2014年09月05日

成長したなぁぁぁ・・・

先週末、こう父が出張中なので何事もありませんように・・・と思っていたら
ナント、朝っぱらからハイテンションのこうくんが縁側のサッシに飛び込んで負傷。

ものすごい音がしてすっ飛んでいったら、ガラス戸を突き抜けて庭に落ちたこうくんが、ガラスの上を跳びはねるようにして部屋の中に飛び込んできた。
ひ~っと捕まえて座らせたら、ガラスの粉が舞った・・・
ううう・・・
あちこちから吹き出す血・・・血・・・血・・・
傷を洗って傷テープを何枚も重ねて貼って止血していくしかできないので、とにかく、傷という傷にテープを貼りまくる。
深い傷が数カ所あって、泣きそうになる。

ガラスが体に残っていたら怖いので、豊川市民病院に電話。
今日の外科担当の病院を教えてもらって電話すると、2時間後にしか先生が来ないという・・・
ダメじゃん。
仕方なく、外科医のいない市民病院へ。
どんなに急いでも35分はかかるので、その間にこうくんが傷テープを取っちゃったら、車も血まみれだな・・・とか思いながら、焦って事故したら目も当てられないから落ち着けと言い聞かせて走る。

病院に着いて、車いすゲット。
garasu-1.jpg garasu-2.jpg
車いすに座ってくれて、ホントに助かった。
バギー歴長かったからかな。
受付用紙に記入していたら、とよっちが駆けつけてくれる。
アリガタヤ。
私1人では荷が重すぎる状況だったので。

レントゲンを撮ってもらい、ガラスは刺さっていないことを確認。
良かった~。
ガラスの上を跳びはねていたのに、スゴイなぁ・・・
ちなみに、台には乗れなかったけど、座ったまま撮れました。
レントゲンって結構何でもアリなんですね。
こうくん、足の骨も素晴らしくキレイで美しかったです。

若いドクターの応急処置が始まると、静かに車いすに座っていたこうくんが、わけわからない状況で廊下にすっ飛んで行ったり、ドクターを突き飛ばしたりしと派手なパフォーマンスをしてくれたので、一気に空気が変わり殺気立つ処置室。
え・・・。こんなんじゃ処置できない。ど・・どうしたら???って感じで、呆然とするドクター3人(うち2人は研修医さん)と看護婦さん2人。
おかげで、私やとよっちの説明に耳を傾けてくれる状況になりました。

処置台は無理。意味がわからないから。
車いすに座ったままでは処置は出来ないという。
結局こうくんが逃げて床に座り込んだところにシートを敷いて処置開始。
思いっきり押さえつけるとかじゃなく、ダイジョブダイジョブと安心できるように支えるという感じにしてもらいました。
18才の男子を力尽くで押さえつけるなんて絶対無理だから。

こうくん、抵抗はしつつも、深くえぐれているとこをはがして止血している様子をガン見。
すごく我慢している!!!
私は後ろから背中を抱きかかえていたので、こうくんのドキドキ感が伝わってきた。
ビクビクしながらも、一生懸命耐えていた。

なんて成長したんだろう。
こうくん
訳わからないけど、でも、何か自分にとっていいことをしてくれていると感じていたんだと思う。
わかんなくて怖いけど「悪い様にはされない」って感じていたんだと思う。

こうくんに応急処置の意味を伝えることは出来ない。絶対無理。
でも、「大人を信頼してゆだねる」ことは、これまでの経験で伝えてこれたから、耐えられたんだと思う。
きっと、押さえつけられたり制止ばかりされてたら、絶対無理だったと思う。

garasu-3.jpg
一番深い傷だけ応急処置してもらって、明日必ず外科に行って縫ってもらう様にと指示されて終了。
よく頑張った!!

翌日、外科受診。
縫った方がいい傷が2箇所あるけど、このままテープ固定で頑張ることに。
現在進行中・・・・。

でも、まぁ、
冷静に考えると
ガラスの扉突き抜けて戻って来たのに、この程度の傷ですんだのは奇跡的かも。
負傷したのは手と足だけだもんね。

頑張れ、こうくんの自然治癒力。
頑張れ、ぢぶん。



posted by こうまま at 00:24| Comment(10) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうくんっっっ!!!!!
喉の奥がくうぅぅぅっと、鼻の奥がつんつんつんつんと、胸の奥の奥がどっどっどっどっどっ、、、、、

こうままさんの心情は幾ばかりか はかり知れませんが、よくぞその時を踏ん張り抜かれました(T_T)
こうくん、こうくんの内側のなにもかもが どんなことになってたんだ、、、

研修医さん、看護師さん、ありがとうございました。
きっと こうくんたちのことを知ろう!知りたいっ!!知らねばっ!!!と心から思ってくれていますように。。。。。

こうくんの背中に抱きつくままさんの背中に抱きついている気持ちです。
とよっちさん ありがとうございました

本当に それで済んだことに思わず
神様ありがとうとつぶやきました。
守ってくださった全ての存在に心から感謝しました。

。・゜*゜・。こうままさん、ぎゅうぅぅぅ。・゜+゜゜・。


Posted by たかの at 2014年09月05日 06:14
こうくん、こうままさん大変でしたね(>_<)
我が息子(こうくんと同名17歳最重度)も同じ状況で3ヶ所計18針縫いました。どうなることかと思いましたが、レントゲンや処置は意外にもスムーズでした。当然縫う際に押さえつけましたが、抵抗するほどの力はなく驚きました。今までの経験から状況を判断しているんですね。

絆創膏一枚貼れなかった子ですが無事完治しましたよ。ケガも病気も無いに越したことはないですが、経験値って大切ですね。
こうくんもきっと大丈夫!早く治りますように。
Posted by こだまま at 2014年09月05日 20:57
こうくん、こうままさん本当にお疲れ様でした。ドキドキしますよね。あんな外来にこうくんよく入れたと思います。本当にがんばった。

最後の方、実は涙でうるうるでした( ; ; )
こうくんとこうままさんの頑張りが伝わるっていうか。
こうくん、こうままさん達を見ていると、我が家にも希望が持てるっていうか。
うちの小僧さんも頑張れるかもって。

ともかく…テープ固定でなんとかしのげることを祈ります。
Posted by すもも at 2014年09月06日 00:42
お疲れさまでした。ディスコミニュケーションの子どもの受診は、本当に容易な事ではありませんね。大好きなお仕事、しばらく休業ですか?ご本人さんは、その方がお辛いでしょうね。

Posted by 孝行糖 at 2014年09月06日 11:56
記事を読みながら、心臓がバクバクしました。
思わぬことが起き、大変でしたね。

でも、何よりに命に関わるような怪我でなくて、本当に良かったです。怪我が完治することを祈っています。

おうちの一階も“ロックな我が家 第2弾?”でバージョンアップかな??(^_^;)
Posted by しましま at 2014年09月06日 14:00
◇たかのさん
本当に、今思えばこの程度で済んで本当にラッキーでした。
何とかなって良かった~というのが本音です。

◇こだままさん
ひ~。18針。
頑張りましたねぇぇ・・・・。
我が家も絆創膏一枚貼れない子だったので、よく頑張ったと思います。
早く治るといいなぁぁぁ~

◇孝行糖さん
お仕事にはそんなに影響なく、さかさか作業はできている様です。

◇しましま師匠
そうなんです。
この程度で済んで良かったです。
かなり分厚いガラスなのに、割れちゃうんですね~。
ビックリです。
安全対策、考え中です。
Posted by こうまま at 2014年09月06日 19:58
我が息子も小さい頃、自動ドアの(開かない側面の)ガラスに激突したことがありました。こうくんも、透明なガラスだと『開いている』と勘違いして、突進しちゃったかも知れないですね。(^_^;)
模様(色)の入った飛散防止用のガラスフィルムを貼ってみるとか、いかがでしょう? 強化ガラス 入れちゃう??

こうくんが治療を受けられて、本当に良かったです。
こういう緊急時に、小さい時からの体験の積み重ねが生きるんですね。育んできた『信頼感』…何より大切ですね。
Posted by しましま at 2014年09月07日 09:06
◇しましま師匠
自動ドア突進!!
こうくんも時々あります・・・・。

今日1週間めの受診でした。
いい感じで良くなっていたのに、2日前くらいから膿んできて「気になる感じだね。1日おきに診せて」になっちゃいましたぁぁぁぁ~~~。
甘くなかった・・・・。
Posted by こうまま at 2014年09月08日 23:30
ガラスや刃物傷は、治ったと思ったとたんに悪くなるのが嫌になりますね。うちでもマジ苦労致しました。

防弾ガラスにしたって、18歳男子君なら、簡単にぶち破るでしょうね?結構丈夫なサッシも、おかんの正拳で簡単にぶち破れましたもの。

うちの娘が小さいとき、包帯や固定を嫌がり、ピカチュウやどれみちゃんのシールを包帯に貼っておりました。今の子たちは、ジバニャンかな?病院行ったらのごほうび作戦もやったっけ…

お母様も、ご自分にご苦労様のごほうびをあげて下さいませ。お大事になさって下さいませ。
Posted by 孝行糖 at 2014年09月09日 13:14
◇孝行糖さん
そうなんですね・・・・。
良くなりかけていたので、結構落ち込んでおります。
早く良くならないかな~。
Posted by こうまま at 2014年09月09日 20:07
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック