2006年12月02日

追加措置

あまりに乱暴すぎた感のある自立支援法施行
「生きていけない!」という当事者の切なる声に応えてくれたということだと思いたい。

【朝日新聞・12月2日】
障害者支援に1200億円、負担増を軽減 与党合意
http://www.asahi.com/politics/update/1202/001.html

障害者自立支援法の施行で福祉サービスが原則1割の利用者負担になり、障害者の利用控えなどが起きている問題で、自民、公明両党は1日、負担軽減などのため、08年度までの3年間で1200億円の予算措置を政府に求めることで合意した。このうち960億円は今年度補正予算に計上し、通所施設などサービス事業者を支援する基金を創設。減収となった事業者などへの支援にあてる。

 今回の対策は、今年4月の障害者自立支援法施行から3年後に同法が見直されるまでの経過措置。補正予算に計上しない残りの240億円は07、08年度の当初予算への計上を求める。

 創設される基金を活用し、事業者への支援策として、前年度収入の8割を保障している現行の措置を9割保障に引き上げる。障害者に雇用の場を提供している小規模作業所に対しては、05年度に廃止した補助金も一時的に復活させる。1作業所あたり110万円を軸に調整する。

 このほか、利用者の負担軽減策も拡充。現行制度では、社会福祉法人が提供する通所・在宅サービスを利用すれば、利用者が負担しなければならない額の上限が通常の半分になるが、この上限を4分の1に引き下げる。対象も社会福祉法人に限らず、NPOや民間会社などのサービスを利用した場合にも広げる。

 同法の施行以降、障害者団体から「収入が少なく、生活が圧迫される」と負担軽減を求める声が相次ぎ、対応策を検討していた。


負担上限額が1/4というのは、単純に自己負担額の上限が37200円から9300円になるって事でいいんでしょうか?
まさか、その分を事業者が負担するんじゃないですよね???
廃止された小規模作業所への補助金も一時的にせよ復活したら、救われる事業所ってすごくいっぱいある!!

でも、これはあくまでも
見直し3年後までの「経過措置」

選挙をにらんで・・じゃないですよね。
って、勘ぐっちゃう自分がイヤ。
素直に喜べない。

自立支援法施行以降、事業者の間で流れているフレーズ

心は清く
腹は黒く

まじ、そんな心境にもなってきます・・・
posted by こうまま at 20:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 福祉・サービス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

    ♪国のための準備♪

 国のための準備はもう出来ているかい?

 国のための準備はもう出来ているかい?

   家族とか大切な人を心に止めて
 
   美しく見える話には裏がある 気をつけろ
  
   人は時に行き着く先の事なんて
   
   何も考えずに歩き出してしまう

   そして道に迷い帰れなくなって
    
   言葉も無く途端にそう寂しくなる

   国の為の準備はもう出来てるかい?

   国の為の準備はもう出来てるかい?

   政治家の皆さん、明日自分が障害者になることもありうることです。
    「明日はわが身となりにけり」
    「人生に保障はない」です。
    自らが社会的弱者になる可能性も
   想定して政策に取り組んで頂きたいです。
Posted by Mr.T at 2006年12月03日 23:00

    ♪国のための準備♪

 国のための準備はもう出来ているかい?

 国のための準備はもう出来ているかい?

   家族とか大切な人を心に止めて
 
   美しく見える話には裏がある 気をつけろ
  
   人は時に行き着く先の事なんて
   
   何も考えずに歩き出してしまう

   そして道に迷い帰れなくなって
    
   言葉も無く途端にそう寂しくなる

   国の為の準備はもう出来てるかい?

   国の為の準備はもう出来てるかい?

   政治家の皆さん、明日自分が障害者になることもありうることです。
    「明日はわが身となりにけり」
    「人生に保障はない」です。
    自らが社会的弱者になる可能性も
   想定して政策に取り組んで頂きたいです。
Posted by Mr.T at 2006年12月03日 23:31
あまりにも強行すぎますよね。。。
我が家も「自立支援法」のおかげで家計が逼迫寸前です(ー_ー)!!長男も特児手当てが引き下げられました。そのため療育にかかる費用もアップします。かつて私が使っていた32条も「自立支援医療」に切り替えられ、医療費が上がりました(但し私の場合、「重継(重度かつ継続)」なので上限が定められていますが)。

政治家の皆さんは「明日は我が身」と思ってはいないのでしょうか?
何故人の生きる権利を奪う政策をしようとするのでしょう。。。
わからなくなりました(T_T)
Posted by ルナルナ at 2006年12月04日 19:31
「自分が老人になる」とは思っても
「自分が障害者になると思う人は少ないし
「自分の子や孫が障害児を産むかも」
とは、もっと思わないと思います。
更には
「自分が障害者だったかもしれな」なんて思う人はまずいない。
私もこうくんを授かるまで思わなかったです。
なので、「単なる割合のお話し」だと知って欲しいです。
Posted by こうまま at 2006年12月04日 21:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック