2012年08月21日

福祉実践教室担当者向け研修

今日は、岡崎市の社協主催の「福祉実践教室担当者向け研修」
ここでちゃんと内容をお伝えできれば、学校に呼んでもらえる可能性が高くなります。
キャラバンは、やっぱ、子どもたちに参加してもらってナンボだと思っているので
毎年、この研修はすっごく頑張ってやっております。

tantou-2.JPG

福祉実践教室で伝えているのは
・色々な感じ方をする人がいるんだよ、ということ。
・障害児を育てている母たちは、自分の子どもの事が大好きで、とても大事に思っていること。
の2点であって、決して障がい名や障がいの説明をすることが目的ではないことを丁寧にお話しさせていただきました。

自分たちのこどもの紹介コーナーで、「こんな工夫をしてやりとりしています」と、具体的に実際に使っているもの(具体物・絵カード・カレンダー・iPodなど)を見せて話している場面を実演して見ていただいたので、かなり伝わったと思います。

呼んで下さる学校が増えますように!
posted by こうまま at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | キャラバン隊活動 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック