2006年12月09日

「福祉」から「自立」へ

本日、豊橋での「市民福祉フォーラム」に参加。
タイトルは
「福祉」から「自立」へ

衆議院議員・大村ひであき氏(愛知13区)のお話しを聞いて、先日書いた「追加措置」の記事にある1200億をゲットしてくださったのがこの『衆議院厚生労働委員会筆頭理事』である大村代議士だということを初めて知りました。
http://koumama.seesaa.net/article/28760680.html

障害者自立支援法の問題点をきっちり把握していらっしゃってスゴイなぁと暢気に聞いていたら・・・
自民党内の障害者特別委員会副委員長として、急いで作ったせいでできた自立支援法の穴を埋めるために必要な施策を考え、衆議院厚生労働委員会筆頭理事として1200億をかき集めて下さった方だったのでした。
そんな方が、何と、こんな近くに、愛知県のしかも三河地方にいらっしゃったなんて。
不勉強なことに、私は今日まで全く知りませんでした。(あ、もちろんお名前は知ってましたよ)
どうか、この施策が経過措置に終わらず、3年後も続くようお願いしたいです!!
意見メールOKだそうなので、是非頑張ってお手紙書こうと思いました。
きっと通じる方だと思います。

【大村ひであき氏公式hp】
http://www.ohmura.ne.jp/index.html

先日の国会で意見陳述をして下さった戸枝さんといい、この大村代議士といい、愛知は恵まれているのかもしれません。

そうそう、
戸枝さんは、今日もずばずばと切り込みながら、分かりやすく語って下さいました。
「自助・共助・公助」
ホント、その通りです。
支援費以降ちょっと忘れがちだった自助&共助を私たち親もいま一度思い出さないとイケナイです。
戸枝さんてそういう気づきを毎回下さるんですよね・・・
他の人が言いにくい様な、耳が痛い話をずばっとされる方って、貴重です。

実りの多いフォーラムでした。
主催して下さった東三河福祉研究会の皆さん、ありがとうございました。
posted by こうまま at 19:29| Comment(9) | TrackBack(0) | 福祉・サービス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わははっ!わははっ!
Posted by あらい at 2006年12月10日 08:55
そ・・そんなに大笑いしなくったって・・
だって、ホントに知らなかったんだもん。
Posted by こうまま at 2006年12月10日 19:47
大村さんはワタクシの地元の議員さんで、先日も地域の公民館祭りを見にいらっしゃってましたよ。町でよく見かける人です。どうでもいい話ですけど、その公民館祭りで一緒にお手伝いをしたおばさんが「大村さんはお子さんが4人もいて、一番下の子はお下がりのぼろぼろの服着てる。お金あるはずなのにどうしてかねえ」なんて言ってました。密かに親近感わきました。立派な方なんでしょうね。
Posted by ひよこ at 2006年12月10日 20:32
おお、そうなのですか。
何かそういうお話しをお聞きすると庶民的で良いですよねぇぇぇ。
我が家のこうくんもバボーのお下がりのジャージ(ヒザ縫ってある)をご愛用です♪
Posted by こうまま at 2006年12月10日 22:09
お馬鹿な質問でごめんなさい(^^;)
自助・共助
どういうことなのか、
今ひとつピンときません...
具体的に教えて欲しいです。
Posted by shiba at 2006年12月11日 21:21
ピンと来ないですか??
文字通りなんですが・・・

まんま
家族や地域の中で助け合う事ですヨ。
昔から普通に地域社会であったこと。
今はちょっと薄れてきている様に思いますが・・・。

地域で生活していくために、この「自助・共助」は不可欠なものと考えます。

私は今、バボーがこうくんを連れて茅葺き屋敷の売店まで行けるように練習していて、間者(ばぁちゃんや近所のおばちゃんたち)をポイントポイントに放ってトライしています。
バボーが出来るようになったら、近所のおばちゃんや高校生などにお願いしようと思ってます。
福祉サービスはもちろん使いつつ、家族や共同体で補える部分は補ってもらう。
もちろん、私ができることはするんです。
例えば、一人暮らしで免許のないお年寄りの病院送迎(今、我が家のばぁちゃんがやってます)とか、高校生の学校送迎(公共交通機関がないので親が送迎してます)とか。
「お互い様」のココロです。

自立支援は支援を減らしていくことだけど、こうくんは一生他人の支援を必要とします。
でも、その支援がめっちゃスペシャルな、例えば行動援護2人付きという支援から1人になり普通のヘルパーでもOKになり、そして近所のおばちゃんとか中学生でもOKになっていく・・・
そういうのが、こうくんにとっての「自立支援」だと思っています。
公共の福祉サービスを利用することばかりに懸命になるのではなく、そういった自助努力もしないとイケナイなぁと思います。
地域で暮らしていくためには、地域に「頼り」地域に「貢献」することが必要なんですよね・・・・。
Posted by こうまま at 2006年12月11日 23:21
12/9のフォーラム、こうままさんも行かれてたんですね。私も参加させていただきました(*^_^*)
なかなか、こういうメンバーが集まって、一つの事を聞く機会はめったにないと思いますが、普通のおばさんでもとてもよく分かるお話でした。
また、こういうフォーラムがありましたら、教えてくださいね
Posted by あおエイ at 2006年12月12日 00:50
こうまま さま

自立って、何もかんも自分一人で出来ること。じゃないですよね。自分が思っている通り、望んでいる通りに生きていけることだと思うんです。身体に障害のある方は補装具等を駆使し、聴覚に障害のある方は手話通訳さんの手を借り、ってな具合に、社会資源等の補完的なサービスを駆使しながら、自分でガンバッテも出来ない(それが障害ですもんね!)ことを、支援者に、地域の方にお手伝いいただき自分らしく生きていくこと。ですよね。

私らのフォーラムには重度の障害のある方の色であそんだ作品、灯りを仕込んだ行燈(あんどん)にして展示します。観る者の心を和ませて下さいます。
重度の障害があり、ややもすると親さんは「うちの子は何も出来ない・・・。」と言われます。が、その何も出来ないと思っていた彼らが多くの人の心を和ませることが出来た以上、彼らはこの世に生を受けた意義・意味があるんじゃないですかね。

生きているだけで。その一生懸命生きている姿に、我々は生きる意味を教えられ、その姿に感動しますよね。


あおエイ さま

フォーラムご参加いただき、ありがとうございました。喜んでいただきホッとします。どちらの方だったんでしょうか?あらいは横柄な態度を取っていませんでしたでしょうか?よく立っているだけで「威圧する」って言われます・・・。
また近々、市民フォーラムは開催します!ので是非是非ご参加下さいませ。当然、こうままにもお知らせし広報をお手伝い頂きますが、あらいのブログにも他情報も併せアップしますので、暇な時にでも のぞいてやって下さいませ。先日のフォーラムの詳細もアップしましたので。

何だか朝から一杯書き込んだなあ。ではでは。
Posted by あらい at 2006年12月12日 09:34
◇あおエイさん
をを、いらっしゃったのですか。
とても分かりやすかったですよねo(*^ー ^*)oにこっ♪
Oくんの「僕の大事な人」発言に私はめっちゃ幸せな気分になりました。
帰りの豊橋駅でちょうど仕事帰りの彼のお母さんにばったりお会いして、こんなん言ってましたよ~って言ったら、焦ってました。
いいな~~~って思いました。

◇あらいさん
>自分が思っている通り、望んでいる通りに生きていけること

その通りだと思います。
そして、それが出来るために必要なのは
自己選択→自己決定→自己責任
でもって、「自己選択」できる技術を身につけること、「選べる環境」を整えていくのが家族や地域や支援者の役目ではないかと思います。
機能的に高くても選べない・拒否出来ない方は意外に多いです。
最重度のこうくんでもきっちり選びますし拒否もします。
選べなかったら「自立」なんてないですよね。
でもって、
ご本人さんは自分の思いを表現出来る技術を身につけること(言葉のない方でも)そして支援者はその思いを汲める事が必要かと。

物言わぬこうくんの思いを願いを知りたい、といつもいつも思っています。
Posted by こうまま at 2006年12月12日 20:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック