2007年02月06日

固有名詞

昨年12/8にあったNPO法人あいち福祉ネット設立記念講演会の報告書(基調講演だけでなくフォーラムでのみなさんの発言も原稿におこしてあって、スバラシイ報告書です)を斜め読みしていたら、
ある方の発言にもう釘付け。

福岡寿さん。
知る人ぞ知る・・というか、地域福祉に興味のある方なら長野の福岡さんのことを知らない人はいないと思います。
全日本育成会の機関誌「手をつなぐ」の編集長さんでもあります。

報告書にあった福岡さんの発言のいくつかを読んで、私はこの方にすっかり惚れてしまいました。
一目惚れならぬ、一読惚れ(そんなんあるんかいな)です。

もう、どこもかしこも素敵な言葉ばっかりなのですが、ちょこっとだけ引用します。

市町村と勝負していくときには、統計上の数字はダメで、固有名詞が必要なのです。これからおもしろいのは、固有名詞で生きてる人をどうするどうするって言って、みんなで1個1個取り組んでいくことが、地域で色々なものをつくっていくポイントだと思っています。


O市に全くないのがこの「固有名詞で生きている人をどうするかという視点」なのです。
そして、それを声を大にして言ってきて毎回撃沈している私としては、もう、「やっぱりいいんじゃないの~~~福岡さん素敵~~~」という感じで(爆)
市内に住むたくさんの障害者を十把一絡げにしてしか考えることができないO市よ!!
私はまだまだあきらめないからなぁぁぁぁぁぁ
我が家にはめっちゃスペシャル級の「固有名詞」がいるんだから、みんなのためにも絶対生かすわっっっ

あ、ちなみにこの時の基調講演はもと宮城県知事の浅野史郎氏で、いつのまにか地域創造ネットワーク・ジャパンというNPO法人の理事長さんになっておられました。

事務所にあった福岡さんの2冊の本。

hukuokaB1.jpg

2002年の発刊で「コーディネイター・・」のほうは、まだ愛知のらいふにいらっしゃった頃の山田優さんも一緒に書かれています。
7年も前の本なのですが、地域福祉をやりたいと思う人の必読書です。
とっても読みやすくてわかりやすい本です。

posted by こうまま at 20:12| Comment(4) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福岡さん。なんとうちの県では、県の障害福祉課がよんでくださって講演会してくださいました。(何年か前ですが。。)

行政の方がこの方のお話にたくさん耳を傾けるといいなあ。。と思っています
Posted by クローバー at 2007年02月06日 21:21
 初めて、福岡さんのことを知りました。2冊の本、読んでみたいです。こうままさん、出版社名をよかったら、教えてください。
 今、私、近くの大学の福祉心理学科に入学していて、後期の科目が、「地域福祉論」と「障害者福祉論」なのですよ。むっちゃタイムリーな話題で嬉しい・・・!あさってが「地域福祉論」の試験なのです。
 固有名詞の話、すごく共感しました。
Posted by バネッサ at 2007年02月06日 23:48
ぶどう社さんです。
「地域福祉論」なら、こちらの3冊目もお勧めです。(一番新しいと思います。)
事務所にあったんですが、写真に撮らなかったので。

http://www.budousha.co.jp/booklist/book/mirai.htm
Posted by こうまま at 2007年02月07日 00:22
◇クローバーさん
すっごくわかっている障害福祉課なのですねぇぇぇ
O市では・・(以下自主規制)
Posted by こうまま at 2007年02月07日 00:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック