2014年09月10日

こうくんの傷、その後

こうくんがガラスで負傷してから10日たちました。
手の傷は驚くほどのスピードで良くなって
縫った方がいいと言われていた傷もすっかりくっつきました。
第一関節のとこなので、ちょっと曲げにくそうだけど、まぁ、それはいい。

んが。
足の一番深い傷が5日目くらいから膿み始めてしまいました。
足は清潔に保つのが本当に難しいです。
そのため今週は1日おきの受診になっています。

ここの外科の先生は本当にステキです。
「頑張ったんですが、どうしてもはがしてしまって・・・」と言い訳する私に
「いやいや、あの状態でよく他の傷がここまで回復しましたよ。これは想定内です。しかもこの1本だけですから良かったと思いましょう。」と。
更には
ガーゼと包帯で処置しはじめた看護婦さんに「傷テープでいいですよ。」の指示。
「は?」と聞き返す看護婦さんに
「この方の場合、ベストな治療を目指すとかえって傷が悪化する可能性があるから、できそうな方法の中でやりましょう。傷テープもやむなしです。」と。

うおおおおお
素晴らしいっっっ。
感涙っっっ。

化膿止めの塗り薬も処方して頂きました。
嬉しい。

『1日2回、膿を取り除いて薬を塗布して傷テープの交換』という指示。

ガンバリマス!!
これは出来ることだから頑張れます。
(ガーゼ包帯で触らないように清潔に保ちなさいと言われたら頑張れないけど。)

posted by こうまま at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
片道35分を二日に一度、お疲れさまです。いいお医者に当たってよろしうございました。

足の清潔保持は難しいですが、包帯はがしてしまう手の清潔保持は、昔、親戚の看護婦さんが、深爪にして茶殻で洗うことを教えてくれました。小さな時に、ハサミを足にぶっさしてなおりかけの痒さにかきむしっていたとき、出がらしのお茶で傷口洗われたのを覚えています。その後、塩をごってりぬる母親でした。 カチカチ山のタヌキと、きょうだいにからかわれましたっけ。
飲む抗生物質は処方されなかったんですね。

昔の親のむちゃぶりに比べたら、良い時代になりました。それだけお金がなかったわけで。福祉や医療補助もなかった昔。今に感謝しております。
Posted by 孝行糖 at 2014年09月12日 18:57
◇孝行糖さん
抗生剤の内服は最初に4日分頂いたんですが、その後膿んでしまったので・・・・。
1箇所だけなかなか治らないので、げんなりしています・・・。
Posted by こうまま at 2014年09月12日 23:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック