修会のこうままの講演が素晴らしかった!」と絶賛していました。
私が聴きに行かなかったおかげ?だねっ!?(爆)
Posted by しましま at 2012年02月23日 16:21
◇しましま師匠
おお、さすが師匠。
お母さん達が読む本棚に。
そういう動きをきちっとされますなぁ~~~。
メモメモ。見習います!!!

先月の研修会は精一杯がんばりましたです!!
またなでしこ会でお話できればと思っております。
Posted by こうまま at 2012年02月23日 16:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック