2015年03月21日

「みんなの学校」見てきました!

minna-1.jpg
たかのさんオススメの「みんなの学校」を見てきました!!

平成25年度の文化庁芸術祭大賞受賞作品です。
みんなの学校公式HP(予告動画、是非見てね!!)
このとりくみは、支援が必要な児童のためだけのものではありません。経験の浅い先生をベテランの先生たちが見守る。子供たちのどんな状態も、それぞれの個性だと捉える。そのことが、周りの子供たちはもちろん、地域にとっても「自分とは違う隣人」が抱える問題を一人ひとり思いやる力を培っています。
映画は、日々生まれかわるように育っていく子供たちの奇跡の瞬間、ともに歩む教職員や保護者たちの苦悩、戸惑い、よろこび・・・。そのすべてを絶妙な近さから、ありのままに映していきます。
そもそも学びとは何でしょう? そして、あるべき公教育の姿とは? 大空小学校には、そのヒントが溢れています。みなさんも、映画館で「学校参観」してみませんか? (公式HPより)


minna-2.jpg minna-3.jpg
今池駅からすぐの定員40名くらいの小さな映画館。
閑散としてたら悲しいなぁと思っていたのですが、と~んでもない。
整理券が60枚近く配られ、パイプ椅子も登場する大入り満員。
嬉しいよねぇぇぇぇ~~~。
私たちは整理券No.6~9で、2列目の真ん中をゲットできたので、とっても快適に観賞することができました。

ものすごく良かったです。
内容を詳しく知りたい方は公式HPをじっくりお読みくださいませ。
「コメント」や「ニュース」の記事などもおススメです。

私的には
感動して泣ける
ということではなくて(泣いている人はいっぱいいました)
公立の小学校でここまでできるんだ。
やろうと思えばここまでやれるんだ。
という驚愕とともに
そうなっていない自分の地域の現実とのあまりの差に
焦燥と怒りの感情が沸いてきて
そのあと一瞬あきらめそうになって
でも、それじゃダメだ。
出来ているところがあるんだから、できるはず。
そのために、私に出来ることは何だろう。
私の今の立ち位置で出来ることが必ずあるはずだ。
そんなことが
頭の中をぐるぐるぐるぐる廻っていました。

映画の中でも「自分」という言葉が繰り返し出てきました。
みんなで地域を作っていく。
みんなって何?
一人ひとりが集まって「みんな」になるんだよね。

そんなことを思いました。

教育に携わっている全ての方に見ていただきたい映画です。

今池駅9番出口から徒歩1分
名古屋シネマテークで4月3日まで

映画の後は・・・
minna-4.jpg minna-5.jpg
美味でございました♪

posted by こうまま at 22:28| Comment(8) | TrackBack(0) | 本・TV・映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させていただいてます。いろいろ勉強にもなり、こうままさんの、ご多忙なのに、そう感じさせないエネルギッシュさに感心させられ、本当に頭が下がります!ヘルシーで美味しそうな記事(フォンちゃんも頑張ってますね)や映画の情報等もありがとうございます。是非、見たいと思いました。
ところで、(間違ってたらごめんなさい、たしかそうでしたよね)こうままさんの母校の高校が、進学校なのに、甲子園で活躍しています。凄いです。古豪というか強豪校だけど、公立校ですものね。
Posted by おまめちゃん at 2015年03月22日 14:38
◇おまめちゃん
はい、そうなのです。
さきほど勝利致しました!!
いや~。
やっぱ、母校が勝つのは嬉しいです。
Posted by こうまま at 2015年03月22日 15:39
学校のことで悩んでいた時に、テレビで学校のドキュメンタリーをみたので、こんな学校があるんだぁと驚いたのと、こんな学校もあるのに、なぜ、、、と複雑な思いになったのでよく覚えています。

映画見てみたいです。
Posted by ゆうママ at 2015年03月22日 17:18
◇ゆうママさん
そうそう。
あの番組、確か、ドキュメンタリー大賞かなにか、賞をとったんだよね。
私、録画に失敗して見れなかったの。
だから、映画になったと聞いて、絶対見ようって思って行っちゃいました。
良かったですよ~。
Posted by こうまま at 2015年03月22日 18:54
こんばんは。どんなに障害が重くてもみんなが学校に行けるようになったのは、たった35年前。まだまだ道の途中です。外国人と日本人、お金持ちと貧乏人、堅気の卵さんとヤンキーの卵さんが異文化でぶつかり合う学校にこどもをやると、いい面も悪い面も沢山もらってきますがそれも含めてみんなの学校なんだとつくづく思います。


親の側がこどもたちが学校から運んでくる異文化に面食らっている段階です。それと衝突するなぞ日常茶飯。それを大多数の親御さんや先生方も恐れている。そんなところでしょうか。
Posted by 孝行糖 at 2015年03月22日 21:49
◇孝行糖さん
異文化を受け入れるのって、子どもはカンタンにやってのけるのに、大人は難しいんですよね・・・・。
Posted by こうまま at 2015年03月23日 21:12
一人ひとりが集まって「みんな」になる。
本当に、、、おっしゃる通りです。

この映画のことを カイパパさんが湯浅誠さんの講演に行かれたことを書かれたところで触れていらしたので 思いのたけを聞いていただきました(_ _)

Posted by たかの at 2015年03月23日 22:19
◇たかのさん
映画のこと、教えて下さってありがとうございました。
おかげで、思い切って見にいくことが出来ました。
地元で上映会が出来ないかな~と考え中です。(名古屋は遠いので・・・・)
Posted by こうまま at 2015年03月24日 19:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック