2014年06月13日

市毛さん、市毛さん、市毛さん!!!

ぶどう社の市毛さんが3月11日になくなりました。
明日、偲ぶ会が東京の学士会館で行われます。

このギョーカイ(?)でぶどう社を知らない人は「モグリ」です。
みんなが、ぶどう社の本にお世話になっていると思います。

私と市毛さんとの最初の出会いは2006年のカイパパの出版記念会でした。
ichi06-1.JPG ichi06-2.JPG
私は、出版記念会の発起人でございました。

その後、ゆうゆう通信を送るようになったのですが
ある時「支援ツールの本を書かないか?」と言われて「ええ~~無理デスよぉ」と渋っていたら
「こうままの学習会を見にいく」とおっしゃって、豊川にいらっしゃいました。
ichige-1.jpg ichige-2.jpg
お母さんたちが自分で作った自立課題を持って来て、再構造化のアイディアを出し合う会だったのですが、
市毛さんは「見てるだけじゃおもしろくない」とおっしゃって、一緒に参加してました。
好奇心旺盛な少年みたいな人でした。

ぶどう社で何回か打ち合わせをさせていただき、原稿を書き始めたものの、なかなか書けず。。。
本当に私は出来の悪い書き手で、市毛さんの手を煩わせていたと思います・・・。
budou-2.jpg budou-3.jpg
ぶどう社で頂いたお昼とおやつ。
市毛さんはホントに美味しい物をいっぱい知ってました。
一緒にいると、いつも美味しいものに出会いました。

ic2008-3.JPG ic2008-4.JPG
高橋みかわさんといっしょに打ち合わせしたこともありました。
「化学変化が起きると思うんだ」って言ってましたね・・・。

明石洋子さんに呼ばれて、2日間のセミナー講師で川崎へ。
kawasaki-2.jpg
市毛さんは最初から最後まで参加してくれたのですが
疑似体験で、ちょっと不機嫌になっちゃって(笑)
「これ、自閉症疑似体験ですから~」って言ったら、「あははは~」って笑ってた。
で、「今日の支援者向けのセミナーを書いてみて」って言われた。
どうやって???う~~~ん、う~~~ん。
私は唸ってた。

ic2009-F2.JPG
市毛さんにはいっぱい叱られたけど、大好きだった。

そう言えば、娘と一緒にぶどう社に行ったこともありました。
打ち合わせついでに、何かのご褒美で「東京の本屋巡り」をしに。
そしたら、市毛さん
娘の本屋巡りに付き合って下さって。
娘は選ぶのにものすごく時間がかかるので、本当に申し訳なかったのに
「本人が一番大事にしている世界で選んでいるわけでしょう?どんなものを選ぶのかなってわくわくする」って言ってくださって。
すごくびっくりした記憶があります。

うすいまさとさんの出版記念会
usuiSP-12.bmp
市毛さんが「司会はこうまま」と抜擢して下さって
初の「司会」に挑戦。
ic2009-01.jpg usuiSP-9.bmp
「大丈夫だと思ってたけど、期待以上の出来だった!!」と褒めてくれて、ホントにホントに嬉しかった。
何度書いても良い感じにならなくて、すごく申し訳ないって思ってたから、ちょっとだけ市毛さんの役に立てたかな~って。

野田市育成会さんに呼ばれて、勉強会の講師。
noda-2.jpg
親として、こうくんとの道のりを初めて市毛さんが見て聞いてくれた日。
市毛さんは「親の本はうすいさんで終了にする。こうまま本は親としての本じゃない」と言っていた。
でも、私は「親としてこうくんとの道のり」も知って欲しかったから、すごく嬉しかった。
で。勉強会後に
「なるほど、良くわかった。こうまま本は3部作だ。うん。それでいこう。」と言っていた。
ははは・・・

ic2011-1.JPG
この日はちょうど、高橋みかわさんの本が出来たばかりで
「昨日届いたんだよ」と言って、とっても嬉しそうだった。

それから
それから・・

明石さんの祝賀会
akashi-4.JPG akashi-2.JPG
私はまたまた「司会」を仰せつかりました。
でも、会場に「当然いるはず」の市毛さんの姿はありませんでした・・・。
病気と闘っていたんですね。

2014年2月
私とみかわさんは、「こんな本を書いて欲しい」という手紙をもらって
市毛さんが緩和ケアに入ったご自宅に伺いました。
この日が、市毛さんと話した最後になりました。

3月11日
市毛さんは、家族に見守られながらとっても静かに旅だったそうです。

残された人間には、残された意味があるんだよね。
やるべきことがあるんだよね。

最後の打ち合わせで市毛さんが言った言葉。
「今のこうままだから書けるものがある。今のこうままに書いてほしいんだよ。」

大きな宿題を頂きました。

明日は、思いっきり市毛さんを思って偲んできます。

posted by こうまま at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

胸がいっぱい



ぶとう社さんの本にはいつのときにも愛があると読ませていただいてきました。

市毛さん、、、愛の人なのですね。全身全霊が愛の人なのですね。
こうままさんのお話から そのことが ものすごく伝わります


。・゜+゜゜.゜・。真実の愛をありがとうございました。・*゜・゜゜+゜・。


Posted by たかの at 2014年06月14日 06:00
そうなんです。
愛ある頑固者でした(笑)
Posted by こうまま at 2014年06月14日 20:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック