2012年12月11日

リマインド11日【1年9ヶ月】

12月7日の地震で「津波警報」と速報が流れて
凍り付いた。

3.11の被災地からこんなに離れた場所で
3.11に被災していない私が「凍り付く」のだから
実際に
3.11に被災して
その被災地で12月7日の「津波警報」を聞いた人たちの心中はどんなだったのか。

想像も出来ない。

「私たちには想像できないくらい辛く苦しいことなのだ」ということを
私たちは感じ続けていないといけないと思う。

被災地の方の苦しみや悲しみは
私たちには「到底わからないのだ」ということをわかっていないといけない。

わからない事に関してあれこれ言っちゃいけない。
わかってる人たちに聴かないといけない。

だから
地震のことも
津波のことも
原発のことも
分からない人たちがあれこれ言ったらダメだと思う。
被災地の方達に聴くことら始めないといけない。

posted by こうまま at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も津波警報が出たとき、何で?こんな寒い時にまたなの?と思って固まってしまいました。

あの震災に比べればたいしたことはないけど、七夕豪雨で丸子川(こうままは覚えてます?)が決壊して救命ボートで避難した事があります。まだ三歳だった私は記憶があまりないけど、父が天井を破って私を肩車したことだけは覚えている。

上下水道も整備されてない時だったから、水が引いて片付けに行った母は悪臭で倒れ救急車で運ばれ、兄姉は友達の家にしばらく泊めさせてもらい家族が一時バラバラでした。

豪雨になると今でも少しビビります。
自然災害は本当にいやてすね。悲しくなります。
Posted by ぱき子 at 2012年12月12日 02:07
◇ぱき子ちゃん
天井を破って肩車・・・それはすごい。
忘れないよね。

経験した者、その立場にある者にしかわからないことってありますよね。
Posted by こうまま at 2012年12月12日 19:17
こうくんママへ
あかねはあの地震の時、家で一人で犬とおばあちゃ
んは病院でいなくて、近所の人に助けてもらいました。
本当に怖かった。泣いちゃいました。
こうくんは平気でしたか?
Posted by あかね at 2012年12月13日 19:12
◇あかねちゃん
近所の人があかねちゃんのことを知っていてくれて本当に良かった!!
こうくんは、一人でいることはないから大丈夫だよ。
Posted by こうまま at 2012年12月13日 22:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック