2014年01月19日

ぎゅぎゅっとな週末

この週末は久々にぎゅぎゅっと詰まった2日間でした。

土曜日は京都TEACCH研究会の例会でキャラバン。
kyouto-6.JPG 003s.JPG
今回は4人で頑張りました。

033s.JPG
親御さんと支援者さんが半々くらいだったので
悩みつつ
どちらにもメッセージが伝わるようにと思って頑張りました。

kyouto-1.JPG kyouto-2.JPG
会場が京都御苑のすぐお隣だったので、ちょこっと観光もどきもできました。
蛤御門までは時間がなくて行けなかったのですが、堺町御門は制覇!!(爆)

速攻で名古屋に戻り
yabou-1.JPG
野望の会(?)
子どもたちが「幸せな最後」を迎えるために親にできることってなんだろう。
そんなことを考えて行きたいな~と思っています。

土曜日は名古屋にお泊まりして
日曜日は知多で行動援護従業者研修。
3コマ6時間の超ハードな研修です。
koudou-1.JPG
この研修
今後、強度行動障害支援者養成研修が始まるとどう整理されていくのかまだ分からないのですが、26年度は今まで通りのカリキュラムで行うようにと言われています。
重度訪問介護の対象者拡大に伴い、行動援護従業者が担う部分が増える可能性がある事はお伝えし、行動援護という類型が創出された理念と背景を丁寧にお伝えしました。

ハードな終末でしたが、家族が協力してくれるから何とかなってる我が家です。
感謝。

posted by こうまま at 22:10| Comment(3) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本郷さんのブログで知りましまて、こちらにおじゃましてます。

強度行動障害の養成があるんですね。
興味があります。
詳細を教えて下さい。

私は東京都在住、六歳の肢体不自由と自閉症の重複障害を抱えた母親です。
息子は安定剤も服薬して、コントロールしています。


是非、情報を教えて下さい。

Posted by 多田 at 2014年01月20日 18:52
◇多田様
コメントありがとうございます。

まだ決定ではないのですが、27年度以降にサービス管理責任者研修の上位の研修になるようです。
福祉事業所のサービス管理責任者になる人が受講する研修です。
で、この研修を各県で担当する講師の養成研修(国研修)の第一回目が昨年秋に開催されたばかりです。
今後、他の業種(先生方とか・・・・)が受けられるようになったらいいな~と個人的には思います。

おそらく、このお返事は多田さんのご期待に添えていないと思います。

お子さんへの対応のヒントになれば・・・と言うことであれば、TEACCHプログラム研究会や発達障害者支援センター等の研修で「行動障害のある方への支援」とか「特性に配慮した支援」といったセミナーで具体的な対応が学べると思います。(国研修の資料を見ていますが、支援方法については上記の養成研修より詳しく学べると思います。)
Posted by こうまま at 2014年01月20日 20:57
ちなみに、研修時のレジュメ資料は下記で見ることができます。
http://www.rehab.go.jp/College/japanese/training/25/files/00-14.pdf
Posted by こうまま at 2014年01月20日 21:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック