2013年02月11日

あこがれのアメニティ

8日~10日にかけて
滋賀の大津プリンスホテルで開催されたアメニティーフォーラムに参加してきました。

shiga-2s.jpg 
この10年、あこがれ続けていたフォーラムに
思いがけずシンポジストとして参加させて頂く機会に恵まれました。

shiga-3s.jpg
ホテルのお部屋は事務局が用意してくださったのですが
もう、私には贅沢すぎるお部屋で、あまりにも快適でございました。
お風呂がユニットバスではなくて、湯船と洗い場があるタイプ。
ゆっくりお湯につかれるので、すごく良かったです。

shiga-6s.jpg
前日の夜10時から12時まで、打ち合わせ。
手前右が、「手をつなぐ」でお馴染みの又村あおいさん。
シンポジウムのコーディネイトをしてくださいました。

shiga-4s.jpg
ちなみに・・・
後ろでは、辻井先生と井上先生が打ち合わせちう。でした。
これって、結構レア・ショット?

shiga-1s.jpg
で。シンポジウム。(シンポ終了直後の写真デス)
分科会としては最大規模の850名超えだったそうですが
もう、後ろは霞んでみえましぇん・・・。
頑張りましたよ、ワタクシ。
親の立場から「相談支援」の「質」を問う立ち位置で。
会場中を敵に回すんじゃないかとめっちゃ怖かったのですが
シンポ後にたくさんの方から「良かった」「背筋がピンとした」「心にしみた」「肝に銘じます」などとお声をかけて頂けたので、胸をなで下ろしております。

で、私をシンポジストにキャスティングして下さったのは
な~んと、厚生労働省の高原専門官でした!!!
(シンポ終了後に知りました。)
「どんぴしゃり。思っていた通り、ど真ん中ストレートの提言でした。お願いして良かった。」と言って頂けたので、お役目は果たせたのかなと思います。
思いっきり「親」として発言できる機会を与えてくださったことに感謝しています。(最近はそういう機会がめっきり減りましたから・・・苦笑)
高原さん、ありがとうございました。

shiga-9s.jpg
同じシンポジウムに登壇した玉木さんと。
玉木さんのお話しを聞いていたら、壇上で泣けてしまってやばかったです。
やっぱり、玉木さんってステキです。

朝8時から夜中の12時までびっちりのスケジュール。
本当に、朝から夜中まで学びました。
初めてのアメニティは本当に刺激的で多くの気づきやヒントや感動がありました。
来年は是非ゆうの若いスタッフと一緒に来たい!!と思いました。

<追記>
新城市レインボーはうすから3名の支援員さんたちが参加されていて
様子をブログにアップされているので、是非どうぞ♪
なないろの落書き
こうくんの実習時にとっても上手にワークシステムを組んで支援して下さった荒川さんが
積極的にペアトレのワークショップに参加されていて、本当に「ステキ」だと思いました。

私も岡さんと同じく、就労支援のセッションで登壇された山田課長(厚労省)に釘付け。
私の「お役人」像が一新されました。
熱い人って、やっぱ大好き!!!

もうお一人、ファンになった方が、ジョブカレの松田裕次郎さん(滋賀県社会福祉事業団)。
追っかけしたいくらいです。
もちろん、私の「事業団」像が変わった事は言うまでもありません。

目の前のこと、足下ももちろん大事ですが
やはり、視野を広くするためには、外に出て学ばないといけないです。
来年は、うちのスタッフも是非是非行って欲しい!!!
研修費として予算化しておかねば。(ここに書いておけば事務局のノリ姐が教えてくれるから計上し忘れることはない。ダイジョブだ!)
posted by こうまま at 00:34| Comment(13) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
マメニティフォーラムでは、壇上でも笑顔が素敵でしたよ。これは、自慢のポイントでは!!

はるばる鹿児島市から、2回目の参加でした。私は行政の立場なので、相談支援について、どうあればよいのか、なにかできるのか考え中です。

ヒントをいただいたと思います。
笑顔が一番ですね!!笑顔のやりとりを増やしたいものです。


Posted by しろゆき at 2013年02月11日 10:42
◇しろゆきさん
コメントありがとうございます!!(すみません、コチラの記事に移動させて頂きました)

私、壇上で笑ってましたか????
覚えてません~~~~
ものすごく緊張してましたので。(そうは見えいと良く言われるんですが・・・)

あ。
玉木さんがお話ししてる時ですね、きっと。
本の紹介の時、大笑いした記憶があります。
(最後だったので、緊張がほどけてたんですね~)

家族と一緒に「笑顔」で見つめていける「将来像(計画)」を是非ともお願いします♪
Posted by こうまま at 2013年02月11日 10:49
こんにちは。

僕の名前があってビックリ!
舞台に向かうときに荻野さんが応援してくれたので、頑張れました♪
荻野さんはじめたくさんの先生方のお話を聞けておなかいっぱい、多くの刺激をうけました。
ありがとうございました。

Posted by at 2013年02月11日 13:48
すいません、名前書き忘れましたm(__)m
荒川でした。
Posted by あらかわ at 2013年02月11日 13:52
◇あらかわさん
私も多くの学びとヒントを頂きました。
充実の3日間でしたよね!!!
しかし・・・
夜中のセミナーは眠かった・・・。
すごくハードで過酷なフォーラムなんだと知りました。
Posted by こうまま at 2013年02月11日 13:59
こうくんままへ

こうくん指噛んでばい菌はいったの?

Posted by あかねちゃん at 2013年02月11日 14:52
◇あかねちゃん
さかむけになったところからばい菌がはいったみたい。
冬は乾燥するから、すぐさかむけになっちゃう。
今は、ちゃんとクリーム塗ってるよ。
あかねちゃんも、手荒れしないように気をつけてね。
Posted by こうまま at 2013年02月11日 19:02
又村です。
こうままさま、このたびは相談支援のセッションへご登壇いただき、本当にありがとうございました。
高原さんからは、シンポジストの方々の人選をなさったことを伝えないように念押しされていたので、又村からお伝えすることができずに失礼いたしました。
シンポジストの皆さんお一人おひとりが、とても大切なポイントをお話くださったと思います。多くの方に、お持ち帰りいただけたかな・・と。(又村の進行は今イチでしたけど・・)
相談支援、大切であることは間違いないですから、少しでも良い形になるよう、できることを頑張りたいと思います。
また、ご一緒させてくださいね。今後とも、よろしくお願い申し上げます。
Posted by あおいさん at 2013年02月11日 19:47
◇あおいさん
そうだったんですね~。
事務局の方にもお聞きしたんですが、はっきりとは言って下さらず、当日までなんで私が???でした(爆)
でも、いい経験をさせていただいたし、アメニティーに行くきっかけを頂けて、本当に感謝しています。
ここまでハードなフォーラムだたっとは知りませんでした。

進行、私が空気を読めず(西川さんは空気を読まれて二つ合わせて話されていたのに)最初の5分にこだわってしまって申し訳なかったです。
コレに懲りず、どうか今後ともお付き合い下さい。
Posted by こうまま at 2013年02月11日 21:39
レインボーのブログを紹介してくださって
ありがとうございます

『目の前のこと、足下ももちろん大事ですが
やはり、視野を広くするためには、外に出て学ばないといけない』

今朝 うちの所長に全く同じコトを言われました。
本当に一字一句違わないくらい
ヽ〔゚Д゚〕丿ビックリです

フォーラム
よかったぁ。。だけで終わらないように・・・・
忘れないうちに実践しないとと心に誓う岡でした
Posted by レインボー岡 at 2013年02月11日 22:14
◇岡さん
長坂さんと同じだなんて、めっちゃ嬉しい♪
今回、強くそれを実感しました。
最近、ちょっと薄れてたな~って思います。

人はすぐ忘れちゃうから、思い出すように毎年やってるんじゃないかと勝手に解釈している荻野でした(爆)
Posted by こうまま at 2013年02月11日 23:39
初めて投稿させていただきます。

相談セッションへのご登壇お疲れ様でした。

私たちに必要なのは「アドボケイター」。
改めて考えさせられ、自分の日々の活動の振り返りを否が応でもせざるを得ないご発言でした。
「サービスで塗り固められた暮らし」。
サービスの導入が「良い支援」と勘違いしそうな今日この頃。
日々を反省し、今後に活かしたいと思います。
ありがとうございました。
Posted by こおめい at 2013年02月18日 19:34
◇こおめいさん
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

一番お伝えしたたかったのは「将来」がイメージできる支援計画なら「あまり知らない他人に作ってもらっても」納得できるということでした。

アドボケーターは今の相談支援の仕組みだと難しいとおっしゃってる方もいて、まじめにやてったらそうかもなぁ・・とも思います。
ならば、別の仕組みがいるのだと思います。

そして、計画相談はもう導入されてしまうので、「根拠のないサービス漬け」は水際で防ぎたい!という思いが強いです。
Posted by こうまま at 2013年02月18日 19:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック