2012年12月14日

嬉しい×2

先日、私が仕事で行けなかった福祉実践教室。
定例会で練習と打ち合わせを丁寧にして送り出しました。

当日は、学校側の理由でタイムスケジュールがずれちゃったりして
ドタバタしちゃったと聞いていたのですが。

生徒さんたちからの感想を読んで感動。
一部抜粋します。

私は発達障害の人たちがいろんな工夫をしていることを知りました。
また、この授業を受けて、発達障害の人たちは、私たちとほとんど変わらないと思いました。
その人にも、やりたいことがあったり、やりたくないことがあったり、一人一人個性は違うと思いました。
コミュニケーションの仕方も一人一人違うし、伝わり方も違います。
個性を見つけるのはむずかしいと思います。
でも、私は、今後、発達障害の人に会ったら、その個性をすぐ見つけれる関係をつくりたいと思います。

私の友達に、発達障害の子がいます。
今まで「何、あの子」と思っていました。
でも今日の軍手を使って折り紙やクイズを通して、発達障害の人の気持ちを知ることができました。

前は障害を持つ人にどう接すればいいか分からず言葉がつまってしまいました。
でも発達障害のことを学んで、どう接するか、どうやったら伝えやすくなるかを学びました。

発達障害の人が世界にも数多く、いろいろな人がいるとは思いませんでした。
発達障害は、ふつうの人と気持ちは同じということが分かりました。

ぼくは、目の見えないなどの障害は知っていたけど、発達障害は知りませんでした。
でもこの勉強をしてから発達障害は、感じ方やとらえ方が少し違うと分かりました。
発達障害の人にぼくが気をつけたいことは、周りの人に伝えたいことがうまく伝わらないと思うので誤解しないようにしたいです。

今回やった発達障害を勉強するまでは、発達障害の人は、わたしとはちがう特別の人だとずっと思っていました。
でも発達障害のことを勉強したら、自分とまったく同じような生活をしているのだと思いました。
なぜかというと、発達障害をかかえた人でも、わたしと同じようにして、苦しいことがあってものりこえていることも分かりました。
生活していて、やっぱり少しだけは不自由なこともあることも、この勉強で学びました。

発達障害の子ども達がうまく人にものを伝えれないことや遠くにいる人と近くにいる人のしゃべっている声が同じに聞こえたり、いろいろぼくたちとは少しちがうところがあるということがよく分かりました。

私は発達障がいは身長がのびない人のことだと思っていました。でも今日の授業を受けて、行動にちがいがあることが分かりました。


私たちが伝えたいことが伝わっていると思います。
助けて欲しいとかかわいそうな人とかじゃない。
障害はあるけど、フツーに生活していて、フツーに喜怒哀楽があって、努力もしてるけど、ワガママいったりもしてる。
別に「特別」じゃない。
そんなことが伝わっている感じがしました。
嬉しい~~~。

私がいなくても、全然ダイジョブじゃんか!
嬉しい~~~。

ってことで
嬉しい×2

自閉症啓発キャラバンSwing(岡キャラ)
随時
メンバー募集中デス♪
ご興味ある方、メール下さいませ。
posted by こうまま at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | キャラバン隊活動 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうままさん、こんばんは^^ごぶさたです!
相変わらず「岡キャラ」はすばらしいですね^^
子どもの感想をみると、どのように伝わったのか、伝えたいことが伝わっているのか、がわかりますものね^^
久々、ステキな感想を読ませていただきました。
シェアさせてもらいますね^^

そして後輩育成もさすが”はなまる”ですよね^^
ほんとにすばらしい!!

座間キャラ みうら☆
Posted by ピカッチみうら☆ at 2012年12月15日 01:20
◇御本家・みうらさま
コメント、恐縮です。
ありがとうございます!!!

活動をはじめた最初の頃は依頼が支援者や親(つまり関係者)ばかりで、これじゃ啓発にならないと、3年目くらいに「子どもと一般に絞る!」と宣言。
でも、お子さんからの「かわいそう」「たいへん」の感想に凹み・・・
ようやく「ちがうけど同じなんだ」の感想を頂ける様になりました。
先は長いのでぼちぼちガンバリマス。
またお会いできる日を楽しみにしています。
Posted by こうまま at 2012年12月16日 10:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック