2014年03月29日

今年は楽笑に行くのだ~

昨日は、蒲郡のNPO法人楽笑さんにお邪魔させていただきました。

楽笑さんは蒲郡の三谷というお祭りが盛んな町で「まちづくり」をとても丁寧にされながら障害福祉事業を展開をされている法人です。

一昨年、3回の連続講座で職員研修をさせていただいたのですが
今回、3つの拠点での自閉症の方への支援に関する定期的なアドバイスが欲しいと言うご依頼を頂いたので、まずは状況把握と言うことで。

パン工房・八兵衛(就労継続B)
rakus-2.JPG rakus-3.JPG
美味しそうなパンがいっぱいです!!
私はここのツナちくわパンのファンです。
多分根強いファンがいると思います。

rakus-4.JPG
みなさん、とても丁寧なお仕事をされていました。
天板の汚れ落としは何を持って「きれいになった」と判断するのかがとってもムズカシイから大変ですよね。
どうすれば「終わり」で次の天板って理解できるの、工夫がいりますよね。

干物屋・千兵衛門(就労継続B)
rakus-5.JPG rakus-6.JPG
三谷という立地を活かし、魚を捌いて干物にして販売しています。
なかなかおしゃれな店構えですよね。

rakus-7.JPG
とても上手におろしていました。
私には絶対むりっっっ。
でも、職人であるパートのおばさんからはなかなか合格点は出ません。
パートのおばさんにどう理解していただくかがテーマですね。
応援団になっていただき、利用者さんのモチベーションを維持できればいいですよね♪

禄兵衛門(生活介護)
rakus-1.JPG
ここはもとカラオケやさん。
私も以前カラオケやさんの物件を狙っていたことがあります。
小さな個室があるのが魅力なんですよね(爆)
4月からはここを中心にお手伝いさせていただくことにしました。
頑張るゾ♪

で。
じつは、楽笑さん、近々放課後ディをオープンされます。
その拠点が出来上がったとお聞きしていたので、案内していただきました。

キッズサポートセンター千兵衛(放課後ディ・日中一時支援)
rakus-11.JPG
代表の小田さんと。

rakus-8.JPG
ここは、もと繊維工場で「鋸屋根」といわれるこの地域のシンボル的な建物。
それを日本財団の助成で改修されたのだそうです。
羨ましい!!
「蒲郡は競艇の町ですから、日本財団さんの助成を頂き易いんだと思います」と謙遜する小田代表。
やはり、確固たる信念があるから、人の心を動かすんだろうなと思います。

rakus-9.JPG rakus-10.JPG
放課後ディとは思えない広々としたうっとりするような贅沢空間。
ここで、どんなドラマが展開するのか、ホントに楽しみです。

26年は月1回で楽笑さんに伺うので、時々ディの様子も見にいかねば!!

posted by こうまま at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック