2012年06月18日

子育てのコツを学ぶ「ペアトレ」

今日は、母子通園施設で母向け学習会。
保育園や幼稚園と併用して通っている方のコースで「ペアレントトレーニング」のダイジェスト版をやっています。
このコースは5クラスあって、同じ内容を5回やるので
この機会を活かし、ペアトレの講師が出来るスタッフを育成中です。
今日は「ほめると無反応の組み合わせ」

ペアトレは、専門職(スタッフ)と先輩母(メンター)のセットだと伝わりやすいんじゃないかと思っています。
それで、今日は、スタッフにモデルを見せる日だったので
2人のメンターさんに体験談を話してもらいながらやってみました。
1人は去年ペアトレを受講したママで
もう一人は、ABAベースの個別療育を受けてるママです。

いいです。
参加しているお母さん方の目の色が違う!!

だって
今日のメンターさんは保育園に通う子どもをもつ同年代の母。
ちょっと前まで同じ母子通園に通っていた「ちょっと先輩」なのです。
高校生の母である私の話より、ず~っとず~っとリアルに響いていたと思います。

もちろん、事前にメンターさんにはエピソードをまとめてきてもらい、
「ほめてうまく言った例」「無反応~ほめる」でうまくいった例を打ち合わせで決めておきました。
そういうのは大事です。

ペアトレって、子育ての「コツ」みたいなものが学べるからすっごくイイと思います。
通園施設の母向け学習会にはピッタリ!!って気がします。
マニュアル本も出てますので、赤丸でオススメです。

peatoreH-1.bmp
先月、初講師でキンチョーのスタッフ。
イイお仕事しております。
posted by こうまま at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の日本小児精神神経学会のシンポジウムはペアレントトレーニングでした。井上先生もお話しされていましたよ。もう少し普及するとよいのですが、シンポジウムでもやはり人手がかかることなど、立ち上げや継続の難しさが指摘されていました。
なんとかきちんと評価されて、コスト的に引き合う仕組みができるとよいのですが…。
Posted by afcp at 2012年06月19日 00:30
◇afcpさん
そうなんですよね・・・。
私も近隣で受けられるところを良く聞かれるのですが、知らなくて・・・。

ゆうは、はじめて3年目ですが、確かな手応えがあります。(母子通園は2年目ですが、その前に、SST親子教室でやってました)

専門職と親のセットっていうのが、一番成功しやすいと思うので、通園施設にメンター導入して、そこの学習会でペアトレというのは、かなり手っ取り早いと思うのですが。
モデル事業とかにできないかな~。
私が、助成金ゲットするのが下手なのが致命傷なんですよね・・・・。
誰か代わりに申請書書いて~~~。
Posted by こうまま at 2012年06月19日 19:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック