2014年02月23日

大忙しの1ヶ月

実はこの1ヶ月、キャラバンは大忙しでした。
1月18日の京都TEACCH研での公演にはじまり
1月31日と2月5日の岡崎東高校
2月7日の岡崎市立美川中学校
2月19日の岡崎市立藤川町学校
と、5回の公演があったのです。

私は時間が取れなくて学校の公演には1回も参加出きなかったのですが
送られてきた感想を見て、伝わってるな~~~と感動。

岡崎東高校。
この高校には、福祉・看護・保育関連を学ぶライフサポートクラスがあって、ここ数年、2つのクラスで公演させてもらっています。
「光とともに・・」や「十人十色のカエルの子」などを事前に読んでくれています。
自閉症の子どもを持つ私たち「親」がやってることも、意義があるな~と感想を読んで思いました。
生徒さんの感想→okahiga20140130.pdf

美川中学
ここ3年ほど毎年伺っている学校です。
同じく、毎年伺っている藤川小学校の学区なので
小学4年生と中学1年でキャラバン体験する生徒さんもいます。
この形は、すごくいいな~と思っています。
めっちゃ寒い体育館で、みんな頑張って体験してくれたそうです。
美川中学のホームページで紹介して下さっているので、是非見てください♪
美川中学HP【1年生福祉実践教室】

ちょっと前だったら、私が参加出来ないってなると
「え~~~、こうままさんいないの??不安・・・。」と言っていたメンバーですが
もう、私なんていなくても全然大丈夫!!!になっていて、とっても頼もしい!!
新しいメンバーも加わって、来年度が楽しみ♪な岡キャラです。
市内の小中高校からのご依頼、お待ちしています!!!
(福祉実践教室での実施の場合は、岡崎市社会福祉協議会が窓口になります。)


posted by こうまま at 10:21| Comment(2) | TrackBack(0) | キャラバン隊活動 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャラバンの皆さんの取り組みを
いつも読ませていただきながら
本当に頭が下がりますし
地道で丁寧で理性的で、心が動かされます。

そして思いました。
知っているつもりの私自身も
さらには支援者も
こうやって原点に戻ることの大切さを・・・

体が大きくなってきた息子
体の使い方や独特の言葉遣いなどで
特性がさらにめだっているのでしょう

最近立て続けに
見知らぬ「そういう仕事をしている」という人や
「自分もそういう子がいる」という人
に、突然話しかけられ沢山の質問を親子共に浴びました。
仲間としても好意的にしてくださったのでしょうが
息子は「恐怖」で疲れきってしまいました。

咄嗟の事に充分フォローもできず
自分の未熟さに落ち込みました。
外出の仕方を見直さなければと思いました。

「知る」事を常に忘れず
真摯に「特性」と向き合いたいと
強く思います。
Posted by ななみ at 2014年02月23日 18:20
◇ななみさん
それは・・・息子さんもななみさんも辛かったですね・・・。

時として
同じ障害を持つ子どもを育てている親御さんや
支援をお仕事にされている方に
へとへとにされてしまうことってありますね・・・
傷つけられることもありますね・・・・

子どもと自分を守るためにも、ある程度の理論武装はやはり必要なのだろうと思います。
Posted by こうまま at 2014年02月23日 20:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック