2012年07月31日

メンター制度

昨日、娘の志望校のオープンキャンパスに付き添いで行ってきました。
久々の「大学」の空気。
キライじゃないなぁ~(爆)

説明会の中で、何度か「メンター制度」という表現が出てきました。
教官がメンターとして生徒1人1人に丁寧にアドバイスしますって感じ。
メンター制度って、本当にどこの世界でも必要なシステムだと感じます。

私にとって「ペアレントメンター」の出会いは2006年のノースカロライナ。
そして、2007年のカンファレンスニッポンでのアン・パーマーさんの講演。
服巻智子先生の書かれた本で、いっぱい学ばせて頂きました。

同じ立場の親にしか出来ない事。
大事に続けていきたいと思います。
posted by こうまま at 00:41| Comment(3) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

たまたまこちらのブログをみかけました。

私も自閉症児を二人育てています。

まだ経験値が低いので、分からないことだらけですが、私もいつか悩める親御さんたちのために何か出来ることはないかと言う想いがあります。

ペアレントメンターについても、いずれ学ぶことになると思っています。

それまでにもっと経験値を上げていきたいと思います。

色々参考にさせてください。
また拝見させていただきます。
Posted by わかめ at 2012年07月31日 08:20
お世話になります、御無沙汰してます
先日のダイレクトメールでの案内、ご無礼しました
自分も父親として、何か役に立てたらと思ってます
すべては子どもたちの笑顔のために家族全員が前向きになれるお手伝いが出来たら…そんな風になりたいなー
本がメインですが、いろんな先輩お父さんに勇気をもらったから、次の世代に分けられるような人になれたら良いと思いながら、なかなか慣れてません
今後もご指導よろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by MASA at 2012年07月31日 08:53
◇わかめさん
はじめまして。
自分が歩いてきた道だから
伝えられることもありますよね。

◇MASAさん
「恩送り」
大事ですよね。

Posted by こうまま at 2012年07月31日 20:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック