2012年03月26日

泣けた・・・

今日は、新城レインボーはうすで今年度最後のコンサルテーションでした。
この2年、スタッフの皆さんが本当に真摯に支援に取り組まれている姿に毎回感動しながら、お仕事をさせていただきました。

rain3-5.bmp
2年前
表現の仕方を知らなかったために、はだかで水浸しになっていた方が
自分のコミュニケーションブックを持って移動し
作業場でも休憩場所でも要求を誰にでも伝えられるようになりました。

コミュニケーションシステムの構築は
大人になってからでも決して遅くないのだということを私は彼から教わりました。

rain3-2.bmp rain3-3.bmp
必要な方に必要な空間が用意され

rain-4.bmp
必要な情報が提供され

rain3-1.bmp
1人1人が快適に働ける場所になっていました。

この構造は
ここのスタッフさんたちが考えて変更したものです。

今日、この構造を見た瞬間
「私のここでの仕事は終了した」と思いました。
感無量で、泣けてきました。

かつて
部屋の模様替えをしただけでパニックになって暴れていた方が
(そう言えば、最初に私ととよっちが呼ばれたのはそれが理由でした。)
何の混乱もなく部屋の構造の変化に順応されている姿を見て
「よりわかりやすくなるのであれば、変わっても混乱はしません」というのが
事実であることが証明された(?)と思います。

コンサルタントのお仕事は教えることではありません。
コンサルティー(そこのスタッフ)が自分たちで考えてやっていけるようにお手伝いするのがお仕事です。
私は、そのことを、この2年間に教わりました。

24年度
東三SELPでの職員向け連続セミナーの講師を仰せつかりました。
ここでの実践を含め、精一杯お伝えし、お役目を全うしたいと思います。

うるうるしながら事務所に戻ると
来ていました、来ていました!!!

我がNPO法人ゆうの24年度新人たちが。
今日から金曜日まで、新人研修です。
私ととよっちが交代で午前午後5日間び~っしり。

今日の午前中は、とよっちが法人の理念や沿革などを伝え
午後から、私の「スケジュール」の講義。

お題が「スケジュール」なので
お昼休憩の後半から
「見通しのつかない中でわけのわからない作業をする」疑似体験に突入~。
わざと新人達の顔も見ず、何もしゃべらず、スライドを準備し
知らん顔して隣の部屋に消えちゃった私を
新人達は「怖い・・・・」と思ったにちがいありません。
ゆうに入社したことを後悔していたかもしれません。

わからないのは不安だし、怖いんですよね。

nf326-1.bmp

今日の講義のまとめ
・事前予告をしないのは失礼です。
・わかるように伝えるのは礼儀です。

じっくり学んで
すてきな支援者になってね♪

posted by こうまま at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック