2012年07月03日

本気度

今日は、東三SELPの3回連続研修の1回目。
「みんな自閉症の方の問題行動にどう対応したらいいか困っているみたいなので、
こうままがうちのスタッフに教えてくれてるような考え方を他の東三河の就労系のスタッフにも知ってもらいたいと思うんですよ。」
という長坂さんからのご依頼でお受けした研修です。

会場は、先日の行動援護研修と同じ「市民ボランティア活動センター・プリオ」
オープンしたばかりでとってもキレイ!!
駅から近くて、商業施設の中にあるので便利な会場です。
予約時は空調の音が結構大きかったので心配でしたが
マイクを使ったら、殆ど気にならなかったので良かったです。

tousan-1.bmp
参加者は28名。
各施設から二人ずつ
「施設長クラスと現場の若手スタッフ」
というペア。
現場に持って帰って活かしてほしい
という長坂さんの本気度が伝わってきます。
なので
もちろん
私も本気で準備しました。

ところどころで
「このシートは現場に戻って他のスタッフと考えて仕上げて下さい」
「この資料を使って、他のスタッフにこのように説明して共有して下さい」
など、現場のチームで支援計画を考えていけるように組み立てました。

特性シートも興味関心や理解のアセスメントも
全て、現場に戻って他のスタッフと・・・・なので
思いっきり「宿題」です。
管理者の方は若いスタッフがそれをできる環境を整えて頂ければと思います。

2時間
精一杯お伝えしたつもりですが
次回の「宿題」の出来が私の評価(どこまで伝わったか)ということになります。
伝わっていると良いなぁぁぁぁぁ~~~~。

(追記)
長坂さんが、研修の内容をブログにアップして下さいました。
とっても整理された記事なので、私の記事より内容が良くわかると思います。(爆)
なないろの落書き
posted by こうまま at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「こうまま」から遅れること3時間、当法人のブログ「なないろの落書き」にもアップさせていただきました。

で、あれから宿題を職場に持ち帰り、早速、石川サビ管と相談。結果、4人のチームで取り組んでみることになりました。

まずは本日参加した藤原支援員が、チームに「特性」、「氷山モデル」、そして「強み」を研修報告し、そこから宿題に着手します。

ところで、今日の研修内容をザックリと石川サビ管とオレンジプラザの荒川支援員に伝えたところ、「強み」然り、「代替行動」然り、レスポンスの良いことに私自身がビックリ。

もう既に今日の内容を日々実践していることを再認識させられました。

「こうまま」のアドバイスを継続的に受けることで、担当職員は見事に成長しています。

これがそのまま、ご本人さんたちの生きやすい環境づくりに繋がります。それが何よりですね。

感謝です。
Posted by 長坂 at 2012年07月03日 23:42
◇長坂さま
その日のうちにチーム結成とは、さすがです!!
楽しみです~~~。

他の施設長サンと会う機会がありましたら是非話題にして下さいね!!


Posted by こうまま at 2012年07月04日 21:59
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック