2014年06月03日

我が自慢の息子が新聞にっっ

今日の中日新聞「医療」のぺージに先日取材を受けた記事が載りました。

「強度行動障害」「安心の環境を整え対応」というかなり大きな記事。
Chu-1m.JPG
まさに「どや顔」で大葉の袋詰め作業をするこうくんの写真。
でかいっっ。
(中日メディカルサイトに木曜日頃出るようなので、その時に記事のリンクを貼りたいと思います。)

行動援護従業者研修の講師を数年やってきて、重度の自閉症の人への適切な支援がなかなか広がっていかないことをもどかしく感じていたのですが、国が「強度行動障害」の支援者研修プログラムを作り始めたと聞いて、ずっと興味をもって追っかけていました。
このブログにも何回か書いてきたと思います。

昨年10月に開催された第一回の国研修に、愛知からは行政職の方が1名しか参加せず、26年度の研修開催予定がないと知り、がっくししていたのです。
そんな折りの取材依頼でした。
(今年は国研修には2名の支援者が参加予定のようで、ちょっとホッとしています。)

記事より引用
のぞみの園では〇六年から、知的障害者や精神障害者の外出を手伝うヘルパー養成の研修(行動援護従業者研修のこと。こうまま注記)も実施。それを土台に今回のプログラムを作成した。
同園研究部長の志賀利一さんは「医療とも連携しながら、本人が安心できる環境づくりをしようと、できるだけ分かりやすいものを目指した。
標準的な支援方法はほぼ固まっているが、施設などの現場での取り組みはまだまだ。
虐待防止のためにも広めていきたい」と話す。

そうなのです。
もう、だいたいこんな風にしたらうまくいく、という方法は分かってきているのです。
あとは、どう広げるかなのです。
(先日も、「うちの事業所では視覚支援はしません」と断言されていた児童発達支援管理責任者さんがおられました。)
適切な支援の「広がり」のために少しでもお役に立てればと思い、取材を受けました。

私が、行動援護従業者研修で毎回ご紹介している佐々木正美先生の言葉。
2007年のノースカロライナで話された言葉です。
不適応行動とは・・・
彼らが起こしているのではなく、支援する側が彼らに適応できていないから起こるのです。
日本でいわゆる「強度行動障害」と呼ばれている行動を起こす人たちがいらっしゃいますが、こちらが彼らにあわせれば、当たり前ですが、不適応行動は起きないのです。

本当にその通りでした。
こうくんは、まさにこれを体現していました。
対応が不適切なせいで、まさかあそこまで酷くなるとは私自身思ってもいなかったです。
昨年の悪夢はこうくんが起こしていたのではなく支援する側が起こさせていたのだという事を、今現在、落ち着いて作業しているこうくんの笑顔が物語っています。

自閉症の方とそのご家族の幸せのために
適切な支援が広がって欲しいと切に願います。


posted by こうまま at 17:35| Comment(9) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今朝、朝一番で中日新聞の朝刊を見たら・・・

自慢の息子殿がドドーンと載っているではないか!

働く男はかっこええ… すばらしい
Posted by naruse at 2014年06月03日 17:37
作業着男子、カッコいいです。
夫が、新聞にゆう載ってるぞ!というので、豊田さんの写真かな?と思い見るや否や、こうくん!!とと叫んでしまいました!
Posted by ぱきこ at 2014年06月03日 17:37
◇naruseさん
ありがとうございます~~~。
「自慢の息子殿」と書いて下さったので、記事タイトルにしちゃいました!!
働くオトコはホントかっこええのです~~~。

◇ぱきちゃん
ありがとぉ~~~
結構大きく載ってビックリしてます。
Posted by こうまま at 2014年06月03日 20:04
おめでとうございますm(_ _)m

こうくんとこうママさんのやり取りの成果だと思います

これをきっかけに何かが少しでも変われば…と思います
Posted by MASA at 2014年06月03日 20:19
ブログを見て、早速新聞を切り取りました。
強度行動障害の事を知ったのは、こうままのブログのおかげで、のぞみの園のことをしることができたのも、こうままのおかげで、ほんと感謝してます。

ただ、強度行動障害の事は、大分分かって来ましたが、我が家は、上手くいっていないのが現状で、今だ、もがきにもがいている状態です。

不安を取り除いてあげたい、理解してあげたい、怒らずに接してあげたい、何でも助けてあげたい、。分かっていても、充分に理解してあげられず、いつも、パニクらせてしまってます。
まだまだ、勉強していかなくては、覚悟は必要です。
Posted by けさんまま at 2014年06月03日 20:51
◇MASAさん
2年前に東海TVデビューで今回は中日新聞デビュー。
次は、舞台か!?
はたまたNHKか?(爆)

◇けさんままさん
私も日々撃沈して再構造化の日々です。
甘くないですよね。
信頼できる支援者の存在が必要だと思います。
お近くに、TEACCHを学んで実践している事業所はありませんか?
Posted by こうまま at 2014年06月03日 21:05
こんばんは。朝に新聞開いて、やりましたね、と呼びかけ、そして荻野様の遠く苦しい道のりを乗り越えたことに敬意、表しました。

虐待の加害者は、実は被害者でもあることをわたくしの中学生時代に祖父と、子育て中に実母のアルコール依存介護で身を持って知る当方、弱い者を救うことは結果的に多数派の利益になると確信いたしました。我が罪は常に我が前にあり、です。

柔らかな大葉を塩に付けて、お海苔みたいに握り飯に巻くと、昔の農村のお弁当の香りがします。
Posted by 孝行糖 at 2014年06月03日 22:24
◇孝行糖さま
遠く長い茨の道を切り開いてきて、ようやく「これでイケルぞ!」と思っていた矢先の、学校での不適切な支援で大混乱。
本当に悪夢の数ヶ月でした。
もう二度とご免です。

大葉でおにぎり。
美味しそう。
トライしてみます!!
Posted by こうまま at 2014年06月03日 23:05
ぜひとも新聞で読みたいと、週末東京都内の図書館で東京新聞をチェックしましたが、掲載はありませんでした。
ネットでも見られるとご紹介くださり、ガラケーの携帯からでも読むことができました。ありがとうございました。
こんなにも素晴らしい内容は是非日本列島すべての地域で読める機会をいただきたいと切に願います。
一人ひとりご自身で知っていただけるだけでも ずいぶん違うんじゃないかと思えます。

NHKでもEテレでも、はたまた情熱大陸やソロモン流あたりに ます美さんを推したいと思います(*^_^*)

Posted by たかの at 2014年06月08日 22:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック